皇太子ご一家をご覧になった人たちが撮影した写真

Cn4IAnEVYAEIa5b.jpg

CbFFCvJxwzD7FKgXuncVp.jpg

gSmMctFxwzBEUvIuV182nQhfWYZbatU3wJBMYXiUbWU9N3luABemZo6z2Q7.jpg

T94qMGNxwzCoM2H22K_MYNfu4VRRZKjdYShHJ.jpg

SNSの時代だなーとしみじみ思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大歓迎されている東宮ご一家

罵声怒号どころか大歓迎されていますね。
東宮ご一家への歓声って、天皇皇后より大きい!

モラロジーおじいちゃんが、前の天皇がどうの秋篠がどうのと言うけど、東宮ご一家への大歓声を知らないのかな?

東宮ご夫妻だけでなく愛子さまへの歓声を聞けば、どこへ行っても閑古鳥でズルしまくりの秋篠皇太弟なんて要りませんね。不要です。無駄です。


余韻さめやらず

今日の午前
名古屋でのお乗継ではないと知り、一旦は帰宅の途につきましたが、
急きょ新幹線に飛び乗り京都へ向かいました。
そこには、皇太子御一家の御姿はもうありませんでしたが、
余韻さめやらず。
雅子さま、お綺麗だったわ〜〜
愛子さまも本当にお可愛いらしい…
などなど、遅いランチのお店でお話になってるご婦人たちがいらっしゃいました。

帰宅後、テレビで御一家の御姿を見て
ああなんと眩いことかと、感嘆しきり。
次代の天皇皇后両陛下になられるのが、
このお二方であることの幸せを感じてます。

SNSもフィーバー(^^)

私も一刻も早くご一家のお姿見たくて、何度もツイッターで検索していました。
「なんかいい事ありそうな気がする」とか「愛子さまって美人でスタイル良くてびっくりした」とか、皆さんお迎え出来て喜んでるようです。
確かに、昨年よりもずっと大人っぽくなられて、可愛らしいと言うよりも、美しいと表すのがぴったりの涼やかなお顔立ちで。
あと、写真を見ていて気付いたのですが、敬宮さまが提げてらしたバッグは五葉つつじの刺繍のようです。
どなたかからの贈り物でしょうか?素敵ですね。

はじめまして。コメント失礼します。

京都に御出でくださったのですね!
畏れ多く勿体なく有り難いことに存じます。

しかも。
独身時代の私の「遊び場所」のひとつ。
「近鉄・都みち」を通ってくださいました。

実家の母は、御出ましお迎えに行かなかったそうで、かなり腹立たしく思っております。

「そういえば、京都駅から来る市バスが、かなり遅れていた。何か事故でもあったのか?」と、呑気なことを申しておりました。

あぁ。私が結婚せず、ずっと京都に住んでいたなら・・・。
と、大変悔しい思いをいたしております。

せめて少しでも、日の丸の旗を振って、皇太子殿下ご一家をお出迎えしたかったです。

我が県には、どこぞの筆頭宮家が来ていたようですが、まったく関心がないので無視しておりました。

皇太子徳仁親王殿下 萬歳 皇太子徳仁親王妃雅子殿下 萬歳
敬宮愛子内親王殿下 萬歳

早く次の御代が来てほしいです.

女性セブン

女性セブン、立ち読みしてきたのですが、
雅子さまが美智子さまに告げた衝撃のお言葉とは
の記事、ドキドキしながら立ち読みしました。
雅子様が、もう大丈夫ですと おっしゃったとか。
衝撃のお言葉?
あ〜 アンチにとっての衝撃のお言葉なんですね。

伝助すいかさま 永遠さま

わざわざ新幹線に乗ってお迎えに?! でもお気持ちわかります。

永遠さま、京都の人に聞きましたが、「京都人は、明治天皇が東京に出張に行かれて、なぜかそのまま東京に住みつかれている。そのうち京都にお戻りだろうと考えている」そうですね。
私も万一鯰に皇統が移るくらいなら、敬宮さまに京都御所にお戻りいただいて南北朝にしてほしいくらい。
そうなったら私も京都に移り住みます。

サクラでもやらせでもないあの熱狂的な歓迎ぶりを見て、もう敬宮さまに継いでいただかないと皇室は続かないと判りそうなもの。
それを「あーあー見えないわ」と言ってる屁以下とマスゴミ。
ほんとに腹が立ちます。

水色のお洋服、オーダーメイドかも。バッグはもしかしてデザイナーが共布で作ってプレゼントされたとか? 敬宮さまのお洋服を作るなんて光栄でしょう。
ご自分は20年前のドレスでも、成長期の娘に常にジャストフィットの服を着せられる雅子さま。
いつも自分は着飾って、娘にあの恰好をさせたミテ子さま。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR