てーへんだ!てーへんだー!山下が雅子さまを褒めてやがる!

ちょっと、ちょっと奥様!あの山下晋司が雅子さまのことを褒めてるわよ!

雅子さま「本格復調」 皇室ジャーナリストが実感した瞬間〈AERA〉

近重:新聞各紙の世論調査によれば、陛下の「お言葉」に国民の約9割が共感しています。国民は、これまで国民にお心を寄せてこられた天皇、皇后両陛下のお姿に共感し、感謝して、「次世代に継承を」という気持ちになっている。NHKの報道後、私は雑誌記者として、奈良県の神武天皇陵、京都市、長野県の松本駅前、上高地や静岡県の下田市など、皇太子ご夫妻が出かけられる場所に取材に行きました。集まった方々の中には、「両陛下がいらしたときにも来ましたので、皇太子ご一家もお迎えに来ました」という方が多くいました。「皇太子殿下はいかがでしたか」と聞くと、「今日のお姿を拝見したら、もう十分に天皇のお務めができると思いました」と皆さんおっしゃいます。国民は皇太子ご夫妻を信頼し、受け入れていると感じました。

山下:雅子妃殿下も最近はお元気ですね。ご結婚当時の雰囲気を感じると話す職員もいます。

久能:長くなされていなかったにもかかわらず、宮中祭祀の所作も完璧だそうですよ。「皇后になる」という自覚が急速に芽生えられて、それがいろいろなところに表れているように感じます。

近重:6月に岩手県に行かれたときも、皇太子殿下と雅子さまはコースを外れて駅で待っている人たちに歩み寄られ、「今日はどちらからですか」「震災の時は大丈夫でしたか」などと声を掛けられた。長期ご療養前のスタイルを復活されていました。天皇陛下のお気持ちを、皇太子ご夫妻は十分に受け止めていらっしゃるのです。

久能:天皇、皇后両陛下はどこに行くにもご一緒なので、それが当たり前だと思うかもしれませんが、昭和天皇はお一人でお出かけになることも多かった。今の両陛下のなさり方をそのまま引き継ぐのが当然と考えると、大変なご負担になってしまいます。


宮中祭祀の所作はパーフェクトと久能さんは言ってますが、

明仁皇太子は所作を忘れて10分くらいぼーっとしたことがあります。

よくよく考えたら

皇太子じゃないから秋篠さんなんて何にも内廷皇族が宮中祭祀で賢所の中で何をされてるのか見たことないんですよね。

なぜなら宮家の皇族は幄舎で賢所を外から見てるだけですし。

スポーツで言ったら実際にプレーしてる選手とテレビ観戦してる人以上に差があります。

雅子さまはあの真面目な皇太子殿下が

「本当に資料を丹念に読んでいる」

と雅子さまを評価されてます。

>近重:NHKの報道後、私は雑誌記者として、奈良県の神武天皇陵、京都市、長野県の松本駅前、上高地や静岡県の下田市など、皇太子ご夫妻が出かけられる場所に取材に行きました。集まった方々の中には、「両陛下がいらしたときにも来ましたので、皇太子ご一家もお迎えに来ました」という方が多くいました。「皇太子殿下はいかがでしたか」と聞くと、「今日のお姿を拝見したら、もう十分に天皇のお務めができると思いました」と皆さんおっしゃいます。国民は皇太子ご夫妻を信頼し、受け入れていると感じました。

皇太子ご一家を一目見たいとわざわざ現地に足を運んだ人の証言です

早く次の時代が来ないかなー

その前に『文藝春秋』で皇太子ご一家を批判して川島時代からズブズブの大好きなキーコさまを褒めまくった岩井がくたばってほしいわ!

末代まで祟ってやる!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ないことないこと書き散らしてた奴らに…

まず謝罪して欲しいですね。ホント、末代まで怨みますよ。

山下晋司が、お金と職員の話を出していない!


驚いた! ビックリポン!


山下晋司といえば、「秋篠宮家の予算を増やせ! 秋篠宮家の職員を増やせ!」 という話ばかりする人なのに、この記事では、そんな話を全然していない!

うわー! うわー!

今ものすごく驚いてます!

皇太子さまだからこそ生前退位に理解

皇太子殿下は、昭和天皇の代から22回も国事行為臨時代行を務められ、元掌典職の方からは「皇太子殿下の祈りは本物」と言われるほど、実際には宮中祭祀も大切にされていらっしゃいます。それ以外でも、各国の王族や国際機関関係者らとご一緒に、世界的な水問題にも尽力され、皇太子として「時代に合わせたご公務」というのを実践されていらっしゃいます。

一部のメディアや皇室ジャーナリストたちは、皇太子ご夫妻にああだこうだ文句を言い、気持ち悪いぐらい秋篠宮夫妻を賛美する者もおりますが、国民の殆どは皇太子ご夫妻が幾多の苦難を乗り越え、国民に寄り添っていらっしゃることを知っています(っていうか、無関心が多いため、皇族の務めとか伝統とかに変なことを言う人があまりいないというのもあります)。だからこそ、「皇太子さまなら、陛下が皇位を譲られるのもあって良い」と思う国民も多いのでしょう。

『文藝春秋』での岩井さんの皇太子ご夫妻へのバッシング記事を読みましたが、まあ最後の悪あがきでしたね。結局、新しいネタがあるわけでもなく、「勤労奉仕団とのご会釈に雅子さまが出ない」「宮中祭祀にも相変わらずお出ましにならない」の繰り返しでした。かなり焦っていることだけはよく伝わりましたが(笑)

え、逆にキモい(笑)

散々雅子様のことをぼろくそに言っておいて今さら?(笑)
山下の書いた記事を思い出すだけでも気分悪いのに。

裏がありそうで何だか不気味ですね。

いや 、褒めるのはいいんですけど
まずは雅子様に対して謝罪してからにしてほしいものですね。

むむっ!何の作戦!?

ついつい疑心暗鬼になって、何かの作戦と違うか!?と疑ってしまうのですが、単純にもうバッシングのしようもないのかもしれません。
それにひきかえ、岩井は本当に酷い。
悪あがきでもしなきゃ、やっとれんのでしょう。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR