女性王太子と結ばれる為に7年間も頑張ったお方 スウェーデン王室

なんか日本のマスコミが

「女性皇族と結婚したがたる男なんて野心家だよ」

と書いたり、

朝生でバカをさらして呆れられた竹田君は

「堀江社長が女性皇族の夫になるかもしれないんですよ!」

と言ってます。

そういうやつらはこの方を見るがいい!


スウェーデン王室の王太子はヴィクトリア王女

ヴィクトリア王女の御夫君であるダニエル王子

200px-DanielSweden.jpg

出会いは拒食症を患い筋肉が落ちたヴィクトリア王太子が通ったスポーツジムがダニエル王子が経営するスポーツジムで、ヴィクトリア王太子のスポーツトレーナーを経営者のダニエル氏が担当しました。

当時はオロフ・ダニエル・ベストリング

恋に落ちた二人ですが、前途洋々ではありません。

というのもダニエル氏は名家でも何でもない平民

スポーツジムを3つ経営してる方でしたが、体育大学を出ただけで突出した学歴を持っているわけでもない。

夕食時、ヴィクトリア王太子から現在交際している相手の話を聞いた父王カール・グスタフ国王は

何も言わず席を立って部屋から出て、

以後数か月ヴィクトリア王太子と話もしなかった。

国民も大半が反対

ヴィクトリア王太子は何とか食事会をセッティングし、

カール・グスタフ国王とダニエル氏を会せることに成功

カール・グスタフ国王は交際を認めるも、

「王室メンバーにふさわしい教養を身に着けること」

と命令した

その後、ダニエル氏はスウェーデン王国の歴史、3か国語、ロイヤルマナー、公務に関する勉強をし続けました。

その期間はなんと7年間

ダニエル氏は頑張りました。

そして2009年2月24日に正式に婚約発表

国王夫妻の34回目の結婚記念日である2010年6月19日に結婚



ダニエル氏はダニエル王子となられました。

王太子の結婚式なので当然ながら我が国からのゲストは皇太子殿下です。

女性皇族と結婚する男性なんて野心家なんてバカなこと言ってる奴らはスウェーデン王室をどう思ってるんだろうね。

大体、男性皇族と結婚しようとする女性だって野心をメラメラと燃やしながら嫁いできたじゃん!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

敬宮さまの結婚

いいお話を読ませていただきました。皇室典範が改正され、晴れて敬宮さまが皇太子となられたら、きっとお父上のように純愛を貫いて、誰もが納得する方と結ばれると思います。賢明な敬宮さまが選ばれる方ならば、敬宮さまに相応しい方に違いありません。皇太子ご夫妻のように仲睦まじい結婚生活を送られることでしょう。夢が広がりますね。

日本だけでなく、世界中が歓喜することでしょう。今から楽しみです。そうなるには乗り越えなければいけないことや、排斥しなければいけない宮家もいますが、日本の暗い時代は皇太子さまの即位と共に終わると思います。その日のためにわたしも長生きしなきゃ。

お妃の殆どは皇室と縁のおありの方々

現代の欧州諸国の王室に比べたら、日本の皇室ってまだまだ閉鎖的。皇室典範からお妃の規制は削除され、華族制度が廃止にはなったものの、依然として皇室は旧皇族と旧華族とともに上流社会を維持しているとされ、お妃候補も最初は旧皇族や旧華族、常磐会などから探します。ちなみに2年前、桂宮さまが薨去された際、ご友人の一条實昭氏(旧公爵一条家現当主)が喪儀で司祭長を務めていらっしゃいます。

それに戦後、皇室に入内されたお妃の殆どって皇室と何かしら縁を持っていますよね。皇后さまは置いておいて、常陸宮妃華子さまは戦後唯一の華族家ご出身。寛仁親王妃信子さまは、昭和天皇を支えた吉田茂元首相や内大臣を務めた牧野伸顕伯爵の子孫にあたる方。高円宮妃久子さまはご実家の鳥取家が五摂家の九条家、貞明皇后と親戚関係にあります。そして、皇太子妃雅子さまは、小和田家、江頭家が華族家と親戚関係にある訳ではありませんが、ご先祖に山屋他人海軍大将や江頭安太郎海軍中将がおり、聯合艦隊司令長官や御用掛などを通じて歴代天皇陛下との縁があります。

逆に皇室との縁が特になく、入内してきたのは紀子妃。まあ、せいぜい父の川島教授と当時の皇太子さま(今上陛下)が面識を持っていたぐらいですが、それだけじゃあ皇室と縁があったとは言えませんね。

必然的に起こりうるとは言えませんが、今の皇室のネットワークからすれば、もし女性天皇・皇太子、その他の女性皇族のお婿候補ということになれば、当然お妃と同様の方法で探すことになるでしょう。宮内庁だってバカではありません。野心を持った人なんて皇室に迎え入れることはしませんよ(ある宮妃を巡る黒い噂はあるものの)。

なぜ、お妃は安心で、お婿は駄目なのか?平安の世において、今の五摂家の祖である藤原氏が自らの娘を天皇家に嫁がせ、権力を意のままにしたことは、まさに皇室がお妃の入内を迎え入れたことで生じたデメリットではないですか?

ダニエル殿下

ダニエル殿下はマスコミの攻撃にもあっています。
「田舎者」「なまっている」「カエルのような顔」など言われました。

結婚式後の披露宴でのスピーチで自分をおとぎ話のカエルの王子に例えましたが、それはマスコミの中傷が心に残っていたからでしょう。
いかがその時の言葉です。
「グリム童話に王子になったカエルの話がありますが、一度のキスで王子にはなれません 。
優しい王様や女王様の援助が必要なのです。
敬愛する両陛下のご指導を仰ぎ、自分の責務を果たし、ビクトリアを生涯サポートして行きたいと思います」

婚約発表会見でも「マスコミに追いかけられるのはつらかった」と心情を吐露しています。それに対してヴィクトリア王太子は「でも今日で忘れちゃったわよね」と笑顔で切り返しています。

ヴィクトリア王太子もマスコミの中傷にあっています。
マスコミが「太っている」と書き立てたことが拒食症の一因であったと思われます。
日本のマスコミが女性王太子の重圧から拒食症になったと言っているのを見ましたが、3歳になる前に法改正により王太子となっています。心構えはできていたはずです。


婚約発表会見ではヴィクトリア王太子は「愛とは?」という質問を受け「自分よりも相手を思うとき、そこにあるのが愛です」と答えました。
素敵な方ですね。

ちなみにスウェーデンでのアンケートで、王族として支持しますか?の問いに指示が50%を超えたのはヴィクトリア王太子のみです。

もう一つ、スウェーデンの大臣は半数が女性です。

教養・品格と社会経験を求めた海外王室

カール・グスタフ国王陛下やエリザベス女王陛下は新しく王室に入ろうとされる方に
王室の一員として相応しい人物となることを求められ、それに応え、結果を残した姿を見て初めて庶民出身の方との結婚を許されましたね。
それに加えて王位継承者第一位の方と二位以下の方々の身位によるお立場を明確に分け接しておられます。

皇室や王室では、それが当たり前だと思っておりましたが
翻って我が国の皇室は、先帝陛下の喪中にも関わらず、皇太子になられる浩宮様を差し置き次男の礼宮の結婚を認め、行ない、次男が礼宮時代から皇位継承第一位であられる皇太子殿下を馬鹿にするような発言の数々を公の場でする愚行を見せつけられてきました。
紀子妃も入内される雅子皇太子妃殿下に「私の十二単をお貸ししましょうか?」と言ったと言うのですから次男夫婦の考え違いは結婚当初から目も当てられない状態でした。
そして11年前の将来にわたり皇室の安定を願い皇統を繋ぐ為に設置された有識者会議での結論を生命倫理違反を使ったであろう強硬手段で潰した次男夫婦の所業。
この荒れた平成皇室の姿は、ひとえにお妃候補にも挙がらなかった女を喪中にも関わらず皇室に入れ、次男である秋篠宮に自分の立場を教え込まなかった平成皇室の怠慢あってこそでしょう。

明仁天皇が皇太子時代も侍従であった浜尾侍従がお側におられた浩宮様はご本人の資質と並大抵ではない努力で誉れ高い、高潔な方になられましたが
何故次男の礼宮や長女の紀宮にも皇室に相応しい教養、振る舞いを教えこまなかったのか不思議でなりませんし、その結果が其々あの皇室には相応しいと思えない配偶者なのではないでしょうか。
秋篠宮夫婦の立場を弁えない数々の不遜な言動も許しがたいですが
紀宮の降嫁の際の皇太子同妃両殿下に対する非礼は皇族如何に関わらず人間として最低です。
国民統合の象徴を頂く皇室には相応しくないので出戻っている噂があるようですが持参金を持って降嫁したのですから自立していただくのが当然かと存じます。

ステキなお話を有難うございます

ダニエル氏の素晴らしいところは、グスタフ王の「王室メンバーにふさわしい教養を身に着けること」はどういうことか、正しく理解されたことでしょうね。

キコさんは、美智子皇后にとっては「皇室メンバーにふさわしい教養を身につけている」ということになったのでしょう。
雅子さまが美智子皇后や両陛下側近たちにまで何かにつけて叱責されていたらしいので、元凶は美智子皇后の考える「皇室メンバーにふさわしい教養」がどのようなものであったかにかかってくると思います。

皇室INDEXを読んでいて、ハーバードまで出ててこんなこともわからないのか、みたいな遇され方をされたのではないかと、今さらながら胸がふさがれる想いです。

でも愛子さまはきっと素晴らしい男性と愛のある結婚をなさると思います。
ご両親からバッチリ受け継いでおられますよ、きっと。

キコさんにももっと厳しく色々課していれば…

ダニエル王子、本当に純愛だったのですね。王室にふさわしい人間になるために(真に王室の一員となるために)7年間も真面目に努力し続けたんですね。その姿を、国王夫妻も国民も認めざるをえなかったのでしょう。
確かに国王夫妻は厳格だったかもしれませんが、むしろこれが王室として当たり前のあり方かもしれません。今の天皇皇后なんて、川島辰彦の恫喝に屈してしまったヘタレで情けなさ過ぎます。
同じような厳しい教育をキコさんにも課せばよかったのに。キコさんだけ特別メニュー()の厳しいお妃教育を課せばよかったと思います。途中で音を上げたんじゃないですか?キコさん。そうしたら今の皇室の惨状もなかったかもしれません。

敬宮殿下には、きちんとした家柄の真面目な男性がくると私は予想していますので、あまり心配していません。

ミテコさんものりこさんも、このくらいやらせたらよかったのに。
諸悪の根源!

No title

ご苦労されたんでしょうね、ダニエル氏。

それに引きかえ、わが国では、女性天皇の夫にはろくなのが来ない、婿が皇室を支配するとか、どこの馬の骨かわからない、とかいいますが、なんでそんなにろくでもないのが必ずくると断言するんですかね。
それではわが国の女性皇族はろくでもないのを必ず選ぶと言っているようにもとれますが、それでいいのでしょうか。
その論理でいけば、典子女王はろくでもない人と結婚してもおかしくないですが、千家という立派なお家柄の方と結婚されました。どこの馬の骨ではなく、日本有数の名家です。

それに、ろくでもないのはふつう周りが止めるなりすればいいし、そういうもんだと思いますが、そんなことを言う人は、とにかく女性を見下しているから、そんな台詞がぽんぽんでてくるんでしょうね。

No title

>それに引きかえ、わが国では、女性天皇の夫にはろくなのが来な
>い、婿が皇室を支配するとか、どこの馬の骨かわからない、とかい
>いますが、なんでそんなにろくでもないのが必ずくると断言するんで
>すかね。


筆頭宮家の嫁+実家を見てるからだと思う。


プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR