昭和天皇と香淳皇后、二人そろって動物園へ

秋篠宮さま、愛媛とべ動物園などご視察 アフリカゾウ飼育にご関心

産経新聞 10月16日(木)7時55分配信

来県中の秋篠宮さまは15日、愛媛県立とべ動物園(砥部町)と、松山港(松山市)に停泊していた瀬戸内海巡回診療船「済生丸100」を視察された。視察後、松山空港から東京に戻られた。
同動物園ではアフリカゾウ舎やライオン舎などをごらんになった。案内した三橋英二園長(66)によると、同動物園が国内で唯一、アフリカゾウを家族で飼育していることなどを説明。秋篠宮さまは昨年6月に生まれた赤ちゃん「砥愛(とあ)」の様子に目を細めたり、「次の繁殖を待ってます」などと話されたという。
三橋園長は「来園していた園児と握手されるなど物腰の柔らかい方でした」と話した。
また、今年1月から就航している4代目の「済生丸」では、導入されている乳がん検診のマンモグラフィーなどの医療機器を熱心に見学された。


礼宮は今日も大好きな動物園へ公務でお見えになりました。

皇太子殿下が国連で演説した時は私的な訪問でした。

いろいろ言いたいですが、


今日はこの記事から昭和天皇の良子さまの上野動物園ご来場を取り上げます。



1950年に撮影された映像です。

88840700111203785ac5dd618b684a8f.png

上野動物園は昭和天皇と良子さまにとっては縁が深い場所です。
大正時代に、皇太子殿下(昭和天皇)ご成婚を記念して、上野公園とともに動物園は東京市に下賜され、上野恩賜公園動物となりました。


7340638e6700b3c7915d21b23dc88e51.png

昭和天皇も良子さまもとっても幸せそうでうらやましい。
この頃の皇室には凶暴な女性はいません。

9c276a2c16611fc61fe3023eb7ad418b.png

ゾウがいる!


なんでゾウがいることでそんなに驚いているのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

戦時中は上野動物園のみならず、日本中の動物園で空襲で檻が破壊されたら人間たちを襲う可能性があるとして戦時猛獣処分が行われました。

その猛獣にゾウも含まれていました。

また、人間も飢えていた時代でしたので、動物へ餌を与えることが出来ず餓死させた悲しい歴史もあります。。

土家由岐雄先生の『かわいそうなぞう』で上野動物園のゾウ3頭は有名な話です。

終戦の時の日本でゾウが生きていたのは名古屋の東山動物園だけでした。


管理人の通った小学校では平和教育が盛んで小学校5年生の時に「ぞう列車」をテーマにしたミュージカルを学年で演じました。なので私にとって名古屋=東山動物園です。名古屋は行ったことがありませんが、東山動物園とラーメン屋のももまるは行きたいです。


だから、ゾウがいることに驚いたのです。


調べると1949年(昭和24年)9月にインドのネール首相からアジアゾウの“インディラ”が贈られています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR