オープンザブライス!昭和の皇太子一家が一か月以上使ってたプリンスホテルの滞在費現在の価格で一か月あたり620万円

昔の雑誌をチェックしてたら気になることが書いてあった

(ちなみにヤフオクで落札したにゃん!)

 『増刊週刊明星 東宮御所の三ご兄妹≪貴重保存版≫』
昭和44年12月5日発行 集英社 販売価格180円


217ページ
側近の間では、御所増築とともに「軽井沢御用邸」案も話題にのぼっている。
ご一家は毎年7、8月を、朝香宮家の別邸であったプリンスホテルで過ごされているが、
ここも手狭になってきた。
所有者の西部では気がねして、「お買い上げくださってもかまいません」というが、
それだけの予算を右から左へ自由になさる余裕はないようだ。
ホテルの使用料は月ぎめで約100万円、その負担は軽いとはいえないだろう。


昭和44年の物価で100万円

今だったらいくらなのかな?と思って調べました。

こちらのサイトを参考にしました↓
http://fortheopensociety.blog17.fc2.com/blog-entry-128.html

昭和44年の大卒の初任給
32,400円


平成27年の大卒の初任給
20万2千円

厚生労働省HP

まあ大体現在の価値で換算すると

昭和44年の100万円=現在の価値約620万円

えーっと明仁皇太子一家は1か月半滞在してましたから、

ひと夏で約930万円ですね。


昭和の皇太子夫妻が税金使って遊びほうけてましたが、

平成の皇太子ご夫妻は民間のホテルは春休みにスキーをされる時しか使われません。

それ以外は御用牧場、那須の御用邸、沼津の御用邸です。

(御用邸は別荘なので当然宿泊代はかかりません)

なんかおかしいよね。

税金使って遊びほうけていた人たちがマスコミやネット右翼から絶賛されて、

非常に倹しい生活をされているお方がマスコミや下郎下女から「税金どろぼう」呼ばわりされるんだもん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一夏900万もすごいけれど

ホテルを一棟丸ごと借り上げているわけだし、千ヶ滝プリンスホテルは「ホテル」と一応名乗りながら、昭和の皇太子ご一家のためのホテルだからと、一般客にはまったく貸し出さなかったと聞きます。
ですから、もし払ったのが900万だとしても、逆に年3500万ぐらいの貢ぎを堤グループから受けていたのだとも言えるでしょう。

それに、実際1ヶ月半もの間ホテルをまるごと借り上げて、900万ですむもんだろうかとも思います。
仮に200人泊まれる規模だとして、このクラスだと一人一泊3万でしょうから、一日の借り上げだけですでに600万になります。
堤グループは本当に格安の値段で提供していたのだと思います。

また、警備とかでいったいいくらかかったのか、考えるとめまいがします。
雅子妃殿下が病気になられて、ご実家の軽井沢の別荘にこもられたとき、警備がいくらだとか何とかものすごく叩かれましたが、
あちらは皇太子妃と、皇室的には無意味な内親王だけの宿泊です。
皇太子殿下、その次に皇統を継ぐのが確定の徳仁親王、ほかにも継承権がある礼宮も一緒なのですから、その警備の厳重さは想像に難くありません。

もはや言うまでも無いことですが、贅沢という点では昭和の皇太子ご夫妻の方がもっと桁外れです。
そういう方々が天皇皇后になられたからといって質素になったとはとうてい考えがたく
内廷費を同じくする平成の皇太子ご一家がいかに逼迫しているか、本当にお労しいことです。

いちばん知ってるはずのマスコミが

率先して誹謗中傷してるんですからね…。昭和の皇太子夫妻の贅沢三昧を今書いてくれたらと思いつつ、ムリなんでしょうね。そんなに美智子さまさまのバックが恐ろしいのかと、文春の銃弾の一件を思いだしています。言論統制。

それっぽっちでない、と思う。

歩いて軽井沢へ往復するわけではない。
貸しきり電車で行っていた。

昭和の皇太子一家は夏に軽井沢へ長期滞在するから、東宮職も軽井沢へ移動設置された。

職員が手ぶらで行くとは思えないし、何かしらの荷物を運んだはず。
トラックなども利用されたはず。

当時の東宮職の職種がどうなのか分かりませんが、公務員であれば、
現地までの交通費が出たはず。
短期間出張という理由なら出張手当てが出たはず。

東宮職が軽井沢へ設置されたからと言って、赤坂の東宮職が電気ガス水道電話などのライフライン完全停止にはなってないだろう。
東京組、軽井沢組という二重構造になっていただろう。
つまり税金の無駄遣い。

日本は高度経済成長の時期だったけれど、
一ヶ月以上も軽井沢の一流ホテルを押さえて、世帯主は働かずテニスしまくって、嫁実家の別荘で遊ぶことができた家族は、ゼロとは言わないけれど極少数だった。

明仁皇太子と美智子妃が質素だったというのはウソです。

金食い虫

先日紹介されていた「御用邸は使われないのですか」の質問も、結局民間ホテルだと経費がかかるからだと思うんです。
(「内廷費からだから文句ねーだろ」かもしれませんが)
あとは、特定企業との癒着ですよね。
だから、即位直後にも批判が出た。

皇太子妃が皇后より衣装代を超えてはいけない不文律があるのに、昭和は違ったとかも暴露されてましたよね。
とんでもない金食い虫ですよ。
何でも公務扱いにすることで、宮廷費も膨れ上がったのでしょう。

一体どうやって工面していたんだろう?

内廷皇族の懐事情を知るにつけ、内廷費だけでこんな贅沢が可能だったのか、ちょっと疑問です。
もし美智子さんの実家からの援助だったら、まあ正田さん家も大したもんだと思いますが。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR