浩宮妃に急浮上した小和田雅子さん 昭和からずっとお妃候補と騒がれてました

昭和の頃からずっと皇太子妃候補と騒がれてきた雅子さま

816638c0fc18f79938071a733dd953a1.png

1988年の週刊朝日の記事です
小和田雅子さん

(著作権の問題があるのでわざと黒塗りしてます)

雅子さまに触れられている文章

(引用はじめ)
そして、昨年暮れに浮上してきたのが小和田雅子さん(二四)だ。
ハーバード大学経済学部卒。昭和六十一年春に外交官試験をパスし、現在、外務省経済局国際機関第二課に勤める、絵に描いたようなエリート外交官の卵である。父親の恒氏も外務省官房長というエリートの家庭だ。もっとも、「お妃候補」にあげられたことには困惑しているようで、東京都目黒区内にある自宅を訪ねると、「そのことについては、いっさいお話できません」(母親の優美子さん)とのことだった。
(引用終わり)

雅子さまはこれ以降も可哀そうなぐらいマスコミにストーカーされ続けました。

英国へ留学しても追いかけてきたんだから本当に迷惑されてた。

えー、ちなみに週刊朝日に掲載された礼宮と川島キーコの結婚での風刺画がこちら
5478133caa42ae3662a49eed5cff8824.png
(殿下、今がおデートのチャンスでございますぞ)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

しつこいマスコミ陣

都内どころか留学先のロンドンにまで押しかけたんですよね、マスコミ陣は。

あれは今でも (しつこ過ぎる・・・雅子さん、かわいそう・・・嫌がってるのに・・・)と思う。

さすがに怒れてきたのでしょうね、雅子さんが「どこの会社ですか?」と言ったのを、マスコミは生意気だとか怖いとか叩きに叩きまくった。

当時は、(あんなに否定してるんだから違うでしょ。いい加減に止めなよ・・・)と思ったけど(でも素敵な女性だなぁ。もって見ていたいなぁ。魅力あるよなぁ。皇太子妃なんかにならないほうがいいかも。世界に羽ばたく人だよ、この女性は!)とも思った。

最初の頃はブリっ子みたいな可愛さだったキコさんは今ではイヒヒ笑いの般若顔。

キャリアウーマンだった雅子さまは明るく柔らかい笑顔。

妻は夫によって、これほど顔が変わるんだなって思う。

選ばれた女性だった

紀子さんみたいに、アホのアーヤが勝手に連れてきた女でもなく、美智子さんみたいに裏で画策して用意された女でもない。
雅子さまは皇太子妃候補として、「選ばれた女性」だった。
これ結構重要だと思うんですよね。
今の皇室で大きな顔してる二人は、いったらスキャンダルとともに現れた人たちです。
雅子さまはそうではない。
わたしは当時小学生でしたし、週刊誌やワイドショーは見てなかったので、雅子さまのお名前やお姿は婚約のニュースで知りました。
とにかくすごい人だなあ、そしてものすごくきれいでカッコいい人だなあと。
大人になってからYouTubeで、婚約前の雅子さまに対する執拗なマスコミのストーカーぶりにゾーッとしましたけどね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR