ミテコの反論コーナー「香淳皇后だって外出公務してたし!」

宮内庁HPの「皇室報道関係について」でまたミテコさま宮内庁が反論してます。


昭和時代(戦後)における昭和天皇・香淳皇后の御活動状況について
平成28年9月23日
平成28年8月27日付け毎日新聞朝刊の「危機の20年」と題する記事の中で,原武史氏は「平成になると,宮中祭祀に天皇と皇后がそろって出席するようになったばかりか,行幸も皇后が同伴する行幸啓となり,」と述べています。

昭和時代(戦後)における昭和天皇・香淳皇后の御活動状況については,これまでも宮内庁ホームページで事実関係を説明してきたところでありますが,こうした事実と異なる認識が依然として見られることから,改めてこの点についての事実関係を説明します。

香淳皇后は,ご晩年の20年近くは,ご高齢とご健康上の理由により,行事への御臨席が困難となられましたが,昭和52年に腰を痛められるまでの戦後約30年間の長きにわたり,昭和天皇と共に多くの宮中祭祀にお出ましになり,また,行幸啓を共になさっています。

宮中祭祀について見ますと,昭和21年から51年までの恒例の祭祀で,かつ,天皇皇后両陛下のお出ましが予定された364件のうち,昭和天皇とお揃いでのお出ましは213件(58.5%)を占めています。ちなみに,昭和30年以降で見ますと66.7%となります。

また,地方ご訪問について見ますと,昭和21年に開催された国体には,昭和22年の第2回石川県大会には昭和天皇が御巡幸を兼ねてお一方で御臨席になりましたが,昭和24年に東京都で開催された第4回国体以降は,昭和51年まで毎年,昭和天皇は香淳皇后とご一緒に御臨席になっています。また,植樹祭には,十勝沖地震のため御臨席を取りやめた昭和43年の第19回を除き,昭和25年の第1回から御不例となった昭和52年まで毎年春,昭和天皇とご一緒に御臨席になりました。なお,昭和21年から昭和29年までにわたる戦災復興状況御視察のための御巡幸は,当時,香淳皇后をお迎えできるような宿泊施設等が整っていなかったこともあり,昭和天皇がほぼすべてをお一方でなさっていますが,最終回の北海道御巡幸には第9回国体が北海道で開催されたことから,国体御臨席を兼ねて昭和天皇と香淳皇后のお二方でお出ましになりました。こうした戦後間もない御巡幸は別としても,昭和21年から51年までの地方へのお出まし78件のうち,昭和天皇とお揃いでのお出ましは73件(93.6%)を占めています。

このように,宮中祭祀や地方ご訪問については,戦後から既に天皇と皇后がお揃いでなさっておられ,御成婚後の今上両陛下は,これをそのままに受け継がれ,昭和,平成とお続けになっておられるものであり,平成になってから,宮中祭祀や地方ご訪問を両陛下でなさるように変わったという事実は全くありません。

以上のことについては,過去にも宮内庁ホームページで事実関係を詳しく説明し,繰り返し注意を喚起してきたところ(「昭和時代における香淳皇后の御活動について(平成21年12月4日)」及び「昭和時代(戦後)における昭和天皇・香淳皇后の御活動状況について(平成25年4月3日)」)でありますが,未だにこうした基本的な事実を確認せずに皇室について議論がなされることは遺憾であり,第三者の対談ではありますが,この点の事実関係の誤認については毎日新聞社にも伝えました。

http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h28-0926.html

うん、あのさ

以前記事にしたんだけどさ、

昭和天皇がそもそも外出公務が少なかったのよ

87423dbbe5e9dc8629cc219b4af84959_2016092913053685d.png

過去記事 昭和天皇の外出公務は非常に少ない! 昭和49年昭和天皇73歳の時の外出公務の回数 行幸啓19回、行幸6回、香淳皇后おひとり2回

昭和天皇と香淳皇后ご一緒(行幸啓)
定例的なもの(3回)
①全国植樹祭(5月岩手県5泊6日)
②国民体育大会秋季大会(10月茨城県4泊5日)
③全国戦没者追悼式(8月)
定例以外のもの(16回)
・外国交際(国賓接伴関係)3回
・式典 3回
・社会事業・産業等御奨励 1回
・公共施設御視察 3回
・展覧会 1回
・スポーツ 1回
・園遊会 2回
・地方行幸啓 2回
合計19回

昭和天皇のみ(行幸)
定例的と認められるもの(3回)
①国会開会式(1月、7月、12月)
②日本学士院授賞式(6月)
③日本芸術院授賞式(6月)
定例以外のもの(3回)
・外国交際(国賓接伴関係) 2回
・式典 1回
合計6回

香淳皇后のみ(行啓)
定例的と認められるもの(1回)
全国赤十字大会(6月)
定例以外のもの(1回)
展覧会 1回
合計2回


こんなに少ないのだ。

しかもこれでも他の年よりも多いのだ!

確かに昭和の時代も両陛下お揃いということもあった。

しかしそもそも外出公務自体が少ないのだから

馬鹿みたいに増やしまくった平成と比べるのはおかしい。

原先生は宮内庁に対して自身のツィッターでこう述べています。


>宮内庁ホームページの「皇室関連報道について」で毎日新聞8月27日付の私の発言「平成になると~となり」が「事実関係の誤認」とされたことに対して、改めて反論したい。天皇、皇后が共に出る宮中祭祀や行幸啓自体は、宮内庁が強調する昭和戦後からではなく、明治、大正の時代にも複数確認される。
>しかし、明治、大正、昭和は、宮中祭祀に天皇、皇后がずっと出ていたわけではないし、行幸啓もずっと行われたわけではない。平成は、宮中祭祀も行幸啓も天皇、皇后が一貫して行っている。この点で明確に違うと言いたかったのだ。「事実関係の誤認」ではなく「事実関係の解釈の違い」とするべきだろう。


まるっと同意ですな!

って言うかミテコさまはそんなに「出歩くの大好きなコーゴーさま」って思われるのが嫌なのか。

わざわざ懇意のマスコミ使って「皇后さまにいじめられるかわいそうな美智子皇太子妃」と昭和の頃から散々書かせまくったくせに、

その良子さまを持ち出すなんて!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

細かい性格

出たがりで目立ちたがりって思われたくないの。
旦那を尻に敷いてるって思われたくないの。
しおらしい、控えめな妻、ってイメージでいきたいの。
ってことでは?
でも事実旦那を尻に敷いてる目立ちたがり屋の妻ですからどうしようもない。

しかしこんなに細かく「何%」まで計算させて、長々と文章作らせて。
みちこさんて、細かいですよね。
こんなことに(いちおう)公務員である宮内庁職員の労働力をめちゃ使って…。
彼女、上司に持ったら絶対部下が苦労するタイプだわ。
本当に無駄に細かい。

美智子信者なのに

原なんて立派な美智子信者なのに反論するんだ。
そんなに「夫婦で出歩いている」って言われるのが嫌なんですかね。
“平成流”とか言って胸張ってりゃいいのに。

原氏、「文藝春秋」の“皇后は天皇退位に反対した”には反論してないから、認めたってことでいいんだなって言ってますね(笑)
そういえば、美智子信者たる氏が唱えている「現皇后はナカツスメラミコトであって、天皇より神に近い」っていう論にもダンマリですね。
神の末である天皇よりも粉屋の娘のほうが神に近いっていうことですね。

天皇、皇太子さま、秋篠宮の月イチ会談も皇后の発案だと風岡が退任会見で明言しましたし、怖いわあ。
どれだけ権力持ってるんだろう、あの人。
あ、天皇より神に近いからいいのか。

No title

昭和の皇太子夫婦は、


・古い慣習を打ち破る明仁皇太子と美智子妃

・古いしきたりを改革する明仁さまと美智子さま

・宮中改革をする明仁皇太子と美智子妃

・開かれた皇室にする皇太子明仁と皇太子妃美智子


と言われていたし、実際そうしてきた。



昭和天皇は会見で、

「良宮と一緒に行きたいと思うが・・・」

と発言されたけれど良子皇后は御所に留まることが多かったし、それは老人特有の症状が出る前からだった。



皇 太 子 妃 美 智 子 は、
良 子 皇 后 と は 違 い、
皇 太 子 明 仁 と 一 緒 に よ く 外 に 出 た の は、
ま ぎ れ も な い 事 実。


宮内庁は、どうしてウソをHPに書くのかしらね?
バカじゃないの?
バカじゃないなら昔をことを忘れたボケが書くのかしら?


あー、ふーん

なんか必死だな

皇太子ご一家がいろいろ叩かれても放置なのに、少しでもご自分が批判されると、言い訳するのに必死だな

ちっさいですなあ

ちっさ!

元の記事を読みましたが、その中でたったこの一文のためにこんなに長々と反論するとは、なんてちっさなコーゴーさまかと思いました。

どう書かれるかを気にしすぎで、もっとおおらかにかまえてほしいということを浜尾さんが言っておられましたが、年をとってもぜんぜん変わられてないどころか、こんな一文が気になって仕方がないとは、ある意味お元気ですね(嫌味

ちなみに、抗議された元記事がこちらです。

危機の20年:北田暁大が聞く 第5回 ゲスト・原武史さん 「生前退位」(その1) - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20160827/ddm/014/040/015000c

わざわざ抗議するほどのものとは思えないんですけどね、以前は改革が売りで、今は伝統を守ってきたが売りだから、自分だけがはじめたとは思われたくないというところでしょうか。

ちなみにこちらは屋根裏部屋さまにあった記事ですが、読売の皇室ウィークリー9/25日に香淳皇后が昭和天皇とともに全国を回っていたとの内容の記事ですが、こちらは逆にコーゴーさまが喜ぶような感じのことが書いてある記事です。
http://garret.anime-life.com/Entry/215/

宮内庁の反論には、
>昭和21年から51年までの地方へのお出まし78件のうち,昭和天皇とお揃いでのお出ましは73件(93.6%)を占めています。
とありますが、宮内庁のサイトによると、平成元年から26年までの国内(道府県)のお出ましなどは

天皇陛下 23件
天皇皇后両陛下 319件
皇后陛下 15件

http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/odemashi/odemashi01.html

とあり、圧倒的なまでに昭和と平成の違いが見えます。

平成26年までの都内での式典などのお出ましになると、もうすごいです。

天皇陛下 135件
天皇皇后両陛下 994件
皇后陛下 399件

チャリティとかでもない全くただの鑑賞ご公務も見受けられます。
そういった特に必要のないものは、次代においてはどしどし減らしていってほしいと思います。

お笑い。

言えばいうほど、出歩くのが多かった、と言われたくないのがわかります。もちろん、自分でも多かった、とわかってるのですわ。
しかし、件数だと、馬鹿馬鹿しい比較になるため、パーセンテージになってるのか、やっぱり笑えます。

やたらと行啓が多い平成

昭和の両陛下の1年間の外出回数って、平成の今上夫妻の1~2カ月分ってとこですね。

香淳皇后は、昭和53年に腰を痛められ、上記の表よりも更に外出が
なくなっていきます(宮殿内での国賓の接遇や晩餐会などにはおでましでしたけどね)。

それから、宮内庁の反論はそれ自体に詐術的なものがあるように感じます。

「昭和の頃も両陛下お二人で外出公務をしていた」というのは、確かにそのとおりでしょうが、ヘカテー様仰るように外出回数の総数があまりに違いすぎる。

そしてなにより、宮内庁HPに記録されている「両陛下の動静」を見ればわかるように、平成の皇后は「自分一人での外出」がものすごく多いんですよ。
海外にも一人で行ってます。

年によっては、「行幸啓」や「行幸」よりも美智子さん一人のお出ましの「行啓」の方が多いくらいです。

ある程度の年齢の国民が、「昭和の頃と違ってなんかおかしいな」と感じるのは、やたらと皇后ばかりが目につくというところにあるんだろうと思います。

とにかく80になるまでは、年に100回を超えるお出まし(それも鑑賞系のどうでもいいものが半数以上)を自慢しまくって週刊誌に賛美させてましたからね、どうかしてますよ。
この異常なまでの出たがり、見せたがりは死ぬまで治らないでしょうね。

くだらなすぎ

美智子さんさぁ…こんなくだらないことで逐一反論するヒマがあるのなら、東宮ご一家バッシング記事についてもっと敏感になってくださいよ。
ご自分が意地悪姑と思われてることについてもっと反省してくださいよ。
貴女はもはや「聖女」でも「聖母」でも「慈愛の人」でも何でもないから。
ホント、つまらないくだらない婆さん。頼むから黙っててほしい。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR