自民党議員河野太郎氏まで!男系、女系に関わらず皇室の維持を図るべき

うーん、なんか時代が変わってきてるのかなー

今の自民なんてゴリゴリの男系主義者ばっかりだと思ってた

河野太郎議員の公式ブログ
皇室の危機を回避する
2016.10.19
我が国の皇室は、かつてない存続の危機に瀕している。

天皇陛下より若い皇族男子は、皇太子殿下、秋篠宮文仁親王殿下、秋篠宮悠仁親王殿下の3人しかいらっしゃらない。将来、悠仁親王家に男子がお生まれにならなければ、男系の皇統が絶えることになる。

たしかに我が国の皇室は男系を貫いてきた。しかし、男系天皇を維持することができるかどうかは、このままいけば確率の問題になってしまう。

一、男系の維持をいかに図るか

今後とも男系天皇を維持すべしという意見がある。しかし、言うのは簡単だが、現実は容易ではない。

今後とも、男系を維持するのが好ましいとして、いかにして男系を維持することができるだろうか。

ア 旧皇族男子を皇族の内親王殿下または女王殿下に婿入りさせる

戦後、皇籍離脱をした旧宮家の男子を現皇族の内親王殿下または女王殿下に婿入りさせ、宮家を創設し、その男子を皇位継承の対象とするという方法が考えられる。

特に、東久邇家には昭和天皇の内親王が嫁がれ、竹田家、朝香家、北白川家、東久邇家には明治天皇の内親王が嫁がれ、皇室との最近の縁戚関係もある。

しかし、内親王殿下、女王殿下にもご結婚の自由があり、ご結婚を強制することはできない。

また、旧宮家は1430年に即位した後花園天皇の弟貞常親王の子孫であり、それ以来、600年近く、現皇室との間に男系の繋がりはなく、その男系が皇室を継ぐことが国民的に受け入れられるだろうか。

また、仮に運よくこの方法で宮家が一つ、二つ増やせたとしても、継続的にできるわけではなく、男子が生まれる確率が多少高まるにすぎない。

イ 側室を復活させる

これまで男系が続いてきたのは、側室の存在が大きかったと言わざるを得ないが、国の象徴であり、国民に親しまれ、敬われる皇室ということを考えれば、また、国際的にみても、現代に側室を復活させるという選択は、現実的な選択肢とはなり得ない。

ウ 人工授精など科学的な方法を用いる

男系皇族の精子を保存し、人工授精するなどの科学的な方法が考えられなくもないが、卵子の提供や人工懐胎をどうするのか等、問題は多い。

また、そのような皇室に、皇后にふさわしい女性が嫁いでこられるか、疑問が呈されるだろう。

こうしたことを考えれば、男系天皇を維持すべしという議論は理解できるにしても、それを具体化するための現実的な、国民に広く受け入れられるような方法はどうするのだろうか。

現実的であり、具体的な方法の議論なしに、男系天皇の維持を主張することは皇室の存続を危うくする。

男系の維持を考慮するならば、国民に広く理解され、受け入れられる具体的な方法の提示が必要である。

二、男系、女系に関わらず皇室の維持を図るべき

男系の維持が困難であるならば、次善の策は、男系、女系に関わらず、皇室の維持を図るべきではないか。

そのためには皇室典範を改正し、長男継承を長子継承に改めるべきではないか。

その場合、親王殿下だけでなく、内親王殿下、女王殿下も宮家を創設し、継承順位に従って、天皇位を継承していくことになる。

たしかにこれまでの天皇家の歴史を変えることになるが、男系天皇を維持できない可能性が高く、その場合、皇統そのものが断絶することになり、その危機を回避するためには皇室のあり方を変えることもやむを得ないのではないか。

三、継承ルールの変更の議論を速やかに始める必要がある

今上天皇の生前退位の議論を優先し、継承ルールの変更を先送りすることはできない。

今上天皇が生前譲位されて上皇になられ、皇太子殿下が即位された場合、長男継承が続くならば、秋篠宮文仁親王殿下が皇太弟となられ、長子継承ならば愛子内親王殿下が皇太子となられる。

それまでに継承ルールの議論に結論を出すべきではないか。

悠仁親王殿下まで長男継承を続け、そこで皇室に男子がいなくなったからといって長子継承に切り替えるのは難しい。

内親王殿下も女王殿下もそろそろご結婚の話が出てもおかしくないお年頃である。

現在の皇室典範ではご結婚された内親王殿下、女王殿下は皇籍を離脱されることを考えると、悠仁親王殿下まで長男継承としてしまうと、その時には皇室の女子がいなくなってしまう可能性もある。

だから今上天皇の生前譲位までに皇位継承のルール変更をすべきである。

四、長子継承にするならば、天皇家の祭祀の変更が必要かどうか、確認する必要がある。

宮中祭祀の中には、新嘗祭や大嘗祭をはじめ、女性が祭祀を執り行うことができないとされているものがあると言われる。

しかし、その理由は、女性の生理や出産を穢れととらえる意識によるものであり、現代社会にはなじまない。

他方、宮内庁は、女性天皇が執り行うことができない祭祀はないと明言している。

長子継承にするならば、この点を確認し、必要ならば祭祀を変更する必要がある。

五、宮内庁を改組すべき
このままでは皇室の存続の危機が訪れることがわかっていながら、これまで無為無策に終始した宮内庁の責任は厳しく問われなければならない。

また、宮中祭祀や陵墓等の情報公開に後ろ向きで、皇室と国民との間に壁を作ってきたのも宮内庁に責任があると言わざるを得ない。

宮内庁を改組し、国事行為・公的行為等に関する事務を取り扱う組織、天皇・内廷、宮家の日常をお支えする組織、文化的、科学的な立場から天皇家の祭祀や歴史の維持を行う組織の三つに分割し、これまでの宮内庁の文化を一変する必要がある。

天皇陛下が、国民に対して語りかけられたお言葉は、皇室の存続に対する陛下の強い危機感のあらわれではなかったのか。

お言葉を受けての議論を、生前退位の議論に矮小化してしまうことは、皇室の存続を危うくすることにもつながりかねず、この機会に皇室の安寧と弥栄のための議論を、広く国民を巻き込み、行うべきである。

https://www.taro.org/2016/10/%e7%9a%87%e5%ae%a4%e3%81%ae%e5%8d%b1%e6%a9%9f%e3%82%92%e5%9b%9e%e9%81%bf%e3%81%99%e3%82%8b.php

こういうことをズバッと言う政治家がいることは嬉しいのですが

大丈夫かなー

自民党内で虐められないか心配ですよ。

安倍総理の周りにいるのってネット右翼系の痛い人ばっかりっていう感じがするし
(特に女性議員)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

皇室ニュース

YouTubeに皇室ニュースというのがあります。
https://www.youtube.com/channel/UCUmgfsHTihIznrErWfYf0yw
最近毎日のようにとんでもない記事をあげています。
東宮ご一家をバッシング。
アンチは焦っているのでしょう。

当たり前

10年以上前から散々言われ続けきた事ですね。自民党にも老害と言うものがあり、頭の硬い古参議員や元総理が、くたばって来て、漸く言えるようになったのでしょうね。

政府のメンバー

あれ見てびっくりしない人いないでしょう。
まさか安倍さんが岩井を選ぶなんて、雅子様批判して紀子さんべったりの人を、国旗国歌批判を堂々と態度に表す人を。
男系のために自民党員なら絶対に許せない人の手を借りるなんて冗談としか思えません。
なのでポスト安倍は黙ってないのではないでしょうか?
続々登場してくることを願ってます。

Re: 皇室ニュース

> YouTubeに皇室ニュースというのがあります。
> https://www.youtube.com/channel/UCUmgfsHTihIznrErWfYf0yw
> 最近毎日のようにとんでもない記事をあげています。
> 東宮ご一家をバッシング。
> アンチは焦っているのでしょう。

YOUTUBEで皇太子ご一家の映像とかアップされてないかなーと調べるとすぐに出てくるからもうやんなんちゃうよ。

ああいうの信じちゃう人っているのかしら?

未解決状態は政治の責任でもある

うーん…河野さんの言う通り、皇室の取り巻く環境に対応するために、皇位継承制度を改めるという点には、私も賛成ですが、ただ皇室の危機に対して宮内庁が無為無策だったという点については同意できませんね。

そもそも皇室の危機というのは無論、皇室典範の改正を伴うことになるのだから、最終的には典範を改める立場にある政治の責任でもあると思いますよ。

宮内庁は、当然のことながら天皇と接する機会の多い官庁ですから、建前上は自ら皇室典範の改正など制度論を持ち出して、対応策を検討することはできないとしています。制度上は法案の作成はできても、内閣府を通して国会には提出できません。ということは、典範改正などに着手しなければならないのは内閣官房であり、国会でもある訳です。

しかし、秋篠宮夫妻が悠仁さまを儲けてから政治はどうしたか。小泉元首相は「それでも皇室典範の改正は必要」としていましたが、最終的には典範改正案の提出を見送り、その後はまるで遠慮しているかのように皇室典範改正の話題が一切途絶えてしまいました。

小泉内閣にあった女性、女系天皇を容認する皇室典範改正案が、もし10年前に国会で成立していれば、男系派の言う男系継承の維持だって運用面で何とかなっていたし、女性皇族にも認められるから、どちらにせよ皇位継承が安定化に向かっていたんですよ。

秋篠宮夫妻にも宮内庁にも問題があったと思いますけど、言うだけは立派で先送りばかりしてきた政治家にも大きな責任はあると思いますよ。

敬宮様女帝計画進行中?

「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」
メンバーを見たときには、皆様と同じく絶望的な気分になりました。
…が、ふとひっかかったのは、
今回選ばれたのは、『今上陛下の公務の負担軽減に絞って議論する会議』のメンバーであること。
つまり、今回切り離された議論である『皇位の安定的な継承に関する会議』が恐らくいずれ設置され、そこでは『負担軽減会議のメンバー』が新たに選出されるのではないか。かつそこでは今回のメンバーは除外されるであろうと考え、希望が見えたのです。

もし女性天皇の議論を始めたいのなら、男系男子にこだわる論客は頭痛の種ですが、皇室に一家言を持つと自認するそれらの人達を「有識者会議」に名を連ねることで自尊心を満足させ、その一方で女性天皇へつながる会議からは締め出す。
なかなかの策士ではないですか。

今上陛下の生前退位、時を同じくして各メディアによる女性天皇に関する世論調査、複数の自民党の議員による女帝容認論。
そして男系男子を声高に主張し、しかも秋篠宮家とつながり深い人たちを、まとめて女帝議論の場から遠ざける。

俯瞰してみると、敬宮様の天皇への動きが着々と進められているようにもとらえられます。

恐らく、安倍首相は本当に男系論者なのでしょう。
でも、世界の動き、日本の世論は無視できませんし、河野氏が理路整然と書かれている通り、このままでは皇室が途絶えることも事実として立ちはだかっている限り、女性天皇への道を開くしかないところまで来たのでしょう。

全て私の想像です。

もう一つ想像ついでに。。。
敬宮様が長期でお休みになっているのもそれに関わるのかなと。
恐らくご本人には内示というか、今後の政府の方針をお伝えしたのかと。
もしかしたら将来天皇になられる可能性について、ある程度のご覚悟はお持ちだったかもしれませんが、悠仁様もいらっしゃるし、憲法でも男子が継承とあるし、ご自分が天皇、という未来はあまり現実的ではなかった。
ところがここにきて、皇太子殿下の次に女性天皇になられることが何らかの形で伝えられた。
まだ少女の敬宮様には、どんなにか衝撃だったことか。

…ここ最近の流れの中でのお休み、そんなことを考えました。

勝手な妄想ですが、案外外れていないかも、なんて思いながら投稿いたしました。

No title

ガチガチの男系主義者が「Y染色体ガー」とか「今まで男系で繋いできた!」などと、現実を見ないで自分たちの理想・思想を軸に騒いでいるのとは全く違いますね。

まさに、これが現実なんですよね。

世界から見た日本の今の地位は、皇室がある故の地位ですから、これが不安定になれば日本の地位自体が不安定になるの同じ。

政治家にしてみれば、現実を見ないわけにはいかないかと。

先の二階氏、そして今回の河野氏、右寄りの人間にしてみれば「売国奴」と言いたくなるお二方です。
河野氏の父上に関しては、かの有名な「河野談話」を出した政治家ですから、ものすごく保守系(右寄り)には嫌われています。

かくいう私も右寄りですから、河野親子は大嫌いですw

しかし政治家は思想家であってはいけないですから、自分の思想が先に来てはいけないんですよね。

それは日本会議のメンバーである安倍首相も石破氏も同じこと。

今回、右寄りに嫌われている二階氏→河野氏と続いたことで「売国議員はやっぱりな」という雰囲気になったところに、まさかの石破氏です。

おもしろくなってきたなぁ、と思います。

最近アンチが色々焦ってる感じがヒシヒシと伝わって来てますし。

>宮内庁は、女性天皇が執り行うことができない祭祀はないと明言している

男系主義が、女は月のモノがあるから穢れだ!だから祭祀はムリ!とか言ってませんでしたっけ?宮内庁が「無問題!」って言ってるんじゃないですか…。

一点訂正させてください

デュランタ様のご意見は結構ありかもですね。
安倍さんは意外に策士だったりして。
そして本当にそうだといいのですが。
ところで憲法に関する記述で"憲法でも男子が継承とある"となってますが憲法では皇位は世襲とだけで男子限定となってません。
皇室典範は憲法の下にある一般の法律で国会議員の過半数で改正出来ます。
素人考えですが憲法に規定されてないのですから典範もこの際憲法に合わせて男女差別を無くしたらと思います。

例えが不適切でしたら申し訳ないのですが

朱鷺は一度絶滅したけれど、中国から譲ってもらって、繁殖させて、放鳥して、なんとか日本の空に復活させる事が出来た。
しかし、皇統はそうはいかない。
まだ(自民党議員の中では)お若い河野先生が、男系男子のみの皇位継承、つまりは現状のシステムのままでの国体の維持の危うさを、理路整然と分析して居られる。

英国の王位継承権は、欧州の他国の王族との婚姻により、英国以外の国のプリンス・プリンセスにもある。
つまり、イギリスの王位が空位になることはあり得ない状態になっており、強固に王位が維持されるようなシステムになっております。
それに比べて、日本の皇室の皇位継承システムは、あり得ないほど脆弱。
なんせ、皇位継承権をお持ちの男性皇族が、常陸宮様を含めても4名しか居ない。
テロや大災害等があったら…、日本の国体は風前の灯火としか例えようがない状況です。

国体護持とは、皇統の維持です。
今上の生前譲位問題より、女性天皇容認・女性宮家創設問題の方が、よっぽど重要です。

10年前に終わっていたはずの話

>ただ皇室の危機に対して宮内庁が無為無策だったという点については同意できませんね。

無為無策でしょう。
雅子さまへのプレッシャー等余計な言動は多かったですが。

>秋篠宮夫妻にも宮内庁にも問題があったと思いますけど

両陛下も入れておいてください。
本当にこの人たちが余計なことをしなければ10年前に終わっていた話です。
「今後皇室に男子が生まれる可能性」も考えた上での有識者会議の結論を台無しにした。

野田政権も何もしなかったわけではないです。
ただ、皇室の安定化に何の効果もない提案だったので、国民が拒否しただけです。

繰り返します。
両陛下、秋篠宮、宮内庁が余計なことをしなければ10年前に終わっていた話です。

デュランタさまの予想通りであってほしいと思います

デュランタさまの考え方、興味深く読ませていただきました。確かに今回議論することはあくまでも今上天皇の公務軽減を軸にした問題についてであって、女帝や女系についてはまた別の機会に議論することになるのでこのメンバーがそのまま新たな議論の場に呼ばれるとは限りませんものね。
八木や渡部昇一氏は我々の考え方にはそぐわない連中といえますが、実は彼らは天皇の生前退位については「恣意的な退位の危険性があるので好ましくない」と、明確に反対しているようですね。面白いことに、右寄り・保守と言われている連中は男系維持にこだわりますが生前退位については揃って消極的な考えを有しているようです。安倍政権は当初から「摂政を設ければよい」という考え方だったため、「摂政でよいではないか、生前退位など恒久的に認めるようなことではない」という思想を持った人物を意図的に集めたようにも思えます。
私はこちらのブログの別のコメント覧に「田中卓先生をお呼びしてほしい」と書きましたが、いよいよ女帝・女系容認議論を始めようという時に田中先生が来てくれると嬉しいです。田中先生も高齢でいらっしゃるので、できれば議論は早い方がいいのですが…

敬宮殿下の体調についてはあまりにも心配で、まるで自分の家族が病気になったことを心配するように気分が塞ぎこんでしまっています。改めて敬宮殿下の存在感の大きさに気付きました。東宮職から詳細について発表がないのも不安です。
しかし、もしデュランタさまのおっしゃるようなことが起きたのであれば、敬宮殿下の人生のあまりにも大きすぎる転換期とも言えたでしょうから、混乱・動揺が起きてしまい普通の日常が送れない心境になっても不思議ではないですよね。聡明な方なので、今後ご自分がどうなるのか不安で色々と考え過ぎてしまうことも想像できます。「将来は獣医さんになりたい」というようなささやかな夢もお持ちでいらっしゃったというお話もありましたっけ。今は様々な葛藤で苦しまれている時かもしれませんね。玉座につかれることが天命とはいうものの、敬宮殿下の御心を想像してみると、少し切なくなりました。

敬宮殿下の休養が、心を落ち着かせて前向きで発展的な結果につながる時間であってほしいと願うばかりです。敬宮殿下には立派なご両親がいらっしゃいます。ご両親から心得やケアを受けて、きっとまた、凛とした美しい笑顔で国民の前にお姿を見せてくださることでしょう。

敬宮様のこと

私は大きな視点で物事を見ることが苦手なので、敬宮様のご体調と女性天皇を結びつけて考えることなど思いもつきませんでした。
ただ、中学3年生のこの時期だと大抵の生徒は自分の将来のことを考えながら進路を決め始めます。敬宮様はご自分の将来をご自分で決めることが出来ない立場にあるので、その事で悩んでいらしているのかなぁと漠然とおもっていました。

将来の天皇に即位されることが内々に決定して、愛子さまに伝えられたことにより精神的に動揺されての長期欠席だとなればすんなりと腑に落ちるのです。

はやく、すべてが正式に決定すればいいのに。

私はむしろ逆ですねえ

「ほら、やはり女の子に天皇は重荷。可能生を論じられただけで思い悩んで病んでしまうほどに重荷」

という方向に持っていこうと必死なように見えるのですが。
実際そういうふうに持っていこうとする週刊誌とかありますし。
さらにそれに乗じて雅子さま叩きに持っていこうとする和田秀樹とかいう精神科医は最低です。
奴が主張する“双極性障害”って泰葉が患ってたらしくて、最近話題になってたようですね。
女性週刊誌らしい発想と言えばそうですが、自称精神科医で教育問題にも携わっている人間がそれに乗っかるとか情けなさすぎます。

敬宮様女帝計画進行中?

「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」
メンバーを見たときには、皆様と同じく絶望的な気分になりました。
…が、ふとひっかかったのは、
今回選ばれたのは、『今上陛下の公務の負担軽減に絞って議論する会議』のメンバーであること。
つまり、今回切り離された議論である『皇位の安定的な継承に関する会議』が恐らくいずれ設置され、そこでは『安定的な継承に関する会議のメンバー』が新たに選出されるのではないかかつそこでは今回のメンバーは除外されるであろうと考え、希望が見えたのです。

もし女性天皇の議論を始めたいのなら、男系男子にこだわる論客は頭痛の種ですが、皇室に一家言を持つと自認するそれらの人達を「有識者会議」に名を連ねることで自尊心を満足させ、その一方で女性天皇へつながる会議からは締め出す。
なかなかの策士ではないですか。

今上陛下の生前退位、時を同じくして各メディアによる女性天皇に関する世論調査、複数の自民党の議員による女帝容認論。
そして男系男子を声高に主張し、しかも秋篠宮家とつながり深い人たちを、まとめて女帝議論の場から遠ざける。

俯瞰してみると、敬宮様の天皇への動きが着々と進められているようにもとらえられます。

恐らく、安倍首相は本当に男系論者なのでしょう。
でも、世界の動き、日本の世論は無視できませんし、河野氏が理路整然と書かれている通り、このままでは皇室が途絶えることも事実として立ちはだかっている限り、女性天皇への道を開くしかないところまで来たのでしょう。

全て私の想像です。

もう一つ想像ついでに。。。
敬宮様が長期でお休みになっているのもそれに関わるのかなと。
恐らくご本人には内示というか、今後の政府の方針をお伝えしたのかと。
もしかしたら将来天皇になられる可能性について、ある程度のご覚悟はお持ちだったかもしれませんが、悠仁様もいらっしゃるし、憲法でも男子が継承とあるし、ご自分が天皇、という未来はあまり現実的ではなかった。
ところがここにきて、皇太子殿下の次に女性天皇になられることが何らかの形で伝えられた。
まだ少女の敬宮様には、どんなにか衝撃だったことか。

…ここ最近の流れの中でのお休み、そんなことを考えました。

勝手な妄想ですが、案外外れていないかも、なんて思いながら投稿いたしました。

No title

オラも、デュランタさんと同じこと考えてる。

愛子さんは悠仁くんが天皇になると思ってた。
ところが政府から、渡辺充からも(このオッサンは講演会で女系容認って発言した。)愛子さんへ「天皇になる支度しておいてね。」と伝言が入った。

さあ愛子さん、パニック!

さらに追い討ちかけられた。
おじさんおばさんから「天皇になるのはウチのムチュコちゃんなんだからね!」と盛大にフジコられて、愛子さんダウン。

挙げ句の果てには、そんな報道に乗じて、登下校に気を付けろ!と言われたり、学習院へ乗り込んでやる!とか言われているから、愛子さんは登校したくても登校できない。

なんてね。
でも男系男子カルトって、それぐらい平気でやりそうな狂気を漂わせているよね。
女しかいない東宮家への誹謗中傷って普通じゃないから。

失礼いたしました

まる様へ

>無為無策でしょう。
雅子さまへのプレッシャー等余計な言動は多かったですが。

この辺は少し言葉足らずでした。
皇室典範の改正を伴う皇位継承問題の解決という意味で政治に責任があると申し上げました。
勿論、まる様のおっしゃる通り、雅子さまに異常な程のプレッシャーを与え、酷い仕打ちをしたことは、間違いなく宮内庁の責任であると思っています。

当初から皇太子ご夫妻のお悩みに宮内庁も真剣に向き合い、公務もきちんと調整し、フランスやドイツへのご訪問も両殿下にお任せしていれば、後に雅子さまがご体調を崩されることはなかったと思っています。

しかし、実際は場当たり的な対応が多く、両殿下のお悩みにも真剣に向き合わず、ごり押しばかり…雅子さまがお倒れになった後も自分たちの非を認めず、更に酷い態度を取りました。今の宮内庁の体質では、これからの皇室のためにはならないと思いますよ。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR