伝統伝統言ってるけどさ

男系継承は皇室の伝統なんです!

と男系カルトは叫んでる。

伝統って言うけど皇室だって変化を伴いながら歴史を重ねてきたっすよ

大陸由来の仏教を取り入れたり、

天皇ではなく退位した上皇が政治を動かすようにしたり、

1000年以上京都にいた天皇を東京に連れてきたり、

皇族を軍人にしたり、

側室制度を廃止したり、

天皇を人間だと宣言したり、

皇室と何一つ縁がない平民を皇太子妃にしたり、

親から離して家臣の手で育てることをやめたり、

乳人制度を廃止したり

うーん、変わりまくってるじゃん。

柔軟に変わるから皇室って長く続いてきたのにね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高御座と御帳台を空輸させてまで即位式を京都ではなく東京で行ったり。

男系男子派の方が気味が悪い

男系派の中でも、女性天皇は長い皇室の歴史で例があるから復活に賛成という人は、まだ柔軟性のある人だから、話が通じるんですよ。

問題は男系派の中でも一番酷い男系男子派の人たち。彼らは、女性天皇すら認めず、男系男子のみで皇位は継承する方が都合が良いと言います。かつて私の知り合いにそんな人がいました。とにかく伝統、伝統としつこく、男系の男子として生まれていれば、人格や能力とかは関係ないとまで言ってきました。「いや、天皇としての務めを果たすなら、それも必要だろ」と心の中でツッコミもしましたが(笑)

そういや、旧皇族の竹田氏も朝生で「旧皇族の赤ん坊の子を皇族の養子にすればいい」なんて言ったそうですね。それは今の国民からすれば違和感ありですよね。

今の公家や大名とかなら構わないですよ。近衛忠輝氏も養子として五摂家・近衛家に入り、当主になられたんですから。但し、今の公家や大名は既に一般国民であり、彼らのお家事情にどうこう言うことではありませんが、国と国民統合の象徴として戴く天皇とその一族であれば、そうはいきません。

実子ではない男系子孫を皇族の養子として迎え入れて、その子に皇位継承の資格を認めるとしたら、国民はいくら皇統に連なる養子であっても違和感を覚えます。旧皇族の養子入りって、女性皇族が旧皇族の男系子孫と結婚するより難しい話ですよ。

とにかく男系派の中でも、とりわけ男系男子派の人たちって一番気味が悪いです。男系男子のためなら何でもやっていいって感じがして…。

日本の皇室は有史に限れば、長くても1500年ぐらい前から成立した王朝と言われていますが、それでも時代の変化に合わせて皇室自身も変革を遂げてきたから、今日まで続いてきました。

以前、どこからで櫻井よしこ氏辺りが雅子さまのことを「西洋的な感覚」と批判しましたが、そんなこと言うなら、明治天皇が長年の慣習を止めて西洋化を推進したこと、昭和天皇が皇太子時代に洋行に臨まれ、帰国後に時代に即した宮中改革に着手したことは許されるのかと言いたいですね。

皇室の西洋化って今に始まったことじゃないんだから…。

皇祖神って、天照大御神ですよね?
女神ですよね?
そもそも、スタートが女系だと思うんだけどな〜。

男系男子と定めたのは、帝国主義の明治から。女帝の夫君が政治を牛耳ったら困る、明治政府のお歴々が考えだしたこと。

今は天皇は象徴ですからね。
野心に燃える女がお妃に上がる方が、どう考えてもタチが悪いっす。

それにしても、キーコ様の前世はかなりの高確率で大奥の側室だったとやっぱり思う。桂昌院とか、そんな感じ。

悪しき伝統

私は見てませんでしたが、朝生でとある男系男子派の1人が
「最新医学を駆使してでも男系の伝統を守るべき」と発言したそうですね。
男系男子派の考えがいかに愚かであるかこの発言が証明したと思います。

もちろん合法的な不妊治療はこの限りではありませんが、男系皇族の妃が男子を生まなければ伝統は守れません。つまり性別選択を最新の医学を駆使してでもやれというのは明らかな生命倫理違反です。

他に側室制度にしたって、今の日本人の大半はこれを許しません。国民の象徴が多くの国民が望まない制度を受け入れるわけがない。それも「子を産むため」の側室なんて「女は産む機械」発言で大臣が失脚したのもそんなに昔の話ではないのに。

守れる伝統なら続ければいいけど、礼宮以降40年間も男子が生まれなかった。子宝に恵まれなかった宮家が常陸宮家をはじめ複数ある。この現実に倫理違反に背いてでも強引にまもらなければならない伝統って何なのでしょう。
男系の皇族の妃の心を傷つけてまで守らなければならない伝統って。

今の流れって雅子さまだけじゃなく、お子様が産めなかった華子さまはじめ女子しか産めなかった信子さまや久子さまも内心心を痛めていらっしゃるような気がします。

女性として女性天皇に反対する者として

初めまして。
いつもは見ているだけですが、今回は書き込みたいと思います。

過去に女性天皇がいた事は知っていますが、私はどうしても女性天皇には納得できません。
というのも、女性には生理があるからです。
ヘカテー様も女性でしょうから分かると思いますが、生理の血って凄く生臭いですよね。
そのような穢れた身が、天皇として祭祀に関わるのは罰当たりではないかと思うのです。
仮に生理の日は休むとしても、生理がある身であることには変わりはないですよね。
ヘカテー様は、生理の時は神社に行ってはいけないと、ご家族やご年配の方から言われたことは無いでしょうか。

Re: 女性として女性天皇に反対する者として

皇祖神天照大神は女神

そして天照大神を祀る伊勢神宮には斎宮がいた。

女帝だって祭祀をしてた。

現在の皇室の祭祀にも内掌典が関わっている。

おかしくありませんぞ

杏実さまへ

確かに、女性の月経は神道においては「死」「排泄」「負傷による出血」同様に穢れとされております。
そして、天皇自ら祭祀をする親祭もございます。
しかし、男性天皇とて、病気になることや外遊のため不在となることもございます。そんな折は「掌典長」が代拝を致します。

宮中祭祀二十五のうち、天皇親祭は十三だけでございます。
一年のうち十三の祭祀なら、女性の月経を避けて前後させればよろしいのです。
宮中祭祀二十五のうち、二十三は明治以降に政府によって創られた、極めて新しい、1870年以降の祭祀でございます。

残りのふたつの伝統の祭祀とは「新嘗祭」「神嘗祭」。
そのうち「神嘗祭」は伊勢神宮の重儀を、明治政府が宮中にうつした祭でございます。
厳密に申し上げれば、天皇の祭る伝統の祭祀とは「新嘗祭」のみ。

明治維新により、ここまで伝統を叩き壊しておいて、今さらスケジュールの多少の変更など、たいしたことではございますまい。

杏実さまは、掌典長代拝をご存じなかったのでございますか????

わ!テンプレ男系男子派が来てる

「女性は生理云々」というのは、男系男子派の常套句ですね。
そのくせ雅子さまが祭祀をしないとか言って叩くんですよ。
皇后の祭祀なんていうものも、ましてや皇太子妃の祭祀なんていうものもありはしないくせに、“穢れた身”の女性が祭祀をしないと叩くこの矛盾。

昔は、むしろ祭祀は女性がやっていたイメージですよね。
卑弥呼なんかもシャーマン女王でしょ。
卑弥呼の後、男王を立てたら国が乱れたんだよ。

たとえば新嘗祭だけど

女性天皇である皇極天皇の時に始まったものですよ。
過去の女帝は祭祀も行っています。
大体生理の血が汚れてるなんて完全に女性蔑視ですよね。
そんなミソジニー丸出しの言葉を平気で使ったら、思いっきり変な人扱いされるから気をつけた方がいいわよー!!

杏実さんは日本史を勉強していないのね。

女性天皇に納得できない。
生理って生臭くて罰当たりじゃん。
そんな時は神社に行くなよ。
祭祀できないじゃん。

と、烏賊の腐敗臭を放出する杏実さんがコメントしています。


納得できなくても女性天皇は存在している。
宗教儀式つまり祭祀にのっとって、即位した女性天皇はいた。

その史実を知らない杏実さん。
日本史の勉強しなさい。


(ヘカテーよりはだおもいさまへ
過激な文章は省略させていただきました。
申訳ありませんが、ご了承ください)

本来は生臭くないよ。

経血って本来は生臭くないですよ〜。
空気に触れると生臭くなります。

今の生理用ナプキンは、「優秀」だからたくさん吸収して閉じ込めるから、ナプキンにうんと経血を貯めこんでおけます。長時間安心♪
だから生臭くなるんですよ。長時間放置するから。

布ナプにしたり、経血コントロールでトイレで経血を出すようにすると、生臭い匂いはしませんよ〜( ´ ▽ ` )ノ

すごいこと言う男系男子カルト

・女性皇族はY染色体を持っていないから無意味な存在
・(女性天皇について)Y染色体がないのに天皇と思えない

あ た ま お か し い

Re: 女性として女性天皇に反対する者として

杏実さま

伊勢神宮の式年遷宮を正式に体系化され、その第一回目(690年)を行われたのは女帝である持統天皇ですから、何も下々が心配するには及びませんよ。

「親祭」

皇室の祭祀において、天皇自らが祭主となる「親祭」は現在13。

皇室と祭祀については以前INDEXさまのブログに書かせていただいたが、その内容は私には衝撃的なもの。
その中でも、重要と思われる「親祭」を再録させていただきます。

★新嘗祭 新米を始めとする、その年の収穫を寿ぐ。古代皇室から継承される祭祀。
従来は11月下旬卯の日とされていたが、1873年から11月23日と定める。
★鎮魂祭 古代、新嘗祭前夜、歴代天皇の鎮魂のためになされていた祭祀を、天皇・皇后・皇太子・皇太子妃の鎮魂祭として、明治6年復活。
★神嘗祭 古来、伊勢神宮の重儀。1871年(明治4年)宮中賢所にて親祭とする。
★元始祭 1月3日に天孫降臨・天津日嗣を祝う。
1870年、神祇官(神祇省)にて祭祀。
1872年、賢所にて明治天皇親祭。
1873年、宮中三殿にて親祭。
★紀元節 神武天皇即位日の祝祭。
1870年、左院制度局、中国で革命の年とされる辛酉年(BC660年)を神武天皇即位日と定める。旧元旦前後の一のつく日と言うことで、2月11日が祝日とされる。
★神武天皇祭 命日とされる3月11日(神武天皇127才にて崩御)、皇太宗の威徳を仰ぐ。
★春季・秋季皇霊祭 歴代皇后、歴代皇妃の霊を祀る。江戸期まで仏式法事だった。(いわゆるお彼岸。)1872年から神道の祭となる。
★先帝祭 先代天皇の命日。1871年、明治天皇、父帝孝明天皇の鎮魂祭を行う。
★先帝以前三代式年祭
★先后祭 先代皇后の鎮魂。
★皇后祭
★春季・秋季神殿祭

明治以降の開始時期のわかるものは記載しました。
いずれにせよ、お見事な「皇室大改革」です。
伝統伝統と叫ぶのであれば、本来の皇室の姿に立ち返り、唯一の古代祭祀・新嘗祭も「霜月下旬卯の日」と戻すべきでしょう。
神武天皇即位日が、中国暦辛酉年を参考にしていると言うのも、なんと申しましょうか、なにが伝統やら。
この時代に「皇位継承は男系男子限定」となりました。
なにが伝統!

皇室の祭祀つけたし

皇居の中で最も「お清い」とされる賢所にて、掌典長を補佐し、日々の祭りをしている内掌典は全員女性です。
今なお、おすべらかしに髪を整え、獣肉を断ち、巫女としてお勤めをしているのです。
杏実さんの言うように、月経血の穢れのある女性が祭祀に関わるのは耐えがたいのであれば、日本の神社全てから巫女を追放せねばなりません。
神功皇后もシャーマンでした。記紀に記述があります。
それと、月経血がそれほど生臭いとは不衛生すぎます。生理用ショーツは毎日代えて、よく洗っているのですか。ナプキンも長時間用を頻繁に代えましょう。そうすれば、生臭いことはありません。杏実さんは、ずいぶん不潔な方ですね。

皇室は必要に応じて脱皮した

推古天皇は、それまで男性ばかりだった天皇の位に女性として初めてつきました。
天皇暗殺という大変な危機を打開するために、周囲に押されて即位したのです。

「天皇は男に決まっている、女は穢れた存在だ」なんていう輩がいなかったかどうか、今となってはわからないけど、そんなことより世の乱れを鎮められる人は推古天皇しかいなかった。
推古天皇は聖徳太子より長生きをして、立派な実績を上げました。

もし、天皇は男に決まっとる、なんてゴタゴタ争っていたら、皇室がどうなっていたかわかりません。

この期に及んで、男系男子だ、男系だと騒ぐ輩は、きっと古代の人達に笑われることでしょう。


杏実さん

う○ちって凄く臭いですよね。
おしっ○も時間が経つと、○んち以上に刺激臭がしますよね。
体内にある時は匂わなくても、外に出て空気に触れると匂う。
排泄物は大体そうです。じゃ出さなきゃ良い?
1週間で死んじゃうよ。

男女どちらが臭いかと言えば男。ノネナールなんちゃらにタバコに酒に汗。
女が生臭いから天皇は無理? は?

そりゃま、月経のメカニズムのわからない昔は、本来なら死ぬべき出血を恐ろしいと思ったかも。
でも経験的に妊娠出産と何か関係があることも判ってたはず。
それを穢れと言うなら、何かの事情でそれが無い女性もいる。そんな人をお妃に選べば?

本来、古代日本や神道は月経を穢れと見做していない。
「あなたのおいでを喜んで月が出ました」なんて詠んだ歌もある。
穢れと見做すようになったのは、血盆経とやらの仏教の一派の影響でしょう。
祭祀の前に水で潔斎したり、何時間もトイレに行けなかったり、体に無理がかかるからその時はお休みした。いわば生休。

男の方が清浄だから天皇に向くなんて書いてる某脚本家がいるけど、犯罪者の90%が男性。古今東西同じ傾向。
女性が傍にいると性欲を抑えきれないから、修行の場から女性を遠ざけた。
「自分を抑える自信が無いから」と言えばいいのに「女性は穢れてるから」にしただけ。
その理由として女だけにある月経は、格好の理由づけだったんでしょう。

神道における穢れ

昨日、神道における穢れのコメントをさせていただきました。
神道における最も清浄ではないことは 死 です。
伊弉諾尊が黄泉の国から戻り、上の瀬は流れが速い下の瀬は流れが遅い そう歌いつつ禊をされたことは記紀に記されております。
着物の裾に経血のついた女性の話もありますが、彼女に逢った皇子は別に禊はされておりません。

一年365日、賢所にて奉仕する内掌典が全員若い女性であることも昨日書きましたが、彼女らは月経期間も「御用をしない」「月経期間専用の日常品を持つ」ことで、賢所にて泊まり込んでおります。

ところが 死 に対する忌みは、月経どころの話ではありません。
内掌典の近親が亡くなり、その知らせが該当内掌典の耳に届いた瞬間から、彼女の存在そのものが 激しい穢れ となるのです。
賢所の廊下を踏むことも、動き回ることも禁忌となり、同朋はその知らせを受けた内掌典の立ち位置から玄関まで、新聞紙のような捨てることのできる紙を敷き、彼女は賢所を退出します。

死の知らせを受けた内掌典は私物(お財布とかハンカチ)を取りに、私室へ戻ることすら許されません。同朋の内掌典が後日送ります。
身につけていた袴も着物も廃棄します。
服喪期間があけた日は、午前零時から一切の飲食を禁止、ただ交通費のみ持って、皇居の庭園の管理をする方々の控え所にて全身を洗い清めます。髪には塩をふりかけます。
次に、賢所の雑仕(雑用係)専用の浴室に直行、全身を洗い清めます。
次に、内掌典専用の浴室に直行、全身を洗い清めます。
このあと、内掌典の普段着を身につけることができます。
内掌典の衣服に着替えましたら、また手洗い、歯磨き、洗顔、洗髪をします。
この繰り返される入浴(禊)の際に使用するのは、さらし木綿かペーパータオルで、もちろん使い捨てです。
やっと ぶくあがり の内掌典となります。
そのあとも2週間は 最も清い御用 は遠慮します。

女性は生理があるから天皇になれない~などと言う、甘ったれたことをコメントする人に、この賢所における 死 への厳しい禁忌を教えてやりたい、そう思って長文を書かせていただきました。

お労しい事です。

「女は穢い」
そう云う女性は、身近なひと、例えば親兄弟からの心無い言葉で、「女は穢い」「女であるお前は穢い」と強く傷つけられ、そう思い込まさてしまったんでしょう。
なんて、お可哀想。
ご自分の可能性、そして心のおおらかさを、殺されてしまったんですね。
本当にお労しい。

もし、「女は穢い」ならば、妊娠出産を経験した女性は、尚更穢れた事になりますから、天皇になれないはずですね。
かの中大兄皇子(天智天皇)と大海人皇子(天武天皇)の生みの母、斉明天皇(ベアトリス様は紹介して居られる、皇極天皇と同一人物でございます。何と、二度天皇となられた、稀有の女帝です)が居らた事実を踏まえますと、「女は穢いから天皇になれない」と云う事は全くの間違いであると、お分かりになるのでは。

杏実さんのコメントから思い出したこと


人気者になった杏実さんのコメントを読んで思い出したことがあります。


オータムバンブー家の姉妹が使った後のレストルームは地獄絵図となって阿鼻叫喚を引き起こすのだとか。

長女がICUに入る前にトイレがリフォームされた理由は、そこにあるのかもしれません。

学食もリフォームされましたが、それは「おわび」という意味が含まれているのかもしれません。

初めてコメントさせていただきます。
今の日本で生理のある女性が穢れていると考えている女性がいることに驚いています。
きっとこの方は生理になったときにお祝いしてもらえず『生理の血は穢れているのよ』と教わった可哀相な方なんですね。
国が国なら『名誉の殺人』にも加担してしまいそうな恐ろしい考えだと思いました。

今と昔は全然違う

月経や出産というのは、今では「出産の可能性」、「生命の誕生」といった「生」のイメージを想起させますが、昔は、妊娠、出産時に一定の確率で妊婦が亡くなることは当たり前で、また、新生児や乳児の死亡率も今では考えられないぐらい高いものでした。

「穢れ」の概念の発生の大元は、死への恐怖、畏怖にあると言われています。
だから、死者や疫病、出血というようなものは死につながるものとして忌み嫌われるようになりました。
妊娠、出産の予兆である月経も、おめでたいことである反面、おのずとその先の将来の死を強く連想させる一面もありました。

平安時代の貴族は、出産時には妊婦も周りの女性たちも皆、白装束に身を包み、祈祷をさせ、部屋もすべて白い幕を張り巡らせて、何としてもあの世へ引きずり込まれないようにと悪い「気」を跳ねのけるようしつらえていました。
それほど命がけだったという事です。

「月経」と同様に「出産」も、そして「出産する部屋(産室)」も「穢れ」とされたのは、かつてはそこに「死」が発生することがごく普通にあったからです。
したがって月経や出産を穢れと考えるようになったのも、一般的な「死」の忌み・穢れからの派生形と捉えるのが妥当であって、それ以上の意味あいはないだろうと思います。

そして今は、妊婦や新生児の死亡は滅多にないものとなりましたから、もうこのような月経や出産に関する神道の慣習は全く無意味なものになったと思います。

においといえば

他の方のコメントを読みつつ、そう、そう、と思い出しました。
男子高校生ってすんごい臭いよ。
息子の学校は中高一貫の男子校で、中学棟、高校棟って建物が別れていたのですが、高校棟に一歩踏み込むと何とも言えない臭いが。
窓をあけて換気しても消えない、男子高校生臭が建物全体に染みついているのだった。

血が臭いだけじゃなくて、汗、尿、大便、身体から出てくるものがみんな臭いってことだろうね。時間が経つと特に。
ちんちん教が後生大事にする精液だって独特の臭いがあるわけだし。

あと、血にまみれてというなら、人間はすべてそうやって生まれてきたのです。
女から生まれたんじゃない人間はこの世には存在致しません。

においといえば

他の方のコメントを読みつつ、そう、そう、と思い出しました。
男子高校生だってとっても臭いよ。
息子の学校は中高一貫の男子校で、中学棟、高校棟って建物が別れていたのですが、高校棟に一歩踏み込むと何とも言えない臭いが。
窓をあけて換気しても消えない、男子高校生臭が建物全体に染みついているのだった。

血が臭いだけじゃなくて、汗、尿、大便、身体から出てくるものがみんな臭いってことだろうね。時間が経つと特に。
精液だって独特の臭いがあるわけだし。

あと、血にまみれてというなら、人間はすべてそうやって生まれてきたのです。
女から生まれたんじゃない人間はこの世には存在致しません。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR