平成15年 国連が質問した「プリンセスアイコが天皇になれるように皇室典範の改正を検討したことはありますか?」

産経新聞WEBで自称保守系活動家の山本優美子が男系男子万歳!女帝は絶対ダメ!というコラムを書いてます。

今の日本の保守って昔の保守と違って本業で結果を出してないんですよね。

昔の保守は左翼の人間でも

「この人は保守派で左翼の自分とは考えが違うが、本業は素晴らしい」

と思わせるものがありました。

三島にしろ、江藤淳にしろ、福田 恆存にしろ

左翼思想の学生も保守派の作家の作品を読んでたんですよ。

今の保守派って本業は情けない人たちばっかりじゃん。

今の保守派って基本的に皇太子ご一家バッシングしてるけど、

そういうあんたたちは本業で何か成し遂げたのかい?

と聞きたくなりますね。

このコラムを読んでたらちょっと気になることが書いてあった。

女子差別撤廃委員会では過去に一度だけ、委員から皇位継承についての質問がありました。平成15年(2003年)7月8日、フィリピンのマナノ委員(女性)が「皇室と日本政府は、プリンセス愛子が女性天皇になれるよう皇室典範の改正を検討したことがありましたか?」と質問したのです。

 日本政府はこう答えています。

 「皇室典範では男子のみに皇位継承があります。皇室の祖先神は天照大神であり、日本の歴史には女性天皇もいました。しかし、愛子内親王が将来、女性天皇になる可能性はありません」

 男系による皇位継承は日本の伝統であり、日本そのものです。国連の委員会が皇室典範に意見することなどあってはなりません。


全然答えになってないじゃん!!

外国の人からしたら

「皇室のスタートは女神なんでしょ?

そして女性天皇は過去にいた。

なのにどうしてプリンセスアイコはエンプレスになれないの?」

と思います。

外国人じゃなくても日本人でも

「なんじゃそりゃ?」

となりますよ。

国連の委員会が口出してんじゃねーよ!

と粋がってますが、

女子差別撤廃委員会の委員長は日本人女性だからな!

そもそも女子差別撤廃条約に日本は1985年に締結してます。

皇室典範を男系男子主義にしたのは井上毅という熊本の下級武士です。

まあこの人は九州男子ということもあり、

男尊女卑思想の塊のような人です。

ヨーロッパの王室は

「男子しか王様になれないのはおかしい」

と今では直系長子主義です。

男系男子主義を突っ走るなら

ヨーロッパの王室から出禁にされても文句は一切言えないぞ!


えーちなみに、日本人の86%は女帝賛成派です。

2001年12月に毎日新聞が行ったアンケート結果
反対派は7%
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そんなに世界から口出しされたくないの?

最近のネトウヨ的な人たちは、国外からの批判をとても嫌がりますし、ムキになって「これが日本だ!」と粋がります。
そのくせ、外国人に日本を褒めさせるのが大好きで、日本が優れていると言われるとニコニコします。
あと戦後日本を嫌い、明治~戦前の日本をやたらと賛美します。それを「伝統」といって誇りに思っているようです。
はっきしいうけど、明治以降の近代日本なんて、伝統も何もぶっ壊して西洋の猿まねしただけですよ。
夫婦別姓について、「日本の伝統だ!」って主張するバカもいますが、夫婦が同じ姓を名乗るようになったのは、明治30年にドイツの民法を参考にして作った民法が公布されてからです。
明治6年に出された太政官布告では、夫婦はそれぞれ生家の姓を名乗るように通達しています。
女帝に関しても、容認する立場だった伊藤博文に対して、井上毅が猛反対して男系男子主義を押し通しました。
別に伝統でも何でもないんですよ。この時代は妻は夫に仕えるというのが一般的な社会通念だったので、女帝の夫や夫の一族が専横をはたらくのを危惧したからです。
わたしは個人的には伝統だったら何なのよ?としか思いません。
伝統だから、で悪習がそのまま残されるのがいいわけないと思います。
‥‥とはいえ、伝統だ!伝統だ!って騒いでる人たちが、伝統のことを知らないのが、すごく情けないと思います。

甲斐性なし

おはようございます。
国連もきちんとかなり前から疑問に思っていたんですね。
自身が金融で総合職三期目として働いていた経験からいうと、国内支店は完全な男尊女卑で、実績は男子の2分の1、失敗は3倍の評価でした。ところが、海外関係の部署に転勤すると、全くの平等評価でした。
日本は、国際的な仕事だと、男女平等にするんですよね。そうすると、これから皇室はますます国際的なに活躍することが考えられる以上、愛子さまのが皇位を継ぐことは、避けられないと思っています。

典型的な男系男子信者

標本にして飾っておきたいくらい(笑)

>平成15年(2003年)7月8日、フィリピンのマナノ委員(女性)が「皇室と日本政府は、プリンセス愛子が女性天皇になれるよう皇室典範の改正を検討したことがありましたか?」と質問したのです。

ひょっとして本文には書いてあるかな?と思って確かめてみたのですが、私の目が滑って見落としたのでなければ、平成17年の有識者会議のことは載っていませんね。

皇室典範に関する有識者会議 報告書
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/houkoku/houkoku.html

わずか2年後の11月24日にこの報告書が提出されています。

>象徴天皇の制度は、国民の理解と支持なくしては成り立たない。
>このことを前提に、冒頭述べたように、制度の成り立ちからその背景となる歴史的事実を冷静に見つめ、多角的に問題の分析をした結果、非嫡系継承の否定、我が国社会の少子化といった状況の中で、古来続いてきた皇位の男系継承を安定的に維持することは極めて困難であり、皇位継承資格を女子や女系の皇族に拡大することが必要であるとの判断に達した。

(略)

>皇位の継承は国家の基本に関わる事項であり、これについて不安定な状況が続くことは好ましいことではない。
>また、皇族女子が婚姻により皇族の身分を離れる現行制度の下では、遠からず皇族の数が著しく少なくなってしまうおそれがある。
>さらに、将来の皇位継承資格者は、なるべく早い時期に確定しておくことが望ましい。
>このような事情を考えると、皇位継承制度の改正は早期に実施される必要がある。

不都合な事実は見てみないふりをする。
これが男系男子派の典型的なやり口です。

そして翌平成18年の歌会始で、あのおぞましい“こふのとり”の歌が披露され、2月に6週での懐妊テロップが流れることになります。

平成17年の有識者会議の報告者の中には、この一文もあります。

>検討に際しては、今後、皇室に男子がご誕生になることも含め、様々な状況を考慮したが、現在の社会状況を踏まえたとき、中長期的な制度の在り方として、ここで明らかにした結論が最善のものであると判断した。

また、山本某は、

>委員は、それぞれの出身国では立派な経歴があっても、日本の国柄や歴史・伝統・文化については知りもしないし、考慮もしません。
>ましてや女系天皇と女性天皇の違いなど判るはずもありません。

とも書いています。
これも男系男子派の典型的な言い分ですね。
「女帝いいじゃないか。皇太子さまのお子さまが継がれる方が自然じゃないか。その次も愛子さまのお子さまでいいじゃないか」という意見にかならずこう返します。
でも、「いいじゃないか」が大多数を占めるということは、国民は男系なんてこだわってないんですよ。
男系だから支持してるわけじゃないんです。
直系が継いでいかれるのが当然でしょ、って考えなだけです。
「万世一系」という幻の何がそんなに大事なのって話です。

熊本県民として謝罪します。

井上某の件は大変申し訳ありませんでしたm(__)mホントに言葉もありませんよ。九州男子って自負しているヤツほど、ちんけなつまらない男なんです。実のところ女が手のひらで遊ばせてあげているのが実態です。因みにわたしは舅に「この嫁御が!!」と罵倒されたことがあります。わたしの名前は嫁御じゃないんですが(笑)

最近の男性はフェミニストが多くて、昔ほど明らかな女性蔑視は減りましたが、自分が九州男子であることを誇りにしてるバカもまだ生息しています。祖父も父も問答無用の九州男子でしたから、北原は真逆の性格の人を夫にしてしまいました。嫁御呼ばわりした人の息子ですけどね。

九州男子が偉いんじゃないんです。そう思わせてる女が賢いだけ。でも、段々と女性も発言するようになりました。時代ですかねぇ。まだ諦めの悪いやつらが敬宮さまが天皇に即位なさることの邪魔をしているようですが、秋篠宮やひそくんを本気でテンノーにしたい人はいないと思いますよ。だって、あんなのが日本人の代表みたいに思われたら恥ずかしいじゃないですか。

世論は愛子天皇を望んでいるのです。時間はかかるかもしれないけれど、時代は敬宮さまを選ぶことでしょう。世代交代になった時に大きく動くてみています。そのためにも、私たち国民は声を上げていかなければいけないと思います。

正直悠仁様が天皇になるのは心配です
運動会隣の女の子がいなきゃ出来ない
参拝での姿勢の悪さ
天皇の器ではありません

男系男子にこだわる人、
少なくないですね。

私の周囲(ごく狭い世間ですが。)の70~80代の知り合いは、
御家大事を掲げて、天皇は
『やっぱり男の子じゃないとね』
『できれば男の子がいいよね』です。

生命の誕生は、
その事自体がとても尊いものであるはずなのに、跡取りは男子でなければと、女子では価値無しが前提で語られる皇室。

雅子妃殿下が、愛子様をお産みになった瞬間から
『なんだ女子か』と言わんばかりの顔を見せた
平成皇室。

40年もの間、男子が生まれなかった現実に耐え切れず、
『侵してはならない一線を超えた』平成皇室。
挙句、
子鯰誕生を手放しで喜んだ平成皇室。

私は、私を含め生来日本人は、目的の為なら手段選ばず を良しとは考えない国民だと思ってましたので、
まさかまさか、平成皇室でこれを見せられるとは考えもしなかったです。


子鯰誕生の経緯にいささかの疑問も持たず(気づいてて、知っててトボけてるのか?)
将来の天皇は子鯰だと垂れ流す識者と
信じ込む国民。
そして、
長男の嫁が、跡取りと言う名前の男子を産む、
これあたりまえ、それが嫁と言うもの。
そんな風に考える人がいて、
無責任に勝手に期待を押し付け、
生まれた赤ちゃんの性別を理由に、長男の嫁に
落第の烙印を押す。そして病むまで追い詰める。なんと恐ろしい、なんとおぞましい。
上に書いた知り合いは、
キーコさまに対して何の疑問も持つことなく、男子を産んで皇室の体面を保ったから偉い、立派だと讃えてます。
そればかりか、週刊ミテコ等の与太記事を鵜呑みにしてるのか、アンチ東宮よろしく皇太子ご一家への誹謗中傷喧しい。
知り合いでなかったら、ふざけるな!と、耳たぶ引っ張って耳もとで叫びたくなるほどです。



雅子妃殿下に快復の兆しが見えて
ご一家お揃いでのお出ましが増えました。
先日の神武天皇陵参拝のおりには、
京都駅、奈良県橿原神宮前駅のどちらにも、
ご一家をたくさんの人が、
溢れんばかりの敬愛の心で手を振り声をあげて出迎えました。あの歓喜の映像を、
世界はどう見るでしょう。
あの中に、
男系男子継承を叫ぶ人がいるでしょうか。


皇室典範改正に関わる人の心と頭が
正常であることを願います(笑)

さすが産経(呆)

やはり産経ですか(笑)。産経は自称保守を気取った自民政権の機関紙みたいなものですから、こういう偏向記事を掲載するのはお手のものですよね。

平成15年(2003年)というと敬宮殿下がまだ2歳くらいの時のことなので、もしかしたら「東宮ご夫妻に今後男児が生まれる可能性もあるから」という考えもあったのかもしれません。しかし「これから敬宮殿下に弟が生まれたらその方に皇位がいく予定なので…」と言うこともまた男尊女卑の思想でしかないですね。だから結局は「これが日本の伝統だから!文化だから!」ということを機械的に反論するしかできないんでしょう。まあ、これが日本の伝統だの文化だのという言い訳も横暴すぎて腹立たしいですが。日本人の大半はそんな伝統も文化も認めていませんし。

国連側も、「皇室の祖先神は天照大神であり、日本の歴史には女性天皇もいました」という日本側のコメントについて、「え、じゃあプリンセストシが女帝でいいじゃん!」ともっと突っ込んでほしかったです。
そういえば今年の伊勢志摩サミットでは各国首脳を伊勢神宮に連れていきましたが、伊勢神宮の成り立ちや祀られている神様について、安倍政権は首脳たちに対してどういう説明をしたんでしょうね?

国民の考えは

今朝の日経の世論調査では、なんと回答者の80%が女性天皇を認めるように皇室典範を見直せといています。

明仁さんの退位については、77%が、いいんじゃないのって答えています。

つまり、大多数の国民は、天皇がやめたいんなら別に引き止めないし、徳仁天皇の次は、愛子皇太子を望んでいるということが、はっきりしましたね。

皇太弟だの内親王限定の女性宮家だの、あいつらが「識者」と称する連中に言わせて世論をミスリードしようとしても無駄だったということ。

数年後には、国連の女性差別撤廃委員会に胸を張って、報告できると信じています。

つまるところ

つまるところ、皇位継承は男系男子だ!と騒ぎ、伝統だから女子に皇位は継がせられない!と主張する輩は、つまるところアフリカで行われているような割礼だとか、狐さんの祖国と思われるところで犬を食する風習とかに「悪習だからやめろ」などとあれこれケチをつけることはできないってことになりますね。
伝統がー!とかいうやつに限って、他国のものは「けしからん、悪習は正すべき」と非難するくせに。あまりの視野の狭小さに呆れるばかりです。というか、ダブスタはやめろよ。
あ、ダブスタはどっかの秋家を支持する人々の専売特許でしたっけね(笑)
Y染色体がー!というのもなんだかなー。ミトコンドリアは母系のものが遺伝されていくというのは皮肉なお話かも。

レイシストでなくてもセクシスト

youtubeで見ましたが、アメリカの黒人ジャズプレイヤー、天才的とは認められてもアメリカでは酷い人種差別を受けていました。
彼が初来日した時、飛行場で花束を持って熱狂しているたくさんの人が自分を歓迎に来たと知って、「日本は黒人だからといって差別しない国なのだ」と感激して大泣きしたそうです。
それからすっかり日本贔屓になり、何度も来日し日本女性と結婚しました。

男系派の人は「男系男子で続いてきたからこそ、皇室は海外でも尊敬されている」と言ってますが、そうでしょうか。
「日本は近代国家なのに、女性差別は旧態依然の国」と思われてるのでは。
「あれほどのお妃を得ながら、男児を生まないからと病気に追い込んだ国」という認識ではないでしょうか。
明らかに倫理違反を犯しても、男児を生んだという理由で弟妃が尊敬されるでしょうか。

もう国家元首が女性だからといって余り驚かない。
女王に至っては、次の世代の欧州王室は殆どが女王を戴く。
そこへそういういわく付きの悠仁さまが出て行って、まともに相手にされるでしょうか。
現に秋篠宮自身、英国王子が見えた時に所払いを食っている。眞子さまも留学中に、英王室から一度もお茶に呼ばれなかった。
「彼らには逢いたくない」と言われてるのだと思います。

日本のマスコミも「日本が女帝になったら尊敬できませんか」と、海外に取材してみたらいい。
結果が判ってるからこそ、敢えてやらないのだと思います。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR