着袴の儀くらべ

昭和のお姫様 紀宮さまの着袴の儀の写真


l_2aadefa092a7b7d1ab8d07bc8dacfe9492c33f33.jpg


↓をみるともっとわかります。
紀宮さまの着袴の儀の一覧図



平成のお姫様 敬宮さまの着袴の儀のお写真

敬宮さま

この二つを見比べるとわかるのですが、紀宮さまの髪がぼさぼさなのです。

まるでさっき起きたばかりのように見えます。

一生に一度しかない着袴の儀なのに、母親の美智子さまはこれでいいと思われていたのでしょうか?
常に女優のように美しい恰好をされていた美智子さまがお母様なのに。

ちなみにこの写真見つけたの、間違えてクリックしたアンチのサイトでした。
あまりに髪がぼさぼさなのでびっくりしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サーヤの髪が酷すぎる…
明仁皇太子と美智子妃の唯一の内親王「紀宮清子」ですよね?
なんでこんなにボサボサなの?
櫛すら通してないのでは?
これが正式の儀式だとしたら酷すぎる。
リハーサル?  リハーサルだとしても酷すぎる。

「自分のお洒落には必死になるけど、
我が子の身だしなみは放置というダラ母」
と言われても仕方ないですよ、これでは。



敬宮様の髪はちゃんと整えられています。
前髪は、眉毛が出るか出ないかで丁度よくカットされて、
なおかつフェイスラインに添ってカットされています。
綺麗に後ろで纏められています。
まさに 「晴れの儀式」 だと分かります。

徳仁皇太子と雅子妃の、敬宮様への深い愛情が伝わってきます。

匿名さま

敬宮さまは赤いお召し物は練習用なのでサーヤももしかしたら練習なのかもしれません。
ただそれでもひどいですけどね

おつきの人は?

ヘカテーさま
ブログの開設ありがとうございます。
九重(くじゅう)と申します。

紀宮さまは腐っても内親王、おつきの人だっているはずなのに誰も紀宮さまのおぐしに気を付ける人はいなかったんでしょうか。
たとえリハーサルだったとしても、写真は残るし、公開もされます。

おつきの人はたとえ他人とはいえ、長く仕えていればそれなりに情が移って、我が子のように思ったとしても不思議ではないでしょう。
それなのに、放置されたのはどうしてでしょう。
何か理由があるとしか思えないんですが。

(考えたくはないけど母親だけでなく皆でネグレクトの申し合わせでもあったとか)

後で敬宮さまのお写真と比べて、そのあまりの違いに傷つくと思います。

九重さま

コメントありがとうございます。

>おつきの人はたとえ他人とはいえ、長く仕えていればそれなりに情が移って、我が子のように思ったとしても不思議ではないでしょう。
それなのに、放置されたのはどうしてでしょう。
何か理由があるとしか思えないんですが。
(考えたくはないけど母親だけでなく皆でネグレクトの申し合わせでもあったとか)



そうなんです。
女官さんが「あら、紀宮さまの御髪が乱れているわ」と思って櫛でとかせばすぐにきれいな姿になれたのにと思います。

いつも残念な服しか着せてもらえなかった紀宮さまを見ていると、香淳皇后や勢津子さまや喜久子さまが「もっとかわいい服着せてあげなさい」と言わなかったのでしょうかね?

しきたりとの事です

着袴の義の御髪ですが・・・
頭・髪の毛は神聖なものとされ、儀式当日には触れたり櫛を通してはいけないというしきたりによるものだそうです。
紀宮さまは昭和の時代でもありますし、やはりしきたりを重要視なさったのでしょう。

Re:しきたりとの事です

・・・・・だそうです。
・・・・・のでしょう。

推測であって断定ではない。



あれほど

■ 宮中の古い慣習を打ち破ってこられた皇太子さまと美智子さま
■ 美智子さまの宮中改革

と書かれるだけでなく実践してきたのですから、
愛しい娘の髪がボサボサになってしまう「しきたり」など、
配慮あふれる美智子さまなら改革するでしょ。


暖かい家庭とは、子供に愛情を注ぐ家庭という意味だと思うから。

薫子さま

> ・・・・・だそうです。
> ・・・・・のでしょう。
>
> 推測であって断定ではない。
>
>
>
> あれほど
>
> ■ 宮中の古い慣習を打ち破ってこられた皇太子さまと美智子さま
> ■ 美智子さまの宮中改革
>
> と書かれるだけでなく実践してきたのですから、
> 愛しい娘の髪がボサボサになってしまう「しきたり」など、
> 配慮あふれる美智子さまなら改革するでしょ。
>
>
> 暖かい家庭とは、子供に愛情を注ぐ家庭という意味だと思うから。


仰る通りです。
ボサボサは伝統じゃない。
なんでこんな髪型をしたのか謎です。

画像をさがしていたらこちらに来てしまいました。
いささか、宮中の伝統について思い違いをされているようなので。

髪をとかさないのは、髪が不浄だからです。
女官が後に御髪を梳かし不浄を祓いますよ。
悠仁様もそのようになさいました。

それでいうなら、愛子様はバッチリ髪を結われて、なんとまぁしきたりを無視して、一般の七五三感覚であらせられるのかと。

髪をとかさないのは決まりです。
美智子皇后陛下が怠けているかのごとくお書きになるのは正していただきたい。

アンチ、必死だなw

昭和天皇の内親王さまたちの、着袴儀での御髪。
みなさま前髪を切り揃えられています。
サーヤのようなボサボサ髪、悠ちゃんのようなギザギザ髪ではありません。

はっきり申し上げます。

サーヤのボサボサ髪のほうが、悠ちゃんのギザギザ髪のほうが、不浄に見えます。

昭和天皇の内親王さまたちの御髪のほうが、敬宮愛子内親王の御髪のほうが、美しく清浄に見えます。

No title

ちゃんと別にヘカテーさまは記事を立てて、昭和天皇の内親王方の着袴の儀では、皆御髪をきちんと整えていることを検証されています。
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

親王方といえば、たしか浩宮さま、礼宮さまもきちんと髪を整えているんじゃないかな。
逆に、紀宮さまと悠仁さまだけが違っていることが明らかになってしまうのでは?ま、悠仁さまはご称号もないただの宮家のお子様なので、きちんと髪を整えないのがしきたりだったのかもしれませが。
あ、そもそも満5歳過ぎてから行ったというところが、しきたりを破ってましたっけね。悠仁様の場合。

オークリーさまの「おどりこ」のコメントはなるほどと思いました。

No title

神事に臨むには、身を清め汚れをはらってからですよね。
きよくあけらけき心と体をもって神事に臨む。
だから神社では参拝前に手と口をすすぎます。

>髪をとかさないのは、髪が不浄だからです。
>女官が後に御髪を梳かし不浄を祓いますよ。

大切な行事の前に清めないのが不思議。
終わってから不浄を祓っても意味ないんじゃない?

匿名殿、 おすべらかし さま、ペリドット さま

コメントありがとうございます。

>書き直せ!

あのー、昭和天皇のお嬢様たちの着袴の儀をご覧になったことはありませんか?記事にしているので探して読んでください。

>昭和天皇の内親王さまたちの御髪のほうが、敬宮愛子内親王の御髪のほうが、美しく清浄に見えます。

仰る通りです。なぜ結構前の記事に執着するのかわかりません。

>大切な行事の前に清めないのが不思議。 終わってから不浄を祓っても意味ないんじゃない?

ペリドットさま、鋭い!そしてURLを張っていただきありがとうございます。書き直せと言われたのは初めてです。この人他の記事にも「髪ぐしゃぐしゃで間違っていない」と主張しています。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR