肺炎で高熱の体で出席した常陸宮さまの侍従

『週刊女性 昭和39年10月14日号』を読んでたらこんなことも書いてありました。

肺炎の身で出席の村井侍従
この朝、急性肺炎で宮内庁病院に入院していた村井長政侍従はベッドから妻に言った。
「モーニングを・・・・・・」
妻は身を堅くした。しかしすぐ家にとって返した。義宮さま付きの侍従として二十年、この日を、夫はどんなに待ちわびていたか。小学生の義宮さまが、中等部、高等部、大学をご卒業になり、今日まで影のようにおつきしてきた夫。それがご婚儀の二週間前、肺炎で倒れた。
「申しわけない・・・・・・」
夫は熱い息を吐き、涙ぐむのだった。
「テレビで見てください。身体を大事にするのです」
義宮さまはこのおことづけをくださった。
夫は肌着を替え、キチンと礼装しベッドに正座し、テレビに向かった。九時半、放送が始まる。常磐松御用邸から滑り出す宮さまのご乗用車。
一時間後、賢所からおふた方が消えたとき、村井侍従の右手のハンケチはぐっしょりだった。
常陸宮の称号をお受けしてから午後二時二十分、朝見の儀。
「末長く、仲むつまじく暮らすように」
との陛下のお言葉だった。
次に親子固めの儀。古式の膳に両陛下、両殿下がおつきになり、華子妃殿下は両陛下から、親子固めの杯を賜った。
両殿下が、その席から退出されたとき、常陸宮殿下はそこに病床で寝ているはずの村井侍従を見、ハッとされた。
今日までのご奉公だ、死んでもいい・・・・・・だからと村井侍従は、参列を医師に懇願した。医師はその執念にも似た心に触れ、できることなら・・・・・・と診断したうえで、「少しなら」と許したのである。
「ヨシ坊ちゃまが独立なさる日まで」を生涯の念願としてきた村井さんにとって、この医師のはからいは何にもましてうれしかったに違いない。
義宮さまに、遅刻のお詫びと、お祝いの言葉をのべる村井侍従の身体は、ともすればゆれた。高熱なのである。
かたわらにたたずまれているはずの華子妃殿下も、殿下と侍従の、この一瞬の光景に凝縮された心かようきずなに思わず、まぶたに熱いものを感じられたにちがいない。
この予期せぬ美談に、次のご予定は十分ほどおくれた


常陸宮さまのの侍従さんって命かけてるんですねー。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いないのよ。

今上と美智子皇后には、このような真心を以て仕える人がいないの。
だから、今上はどんどん自分の感情の赴くままに行動して、それが正しいんだと信じてしまう。
「中国に謝りにゆく」
「愛子がなつかない」
「雅子のオランダでの静養(ご招待ですよ)は私的な旅行」
「生前退位したいが、典範で決められた摂政を立てるのはイヤ」
これは全て、個人の感情的な発言。
自分より優秀な人材が嫌いで、阿諛追従好きだとこうなってしまうのね。

不覚にも涙が

 本当の血の通った情、美辞麗句で飾らずとも心に響いてきます。
 自分まで、常陸宮殿下のご成婚をリアルタイムで喜んでいるような気持ちになってしまいました。

 このようなエピソードの前では、どなたかのお仕着せ美談など「価値なし」ですね。

いつも、読ませて頂いています。
以前のコメント名がダブったようで、気持ち新しくコメントさせて頂きます。
雨が続くなか、一射しの心温まる素晴らしい話をありがとうございました。これからも楽しみにしています。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR