「平成の玉音放送」の視聴率 NHK12・1%,日テレ4・9%、TBS2・6%、テレビ朝日4・6%、フジ2・8%、テレビ東京1・0%

天皇陛下のお気持ち表明、NHK視聴率は12・1%

スポーツ報知 8月9日(火)11時8分配信
天皇陛下は8日午後3時、象徴天皇としての務めについてのお気持ちを11分間のビデオメッセージで表明された。皇太子さまに皇位を譲る生前退位の実現に強い思いを示された。
お気持ち表明を伝えた同時間からのNHKニュースの視聴率は12・1%だった。民各局も特別番組を組むなどして、お気持ち表明を伝え、同時間帯の日本テレビの視聴率は4・9%、TBSは2・6%、テレビ朝日は4・6%、フジは2・8%、テレビ東京は1・0%だった。
数字はビデオリサーチ調べ(関東地区)


あれだけ大騒ぎしたのにね(笑)

まさに大山鳴動して鼠一匹!

まぁ、ほら平日の昼間だし、高校野球あるからというのもあるけど、

これしか数字取れないんだ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お気楽に目立ちたいけど元首はイヤ

何が言いたいのかよくわからない、非常にみっともない会見だったけど、「象徴」「象徴天皇制」「象徴としての」と、あれだけ「象徴」を連呼するところを見ると、「元首」は断固拒否なんだな、ということはわかりました。

元首と明文化されると、いろいろと責任が生じたり、或いは押し付けられたりといった制度上の危険があるのでやめたほうがいいな、と私も思ってはいましたが、どうも今上の場合は、元首になると、今迄みたいにお気楽にあちこち遊び歩けなくなる、着飾って無責任にお手振り公務だけしてりゃいいっていう今の状況の方が都合がいい、という感情が透けて見える感じがしました。

なんかものすごく個人的な、感情的な会見でしたからね。

もちろん、内容の是非はともかくとして、天皇自身が天皇の法的立場について、はっきりとではないにしても、自身の意思をほのめかすことはやはり憲法上抵触すると言われても仕方ないでしょうね。

それにしても、生きてるうちから「自分はこんなに頑張ってきた」と自慢する天皇って、一体何なんだろうか、と不思議な気持ちでこの「お気持ち」の文章を読み返しました。
くどくどした内容のない言い回しから、美智子さんの文体をひしひしと感じました。
国民に対して自分たちのこれまでの努力の承認を求め、称賛を期待する・・・・、なんと鬱陶しい老人かと情けなくなりました。

天皇なんて、いくつかの国事行為以外、何もしないで泰然と座ってゆったり暮らしていたっていいんですよ。
このご夫妻は、結局、自分たちに自信がないため、やたらと出歩き、仕事ぶりをアピールするしかなかったんですね、天皇の「成果主義」ですか(笑)。

そして、皇太子を摂政にするは死んでもイヤ、当面は公務も減らさない、と続くと、本当に「生前退位」する気あるの?と誰でも思います。

むしろ、この辺の論理矛盾、整合性のなさ、あまりの滅茶苦茶さから、「改憲阻止」のような別の目論みがあると想像されてしまうのでしょう。
まあ私も、全くないわけじゃないだろうとは思ってますが、それは、前述の「元首化」問題等、皇室に直接関係する項目についてだけでしょうね。
国民全体のことを考えているわけじゃないと思います。

ただ一つよかったことは、今上の「大喪の礼」はやらなくてもいい、或いは小規模でいいってことの言質が取れたってことですかね。
もう葬儀も墓もいらないってことでいいんじゃないでしょうか、奥さんも同様で。
とにかく、この夫婦ほど税金を好き放題使った人はいませんからね。
次代を考えてちょっと出費を抑えてもらわないと。




よくぞ書いてくださいました

雪の華さまが書いておられること↑に激しく同意いたします。昨日の「お気持ち」とやらの発表以来、自分のことを『全身全霊をもって象徴の務めを果たしてきた』等々、自画自賛オンパレードのテンノー本人にもですが、その周りで蠢く、マス「ゴミ」や、それと結託した有識者と称する輩の阿諛追従(まさに天皇礼賛の嵐!今は戦前か?ぞっとします)につくづくうんざりしていたところです。犬HKやアカヒ新聞でコメントしていた学者とやらは皆○(ハ行一文字が入ります)のようなことしか言わない中、朝刊に掲載されていた古川隆久氏の意見『陛下の懸念する「象徴天皇の務めの安定的継続」は退位でなければ解決できないのかをまず考えるべきだ。行事出席や国内外訪問といった公務は天皇の義務ではない。皇族が分担しても構わないわけで、憲法に規定のない公務を理由に退位を論じるのは踏み込みすぎの感がある。』、さらには、西村裕一氏の意見『まず問われるべきは、天皇に一定の「能力」を要求するような、現天皇が行ってきた「象徴としての務め」のあり方でしょう。…そもそも「天皇の意向」といっても、天皇自身ではなく、「天皇の意向」なるものを報道機関に伝えた人物がいるのでしょう。…(中略)…にもかかわらず、だれが天皇の意向をメディアに伝えていたのか、責任を負うべき内閣はどんな判断をしていたのか、全く明らかにされていません。宮内庁や内閣の責任追及を可能にするためにも、メディアには一連の経緯を検証することが求められます。今後この問題は国会などで議論されることになるでしょうが、そこでは、天皇の「お気持ち」を持ち出すことは厳に排除されなければなりません。それは、天皇の影響力を国政に及ぼさないためであると同時に…』は、聞くに値する数少ないものでした。たったこれだけのことでもメディアでこの発言をするにはかなりの勇気が必要だったことでしょうね。日本という国は言論に関してそこまで不自由な国になってしまっているということですね。ちなみに、『誰が天皇の意向をメデイアに伝えていたのか』については、宮内庁の役人だけでなく、限りなくグレーな一家がいることはヘカテー様のブログの愛読者には自明ですよね。

いや、元首になりたいんだと思いますよ

嫌なのは摂政であって、本音のところでは、元首になりたいんだと思いますよ。
“象徴天皇”が何かちっともわかってない人だと思います。
象徴天皇が、あれだけ自分の意志を時の政府に押しつけるのはアウトだと思います。
別トピにも書きましたが、今回だけではないですからね。

まあ、それはともかく、アクアパッツアさまも触れておられますが、朝日新聞に面白い記事がありました。

「お気持ち」切り離し議論を 西村裕一さん
http://digital.asahi.com/articles/ASJ8772CDJ87UPQJ00D.html

1981年生まれだという若い憲法学者の意見です。
その中で、「天皇の意向」をリークした人間の責任問題に言及しています。
「天皇の政治利用」になると。
このことに触れた人は今までいなかったんじゃないかな。

へーと思ったのは、天皇ではなく宮家とはいえ、明らかに秋篠宮家に食い込んでいた朝日新聞がこれを載せていること。
西村氏はリークした人間は宮内庁関係者だと思っているようですが、一部ではリーク元は秋篠宮だと言われています。

筆頭宮家と朝日新聞の間に、多少亀裂が入ってるんですかね。
最近、NHKばかりがスクープしますもんね。

No title

皇太子殿下ではない政府機関の人間などが摂政の座に就くことを念頭に置いているのかもしれませんが、東宮擁護派であろう高森明勅氏は自身のブログにて今回、摂政を置けと言う人間を反逆者と批判しました。

女帝問題と皇位継承問題ではまともなことを言っている高森氏とよしりん2人とも今回だけはいただけなかったです。
もっとも2人とも性善説に乗っ取って皇室(特に高貴高齢者)を見ており高貴高齢者が雅子妃殿下や愛子様に冷たかったり意地悪だったりしたことを気づかず(コレは男性ならではですが・・・)全て宮内庁の役人の仕業だと思っているのかもしれませんが・・・

皇室性善説

名無しさんの書き込みを見て、高森氏のブログを見に行ってきました。
最新のでは考えが理解できなかったので、遡っていたら

>これで皇室はおしまいだとか、国体が破壊されるなどといった、
>今から振り返ると到底、正気とは思えないような被害妄想に囚われ、
>意固地に反対していた。

>その連中は今、慈愛と責任感に溢れる皇后陛下のお姿を拝し、
>何とお詫びするつもりか。

「ああ、やっぱり、心配したとおりだ」と思ってらっしゃいますよね、きっと。
このブログでもよく話題になりますけど。

この人も小林よしのりも、皇室性善説です。
悪いのは政府であって、皇室の皆さまは清廉潔白と思っている人たちです。
おそらく「政府が女系・女帝に反対している」と思っています。
特に10年前の審議ストップに一役買った安倍首相に対してはその思いが強いと思います。
あのタイミングで男の子を作って、その安倍官房長官と手を組んだのは誰?とは思わないところが、頭が凝り固まっている証拠。

あと、高森氏は「陛下はご健康なのに摂政設置を画策する輩がいる」と思っているようですね。
そういう輩こそが逆賊だと。
「天皇の務めが果たせなくなったら位を降りる」→「摂政を置けばいいでしょ」なんですけどね。

おそらく、氏の中では「健康な天皇が今すぐ位を降りることを希望している」になっているのかもしれません。
実際、去年の終戦記念日の式典を筆頭に、表に出てきただけでも数々のいわゆる“老人特有の症状”が疑われる事例があるんですけどね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR