矛盾の人エンペラーアキヒト、裳着と着袴の儀の違いも分からないエンプレスミチコ

まるさまコメント

三島と同じようなことを皇太子さまもおっしゃってたなと思って、探してみました。

平成19年のお誕生日の会見です。
(敬宮さま5歳)

>愛子の健康管理には常に気を配っております。
>風邪を引くこともありますけれども,これは私自身の幼稚園時代を振り返ってみましてもよく風邪を引いては幼稚園を休んでおりましたので,このようなことを通して,体も丈夫になっていくのだと思います。
>幸いに大きな病気や怪我(けが)をすることもなく健やかに育っていることを嬉(うれ)しく思っております。

なお、前年というか、この2ヶ月前の会見で祖父はこう言っています。

平成18年お誕生日会見

>最近の愛子の様子については,皇太子妃の誕生日の夕食後,愛子が皇后と秋篠宮妃と相撲の双六で遊びましたが,とても楽しそうで生き生きとしていたことが印象に残っています。
>ただ残念なことは,愛子は幼稚園生活を始めたばかりで,風邪を引くことも多く,私どもと会う機会が少ないことです。
>いずれは会う機会も増えて,うち解けて話をするようになることを楽しみにしています。

なお、その前に、41年ぶりに誕生した親王について長々と語っています。

ついでにこんなことも言っています。

>今年は子供のいじめや自殺,虐待など悲しい事件に多く接した年でした。
>子供を失った親の気持ち,いじめにあった子供の気持ちを察すると誠に心が痛みます。

>このようなことをできうる限り防ぐために,親,子,先生が互いに信頼し合う関係を築いていくことが大切であり,
>子供たちが自分の立場と共に他人の立場にも立って,物事を考える習慣を身につけて育つように,親や先生が助けていくことが重要と思います。
>近年,生徒が高齢者や障害者との交流やボランティア活動に取り組み,様々な立場の人々に対する理解を深める機会を作っている学校が多くなっていることは心強いことです。
>私はこういう面に今日の教育の明るい兆しを感じています。

後に孫娘がそういう目に遭った時の対応を思うと、呆れるばかりです。

ついでに祖母

平成18年お誕生日会見

>敬宮は,背もすくすくと伸び,おさげ髪のよく似合う女の子になりました。
>今年はもう着袴の儀を迎えます。
>男の子の着袴姿もそうですが,女児の裳着の姿も本当に愛らしく,清子,眞子,佳子のそれぞれの裳着の姿や所作は,今も目に残っています。

賢こぶってるけれど、裳着が何かすら知らないことが露見した年でした。
敬宮さまの成年式では、ぜひ裳着を行ってほしいなと思っています。


コメントありがとうございます。

エンペラーアキヒト
平成18年お誕生日会見
その①
>最近の愛子の様子については,皇太子妃の誕生日の夕食後,愛子が皇后と秋篠宮妃と相撲の双六で遊びましたが,とても楽しそうで生き生きとしていたことが印象に残っています。
>ただ残念なことは,愛子は幼稚園生活を始めたばかりで,風邪を引くことも多く,私どもと会う機会が少ないことです。
>いずれは会う機会も増えて,うち解けて話をするようになることを楽しみにしています。


継宮明仁親王の場合
小学校1年生の時
4月末に引いた風邪を引きずって一学期は休みがち
二学期も休みが多くて、1年生の年は運動会には参加していない 。
侍医たちは欠席が続くことを当然のことと受けとめ、少しずつ学校生活に慣れていけばいいと、
むしろ積極的に休ませることにした。
継宮が学校を休むことがあまりなくなったのは、初等科4年からでした。

その②
>今年は子供のいじめや自殺,虐待など悲しい事件に多く接した年でした。
>子供を失った親の気持ち,いじめにあった子供の気持ちを察すると誠に心が痛みます。
>このようなことをできうる限り防ぐために,親,子,先生が互いに信頼し合う関係を築いていくことが大切であり,
>子供たちが自分の立場と共に他人の立場にも立って,物事を考える習慣を身につけて育つように,親や先生が助けていくことが重要と思います。
>近年,生徒が高齢者や障害者との交流やボランティア活動に取り組み,様々な立場の人々に対する理解を深める機会を作っている学校が多くなっていることは心強いことです。
>私はこういう面に今日の教育の明るい兆しを感じています。


敬宮さまが暴力男児のいじめに遭っていた時、
エンペラーアキヒトの対応
・「浩宮だって真面目だって同級生にからかわれた。大げさだよ。」と「皇太子一家は大げさ」と笑う
・「誰も犠牲にならないように」と苛めっこを庇って事態を悪化させる

えー、この乱暴男児は川島家と懇意の人たちの子供や孫と台湾でも報道されました
[広告] VPS


まさに「おまえが言うな」ですね

エンプレスミチコの場合

裳着と着袴の儀の違いが分からないって普通じゃないよ。
裳着なんて近代に入ってから行われなくなったし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

言論封殺する護憲天皇(笑)

平成元年に、即位に伴って行われた今上夫妻最初の記者会見で、今上は、「言論の自由が保たれるということは,民主主義の基礎であり大変大切なことと思っております」って言ってるんですよ。

ところがどうです?

あの悠仁君が生まれてしばらくしたら、厳重な「報道規制」が敷かれてしまいました。
違反した場合にはペナルティーを科すとまで言い渡したそうですね。

子供に不都合が生じたら、即、言論封殺ですか、笑ってしまいますよ。
そもそも、リスクがあるとわかっている禁じ手での男児作成を次男夫妻に発注したのは、ほかならぬ自分たちでしょうに。
よくマスコミも黙って従ってるものだと呆れてしまいます。

むしろ、本当の事を書けないことへの腹いせが、東宮家に向けられて犠牲になってしまっています。

まあ、平成の天皇の本質と馬鹿さ加減がよくわかる典型的なケースだったと思います。
今上夫妻の「言論の自由」は、自分たちの都合の良い時だけの自由にすぎないということです。

しかもこの報道規制、まだ続いてるんですよ、いつまでやってるんでしょうかね。

10年もの長きにわたって言論の自由を抑え込み、憲法違反をし続けている愚かな天皇が、護憲派の天皇って呼ばれるのもわけがわかりませんね。

「日本国憲法は大切」ってしょっちゅう言ってるけど、平気で破ってるじゃないの、自分がなにやってるのかわかってるんですかね?

まさしく、明仁は愚かな矛盾の人ですね。

愛子さまのいじめ問題が起きたとき、ものすごい違和感がありました。
通常いじめ事件がニュースになる場合、いきなり被害者を叩くようなことは起こりません。
いじめが社会問題として認知され始めた80年代や90年代前半は「昔もいじめはあったよ~」「いじめられたぐらいで登校拒否や自殺するなんて最近の子どもは弱い」等の心ない声もありました。
ところが、相次いで起こるいじめ事件やいじめ自殺がニュースになる度に、いじめの陰湿さや暴力性が大人たちの間にも知られるようになり、被害者をバッシングする意見はメディアから姿を消しました。
ところが愛子さまのいじめ事件が起きたら、どのようないじめの実態があったか報道される前に、「いじめぐらいどこにでもあるのに‥‥」という、まるで「愛子さまが弱いのがいけない」という論調でメディアが報じ始めたのです。
2010年のことですよ?時代が一気に20年逆行してしまったのでしょうか。
とにかく、愛子さまのいじめ事件では、メディアもおかしかった。
その元凶は明仁美智子ジジババの発言でしょうか。
それにしても、この時も朝日の報道が先行して騒ぎを大きくしてるんですよね。
数日学校休んだだけで不登校というレッテル貼りに、反論するメディアがいなかったのもおかしい。

言行不一致の今上

今上は平成元年に、即位に際しての記者会見で、
「言論の自由が保たれるということは,民主主義の基礎であり大変大切なことと思っております」と述べています。

それなのに、悠仁君がうまれてちょっとしてから、彼に対して厳重な報道規制が敷かれるようになりました。
なんと、今もまだ続いています。
この規制に違反すれば、ペナルティーを科されるほど厳しいものです。

おかげで、この子について本当のことが何一つ書けないマスコミの苛立ちと腹いせがすべて東宮家に向かい、東宮ご一家が犠牲になってしまっている感があります。

そもそも、リスクの恐れのある禁じ手を使って男児の作成を次男夫婦に発注したのは、他ならぬ今上夫妻自身でしょうに。
にもかかわらず、不都合が生じたとわかるやいなや、さっさと報道規制ですか。
呆れてものも言えません。

今上のいう「言論の自由」というのは、自分たちにとって都合の良い時だけの自由ということだったんですね。
平成の今上夫妻の愚かさ、身勝手さが表れた典型的な出来事だと思います。

そして、このように言論を抑え込んでいる天皇が、なぜか「護憲派の天皇」と言われている不思議。
世間は、あの子への報道規制を知らないんですかね?

本当に、明仁さんは矛盾の天皇ですね。

なんとも・・

ヘカテー様、おはようございます。
この敬宮殿下の映像・・なんともまぁ、お可愛らしいですね・
ふくふくとしたほっぺにまあるいお顔、にこにこと楽しそうにお友達と手を繋ぎ、お歌を歌ってらっしゃる。
いかにもお健やかにお育ちなご様子につい微笑んでしまいす。
ここからかれこれ10年経ちましょうか?、先日のご参拝の際のきりりと涼やかでありながら、やわらかで威厳のあるご様子へとご成長あそばれたお姿・・。
胸が熱くなる思いが致します。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR