災害が増えたからヘーカの公務が増えた!

仕事でボロボロに疲れて更新が出来ず、ちょっと更新が遅れてしまったけどびっくりしたニュース

天皇、災害多発で公務増大=有識者会議第2回の議事概要

時事通信 11/4(金) 12:23配信
政府は4日、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」第2回会合(10月27日開催)の議事概要を公表した。陛下の公務が増大してきた背景として、大規模自然災害の多発により被災地のお見舞いが増えたことなどを宮内庁が説明した。
 同日の会合で示された資料によると、昭和天皇と今の陛下の82歳時点の比較では、象徴の地位に基づく公的行為が年間344件から529件に増えた。この要因として宮内庁は、自然災害のほか、陛下が戦後の節目節目で太平洋戦争の激戦地を慰霊の旅として訪問されてきたことや、平成に入って世界の国の数が増え、外国要人との会見が頻繁になったことなども挙げた。
 これに対し、有識者は、これまでの公務見直しがどのような基準に基づいて行われたかを質問。宮内庁は「特段の基準はない。見直したものは定例的なものに限られる」と説明した。
 このほか、有識者からは「退位した場合とそうでない場合とで、相続税などさまざまな制度の適用がどう違うか整理してほしい」「(生前退位について)一般国民、特に若い層がどう思っているかについて知る必要がある」といった意見も出された。
(2016/11/04-12:25)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110400406&g=soc

Σ(゚д゚|||)

その発想は無かった!

うん、あのさ

災害が起こったらすぐに宮内庁から

「リョーヘーカが早く行きたいって言ってるからセッティングお願いね」

と言われて不眠不休でバタバタしてる被災地は

「いやいやいや、今それどころじゃないし!もっと落ち着いてから来てよ!」

と嫌がってたじゃん。

東日本大震災の時には新幹線も復旧してないのに、

「打ち合わせの為に東京に担当者が来い」

とポカーンとするようなことを言ったりと本当にやりたい放題

東北から東京まで鈍行列車で来いと!?

もしくは車飛ばして来いと!?

(結局宮内庁の職員が被災地にやってきた)

被災地は来てほしくないのに日本で一番高貴な人だから邪見に扱うことも嫌味言うことも出来ず

使うか分からないけど昼食を食べる為に立ち寄る役場のトイレをリフォームした位頑張ったのに

♪あーあーそれなのに~

災害が多いからヘーカの公務が増えてかわいそうという感じに宮内庁が言ってる

昔は天災が起こるのは自分が不徳だからと天皇は悲しんでたのに。

「ヘーセーは昭和天皇よりもちゃんと祭祀をちゃんとやってます!偉いでしょ!」

とアピールしてるのにね。

ミテコさまなんてわざわざ被災地訪問用の衣装をデザイナーに作らせた

被災地の人がこのことを知ったら怒るんじゃないの?









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

別に呼んでないし

むしろ「来て欲しくない」のに、無理矢理に押しかけた挙句、
「天災が増えたためにリョーヘーカの公務が増えた」なんて
とんでもない言いがかりですね。

平成になって増えたゴコームのほとんどが、正直どうでもいいと
いうか、あの高貴高齢者が「強い希望」で増やしたもの。
それを次代の天皇皇后両陛下が踏襲する必要はないと思います。

ところでヘカテーさま、かなりお疲れのご様子ですが、
お体の方が心配です。記事を拝見するのはとても楽しみですが
ご無理をなさいませんよう。お疲れの時はしっかりとお休みに
なって下さいませ。
これから寒くなりますので、十分ご自愛下さいね。

国民を騙すための嘘

今上夫妻の公務の激増の要因は、その多くが「ご覧」「ご鑑賞」「ご臨席」といったお出かけ公務によるものです。
特にこの10年の激増は凄まじいですよ.
宮内庁のHPを見れば一目瞭然です。それこそ、昭和時代の5倍をはるかに超えています。

確かに平成は災害見舞いというのも度々あって地方訪問が増えてはいるけれど、それが主な原因ではない。

大体、公務の負担の増大を被災地と被災者のせいにするというのも大問題だ。だったら行きなさんなよ、失礼じゃないの。

鑑賞系公務にしても、被災地見舞いにしても、今上と美智子さんが勝手に恣意的にやりたいようにやってるだけの事である。
国事行為じゃないんだから、やってもやらんでもいいものである。

むしろついこの間までは、東宮家叩きのためにわざとこれ見よがしにやっていた感があるのに、急に隠し始めたようですね。

それから、昭和天皇の82歳のときとの比較も、宮殿内での書類決済等の一つ一つの執務や拝謁、儀式等の国事行為を含んでの数値であって、これで見ると公務が昭和時代の2倍にもなってないように誤魔化されている。
数字のトリックである。

昨今、こうしたブログ等で、鑑賞系公務だ、お遊び公務だと書かれるようになって、外出の増大とその無内容さを追求されるのを恐れはじめたのか、或いは、今後も外出を続けたいので、そこはどうにかして隠蔽するよう頼んでいるのか。
しかし、ちょっと前まで、外出が100回超えとかって自慢して週刊誌に書かせてませんでしたっけ?

それにしても、よくこんな国民を騙すような報告書を公表したもの。
本当に、この政府の有識者会議というのも問題だ。
早く法律を作るために、こんなデタラメで国民を騙すとは・・・・。

今までの負担軽減策は意味があったのか?

ヘカテー様、お仕事お疲れ様でございます。
私も驚きました。まさか宮内庁が天皇の公務が増大した背景に「大規模自然災害の多発により被災地のお見舞いが増えたことなど」と説明していたなんて…。

高齢である天皇皇后両陛下の公務がここまで増えているのは確かとして、「では具体的にどの公的行為で急増しているのか」と改めて気になっていたら、11月5日付けの読売新聞朝刊で、昭和天皇のご活動と比較した今上天皇のご活動に関する表が掲載されておりました。

表には、昭和天皇の57歳、82歳の頃のご活動と、今上天皇の57歳、82歳の頃のご活動がそれぞれ掲載されておりました。それを元に、昭和天皇の82歳当時のご活動と、今上天皇の82歳当時のご活動だけをこちらでご紹介すると、以下の通りになります。


          昭和天皇(82歳)今上天皇(82歳)
・国事行為
(ご署名・ご押印)  1034    1009
(親任式や信任状
捧呈式、勲章親授    39      38
式など)

・公的行為
(認証官任命式)    18       18
(拝謁)        95       78
(ご接見・ご会見・   44      61
ご引見)
(午餐・ご昼餐・ご夕餐 26      24
・晩餐)

(お茶・茶会)     4        57
(行幸啓におけるご活  42      128
動)
(外国ご訪問における   -       10
ご活動)

・勤労奉仕団ご会釈   44       54
・その他        7        99
・その他の行為のうち、
公的性格、公的色彩を
有するもの
(ご覧・ご鑑賞等)    1       14
(ご進講等)      32       17
(その他)       16       37
・宮中祭祀        9      19


出典:読売新聞、2016年11月5日朝刊の表の一部


この表から読み取れることは、国事行為や認証官任命式の数は昭和の頃と変わらないということ。今年5月から取りやめとなった公式実務訪問賓客(元首等)との午餐や一部の拝謁、皇太子ご夫妻にお譲りになったものが該当するとされる「拝謁」「ご接見・ご会見・ご引見」「午餐・ご昼餐・ご夕餐・晩餐」では、昭和天皇の頃とそこまで変わらないことです。

そして、これまでもヘカテー様始め皆様からのご指摘にもあった「行幸啓におけるご活動」が昭和天皇の頃と比較して約3倍、「お茶・茶会」に至っては約14倍になっていること。「ご覧・ご鑑賞等」も82歳の昭和天皇の頃は1件だったのに対し、82歳の今の陛下のもとでは14件もあるということ。これは流石に異常だなと思います。

この表を見るだけでも、両陛下のご公務の急増は「自分で自分の首を絞めてきた」と言われても仕方のないことです。同時にこれまでの宮内庁の公務の負担軽減策も有効な策ではなかったこともはっきりします。これまでの公務負担軽減策と言えば、主に「拝謁」「ご接見・ご会見・ご引見」などの縮小で、一部を皇太子ご夫妻にお譲りになっただけ。肝心の行幸啓、お茶・茶会、鑑賞公務、外国ご訪問などには全くと言っていいほど、見直しがされていません。

両陛下の国体や全国豊かな海づくりなどの「三大行幸啓」は無理だとしても、それ以外の行幸啓や、被災地のお見舞いなどをお取りやめになり、各地の国際会議開会式へのご臨席などを皇太子ご夫妻らにお任せするとか柔軟なご姿勢を示されていれば、ここまで大騒ぎしていなかったでしょう。被災地についても、何もすぐに行幸啓されるのではなく、まずは遣いを出し、お見舞いのおことばを伝えられたり、見舞い金を下賜するだけでも被災者の方々にとっては十分嬉しいことだと思いますが…(ここは見方はそれぞれだと思います)。

しかし、宮内庁もおかしなことをしますよね。天皇の公務の急増の原因を「大規模自然災害の多発により被災地のお見舞いが増えたことなど」と説明してしまうなんて。それで国民の同情が得られると思っているのでしょうか。私は寧ろ、国民、とりわけ被災地の方々にとっては逆効果だと思っていますけど。被災地の方々だって好きで被災した訳じゃないんですから…。

おまけに「平成になって世界の国の数が増え、外国要人との会見が頻繁になったこと」というのもちょっと…。ご会見の数を見ても、昭和天皇とそこまで差はないと思いますけど。

他人の不幸は蜜の味

被災地訪問が快感で仕方ないのでしょうね。被災者のしょんぼりしている姿が、優越感を刺激して気持ちいい。あまりに前のめりな被災地訪問は、遊園地のアクティビティーを楽しむ感覚なのでしょう。

慰問は単なる皇族の「おつとめ」?

ヘカテー様、あまりご無理なさらずご自愛くださいませ。

>自然災害のほか、陛下が戦後の節目節目で太平洋戦争の激戦地を慰霊の旅として訪問されてきたこと

少し違和感を覚えるのですが、慰問というものは「公務=おつとめ」としてカウントするものなんですね。うまく言えないのですが、真心を込めて被災者や戦争犠牲者に対して祈りを捧げる行為を「おつとめ」としてカウントすることに少し疑問を感じるのです。それが皇族のすべきことと言われればそれまでですが、天皇皇后は慰問を単なる「自分たちのつとめ」としか思ってないということになってしまいませんか?どことなく「義務感」を漂わせる言い方にも感じます。
そんな捉え方で慰問されても被災者は喜ばないし、戦争犠牲者もそこまでして祈ってもらわなくても構わないと天国で考えてしまうかもしれません。

「これはコウムだから!」と言って大名行列のようにズカズカと被災地などを訪れるよりも、私的に静かに祈りを捧げてくれる方が心がこもっているように思えます。まあこういう考え方をすると、そもそも「公務とは何なのか」という根本的なことから突き詰めないといけなくなりますがね…。

No title

公務の数よりもその中身だと思いますが...。

なぜかドイツ人の名言を思い出してしまいましたw
「無能な働き者は害悪である」 byゼークト
「活動的な馬鹿より恐ろしいものはない」 byゲーテ

「 屁 理 屈 」

「災害が増えたから、陛下のご公務が増えた」
天災あったら、天皇皇后は現地にゆかねばならない。
そんな憲法の条文ないし。
宮内庁のこう言う言い分を、
屁 理 屈
と、言います。

昨日のNHKニュースを見て

昨日のNHKニュースを見て、「災害だの、国の副大臣ポストだの、国連加盟国だのが昭和時代より増えたため、公務が増大した。宮内庁としては削減が難しいと考える」とかいう内容の宮内庁の、いや茶さんの言い訳を聞いてあきれ果てました。

ヘカテー様が仰った通り、茶さん皿さんが災害が起きたらホイ慰問だなんてしなくたって、一般国民は困りません。茶さん皿さんの鑑賞公務が減ったところで、国民は困りません。ぶっちゃけ、皇居にすっこんで国事行為を行っていただき、祭祀を真面目に執り行っていただければいーんですよ。

自分で(無駄に増やした鑑賞)公務をこなせないから退位したいなんて、本当に冗談も休み休みにしてほしい。病をおして公務をされた昭和天皇の姿から、何にも学んでないんだろうなと呆れてしまいます。今上はさっさと次世代にスポットライトを譲れや!(怒)

まあ、自分で増やしたゴコームには利権が絡み合いまくっているんでしょうね。だから茶皿も宮内庁も減らしたくない、減らせないんでしょ。今上は次代に負の遺産を残しまくる稀代の愚帝ですな。

カレーより弁当

もう笑っちゃいました。
河の氾濫で大変だった時に、鑑賞お出掛けしてませんでした?忘れてる?被災地訪問は公務ではないと思います。それを、行くから行くからと急き立てる意味がわからん。公舎でカレー食べた?今は弁当あるしー。

宮内庁の苦しい言い訳

ヘカテー様、お体大丈夫ですか。

頻繁なブログ更新でお疲れではありませんか。更新されていると嬉しいけれど、無理をなさってやしないかと気になります。

ちょうど雅子様のお出ましは嬉しいけど、無理をなさっているんじゃないかと心配になるのと同じです。

くれぐれもお体大切に。

さて、天皇の公務が平成になって激増している理由として、宮内庁は、自然災害が多発している、外国からの賓客が増えたなどの言い訳をしています。

昭和天皇と今上の82歳の公務数を比較すると、185件増えています。
しかし、2015年の自然災害で現地にお見舞いに出かけたのは、常総市その他の洪水1件だけ。外国の要人にあったのが20件増えたとしても、150件以上増加していることの説明にはなっていません。

要するに、なんだかんだと理屈をつけて徘徊するのが激増の理由だけど、宮内庁はそうは言えないので、災害、慰霊、外国要人を持ち出しているわけでしょう。

最近でも、三笠宮様の喪が明けるや否や、シーボルト展を見に江戸東京博物館に出かけています。
これが象徴としてどうしてもしなければいけない公務だなんて、とても思えないけど、こういうものも、絶対減らしたくない「公務」なんですね。
昭和天皇に比べて激増するわけです。

しかし、こういう徘徊も象徴としての「公務」なら、退位した後はなにもなくなるはずですよね。
今度は徘徊にどういう理屈をつけてくるのか、見ものです。


誰も頼んでない。

誰が来てくださいと、お願いした?
少なくとも、熊本県で被災した私の大叔母は、一言も言っていないが?

今朝の中日新聞

生前退位の記事が出てました。
スマホからなので記事の貼り方がわからないので申し訳ないです。

東京大学名誉教授の平川氏が「自分で定義、拡大した役割を果たせないから退位したいという考えはおかしい」と発言なさってる。
「退位せずとも高齢化への問題への対処は可能」
ともおっしゃっている。
「被災地視察など国事行為以外の『象徴としての公務』が増えている現状にたいして陛下に敬意を払いつつ」記者団に上記の発言を述べた、と記事にありました。

この方がどんな考え持ち主かは知りませんが、スパッと言っちゃったなーと(笑)

愛子さまもお医者様から登校許可をいただいて学校に行かれたようです。

はやく新しく正しい時代がやってきますように。

いやいや、違うでしょ。

災害のせいで公務が増えてるって…宮内庁ってバカなのか?それとも、そんな言い訳しか思い付かないくらい自分でも分が悪いって認識してるのか。
全く、天皇さえも自分の地位、自分の仕事を放り出す世の中になるとは思いもしなかったよ。神主が神主やめたら何になるつもりなの?出歩き観賞公務をやめたら本当のご公務に専念できるんじゃありませんか?
最近あの夫婦を見ると腹立ってくるわ。

嘘つきーーーーーーー!

宮内庁、なーにその場限りの嘘言ってるの!
皇太子殿下・雅子様ご成婚後、お二人のご公務が大人気で、「どうか皇太子ご夫妻の公務を増やして下さい。」とリョウヘーカに側近がお願いしたところ、それには応えず、今までの何倍も自分たちが公務を入れるようになったんでしょ?空いている日があると此方から先方に公務の打診をする事もあったんでしょ?みんな衝撃的であの記事はよーく覚えてる筈よ!!!宮内庁は適当な事言って誤魔化すな!!徘徊好き、お手振り好き、見て見て見てのミテ子様だから徘徊鑑賞公務が増えましたとおっしゃーい!!

No title

初めまして。いつも更新楽しみにしております。
私はただのアンチ秋篠宮家びの40代の女です(笑)

たまたまネットサーフィンしてて、この記事みてもっともだと思いました。
被災地に出向くことは公務ではない。

「 「(陛下が)ご自分で定義された、拡大された役割を果たせないから退位したいというのは、そのお考えはちょっとおかしいんじゃないかなと私は感じました。(生前退位の実現は)憲法違反に限りなく近いんじゃないかと思いますが、違いますか?」(東京大 平川祐弘名誉教授)

 小泉八雲の研究などで知られる、文学研究者の平川祐弘東大名誉教授。去年、日本武道館で憲法改正を訴える集会を開いた「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の代表発起人の1人でもあります。なぜ生前退位に反対なのか。日本の皇室は「続く」ことと「祈る」ことに意味があるからだと話します。

 「天皇家は万世一系で、一系の天子は続くから、民族としては長く続く。それでありがたいと思うわけですから。天皇家というのは伊勢神宮に祭られている神様を祖神と仰ぐ神道の大祭司。祈ってくださるのが第一のお仕事で、それ以外の公務はどんどん軽減するなり、代行するなりしていただけばいいと思う」(東京大 平川祐弘名誉教授)

http://www.mbs.jp/news/kansai/20161114/00000051.shtml
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR