山屋他人海軍大将と盛岡つながり (岩手県民さまコメントより)

岩手県民さまのコメントに山屋他人大将の貴重な情報が含まれていたのでご紹介します。

image325.jpg




はじめまして。
典子様のご結婚と比べて清子様があまりにも残念で。
当時、本当にこの人でいいのかと思いました。
家柄も内親王の降嫁先としてはあまりにも不足。
そういうと雅子様は家柄が皇太子妃に相応しくないと言われそうですが。
小和田家や江頭家の先祖がはっきりしないせいかいろいろ言われる雅子様ですが、もう一つのルーツである山屋他人を見ると、なぜ皇太子妃となったか理解できるよな気がします。
山屋他人は下級武士階級ですが、この人を巡る人物は近代の偉人がずらり。
この人の叔父は大村益次郎の門下生で、伊藤博文らに英語を教え、その後紅葉館の支配人。紅葉館は当時の高級サロンのような所で、尾崎紅葉の名はここに由来します。それだけでどれほどの人脈を持つ人物なのか理解できると思います。山屋他人の葬儀委員長は米内光政。米内の親友八角三郎海軍中将は山屋他人の甥。八角は叔父が栃内曾次郎海軍大将。八角の父の親友が原敬。
雅子様を否定する人達は山屋家が存在しないかのような扱いをしますが、よほど都合が悪いのでしょう。
初めてなのに長々と失礼致しました。




2014_04010336.jpg

岩手県民さまありがとうございます!



山屋他人大将のお孫さんの山屋敬介さんが山屋大将の思い出話をお話されています。

http://www.kodairatoumonkai.com/nazca/inahozuisou_dai3syu_yamayataninkaiguntaisyou.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

取り上げていただき、感謝申し上げます。
山屋他人は旧南部藩からの依頼で、南部藩出身子弟の後見をしていました。
栃内や鹿島と一緒の写真はその当時のものですね。
この役目は斎藤実もつとめています。
また原敬は東条英機の父英教とも親交がありますから、山屋他人の岩手人脈には4人の総理大臣が登場します。
江戸末期から昭和まで人脈が繋がっているのは薩摩長州以外では岩手くらいですが、その人脈がみな山屋他人に繋がっているのは驚くことです。
山屋他人が頼りにした叔父野辺地尚義は以前に書いたように大村益次郎門下です。ということは緒方洪庵やシーボルト、高野長英という人達とも繋がっていく人脈の持ち主といえますから、雅子様の家系を否定すると日本の近代がなかったことになってしまうのではないかと思います。

No title

残念ながら山屋家は江戸時代を通じて終始一貫最下級の武士であったそうですね。チッソの社長は「貧乏人は黙っとれ!」と抗議に来た市民に対し、暴言を吐く様な人物、お里が知れます。

美智子皇后の妹が嫁いだ昭和電工の犯罪

昭和電工・・・・第二水俣病を引き起こし、第二チッソ患者を増やし続けたた犯罪会社。
そこに美智子皇后の妹が嫁いでいます。

昭和電工は妊婦に「子供を堕ろせ!」と脅した。 これはソースあり。

そんな非道なことを言う会社に嫁いだ美智子皇后の妹。

美智子皇后は熊本の水俣病患者だけをクローズアップさせて、昭和電工には口を閉ざし、昭和電工による被害者は無視する。

山屋を悪く言う人間は、山屋他人という日本を救済したと言ってもよい人物を知らないようだ。

つまりは、アンチは反日教育を受けた連中だと断定できる。

天秤座さま

コメントありがとうございます。そして応援ありがとうございます。
アンチの相手は疲れますよね。

>そんな非道なことを言う会社に嫁いだ美智子皇后の妹。 美智子皇后は熊本の水俣病患者だけをクローズアップさせて、昭和電工には口を閉ざし、昭和電工による被害者は無視する。
山屋を悪く言う人間は、山屋他人という日本を救済したと言ってもよい人物を知らないようだ。

美智子さまの家は百姓でした。
雅子さまのおじいさまは銀行から経営立て直しのために呼ばれたただの雇われ社長ですよ。
オーナー企業の昭和電工とは違います。昭和電工の方が悪質でした。

もっと勉強しましょう

たしか、山屋家の本家は南部藩に仕える家老ではなかったかな。

雅子さまの母方の先祖の山屋家は分家なので石高は低く抑えられてますが、御本家の山屋家はかなり上級の武士だったはずです。

昔は、本家と分家の区別をしっかりさせないと、もめ事になるため、大家ほど、分家の石高は抑えられてます。

そして、代々、山屋家の墓所は藩主の南部氏と同じ菩提寺にありますよ。山屋他人の墓所もそこにあり、石碑が建っています。

江戸時代を通じて最下級という書き方は、工藤美代子の嫌がらせであって、おそらく本人も分家であることを知った上で書いており、本家の山屋家は上層武士だと言うことをわざと書かないんでしょう。

昨今の週刊誌ってそういうものですよ。


日本の歴史を知らない人がいるようですが、明治維新と言うのは、下級の武士が身分制度をひっくり返した革命です。

だから、明治維新の立役者は、みんな下級武士やその下の足軽、あるいは百姓も結構います。

信子さまの大祖父の大久保利通もそれこそ「最下級の武士」ですし、伊藤博文はもちろん、山縣有朋なんてほとんど百姓ですよ。

「坂の上の雲」の秋山真之は、同じ海軍ですから、当然山屋とも関わりがあったそうですが、秋山家は伊予松山藩のやはりとても石高の低い武家の出身です。

維新後、活躍する人は皆そうなんですよ。

明治以降、むしろ、上級の武士の方が時代についてゆけず、絶えた家が多いことも良く知られています。


美智子さんのご先祖は、全くのお百姓で、来歴なんて本当は良くわからないはずだと、研究者の友人はよくいいますよ。

江戸時代に名字帯刀を許された、とありますが、それまでは名字が無いわけですから、調べるのは困難ですよ。
正田家についてのほとんどは眉唾だと思っています。

人の悪口を書くのなら、もうちょっと勉強してから書きましょうね。



 



プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR