昭和天皇の外出公務は非常に少ない! 昭和49年昭和天皇73歳の時の外出公務の回数 行幸啓19回、行幸6回、香淳皇后おひとり2回

夏バテで体がしんどいです(笑)

平塚中央図書館に行ったあと、平塚駅のブックオフに立ち寄ったからちょっと遅くなっちゃった。

平塚駅のブックオフは最近のブックオフで非常に珍しい古い皇室関連の本が置いてあったから買いました。

後日ご紹介します。

もはや立ち上がる気力もありません(笑)

さて、読者の方からメールをいただきました。

いつも楽しくブログを読ませていただいております。
突然で大変失礼ですが、画像を送らせていただきました。
添付した表は、「宮内庁要覧 昭和50年版」(p16)に掲載されている昭和49年の昭和の両陛下の行幸啓回数の表です。昭和天皇が73歳のときのものです。

とにかく、両陛下(特に香淳皇后)の外出回数の少なさには驚かされますし、地方旅行の日程もゆったりのんびりしたものです。
芸術院や学士院の式典は天皇のみの出席でした(今は夫婦で出席)。

これは、知り合いが以前、レポートを書くのに使った資料のコピーのうち、手元に残っていた一部なのですが、「それでもこの昭和49年は、かなり(行幸啓数が)多い方だよ、もっとずっと少ない年の方が多いよ」
「両陛下お揃いというのも、この年は特に多いしね。この後すこしづつ、香淳皇后は表には出てこなくなるよ」と言ってました。
また、「本来、皇族の公務というのは、憲法上は、天皇の国事行為だけだよ」とも。

いかに、平成になってからが異常かという事が良くわかると思います。
即位以降、自分たちで勝手にどうでもいい外出を激増させておきながら、「大変だ、激務だ」と恩着せがましく報道させているわけです。
そして、マスコミがいかに(知っていながら)嘘の情報をタレ流し、誤った印象を読者に植え付けているか、という典型的事例だとも言えます。

しかも昨今、年に100回とも言われる「激務」(笑)のうち、大半がやってもやらなくてもいい「鑑賞系のおでかけ公務」であり、平成25年の場合、著名芸術家のオペラやクラシックのコンサート、観劇、美術展鑑賞が合計で55回を超え、今上夫妻が日本で一番贅沢に遊び歩いている老夫婦であることは間違いないと言えるでしょう。
そんなに大変なら、行かなきゃいいのにとも思いますが、これみよがしの回数稼ぎでしょうか。
したがって、「雅子妃が病気で東宮が公務をしないので、両陛下が激務だ」などというのは全くの大嘘です。大体そんなこと、ありえない話です。

むしろ、すでに皇太子ご夫妻は、次代に向けて着実に軌道修正を行いつつあるように感じます。
最近のご夫妻、或いはご一家のお出ましの頻度でもう十分だろうと思います。
雅子妃が回復基調にあるからと言っても、即位後のことを考えると、もうあまり増やす必要はないはずです。

雅子妃が疲れ果てて倒れるまで、「公務依頼が引きもきらず、超多忙」だったのは皇太子ご夫妻でした。
あちこちに出歩いてやたらと姿を見せ、湯水のごとくお金を使うという今上夫妻の方針に対し、「公務の見直し」を訴えた皇太子殿下でしたが、結局、何ら是正されずに平成は終わるようです。

月曜日の今上の会見で、再び東宮家へのデタラメなバッシングが起こるのではないかと憂鬱な気分ですが、そうしたデタラメへの反論材料として、この昭和天皇の行幸啓表をご紹介いただけると幸いです(画像が悪くてすみません)。


メールありがとうございます!

さてさて添付された画像を拝見

87423dbbe5e9dc8629cc219b4af84959.png

昭和天皇と香淳皇后ご一緒(行幸啓)
定例的なもの(3回)
①全国植樹祭(5月岩手県5泊6日)
②国民体育大会秋季大会(10月茨城県4泊5日)
③全国戦没者追悼式(8月)
定例以外のもの(16回)
・外国交際(国賓接伴関係)3回
・式典 3回
・社会事業・産業等御奨励 1回
・公共施設御視察 3回
・展覧会 1回
・スポーツ 1回
・園遊会 2回
・地方行幸啓 2回
合計19回

昭和天皇のみ(行幸)
定例的と認められるもの(3回)
①国会開会式(1月、7月、12月)
②日本学士院授賞式(6月)
③日本芸術院授賞式(6月)
定例以外のもの(3回)
・外国交際(国賓接伴関係) 2回
・式典 1回
合計6回

香淳皇后のみ(行啓)
定例的と認められるもの(1回)
全国赤十字大会(6月)
定例以外のもの(1回)
展覧会 1回
合計2回

ヘカテーの感想
少ない!めっちゃ少ないよ、これ!

>「それでもこの昭和49年は、かなり(行幸啓数が)多い方だよ、もっとずっと少ない年の方が多いよ」
「両陛下お揃いというのも、この年は特に多いしね。この後すこしづつ、香淳皇后は表には出てこなくなるよ」と言ってました。
また、「本来、皇族の公務というのは、憲法上は、天皇の国事行為だけだよ」とも。


これでも例年よりも多いのよ!

読者の方から

「体調が一番悪い時の雅子さまの方が良子さまよりも多く外出公務に出られた」

とご指摘されましたが、

このように具体的な数字で見ると一目瞭然!


本当にお小さい頃から厳しく育てられた昭和天皇と生まれた時から皇族だった良子さま

その跡取り夫婦はどうなのかと言うと

>年に100回とも言われる「激務」(笑)のうち、大半がやってもやらなくてもいい「鑑賞系のおでかけ公務」であり、平成25年の場合、著名芸術家のオペラやクラシックのコンサート、観劇、美術展鑑賞が合計で55回を超え、今上夫妻が日本で一番贅沢に遊び歩いている老夫婦であることは間違いないと言えるでしょう。
そんなに大変なら、行かなきゃいいのにとも思いますが、これみよがしの回数稼ぎでしょうか。
したがって、「雅子妃が病気で東宮が公務をしないので、両陛下が激務だ」などというのは全くの大嘘です。大体そんなこと、ありえない話です。


小さい頃からやっと生まれた親王さまということで侍従や女官に散々甘やかされて育ったキンジョーヘーカ
平民の粉屋の娘から皇族になったミテコさま

平成のリョーヘーカを見てると

「貧乏暇なし」という言葉が浮かんでくる。

日本の象徴なのになんでこんなにバタバタ動き回ってるんだろう。

>雅子妃が疲れ果てて倒れるまで、「公務依頼が引きもきらず、超多忙」だったのは皇太子ご夫妻でした。
あちこちに出歩いてやたらと姿を見せ、湯水のごとくお金を使うという今上夫妻の方針に対し、「公務の見直し」を訴えた皇太子殿下でしたが、結局、何ら是正されずに平成は終わるようです。


皇太子ご夫妻ご成婚1年記念、3年記念、5年記念とかの本が昔は出てました。
それを見ると雅子さまは本当にお忙しかった。
出歩き公務は皇族も負担、迎え入れる方も負担、莫大な税金が使われる。

平成13年の宮廷費 6,986,511,000円
昭和57年の宮廷費 2,505,106,000円

平成13年が約70億円
昭和59年が約25億円

平成13年の皇室費合計額 7,618,460,000円
昭和57年の皇室費合計額 2,888,694,000円

平成13年が約76億円
昭和57年が約29億円

「両陛下が来るので、道を治す、建物を治す、県警が動員される、等等考えれば、浪費される税金の金額は、5倍10倍ではないかと思います。 年間200億円とか?もっと? 全国ピン刺し公務をやめれば、公立小学校の教育にでも、障害者支援にでも、それだけ予算が回せるという事ではありませんか。 」
(過去記事 http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

皇太子ご一家が本格的にバッシングされ始めたのって

人格否定発言後ではなく、

皇太子殿下が「公務を見直します」と訴えられてからなんですよね。
これからの日本経済のことを考えたら外出公務は減らさなきゃだめだわ。

高度経済成長期だったらまだ分かるけど、

ぶっちゃけ今の日本って財政的に見るとまったく余裕なんてありません。

昭和に戻さなきゃだめだわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

割れ鍋に綴じ蓋

貴重な資料ありがとうございます。結局、平成のごこうむとやらは、一人では何もできない夫と、出歩くのとチヤホヤされるのが大好きな妻の浪費活動なんですね。明日のお気持ち会見を機に、このブログがますます多くの方に読まれること、期待しています。

明日の会見って

生前退位の言葉がニュースに踊ってからずっと、今まで皇室に関心のなかった層の国民からも皇太子ご一家に注目が集まってしまい、すでに平成はもう終わったもののように扱われてる気がして、その事にムッとした人がいるからするの?と思わずにいられません。

私は昭和のまさに終わりといった時期に生まれ、平成とともに人生を歩んできました。ですが、だからといって平成が終わることに悲しみなぞ欠片もありません。この窮屈でなんだか息苦しい時代が終わってくれるなら、むしろ喜ばしいくらいです。
私は男女平等のもとに教育を受けゆとり世代と呼ばれ、いつも「昭和は良かった」と聞かされてきました。
へぇ〜それほど昭和という時代は良かったのかと思うものの特にこれといった感慨もなく、ただ、たしかに平成が良いとは言い難いのは納得でした。

敬宮様がお生まれになったとき、男女平等を疑ったこともなかった中学生の私はこの可愛い赤ちゃんがいつか天皇になるものだと勝手に思っていました。
まさか女性に皇位継承権がないとは…
それを知ったのはあの懐妊テロのニュースでした。
間違いなく男が産まれてくるんだ。そしてそれを天皇皇后、そして秋篠宮家が望んだのだ。
この人達がやったことは、日本中の女性に「お前らに価値なし」「この役立たず」と言って浴びせたのと同じだと思いました。
まだ思春期といえる歳だった私は女性であることを酷く傷つけられた気がしましたし、この人達にものすごく反感を抱きました。
そしてそれまで皇室など無関心だったけれど、これまでの皇室のなかでの雅子様、敬宮様のことを思うと心が痛かったです。
この人達が会見などでもっともほうなこと言っても、どうせ心の中では女など無価値と蔑んでいるのかと思うと白々しく聞こえてきます。

やっぱり、おかしい平成の皇室

皇太子ご一家を陰ながら応援している全国の方からの参考資料の提供は、大変ありがたいです。日本学士院・日本芸術院授賞式については、過去の写真で見たことあります。確かに昭和天皇の場合は、お一人でのお出ましでしたね。この時の方が、皇室の公務が慎重に行われていたと思います。平成の皇室では、天皇の存在が軽くなっただけではなく、両陛下の公務までも軽い存在になったのかなと思いました。

さて、問題の両陛下の公務。特に芸術家のオペラ、クラシックコンサート、観劇などの異常な多さは、「震災復興支援」などを名目にすっかり恒例となっており、高齢による体調不良が問題になり、公務の見直しが図られていても、これだけは減らすおつもりはないようです。

昭和天皇・香淳皇后のご公務、それも昭和49年というまだお元気でいらっしゃった頃であっても、平成よりも少ない方でありますが、個人的には皆さんと同様で「両陛下としてのお務めとしては十分な方」だと思います。昭和の皇室で見れば、皇太子ご一家のご公務は十分すぎる方ですし、ご体調が酷かったときに公務に臨まれた雅子さまは、皇太后さまよりも多くお出ましになられた方なんですね。

宮内庁がHPで両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮夫妻の日程だけ記載して、常陸宮ご夫妻以下他の宮家の日程を記載しない背景も何だかわかってきたような気もします。皇太子さまの「公務見直し」発言以降から続くバッシング。これも踏まえて考えると、両陛下と秋篠宮夫妻の日程を記載することで、「両陛下はこんなにもお忙しい。秋篠宮ご夫妻も両陛下も見習って公務を頑張ってる。それに比べて、皇太子ご夫妻の公務の少なさはなんだ!?けしからん」という風潮に変えたいという意図があるのではないかと思うようになりました。

常陸宮ご夫妻、三笠宮家、そして高円宮家の日程まで記載してしまったら、「何だ、秋篠宮夫妻よりも高円宮妃久子さまの方が一番お忙しいじゃないか」と気づく人が出てきて、秋篠宮夫妻には都合が悪いですからね(まあ、久子さまは色々な催しにお出ましになられるので、皆さん、薄々気づいていると思います)。

皇族が少ない現在、公務がこれ以上増えることは容認できることではないですし、望ましいことでもありません。昭和の皇室の公務の量をベースに、これを機会に見直す時が到来していると思います。

明日午後3時はいよいよ陛下の「お気持ち」表明で、各放送局は特別番組まで敷く始末。正直良い気分はしません。お気持ちは後に宮内庁HPでも確認できることですし、特別なことはせず、いつもの日常を過ごす予定です。

No title

ヘカテー様

今日、名古屋駅で皇太子殿下がお通りになるところに居合わせました!!!!
人が多すぎで見えなかったです、、
誰かが上げたスマホの画面に皇太子が歩いて行かれる姿をみました。

結構前から皆並んで待っていましたよ。そして、20代30代の若い方が多くてびっくりしました。
姿が見えた瞬間、拍手が沸き起こって、、なんか感動しました

まさにそのとおりです。昭和天皇は華美に走らず、皇族とはいかにあるかをご存知でした。
祭祀と国事公務、りっぱな御所に訪れる海外の賓客だけでも忙しいのではないのですか?
度重なる災害にも頑張る国民の税金で、どこが違うか分からないドレスやらガンダムスーツを作り鑑賞公務にでかけ、災害地には早く行きたいと急き立て、慰霊の旅にアチコチ。日本地図に刺したピンを見た時には唖然としました。
全てやり終えて大満足で生前退位を告げるやり方には、違和感いっぱいです。

今日の放送

まだ、見ても聴いてもいないけれど
あの大奥様の作文または添削の文章を
聞かされることになるのでしょう。
考えただけで、鬱陶しさを感じます。
ご本人的には、昭和天皇の玉音放送のつもりなんでしょうけど
そこまでの覚悟がおありなのか

関係ないのですが

記事の後に出てきたスポンサーサイト広告があまりにも笑えたので。

>スポンサーサイト
>時代に合った稼ぎ方♪好きな時間にパソコンで在宅ワーク!
>お金を使うのではなく増やす!安定して毎月30万円を増やせる仕組みがあった!

なんだろう“増やす”に反応したのか“カネクレ”に反応したのか、ちょっと笑えました。
いや、まじめに昭和53年のこと書こうと思ったんですよ。
でも、どうでもよくなっちゃった。

今回の生前退位

初めてコメントします。
今日の午後3時からの天皇のお気持ち表面をまえに、テレビでは必死になって、生前退位の正当性を説いています。なんでも、天皇の現公務をこなすことが象徴天皇のあるべき姿だと。今の公務は全て大切で、減らそうとしても、国民は法のもとに平等なので、減らせないなどと言っています。今のまま、100パーセントの公務を皇太子様に引き継ぐことが天皇の意思だろうと。
私は本当にこんな馬鹿げたことを通そうとするメディアや宮内庁が許せません。
秋篠宮殿下が、天皇にも定年制をとたびたび言っていました。天皇の体調を気遣っての発言なのだろうと多くの人は思ったはずです。でも実際は違っていたのですよね。今回の事、また秋篠宮にとっては皇太弟の位が目的だったのではないですか。その事が今回はっきりしました。
本当に、どこまで国民を騙せば気がすむのでしょうか。本当の事を言わない人を私は信じる事はできません。許せない気持ちでいっぱいです。騙されたと思った時、もうどこにも気持ちのやり場がありません。
唯一、ここを見つけて、吐き出させていただきました。

承詔必謹

「承詔必謹」(みことのりをうけてはかならずつつしめ)
明治維新以降に制定された旧皇室典範においては、それまで確実に存在し(8代6人)実力をも備えていた女性天皇を「単なる中継ぎ」と否定し、男系男子限定天皇制が日本の歴史に初めて登場した。
男系男子限定天皇は、富国強兵のツールである国家神道を国民に浸透させるための現人神となった。
小国日本の生き残りを賭けた富国強兵は、やがて軍国主義へと変質、男系男子限定の天皇は、三軍の長として軍事教練に君臨する。
なぜ明治政府が神道を選んだか。
徳川幕府は仏教をツールとして利用していたので、今回は神道でゆきましょう、.と。徳川幕府の全否定、いわゆる勝てば官軍。
今また、世界的時流に逆らい「男系男子限定天皇」を推し進める者たちがいる。小国の生き残りを賭けた高度な政治戦略ならまだしも、単なる日本男性の劣等感の現われだとすれば、日本に明日はない。

濃密な近親結婚を繰り返してきた皇室に41年間、男子は生まれなかった。
これは自然界の法則で、さまざまな遺伝病が女子では発病せず保因者となるのみゆえ、その種を守るために女子が誕生するようになる。
2006年、女性天皇への道を拓く有識者会議~国会審議の最中に秋篠宮紀子妃の懐妊を告げるメモが安倍晋三から小泉総理に手渡され、審議は中断された。
奇妙奇天烈摩訶不思議。
その時、紀子妃、妊娠6週め。
妊娠の数え方をここで確認する。
出産前、最後の月経が始まった日を起点とするのである。
最後の月経開始日から4週間経過し、月経がこないことに気づく。しかし、女性の月経は周期の狂わないほうがおかしい。体質により、月経期間も3,4日から10日間とさまざまだ。きっかり28日で始まらなくても、妊娠しているとは思わないだろう。自然妊娠なら。
ここで妊娠5週め。
さすがにもう1週間たつと、妊娠検査薬や産婦人科が頭によぎる。
これが妊娠6週め。
妊娠6週めでは公表どころか、母親自身「妊娠しているか」半信半疑だろう。その6週めで、女性天皇の審議をストップさせてしまうとは、たいていのおとなの女性は、思った。
「キコさん、やったわね」
男子の受精卵着床前性別選択である。日本医師会では人倫に悖ると禁止しているが、法律で罰せられることはない。
受精卵の細胞を調べ、女子受精卵は廃棄し、男子受精卵のみ産み分ければ「男系男子限定天皇」の存続は可能である。が、ここまで生命倫理を冒涜した存在を一国の象徴とするのか。
個人的には、41年ぶり男子はスペイン・ハプスブルグの最後の国王と同じ状態ではないかと思っている。

No title

いつも楽しく読ませていただいています。
本日の会見は昭和帝へのコンプレックスの現れの気がします。玉音放送を真似したかっただけ。
出歩いてばかりで威厳もなく本当にいてもいなくてもいいような人が象徴なんて、情けなくなりますよね。

お言葉w を受けて、テレビの報道やネットなどでは天皇の過酷な公務日程が取り上げられ、天皇さまはこんな沢山仕事をしているんです!大変でしょ!偉いでしょ!?というムードに持って行こうとして気味が悪いです。
しかし、職場では、「何年か前に皇太子さまが公務の見直しをって話したよね?結局しなかったの?してれば年齢や体調に合わせた公務出来たのにねぇ。宮内庁って仕事しないのね」という声もありました。
問題が長引けば、皇太子さまのお言葉がもっとクローズアップしてしまうかも。
被災地に赴くのもオペラ観に行くのも同じくらい大事だから減らせないって天皇が考えてると国民が知ったら、呆れてとっとと退位してくれってなるかもしれませんね(⌒-⌒; )

個人的にはあれだけ皇太子さまに負担をかけているくせに摂政には否定的なのが不愉快でした。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR