いいこと言うぜー里中満智子先生 「皇室は文化の象徴 文化に性差などない」

敬宮さまご誕生の折には新聞社や出版社が多くのムック本や特集号を出しました。

そのうちの一つである

『待望のロイヤルベビー 敬宮愛子さま 週刊読売臨時増刊号』

そこに書いてあった里中満智子先生の手記がいい

里中先生といえば女帝の漫画を描かれたことでおなじみですね。

皇室は「文化の象徴」 文化には性差がない
里中満智子
皇室の「男女同権」への契機に
内親王さまご誕生おめでとうございます。
正直言って「よくぞ女の子を産んで下さった」と、妃殿下に御礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。今回のご誕生なさったのが親王でいらしたら、皇室の「男女同権問題」についての議論はまた後まわしにされたのではないか、と思っているからです。
「男系の男子のみが皇位継承権を持つ」というのは、明治になって定められたもので、江戸時代の武家社会の名残のようなものです。女性から権利を奪い、男性には、男であるというだけでプレッシャーを与え続けた、かの武家社会のあり方をそのままひきずって明治はスタートしたのです、「軍国」明治にとっては、武家社会のシステムで国を運営することが理にかなっていたのかも知れません。何といっても明治の閣僚たちのほとんどが「元武士」なのですから。このシステムは昭和の敗戦により崩れ去り、国民は新憲法で生きてゆくことになります。唯一、天皇家を除いて・・・・・・。
私見ですが、唯一絶対無二の存在として君臨した天皇は天武天皇ただ一人です。その天武天皇ですら、現実には「一人で」政策を立案、決定を行っていたのではなく、「共同統治者」として皇后をたてていました。この皇后がのちの持統天皇です。
飛鳥、奈良時代には女性の天皇が数多く誕生しています。推古、皇極(重祚して斉明)、持統、元明、元正、孝謙(重祚して称徳)と、六名八代も存在します。この方たちが即位なさったとき、他にしかるべき男子がいなかったわけではありません。にもかかわらず「この方が一番ふさわしい」として、即位なさっているのです。もちろん、そこには周囲の氏族たちの思惑やかけひきもあったでしょうが、それは女性天皇にかぎらず、男性天皇の場合も同様であったわけですから、女性天皇特有の事情ではありません。とにかく「直系の男子」以外の天皇が、わが国の歴史上には数多く存在するのです。江戸の武家社会や明治以後の制度と比べると、古代のほうがずっと男女同権意識は高かったのです。そのあかしの一つに『万葉集』があります。


『万葉集』こそ「民主主義」の原点
約千三百年ほど昔に編纂されはじめたと思われるこの『万葉集』には、わが民族の本質が反映されていると確信しています。
これは「作品集」なのです。
各巻ごとに「歌の形式」「歌のテーマ」「おおよその時代順」で区別してまとめられています。歌った人の身分や立場の差別は一切ありません。当然男女の差も、一切関係ありません。男女のみならず、天皇もホームレスも政治犯もまったく同列に並べてあります。ただ「作品」として扱っているのです。これこそ「民主主義」の原点です。「民主主義」では古代ギリシャが有名です。かの国の民主主義は「選挙によってリーダーを選ぶ」システムに象徴されていますが、実はその選挙権は、「正式市民の成人男子」のみに与えられていたものです。女性は選挙権どころか離婚の自由も得ていなかったのです。私は真の民主主義のあかしである『万葉集』を、日本人として誇りに思います。こういう国なのですわが国の本質は。いったいいつの間に、「男子中心」の国になってしまったのか、それは前述したように、長年にわたる武家社会のシステムがそうさせたのでしょう。

皇室を持つ国の幸運を味わいたい
過去をふり返り学ぶべきことは沢山あります。わが国の歴史の中で天皇家のあり方をふり返ることで、わが国の価値観の流れを見ることができます。
明治維新につながる内戦は天皇の奪い合いでした。その後明治、大正、昭和初期と、政府は天皇を利用し続けたといっても過言ではないでしょう。
戦後は「開かれた皇室」とはいいながら、庶民と比べると不自由でプレッシャーの甥生活を強いられてきたように思えます。皇族の方々に「この家に生まれた者としての使命感」がなければ、成し遂げにくいお役目でしょう。そう言いながらも、皇室はぜひ存続し続けていただきたいのです。
皇室は賓客を迎える国のホスト、ホステスです。王室を持たない国は首相や大統領がホスト、ホステスの役割を担いますが、この場合「政治、軍事、経済」と「文化交流」がワンセットになりがちです。政治的立場にふりまわされない文化交流の顔として、王室を持つ国は幸運だと思います。
文化に、男女差は関係ありません。天皇が、女性であっても男性であっても、国民が胸をはって「この方がわが国の文化の象徴です」といえる存在であればいいのです。ただしこれが国民からの押しつけでは、天皇家の人権を無視したものになってしまいます。敬宮さまには、どうか、ホステス役を充実して楽しむ人生をお送りいただきたいと願っております。




いいこと言うぜー里中先生

ホステスと言うとお水のホステスをついつい日本人は想像しちゃうけど元々はそういう意味じゃないぞ

>文化に、男女差は関係ありません。天皇が、女性であっても男性であっても、国民が胸をはって「この方がわが国の文化の象徴です」といえる存在であればいいのです。

本当っすよね。
世界のロイヤルや首脳から敬愛されてる皇太子ご夫妻
その一粒種の敬宮さま
御父上譲りの努力家御母上譲りの知性を持って生まれた
国民みんながその誕生を喜んだ
しかし生まれた時から悪い大人たちに虐められ続けたプリンセス
スポーツ有能、優秀な子が集まる学習院でトップクラスの成績、音楽を嗜み史上初めて公開親子共演をされ、お稽古にも熱心、動物にも優しい、体調を崩すくらいの頑張り屋さん

敬宮さまの人生は「雲外蒼天」であって欲しいです。
(幾多の困難を努力と忍耐で乗り越えたその先には誰も見たことがない突き抜けるような青空を見ることができるという意味)


秋篠さんちなんてズルばっかりじゃん。

親は二人ともズルして博士号ゲットで科学の力で無理矢理男子製造するし、子どもは子どもで習い事は何一つしてないし、全員ズル入学だし、成績最悪という話しか聞かないし、ファッションもありえないし、みっともない男との写真は撮られちゃうし、おまけに不登校だし。おまけに海外のロイヤルとの付き合いはタイ王室だけだし。ヨーロッパからは総スカン

こんなのが天皇なんて恥ずかしいわ!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

勝手に空★亡★占★い

マーリンはイギリスの予言者なのに何故東洋の占いをするの?
というツッコミはおいといて....
気功の先生から教わった「空亡占い」をしてみました。
生年月日の日の干支(十干十二支)から空亡の干支(十二支)を
割り出して占う方法です。
十干十二支といえば、還暦のの由来であり、60年周期だということはみなさんよくご存知だと思います。
紀子様が生まれた年の干支の丙午(ひのえうま)の年は
中国では「丙が丁より先にある火の兄であること、そして午は方位で真南であることから、丙午の年は火災が多く、災いの年であると、中国では昔から信じられていました。」
日本では「丙午の女性は気性が激しく、夫を食い殺すという俗説が広まっていきました。」
迷信なのですが、紀子様の生まれた1966年の丙午の年はガクっと出生率が下がりました。
それはさておき紀子様の日の癸酉の空亡は戊亥となり、兄の(干)支である午年生まれなので、従って紀子様の運気が良いのは申年の今年(2016年)までです。
とはいえ既に月の(干)支が10月戌11月亥のため何をやっても裏目にでてしまうでしょう。
来年2月から(干)支が酉年となるため、紀子様にとっては「背信」の年となり
身方だと思っていた人に裏切られたり、思い通りに物事が運ばなくなります。
紀子様は、運気が最も下がる空亡の0地点(2006年9月)の戌年に悠仁様をお生みになりました。
この時期に新しくはじめた事は最初は順調にみえても将来に大きな禍を招くことが多い火種を作る、どちらにしても取り返しがつきにくい状況を生じさせます。
悠仁様誕生その後の事はここにあえて書く必要もないでしょう。
ちなみに美智子様も空亡が戊亥で0地点が紀子様と同じなので、来年から運気が落ちます。
雅子様は辰巳空亡で0地点が巳年です。
空亡のおつらい時期は2013年(巳年)の0地点を挟んだ3年間(2012年〜2014年)でしたが、この時期は体調もまだまだ快復とはいえずあまりお出ましの機会は無かったと思いますが、それがかえってよかったのではないかと思います。
なぜなら空亡の3年間は無理して新しい事をは始めずに内部充実や内面改革を行うということは、むしろプラスになるといえるからです。

勝手に空亡占い

マーリンはイギリスの予言者なのに何故東洋の占いをするの?
というツッコミはおいといて....
気功の先生から教わった「空亡占い」をしてみました。
生年月日の日の干支(十干十二支)から空亡の干支(十二支)を
割り出して占う方法です。
十干十二支といえば、還暦のの由来であり、60年周期だということはみなさんよくご存知だと思います。
紀子様が生まれた年の干支の丙午(ひのえうま)の年は
中国では「丙が丁より先にある火の兄であること、そして午は方位で真南であることから、丙午の年は火災が多く、災いの年であると、中国では昔から信じられていました。」
日本では「丙午の女性は気性が激しく、夫を食い○すという俗説が広まっていきました。」
迷信なのですが、紀子様の生まれた1966年の丙午の年はガクっと出生率が下がりました。
それはさておき紀子様の日の癸酉の空亡は戊亥となり、兄の(干)支である午年生まれなので、従って紀子様の運気が良いのは申年の今年(2016年)までです。
とはいえ既に月の(干)支が10月戌11月亥のため何をやっても裏目にでてしまうでしょう。
来年2月から(干)支が酉年となるため、紀子様にとっては「背信」の年となり
身方だと思っていた人に裏切られたり、思い通りに物事が運ばなくなります。
紀子様は、運気が最も下がる空亡の0地点(2006年9月)の戌年に悠仁様をお生みになりました。
この時期に新しくはじめた事は最初は順調にみえても将来に大きな禍を招くことが多い火種を作る、どちらにしても取り返しがつきにくい状況を生じさせます。
悠仁様誕生その後の事はここにあえて書く必要もないでしょう。
ちなみに美智子様も空亡が戊亥で0地点が紀子様と同じなので、来年から運気が落ちます。
雅子様は辰巳空亡で0地点が巳年です。
空亡のおつらい時期は2013年(巳年)の0地点を挟んだ3年間(2012年〜2014年)でしたが、この時期は体調もまだまだ快復とはいえずあまりお出ましの機会は無かったと思いますが、それがかえってよかったのではないかと思います。
なぜなら空亡の3年間は無理して新しい事をは始めずに内部充実や内面改革を行うということは、むしろプラスになるといえるからです。

高校時代を思い出しました。

高校時代、里中先生の『天平の虹』を拝読致しました。
皇位があっちこっち(上下左右斜め上斜め下的な)に移動して居たと云う事実が、非常に分かり易いですよね。
それは、系統図だけでは感じきれなかったことです。
『天平の虹』との出会いは、高校生の私が「万世一系」と云う言葉に違和感を感じたきっかけともなりました。
「万世一系」とは、細く長い糸で天照大神と天皇が繋がっているイメージがありますが、事実、本来、幅広い帯状に、太陽の女神のご威光はかくあらんとばかりに、力強く皇統は続いてきたのです。
「万葉一統」でしたっけ、それこそ皇統継承を表現した、正しい言葉だと、私は信じています。

ご維新後、(畏れ多い筈の)現人神の継承について、法律に明文化してしまったことが、そもそもの間違いであったのでは??と、思います。
GHQに強いられた天皇の人間宣言よりも、よっぽど皇統を貶めたのではないか…、今そう感じます。

どうしてもいいたい様~

アンチ東宮の脳内では、
台所ブログの主は小和田優美子さま、
INDEXブログ主は小和田恒さま、
このブログの主は雅子妃の妹さんらしい(ババア)です。
血縁だから擁護する!それしかないんだな。
物事を客観的に観察して判断を下す理性も、情報としての教養もないのか。
どうしてもいいたいブログ主さま「小和田の身内と言われてこそ、東宮派のブログとして一人前の気がする」これは受けました。
じゃあ、ヘカテーさまとどうしてもいいたいさまで、雅子妃の妹さんふたりってことにすれば?
現実を知っている私からすると、アンチ東宮、心療内科いきなよ、ですよ。

【訂正】勝手に空亡占い

先日の投稿で、雅子様の空亡の時期を間違えていました。
お詫びして訂正いたします。
雅子様は、誕生日の日の干支が丙戌ですので、空亡は午未で、生まれ年が卯で
弟格なので0地点が未年で一番運気が落ちますが、日頃不徳を重ねていると
この時期でも凶現象が起きることなく過ごせます。この時期に営利目的のことはされてませんし、休養を取られていたことはプラスになったと思います。
未年は昨年2015年で、今年は清算年で過去の清算という意味でも公務に復帰されたことは良かったです。来年2017年からは雅子さまの運気も上がっていきますので今後のご活躍に期待できますね
ちなみに、空亡の干支は対人関係にも影響を及ぼします。雅子様の場合、空亡の背信年が午年で、背信の干支に生まれた人とは最初は友達になったとしても後で酷い裏切りにあいます。紀子様の生まれ年の干支が午なのでまさに付き合ってはいけない人なのです。とはいえ親戚なのでどうしようもないのですが。
あと、空亡が同じ同じ戊亥同士の美智子様と紀子様はウマが合うわけですね。
残念なのはわたしも戊亥空亡なのですw

そうですね

「よくぞ女の子を」というのは、わたしも感じましたね。
女帝が誕生するかもしれない!普通にワクワクしたものです。
ちょっとミーハーといえばミーハーな気持ちがあったことも白状します。
平成14年の正月、神社に行けば「祝奉皇孫殿下御誕生」ののぼりが立っていました。
あの時点では結構みんな女帝誕生を普通に想定していたと思うんですよね。
男系主義なんて、みんなかびの生えた古くさい決まりとしか思っていなかったでしょう。
00年代は世界的にも、また日本社会も保守への激しいバックラッシュが起きました。
特にフェミニズムはかなりの勢いで後退し、今はむしろミソジニーの嵐が吹き荒れています。
男系派の顔でもある竹田恒泰は卑弥呼すら認めていません。中国の捏造だと主張しています。
「女ですよ?女!おかしいと思いませんか?」
講演でこんなことを平気で語り、会場は拍手喝采だそうです。
ミソジニーが蔓延している世の中って、社会が劣化しているとしか思えないんですよね。
まあ竹田はおつむの弱いただの平民だからいいと思いますけどね、問題は皇室ですよ。
今上夫妻に次男夫婦、そろいもそろってミソジニーを体現してしまった。
歴史は皇室の汚点として記憶するでしょう。

卑弥呼が男?

ベアトリス様

>男系派の顔でもある竹田恒泰は卑弥呼すら認めていません。中国の捏造だと主張しています。
「女ですよ?女!おかしいと思いませんか?」
講演でこんなことを平気で語り、会場は拍手喝采だそうです。
ミソジニーが蔓延している世の中って、社会が劣化しているとしか思えないんですよね。
まあ竹田はおつむの弱いただの平民だからいいと思いますけどね、問題は皇室ですよ。
今上夫妻に次男夫婦、そろいもそろってミソジニーを体現してしまった。
歴史は皇室の汚点として記憶するでしょう。

卑弥呼が女だったら都合の悪い連中がいるんですか…。
弥生時代、男の王が治める国は争いが絶えず、女王卑弥呼を立てて平和な世の中になったと小学校で習ったんですけどねえ。

平民の竹田氏はともかく、先進民主主義国における国家統合の象徴がミソジニーを体現しているとは、情けないことですね。
(これが日本だけの話なのかは分かりませんが…)

敬宮様がお生まれになった頃

敬宮様がお生まれになった日のことは土曜日で会社がお休みだったこともあり
この私でもはっきりと覚えています。
国中の日本国民も、海外の王室ままで敬宮様の誕生を祝福していましたね。
全く空気が読めなかったのは、内親王のご誕生をTVで仏頂面で発表した宮内庁と
今上ご夫妻だったと思います。宮内庁の職員?は露骨に女の子でガッカリだと言いたげな感じでした。
この当時の事を某韓流お得意の記憶喪失で覚えていないのか、日本にいなかったので全く知らないかも知れない下郎下女に当時の様子を知らしめてやりたいものです。
また、2001年は日本の景気がどん底だったのですが、この後すぐに2002年の1月から景気が上向いていき2006年11月でいざなぎ超えを達成しました。
逆に親王が誕生した翌年の7月にはサブプライムローンショックが起こり、2008年9月にはリーマンショックで景気が最悪になり、その後約4年もの間景気低迷に苦しみました。
「いざなぎ超え」なんていわないで「敬宮様景気」と言った方がいいのでは?と思います。今後、皇太子ご夫妻と敬宮様のお出ましが増えれば景気は上向いていくのではないかと思います。
何と言っても敬宮様は、ご両親がともに最高の運気のときに生まれていらっしゃいます。そのうえ、英国のジョージ王子と同じ満月の日にご誕生されています。これは何を意味するかは言わなくてもわかると思いますが...。

ところで、アーヤの空亡も割り出そうとしましたが美智子様がお披露目したときはデカイ赤ちゃんだったらしいので本当に11月30日生まれかどうか怪しいし、ヒタット君があまりにも父ちゃんと言われているアーヤに似てないこともあるので空亡を割り出しても正しいのかどうかわからないのでやめました。

前々回の投稿で、禁止ワードを伏せたため連投になってしまったこと、前回の投稿では、(誤)日頃不徳を重ねていると→(正)日頃不徳を重ねていなければ
でした。重ねてお詫び申し上げます。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR