総理大臣よりも頭がいい天皇では危険と言うとんでも論の八幡和郎

八幡和郎の著書『お世継ぎ』を読みました。

この本が出版されたのは2005年です。

坊やはまだ生まれてません。

八幡和郎と言えば

「二階幹事長は女帝も認めるべきって言ってるけど、秋篠宮さまとヒサヒトさままで順位決まってるからそれを崩すのやよくない!」
「女系容認はヒソ坊の後でいいじゃん」

と言った人ですね
http://agora-web.jp/archives/2021067.html

で彼の著書を読んで気になった個所があります。

第九章 女帝と天皇制と憲法
「お后教育」
そもそも、もともと皇室に近い世界の人ならともかく、そうでない女性が皇室に.はいるには、かなり長い準備期間と、充実したお后教育が不可欠なのではないだろうか。秋篠宮妃に安定感があるとすれば、皇族などに近い家柄ではないとしても、学習院という環境のなかに早くからおられ、秋篠宮殿下との交際期間も長かったがゆえに、その世界にとけ込むのに、無理がなかったからであろう。
それに比べ、雅子妃の場合、外交官の娘だとか、ハーバード大学、東京大学での勉学、外務省勤務などというのは、皇太子妃としての花嫁修業の代わりには、ほとんどならないものだ。
ひとつの考え方として、学習院大学の大学院にでも、皇室をテーマにしたコースを必要に応じて創り、皇族などの教育の場とするとともに、皇室と縁組する民間人は、適切なご学友とともに、必ず、そこで二年間ほど勉強していただくようなシステムを用意すべきだと思う。
皇后陛下や雅子妃殿下のように、婚約から一年未満の準備期間で、しかも、泥縄式のお后教育での宮中入りは、無理があったのである。
また、皇族の結婚相手については、どういうイメージの人が好ましいのか、もっと議論があってしかるべきだし、また、適当な候補者がが、容易に見出せるような環境づくり必要である。
好ましいイメージについていえば、皇室は、親戚がほとんど東京大学出身といったDNAを入れることにこだわりすぎているのでないか。もちろん、皇族は英明であっていただきたいが、正田家や小和田家のような、わが国でも有数の知的水準を持つようなDNAを、繰り返し導入した結果、英明すぎる天皇が出現したら、かえって困るのではないか。
総理以下の政治家が、みんなバカにみえるような頭脳の天皇が出現したら、日本の国にとっても、皇室にとっても、かえって危険な存在とならないか、正直いって憂慮する。
それに、秀才は自分が頭が良いと思い込んでいるし、人格的には、自意識がかなり強く、また神経が過敏な人が、凡才に比べてはるかに多いように見えるし、それは帝王として、はたして好ましい素質か、疑問でもある。
妃殿下にせよ、女帝の夫にせよ、好ましい人柄は、健康で子だくさんの家系であり、ほどほどに賢く、明るいがおっとりした雰囲気を持ち、過度に野心的でなく、タフな神経の持ち主で、抑制的に社交家で、日本人から見ても、外国人から見ても、その地位にふさわしい品の良い容姿や、物腰をそなえた存在といったところがあって、IQが高いことや、親戚が東京大学卒業ばかりであることが、最重要では決してあるまい。



((((;゚Д゚)))))))

目が点になっちゃったよ!

学習院を父方母方共に親子三代でお世話になったのに後足で砂をかけて出てったのは秋篠さんちだよ!

キーコさまに安定感があるように見えたのは、宮家だったから目立たなかったから

皇室じゃ、浮きまくりだけどな!

そうか、八幡にとっては頭がいい天皇は困るんだ。

天皇って日本国の象徴なのだが?

じゃあ、生物学者で本を多数出版された昭和天皇や大学で講師をされていた三笠宮さまはどうなるんだろう。

皇太子殿下なんて国連でスピーチされたりと世界的な水問題の専門家だぞ。

常陸宮さまは長年のがん研究を評価されてフランスで賞を授与されてる。

久子さまも根付の研究をされていらっしゃる。

秋篠さんちは夫婦で博士号を持ってるけどそれはセーフ?
(と言っても二人ともズルして取っただけなんだけどね)

ヨーロッパの王妃や王太子妃や王配、王太子配の方々のご活躍を見ると、

ちゃんと地に足ついたことをされてるんですよね。

ある程度の年齢のおっさんやじいさんにこういう考え持った人が多そう。

自民党の某超有名政治家がエディンバラ公のことを

「(女王とはいえ)女の後ろを歩かなきゃならないんだからお気の毒」

と言ったのに似てる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

男系男子派ってやつは

ド庶民でも皇室に関心があれば知ってるような知識すら持ち合わせてないのはいつものことだけど、身位とか序列もさっぱり理解できてない。
皇太子妃とただの宮妃じゃお立場もプレッシャーも自由度も全然違うっていうの。

またもや本音を晒してくれる

ですよねーおバカな天皇の方が、為政者たちにとっては都合よく利用しやすいですもんねー。

結局、歴史は繰り返される。昭和天皇も物事をしっかりお考えになる方だったから、当時の軍部からは嫌がられ、一部の急進的な連中からは、弟宮の秩父宮殿下を担ぐ動きがありました。今の自称保守も常に冷静に対応される皇太子殿下が相手だと、都合よく利用できないから、弟宮の秋篠宮を担ごうとしている。繰り返しになりますが、それが狙いですもんね。

秋篠宮妃に安定感があるのは学習院にいたことと、秋篠宮との交際が長かったからという部分が意味不明。本当に安定感があるんだったら、あんな酷い振る舞いはしないし、不評もされないでしょう。

それに雅子さまのお妃教育のことも全然分かってないんですね。お妃教育期間中、雅子さまは皇室の世界に慣れようと日々努力されていたし、その後も皇太子さまのサポートも受けながら、少しずつ皇太子妃の立場に相応しい皇族になろうと一生懸命であったことは、今日までテレビや書物を通じて誰もが知っていることですよ。

学習院にいたから安定感につながるとは必ずしも言えないでしょう。同じ宮家皇族の高円宮妃久子さまは学習院卒業ではありませんし、確か僅かなお妃教育しか受けていませんが、今日に至るまで親王妃として立派にお務めを果たされ、それこそ安定感がありますよ。

大体、この男は皇室の何が分かるって言うんですか?経産省出身で宮内庁に勤務したこともないのに、分かったような態度で偉そうに皇室を語るなんて笑っちゃいますね。皇室の制度も歴史も分かってなさそうだし…。

No title

つまり……

八幡和郎が理想とする后妃は、頭も股もユルいのがいい。知能は不要。

ふざけるな!
そんな皇族、男でも女でも要らん!

嫌悪感…

八幡の文章を読んで嫌悪感を抱くとともに怒りがこみ上げてきました。これ、昭和の古い時代に書かれた文ではなくて、2005年の文章なんですよね?21世紀にもなって日本にはいまだにこういう思想を持った人間が少なくないのかと、愕然となりました。

八幡は要するに女を馬鹿にしているんですよね。
最後に「こういう女(妃)が理想!」という形でまとめていますが、
「女は頭は良くなくていいんだよ(でも馬鹿すぎるのも困るけどさ)、子どもをポコポコ産める丈夫な体さえあればいい、でもブスは嫌だけどねw、後は男のそばにいつもいて男の環境に染まって、結婚後は夫を立てていつも控えめにしてニコニコ笑ってればそれでいいんだよww」
ということが言いたいだけなんだと分かりました。

2005年時点でこういう考えの馬鹿どもが幅を利かせているような国ではそりゃ雅子様のような方は追い詰められて病んでしまうだろうし、「女に学歴は不要!そんなもの婚家では何の役にも立たない!」という考えが消えてくれないはずですよ。女の中にもこういうオッサン脳を持った連中(女は学歴よりも仕事で有能よりも、結婚して子供をたくさん産めばいいのよ!それこそ女として正しい生き方よ!という連中)がいるということも見逃せません。
当時、この八幡の文が批判にさらされなかったのであればこの国は本当におかしいです。

八幡は雅子様だけでなく意外にも美智子さん(の実家)も否定的に見ているんですね。そしてキコ婆ラブな気持ち悪い思想垂れ流し。八幡は「過度に野心的でない妃がいい」と理想を言ってますが、キコ婆に野心を感じないのであればあまりにも節穴すぎます。
キコ婆の本性に気付けないアホに偉そうに「女は~妃は~」と語られたくありません。

この八幡という男

恥ずかしくないのか、頭脳明晰な小和田氏、雅子様へのひがみ、嫉みでいっぱいの文章。

安心して褒められるのは、一番低レベルのキーコさんだけ。情けないですね。

こんなレベルだから、通産省で出世が出来ず、郷里の市長選挙に出ても2度落選。郷里の人にも人望が全くない有様。

歴史に「If」はないけれど、もし戦前の天皇が聡明な昭和天皇でなくて、当時の総理大臣より頭の悪い人だったら、2・26事件の収拾も出来ず、ポツダム宣言受諾の決断も出来ず、ズルズルと戦争を続けて、戦後の復興などありえないほどの悲惨な状況になっていたでしょう。
もちろん皇室など影も形もなくなっていたことでしょう。

天皇陛下は賢くて人格が優れていなくては、国民が困るんです。

八幡という男は本当に馬鹿です。


自分がバカだから

このような考えは、自分がバカだから出てくるんじゃないですかね。
皇族が賢くないと、他国の王室や大使、政治家に阿呆扱いされると思います。
後、天皇がばかだったら、国民もやる気を失うし、何も良いことはありません。最後に政治家は、そーンなに知能が低いんですか?そんなバカに投票しなくてはいけないから、投票率が低いのだと反省して、国民、皇族、他国の方にバカにされないように、しっかりとお勉強してください。自分の怠慢と勉強不足を他人のせいにするんじゃないよ。給料もらってるんだろ!

ふと頭をよぎった言葉

馬鹿の考え休むに似たり


漢字合ってますか?(・ω・)

八幡自身のコンプレックス

一応この人は東大出身で、官僚にもなったわけだから、俺はエリートと信じていたのでしょうね。でも、役人としては課長止まりだし、故郷に帰って選挙に出たものの落選。江戸時代の殿様を採点するような著作が多数あるけれど、産業、学問、文化が多彩な発展を遂げた江戸時代を、李氏朝鮮同様の暗黒時代と主張しているような天邪鬼。本当に自分自身で研究したものが無いから、他人の研究や定説に噛みついて、批判し、上から目線で評論家気取り。金主の為の文章を書いて食べている人なんでしょうね。

一世代前はそうだった

雅子さまの婚約が決まって職場の御昼時に話題になった時、一人の男性がぼそっと「ぼかぁ、お嫁さんにするならキコさんの方が良いなあ」と言いました。一般的男性ならそうだろうな、と思いました。

女性に学歴なんか要らない。家庭的で素直なのが一番という価値観と、これからは女性も社会にという考えが半々だったかな。
四大卒は就職も縁談にも、むしろハンディでしたね。

高卒で腰掛で就職、さっさと家庭に入った女性の王道を行ってた人も、どこか時代に取り残される劣等感を持ってました。専業主婦 vs キャリア女性の女同士の不毛の戦いも多かったです。

今や見渡すと女性のリーダーがごろごろですね。まだまだとは言え、隔世の感があります。

八幡は「俺は男の中では落ちこぼれた。でも人類の半分の女よりは上だ」と自分を慰めてたのでしょう。それが女がどんどん自分を抜いている。中身はコンプレックスの塊ですよ。叫ぶほど惨めなのにね。

No title


八幡和郎の主張を読んでいたら、

トランプさんの、


「あの女は私の好みではない。」

(あの女の言うことはウソだ。
なぜなら、あの女は私の好みではないからだ。
好みではない女を、私は相手にしない。
だから、あの女が言うことはウソだ。)


というスピーチし思い出した。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR