週刊朝日に寄せられたICU教授の反皇室論

週刊朝日1990年7月6日号をヤフオクで落札しました。

そこの巻頭ページがこれ
f27888b16008f678815611a8da4b580d.png

この号では紀子さんスペシャル総力特集としてキーコさまに関する記事が集められてます。

しかしその特集が終わってずーっと後ろに行くと

「激突!ご成婚論争 「芸能人にするな」から「会費制でやれ」まで」

という記事になります。

まあ今回のご成婚をどう思いましたか?と右派左派の人たちに聞くという記事です。

そこに国際基督教大学の教授がこんな言葉を発してます。

67814d804a6d7b3bc718123be21cef2e.png

笹川紀勝(ICU教授)
ごく平凡な人間同士の結婚が、政府やマスコミに持ち上げられているのは不幸ですね。憲法論からいえば、皇室神道に国がおカネと人を出すことはおかしい。
面白いのは、皇位を継承するはずの浩宮さんの間が見つからない。歴史の偶然、いたずらかですか。それに礼宮さんに先に子どもができるかもしれない。ご両親は頭を抱えてるでしょうね。戦前だったら、全国民の憂いの的ですよ。でも、いまは単に面白い話題でしょう。もはや皇室はそういう材料でしかない。
それを政府は、力とカネで何かを持ち上げるという、伝統的な支配の方法に頼ろうとしてるんですね。大喪に日の丸・君が代、大嘗祭と、一般大衆の気持ちとは逆のことを、多額のカネを使ってやろうとしている。でも、強制すれば国民がついてくる時代は、もう終わってますよ。


うーん、こういうことを言う教授がいたキリスト教の大学に秋篠さんちの二人の娘が入るんだから時代の流れはすごいなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんな大学に通っても批判されない秋篠アホ姉妹

ICUって昔からこういう考えの人が多かった大学なんでしょうね。大嘗祭についても「こんなもの公金(税金)でやるな!」と批判した大学でもありますからね。

そんな反皇室とも言える大学に、よりによって秋篠宮家の2人のアホ娘がシレッと入学している事実。秋篠宮家も馬鹿ですし、反皇室の態度を匂わせておきながら寄付金欲しさにアホ姉妹を受け入れたICUも、どっちもどっちです。

キリスト教系の大学というだけで眉をひそめた国民も多いと思うのに、大嘗祭に異議を唱えた大学という点でもっと物議を醸してもよかったはずです。でもどこのメディアもこの問題には踏み込みませんでした。

こんなプライドもない大学が、いつの間にか「早慶上智」の一角に入り込んで都内私大の四天王ヅラしていることに腹立たしさを覚えます。ある意味GMARCH以下でしょう、ここ。

No title

笹川紀勝(ICU教授)
>ご く 平 凡 な 人 間



笹川教授って優しいね。
昭和から皇室情報を見聞きしている日本人は、


礼宮文仁親王は、ヒゲはやして黒色サングラスかけて、金のネックレスにブレスレットというチ●ピラみたいな格好をする人。
皇族だから許されるけど、普通の人がこんな格好したらヤ●ザと言われる。
不真面目で遊びまくっている。


という認識なのに、笹川教授は「ごく平凡」と言うなんて優しい人ですね。

学力不問

「皇族の子供は、どんなにアホでも、国際基督教大学にだけは入れるんだな」

知人の政治学者の言葉です。

昨今、出版されている国際関係論の書籍なんかのレビューでも、「あの子たち(眞子、佳子のこと)が、なんでICUに行ったかわかった」と、同様のコメントが時々書き込まれてますね。

No title

 このブログは以前から愛読させていただいております。コメントも含め、ほとんど我が意を得たりと云うことばかりです。

 ですが特定大学の批判は結構ですが、中傷はいただけません。卒業生に東宮家派だっているのですから。 

  ICUはたいへん小さな私学です。だからあまりランクにでてこない。天邪鬼が多いので、他大学と同等のくくりにされたくないという人が多く「滑り込んだ」とか言われたら頭に血が上る人も多いと思います。
  そんな校風なので、件の宮様方ご入学について、ICU内部の人や卒業生においては、完全に無視か、たいへん苦々しい反応ばかりですね。

 学生運動も労働組合も押さえこみ、大喪の礼の日にすら授業する強情な大学当局がなぜ?と思いますけど、圧力をかけることができるとすれば何者か、推測はしています。(当たっていれば、寄付なんかよりやっかいです。)
 
 ご指摘のような、左巻きの教授がいるのは、日本の大抵の大学で同じだと思います。私はいくつかの他私大、複数の旧帝系国立大勤務経験もあるのですが、それらにくらべると、ICUは「ある意味」左右とも既存政治色の薄い大学でした。(反権力、反イデオロギー、大学はひとつの独立国、のような…。)
 またミッション系大学としては理念として、キリスト>皇室なのは致し方ないです。

 それでも特に、反皇室、反天皇家という雰囲気はありませんでした。むしろ皇室の匂いが濃厚に様々な所から漂ってくる不思議な大学でした。
 また個々の教授や講師は、昭和天皇さまや常陸宮さまとの学問仲間としての交流を秘かな誇りにして懐かしそうにされていたり、学生も皇室ゆかりの方がいらしたり、とむしろ大学内部にいるあいだ、天皇家、とくに、先の天皇・皇后様への尊崇の念が増したものですが…

 ところで、どこにいても長年研究関係の仕事をつづけていると、天皇家のみなさまの学問がどの程度のモノか、お人柄がどうであるか、いろいろなところから漏れ伝わってくるものです。個々の論評は控えますが…..。このブログにおいでの方ならお分かりでしょう。  

 自ずと東宮さまご一家支持派、そして敬宮様の御登極待望派になりますね。
 突然、失礼いたしました。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR