FC2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集うブログ―

Entries

三笠宮さまのお通夜が営まれる


三笠宮さまの通夜 営まれる

TBS系(JNN) 11/2(水) 19:48配信
三笠宮さまの通夜が、しめやかに営まれています。

先月27日に亡くなられた三笠宮さまの通夜が、2日午後6時から皇族方や閣僚らが参列して、赤坂御用地で始まりました。通夜は30分ごとに参列者が入れ替わりながら営まれていて、初回は喪主で妻の百合子さまや皇太子ご夫妻らが祭壇に安置された、ひつぎの前で拝礼されました。

通夜の前には、皇室の慣例で一連の儀式には参列しない天皇・皇后両陛下が弔問されました。通夜は3日も営まれます。
(02日20:34).


下郎下女どもはヤフコメやブログで三笠宮さまバッシングをしてます。

南京虐殺を肯定や建国記念日反対など

自分たちにとって都合の悪いことを言う人に対しては例え長年皇室を支えた激動の生涯を送られた皇族に対してもひどい言葉を投げつけるということが非常によくわかりました。
スポンサーサイト



Comment

まず、真摯に耳を傾けることが大切 

9年前、皇太子さまが手術で入院された際も、アンチと同じ類の連中たちがネットで表現することさえできないくらいの中傷を繰り広げていましたから今回も同じことで、連中は血も涙もないということですよ。

三笠宮さまが紀元節(建国記念の日)に反対されてたことは存じ上げています。しかし、よく調べてみると、殿下は何も宮中祭祀自体を否定されてる訳ではなく、日本神話が再び国家によって悪用され、過ちを繰り返すのではないかと懸念された故の反対であると私は理解しております。あのような暗い過去を経験された方なら誰でも思うことです。亡くなった私の祖父も戦前の教育を受け、あの時代を経験した一人でしたが、愛国心が再び教育の場で強調されることを大変危惧していました。

そういった方々の言葉って私はとても重いと思います。気に入らないからと言って、激動の時代を生きた方を中傷するのではなく、まずは今を生きる世代として、そのお言葉に真摯に耳を傾けることが大切だと思いますよ。それもしないで、歴史書を紐解いただけで「戦前の日本は良い国だった」と言ってる連中の方こそ危険な存在ですよ。かつて美濃部博士の天皇機関説を国家や右翼が排除したのと一緒。

最近では、文化の日を廃止して、明治の日を制定しようという動きが政界から出ています。三笠宮殿下始め激動の時代を生きた方々が懸念されていたことが少しずつ現実になりそうで、今後の日本の将来が不安ですね。
  • posted by AB型 
  • URL 
  • 2016.11/03 03:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

宮さまの講義 

こんばんは。今日 、義母の法事がありました。義理のおばが、宮さまが教えていらっしゃった時の東京女子大学に通っていたので、よくお見かけしたそうです。お友だちは史学科で、受講していたそうですが、とてもわかりやすく、人気があったそうです。他の大学に行かれた後も、特別講義に来てくださったと、話していました。
昭和60年代に合格したときには、入学のパンフレットに宮さまのお祝いの言葉と、オリエント史についての文章が掲載されていました。なんちゃって博士とは違う、何ともいえないありがたみを感じたものです。

アイコは葬式に出ない! 

三笠宮崇仁親王殿下が薨去されました。
テレビでは「お通夜」と唱えておりましたが、プライベートなお別れです。
そして、斂葬の儀、霊車発引の儀、葬場の儀と続きます。
儀は、儀式の儀です。
これは一連の皇族の儀式であり、一般人の葬式とは異なります。

桂宮宣仁親王殿下薨去の「お通夜」とやらに、秋篠宮家の一家5人が一般人並みに「とるものもとりあえず駆けつけたました」とばかりの、チグハグな服装で大きな皮革バッグ下げて、近親の方々より早く宮邸に行きました。
プライベートなお別れをするほど、秋篠宮家全員と桂宮殿下が親しかったとは、全く聞いたことがありません。
未成年皇族の敬宮愛子内親王殿下が、皇室の儀式に参加することのほうが奇妙です。そんなことを騒ぎ立てるアンチ東宮とは、実に愚かしい。
「薨去」「斂葬」・・・アンチ東宮は読めるでしょうか?
  • posted by 澤の鶴 
  • URL 
  • 2016.11/06 15:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事