頸椎痛めてティアラをつけることはできないが、ピアノは弾けるぜ!



ヤフコメで指摘されてたのですが、

クラシック音楽って言っても曲の長さはマチマチですが、

ミテコさまは頸椎を痛めていてティアラをつけることができません。

だから晩餐会で相手国の王妃がティアラをつけててもミテコさまはティアラ無しです。

しかし肩や腕を動かすピアノは弾けちゃうんですよね。

しかも5曲も

映像見る限り首だって結構動かしてるっぽい。

不思議な人だなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一貫性がないというか

欲望のままに、そのとき自分がやりたいことをやるから、自分から申請してた言い訳とか理由付けを忘れちゃうんでしょうね。下血したとか、たいそう大袈裟に設定した、その舌の根も乾かぬうちに、設定と違うことやっちゃうから、またその言い訳の上塗りをして、ドツボにはまってしまう。刹那的というか、、強○到傷のアノ成年とやってることは同じだと思います。

これもここ10年の趣味では?

このジャイアンリサイタル、いつ頃から習慣化したんでしたっけ?

ミテコさんの趣味って以前はテニスだけで、ピアノは嗜むことは聞いてましたけど、こんな風に「弾けるのよ」「上手いのよ」「すごいのよ」報道はしてませんでしたよね。
ちょうど、首だの腕だの痛めだしたころから騒ぎだしていると思います。

まあ、これまで見せられた「活花」「手芸」などよりはデキている事は分かりますが…。

ジャイアンリサイタル

皇后は、どんな有名な音楽でも講師として御所に招いてレッスンを受けられる立場です。
本来なら、若手演奏家が著名な音楽家に指導してもらう機会が持てるように支援する立場に回るべき方です。

それがねえ・・・

ほんと、もう嫌だこんな時代。

マスタークラス
http://kusa2.jp/menu/master/

もちろん受講料は払ってるでしょうね?

>曲目
>2〜3曲ご用意ください(声楽クラスは5〜10曲)。

倍用意してきちゃったよ。
さすが、ジャイアン。

最初は失声症?

> 頸椎を痛めてティアラをつけることはできない

ミテ子様、正直に、かつらを固定する地毛が少なくなった。ティアラを載せたヅラの重さをこれでは支え切れない。不安定でコントの様な事態になりかねないので・・・と仰い。
それを隠して、痛いの、アテクシ満身創痍なの-ぶるのは本当にやらしいと思います。
テニスもガンガン、ピアノもジャカジャカ弾けるじゃないですか。
思い起こせば仮病歴長いですね、ミテ子様。それも含めて嘘ばかりだけど。

No title

美智子さんのピアノ、下手ではないけど上手でもない。

とりあえず真面目に練習していれば、それぐらいは弾けるようになりますよ、というレベルかな。

もしグレードとか受けても落ちるかも。
もしコンサートを開いたら、耳の肥えたオーディエンスは生ぬるい拍手を送ってくれるでしょうね。
音色に色が無いから。

よくそんな程度で、若手演奏家のためのレッスンに乗り込めるものだと驚きます。

皇后はピアニストではないのだから、若手演奏家のためのレッスンに乗り込むのではなく、若手演奏家を支援して応援するパトロンになるべきではないでしょうか。

若手演奏家のためのレッスン時間や活躍の邪魔をしているようにすら見えてきます。



例のハープ画像を思い出しました

この「アタクシのピアノお披露目」も毎年恒例行事()となってまいりましたが、どうしていつもわざわざ報道カメラを入れるんでしょうか?
そういえば美智子さんはアラフォーのころ「綺麗なドレスを着てハープを弾いている美しい()アタクシ」を報道させていましたっけ。
しかしあのハープは東宮御所に置き去りにされ、お小さい頃の敬宮様がハープで遊ばれている画像も見たことがあります。結局美智子さんはすぐにハープに飽きて、弾きこなす努力もしなかったと。「綺麗なドレスを着てハープを弾いている美しい()アタクシ」を演出するための小道具にすぎなかったから、東宮御所に置きっぱなしにしても平然としていられるんですね。あのハープだって税金で買ったものじゃないんですか?

仮に敬宮様が純粋にハープに興味を示されて熱心に練習され、かなりの腕前になられてハープ演奏を披露される日がきたら…美智子さんは必死でそれを阻止したいがためにハープを御所に持ち帰るかもしれませんねw

自愛極まれり

世界的チェロ奏者と共演ね、、
自愛臭ふりまいて
もうやめてほしいのです
誰も見たくない聴きたくない
その場に居たくない

チェロを習っていらっしゃる敬宮さま
普通なら目に入れても痛くないほど可愛いはずの
たった一人の天皇家のお孫さまに
ミテコさんはお声掛けしただろうか?

不愉快の極み

毎年、毎年この報道に憤りを覚えます。ピアノが趣味なのは結構ですが、この場は若手の音楽家のために設けられたもの。どうしてこのお婆ちゃんがさも当然のようにししゃり出て来るのでしょう。立場を利用したジャイアンのワンマンショーでしかありません。然もあざといことに、英語で話しかけたとか言わせて…平成のコウゴーさまは自由でいいわね。そりゃ、キーコさんがその地位を欲しがるはず。

主催者も本音では辟易しているんでしょうけど、まさか迷惑ですから来ないで下さいなんて言えないもんなぁ。お金を握らされているのかしら?多分国民の大半は関心がないだろうけれど、イライラするわ~、この人。そんなにピアノを弾いている自分を見てもらいたいなら、特権を最大限に利用してチャリティーコンサートを開いてはいかがでしょう(笑)

もー、ホンマになんやのこのおばあさん。
見苦しいわ!

得手勝手ナントカ

都合良く、痛みが出たり治ったり。

こう言うのを得手勝手◯◯って言うんですよ。

No title

女性自身に愛子様の記事が載っていたのでつい立ち読みしたのですが、
愛子様が神武天皇陵をご参拝の折に、美智子流所作である手を前で重ねなかったことを「正しい」こととして扱っていたのが驚きでした。
ですが、その「正しい」所作でのご参拝も、会釈なさるときなどに手を前で重ねることもすべて美智子様から受け継いだことだと書いていたのには憤慨しそうでした。
記者にとってコーゴーを褒めることが出来るなら↓のヘカテー様の記事にあるような美智子流すらもなかったことにするのですね。。。
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-1562.html

皇太子ご一家に対してage記事で、これからもっと愛子様へ注目が行くだろうというような結びでしたが皇太子ご一家の何もかもが美智子様の影響!というのが本当に不愉快でした。
普通の人なら愛子さまが影響を受けるとすればまずご両親なはずだと考えるはず。そのことにも思い至らず前面にコーゴーを押し出してくる誌面作りはどこの誰の思惑なんでしょうね(^_^;)

ピアノ 下手なくせに

美智子さんって、目立ちたがりやですね。
皇太子妃のときにヨーロッパへご公務でいったのに、
日本からピアノを飛行機でヨーロッパのホテルへ運ばせて ホテルでひいていた。と以前 雑誌でよみましたが。
ヨーロッパでバイオリニストと共演しているのを見ましたが、あんなに初級レベルだとおもいませんでした。
マスコミではかなり上級クラスのように言われているので、どれほど上手なのかと、聞いていたら、なんだ、ただの初級レベル。
なんと目立ちたがりやで、無駄使いの多いこと。ご公務で1ー2ヶ月 ヨーロッパへ皇太子と行くのに なんで いつもつかってるピアノとかで、日本から運ばせるって、どんだけ、税金の無駄使いしてるのでしょう。
たいした腕前もなく、恥ずかしい。ですよ、この女性。

Re: 例のハープ画像を思い出しました


> しかしあのハープは東宮御所に置き去りにされ、お小さい頃の敬宮様がハープで遊ばれている画像も見たことがあります。結局美智子さんはすぐにハープに飽きて、弾きこなす努力もしなかったと。「綺麗なドレスを着てハープを弾いている美しい()アタクシ」を演出するための小道具にすぎなかったから、東宮御所に置きっぱなしにしても平然としていられるんですね。あのハープだって税金で買ったものじゃないんですか?

敬宮さまが遊ばれていたハープはハープ演奏家の方のもので、

ミテコさまのハープではありません。

ミテコさまのハープの方がめちゃくちゃ大きいです。

女性自身の記事の感想

>女性自身に愛子様の記事が載っていたのでつい立ち読みしたのですが、
愛子様が神武天皇陵をご参拝の折に、美智子流所作である手を前で重ねなかったことを「正しい」こととして扱っていたのが驚きでした。
ですが、その「正しい」所作でのご参拝も、会釈なさるときなどに手を前で重ねることもすべて美智子様から受け継いだことだと書いていたのには憤慨しそうでした。 >

まさに負けを認めたことになります。
もう愛子内親王殿下のオーラにはひれ伏すしかないのです。
そのうち、天皇陛下のシャツの袖を引っ張るのも正しい所作となるかも。

膝のじん帯損傷をテニスで治していると言う摩訶不思議な記事もありました

あそこが痛い、ここが痛いと言うならきちんと休めばいいのに出歩いて好きな事していますよね?
病気をパフォーマンスに使わないでください。
本当に病気で苦しんでいる人々に失礼です。

キンキラキンのハープ。

私の遠い記憶ですが、美智子皇后のハープって、やたら大きくて…しかも白と黄金色に塗られてましたよ。
私の美智子皇后像は、顔を真っ白に塗って、ギスギスに痩せて、最新流行の(それもやや勘違い)ファッションに身を包んだ病的なヒト、です。
だから成人し、成婚当時の美智子妃を見た時は逆に驚いた。
「まだフツーだったんだ」
赤ちゃんの浩宮さまを膝で跳ねさせていた美智子妃は、とてもいい表情をしていたのにね。
確かに、皇室に入って、想定外のことが起こったんでしょう。

ありがとうございます

>敬宮さまが遊ばれていたハープはハープ演奏家の方のもので、
>ミテコさまのハープではありません。

>ミテコさまのハープの方がめちゃくちゃ大きいです。

え、そうだったのですか!それは失礼いたしました。てっきり美智子さんがあの時のハープを東宮御所に置きっぱなしにしたのかと思っていました…
しかし美智子さんはあれ以来、真面目にハープを練習しているというお話は聞いたことがないですね。「写真撮影のためのポーズだけ」という感じでした。

射手座さま

>私の美智子皇后像は、顔を真っ白に塗って、ギスギスに痩せて、最新流行の(それもやや勘違い)ファッションに身を包んだ病的なヒト、です。
>だから成人し、成婚当時の美智子妃を見た時は逆に驚いた。「まだフツーだったんだ」

ほとんど同感です。
私が小学生の頃は皇室特番(はっきり言って妃殿下特番)をよくやっていましたが、「どうしてこの奇妙な人がもてはやされるんだろう」と思っていました。
美人にもキレイにも見えなかったし、格好もヘンでしたから。
でもある時、成婚時の美智子妃の顔を見て、やはり私もびっくり。
「顔、ちがうじゃん!」と。正直、キレイな人だと感じました。
(ただ、後に自分の母親や叔母の若い頃の写真を見たら、ミテコさんレベルにはキレイだったので、時代の雰囲気なんだと思ったけど。)

あの、みつばちハッチのママを悪魔化したような眉毛とてんこもりの頭、そこに当時はまだデカイ帽子をかぶって、手を振り上げてお手振りする様は、怖かったです。

No title

聞こえにくかったからイヤホンでよく聞いたけどあんな演奏、やってる人にはできると思う。弦が主役かもしれないけど伴奏してます感丸出しでピアノは(ピアノに限らず)高音部と低音部のバランスがとれてこその物。できてるでしょとみせたいならソロでやったらいいのに。ま、これぐらいしか弾けないからソロもできないか(笑)音楽表現は動かなくてもできる。動く人もなかにはいるけどこの動き方は、不自然。見せかけだけうまいように見せているだけ。手首が下がってるし(基礎中の基礎!)世界的チェロ奏者に失礼では(;´д`)トホホ

いつも疑問に思う

ゴーゴーはよく「ミテコさまは英語で話された」云々とか言われてる(言わせてる?)けどわざわざなんなんですか?
そりゃあゴーゴーが若い時は英語話せる人はすごかったのかもしれませんが、今は探せば話せる人はゴロゴロいる時代。
それにもう結婚して皇族となり何年経つんですかって話ですよ、もう平民だった頃のことなんてなかったことのように振舞ってるくせに。
平成皇室流の皇室外交とやらにやたらと情熱を傾けてきたんなら、英語はもちろん王室がある国の言葉も勉強なさっていてもおかしくない年月ではないですか?
そういった美談はないですよね?
アピールするとこ間違ってませんか。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR