記念すべき第一回高貴高齢者コンビの被災地突撃ツアー 雲仙普賢岳

リョーヘーカの記念すべき第一回被災地突撃ツアーは

雲仙普賢岳の大火砕流災害

でした。

雲仙普賢岳が最初の噴火を記録した日は平成2年11月17日

へーせーの即位の礼が行われたの

平成2年11月12日

即位の礼のわずか5日後に噴火!

噴火前日の11月16日には

平成2年11月16日 神宮に勅使発遣の儀
神宮に大嘗祭を行うことを奉告し幣物を供えるために勅使を派遣される儀式


うーん、実に災害だらけの平成らしい。

神宮に勅使を派遣した次の日に雲仙普賢岳噴火だもん!

なんかこう、天照大御神が

「お前なんか天皇として認めん!」

と言ってるみたいな感じがするじゃん。

まぁ、それは置いといて

大規模な被害をもたらしたのは翌平成3年の6月3日に発生した火砕流でした。




災害発生から翌月の7月初め

4200人が避難生活を送っている被災地長崎県に宮内庁から一本の電話が入った。

「リョーヘーカがお見舞いしたいとのこと」

長崎県の当時の知事だった高田勇さんは当時の島原市長の鐘ヶ江さんに連絡した

「両陛下がお見えになられます。内閣も宮内庁も『ダメです!まだ早すぎます。落ち着いてからにしましょう』と申し上げたそうですが、『どうしても行く!』というお考えだそうです」

まあたぶん長崎県知事も島原市長も同じだったろうね。

「いや、今来られても困るんですけど!」


また高田県知事は九州大学島原地震火山観測所の所長だった太田一也九州大学名誉教授に7月3日に連絡

「リョーヘーカがお見えになるから。噴火について説明してもらうかもしれないの心得ておいてください。リョーヘーカは連日テレビで噴火状況を解説しているあなたをご覧になって『健康状態をご心配』されてるそうです」

じゃあ、来るな!と言いたいですね。

なんで体調を心配するぐらい忙しい人に解説させようとしてんだよ!

矛盾してんじゃん!

「いやー、そんな忙しい人を呼ばなくてもいいっすよ」

と言われても一応あんなんでも天皇と皇后だから雑な扱いできないでしょ。

そして7月10日

本当にリョーヘーカは来ました。


定期便を使って長崎空港に到着。

空港から自衛隊のヘリに乗り換えて島原工業高校グラウンドに到着。

長崎県の県知事の公用車で現地入り

説明と昼食のために立ち寄った島原市内の旅館では、旅館側が5階の特別室を用意しましたが、

「特別扱いしないでください。1階の普通の部屋で」

と宮内庁からご意向が示された。

(リョーヘーカのこういうところがヘカテーは嫌いです)

旅館では太田さんが忙しくてぶっ倒れそうなのに噴火活動等を説明される

旅館での昼食は

「現地に負担をかけたくないので」

とのことでカレーライスとサラダ、デザートに果物

(ちなみにテンノーヘーカの好物はカレーライスです)


旅館から出るといよいよメインの慰問です

消防団員にの遺族にお悔やみの言葉

体育館や仮設住宅計7か所を次々に訪問した。

f07927cc1ff138d757be809fdd4984d9.png

リョーヘーカの慰問名物

「床に膝をついて被災者と目線を合わせる」

はここから始まりました。

リョーヘーカ帰京

しかし、これで終わりじゃなかったのです!

高田県知事は東京に出張するたびに

侍従から

「手が空いたら、夜でもいいから来てください」

と電話が入る。

御所へ被災地のことを30分ほど説明する。

98年に知事を退任するまでのべ10回御所へ足を運ばれた。

(遊びに来てるんじゃなくて仕事で東京に来て疲れてるのにわざわざ御所まで説明しに来いってひどいな)


94年初めの説明ではミテコさまの口から

「知事さまは農地が復興したとおっしゃいましたが、何か収穫はありましたか」

という質問が出た。

高田知事びっくり

というのもミテコさまは皇后バッシングで倒れて失声症なる病気になって93年10月から声が出なくなっていたからです。

(命名者は今年1月に死んだ医者)

面会後、控えていた山本侍従長に報告すると

「そうなんだよ、急にお声が出たんだ」

と語った。

(ミテコさま、詰めが甘いよ。甘々だよ。設定忘れちゃってるじゃん)

ちなみに1993年7月12日夜に発生した北海道南西沖地震では地震から数日後に宮内庁から北海道庁に

「リョーヘーカがそっちへ行くからね」

という連絡が入りました。


元々岩手には今月の28日に4泊5日の日程で国民体育大会の開会式に出席のついでに東日本大震災の被災地を視察する予定でしたが、

たぶん今回の台風10号の被災地にも行くように予定変更してるかもしれないんだよね。


北海道庁には既に宮内庁から連絡入ってるだろうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

又聞きの又聞きなので真偽は分かりません

北海道へは「両陛下が一日も早くお見舞いしたいと仰せです。」と言う電話が既に複数回ほど入っているとか入っていないとか。

やめるんでしょ

結局、特措法で辞める方向にいきそうなのに、お出掛けはするのですか?
「無私の心」なんて無いのですね。
特別扱い大好き、努力は嫌い❗
某二世容疑者並みの出来なのですね。ふたりとも。甘やかしたヤツ出てこーい!と言いたいです。

No title

雅子様に対して「成功体験」だの超失礼な書き方をしていたマスゴミ。

よく見て。

現実はこうなのに、マスゴミは「被災地訪問されてご立派」ってあげまくっていたよね。まあ仕事だからなんだろうけどさ。

勘違いの「成功体験」を拠り所にしているのはりょーへーかでしょ?

天皇皇后は救急車でも消防自動車でもない

どうしてそんなに早く息せききって駆け付けたいんでしょう。
地元にしてみれば、来てくださるのは有難いけど、もう少し後にしてくださいって言いたいだろうけど、「陛下の思し召しで」と言われたらしょうがないんでしょうね。

3・11の時も、どこかの県の知事さんが、当惑顔で「今来られましても」って言っていたのを覚えています。

賢い皇太子ご夫妻は、ある程度落ち着いてからお見舞いに出かけられましたが、マスゴミに「両陛下は○○回もお出かけになったのに東宮家は×回しか行ってない」ってバッシングされた。
早さや回数を競うって、すごく下品です。

実は地元でもそれほどありがたがってはいなかったんでしょう。
今度の生前退位騒動への国民の反応は結構冷淡ですよね。
玉音放送も、凄く視聴率低かったようだし。

あの押し付けがましさ、恩着せがましさ、あてつけがましさ満載の放送を聞けば、嫌になるのが普通だと思います。

No title

失声症については、当時のバッシングについての本を読んでいたところ、以前から声が出ていると言われていたけど、宮内庁からの正式な発表がなかなか出なかったらしいです。

最近のBSの皇室番組で、倒れて以後、初めて声がでたときの模様を取り上げていましたが、公務で子供に声をかけた時だというので、わざわざ声をかけられたご本人に当時美智子様はなんとおっしゃったのかを証言してもらったりとか、とにかく美談仕立てでちょっとおおげさでした。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR