敬宮さまがお生まれになった時のこと


マーリンさまコメント
敬宮様がお生まれになった頃
敬宮様がお生まれになった日のことは土曜日で会社がお休みだったこともあり
この私でもはっきりと覚えています。
国中の日本国民も、海外の王室まで敬宮様の誕生を祝福していましたね。
全く空気が読めなかったのは、内親王のご誕生をTVで仏頂面で発表した宮内庁と
今上ご夫妻だったと思います。宮内庁の職員?は露骨に女の子でガッカリだと言いたげな感じでした。
この当時の事を某韓流お得意の記憶喪失で覚えていないのか、日本にいなかったので全く知らないかも知れない下郎下女に当時の様子を知らしめてやりたいものです。
また、2001年は日本の景気がどん底だったのですが、この後すぐに2002年の1月から景気が上向いていき2006年11月でいざなぎ超えを達成しました。
逆に親王が誕生した翌年の7月にはサブプライムローンショックが起こり、2008年9月にはリーマンショックで景気が最悪になり、その後約4年もの間景気低迷に苦しみました。
「いざなぎ超え」なんていわないで「敬宮様景気」と言った方がいいのでは?と思います。今後、皇太子ご夫妻と敬宮様のお出ましが増えれば景気は上向いていくのではないかと思います


ありがとうございます。

えー、ちなみにこれをご覧になれば坊やが生まれた後に世界中の景気が悪くなっちゃったことがわかりやすいんじゃないんかな↓


敬宮さまがお生まれになった時国民はこんな感じだった


まさしくパーリー状態

(「なんだ女かよ」とばかりに喜ばなかった)リョーヘーカにあてて各国から寄せられた祝電

ノルウェー国王ご夫妻、スウェーデン国王ご夫妻、ヨルダン国王ご夫妻等の各国のロイヤル

アメリカ大統領、スイス大統領、フランス大統領などの国家元首

単純にプリンセスが誕生しておめでたいだけじゃなくて、

世界中から敬愛されてる皇太子ご夫妻のお子様だからという理由もあるからでしょう。

記帳もすごかった
e631d8a10dfc18ae20e0c04cc13abc0f.png
e7bbede4653e1b15d6b5a64774af9fa9.jpg



ご誕生翌日から二日間記帳を受け付けた宮内庁

12万1230人分の記帳が集まった。

あまりにも人が来たので受付時間を延長するほどでした。

全国の自治体、神社、各国の日本大使館でも記帳を受け付けました。

宮内庁の分も合わせるとその数77万人分!

これほどの人がお祝いの記帳をしたことに対して殿下も驚かれました。
本当にこの記帳に来られた方の数が多かったということ,私も本当に内心驚きましたし,これは本当にこの子供を,先ほど申し上げたように本当に大切に育てていかなければいけないという,そういうふうな責任感を強く感じています。私としては,本当に今後そういう子供を育てていくことによって,そういう皆さん方の期待にこたえていくことができたらというふうに考えているところです
(平成14年 お誕生日記者会見にて) 



そしてご両親殿下のお言葉
皇太子殿下
子供とはこんなに可愛いものだったかと,改めて知ることになりました。

(平成14年 皇太子殿下のお誕生日の記者会見でのご発言)

皇太子妃殿下
無事に出産できましたときには,ほっといたしますと同時に,初めて私の胸元に連れてこられる生まれたての子供の姿を
見て,本当に生まれてきてありがとうという気持ちで一杯になりました。今でも,その光景は,はっきりと目に焼き付いております。
(敬宮さまさまご誕生につき開かれた記者会見)

当時の理事長だった時津風勝男理事長は
「皇室と相撲は深い長い歴史がございます。江戸時代の上覧相撲に始まり、今日まで明治、大正、昭和、平成と七十八回に及び行幸啓、また宮様のご観戦をいただいております。私は日本を愛し、相撲を愛しております」
と述べてご誕生を祝福しました。

こうやってご誕生を喜んでくれた相撲協会理事長

昭和天皇の血を色濃く受け継いだ敬宮さまはお相撲が好きな女の子になられました。

台覧相撲の際の小さなプリンセスに好角家は

「昭和天皇や!昭和天皇のお姿によう似とるわ!」

と鳥肌が立った位に驚いた。

人を敬い、人からも敬われる人に、そして人を愛し、人からも愛される人に育つようにと願いが込められた敬宮さま

生まれた時から父方祖父母と父方叔父叔母から一切可愛がられることなく、

それでもご両親殿下とイジメーズ以外の宮家の方々、お友だち、そして真っ当な生活を送る日本国民や海外の人から愛される敬宮さま

お母上の雅子さま同様、「生まれてきてくれてありがとう」と我々も申し上げたい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シミを取りた~~~い!

NHKニュースの 2分49秒 の美智子さま。

右頬にシミがあります。

でも今は完全に消えています。


どんな方法でシミを取ったのかしら~~?

レーザーによるシミ除去したのかしら~~?

シミ取りクリームとかを塗ったのかしら~~?

コンシーラーを塗って隠しているのかしら~~?

美智子さまは以前、記者会見で「自然のままがいいので。」という理由で、髪も染めていないんですよね。

自然のまま派の美智子さまなら、シミ除去なんてしていませんよね~~?

私も婆になってシミがあるんですよね。

美智子さまは、どんな方法でシミを消しているのか知りたいわ~~!


私は少し違った感想でした。

皇太子妃の雅子さまが「女のお子さま」を出産されたことを、
射手座は買い物している最中に知りました。
(雅子さまがいじめられる。男子を生むまで、いびり倒される)
そう思いました。
あの舅姑は、それくらい簡単にやるとなんとなく思っていたからです。
現実は予想を遥かに上回りました。
敬宮さまにとって叔父にあたる人とその妻も、想定外の加担をしました。
しかし、もうひとつの想定外があったのです。
敬宮さまの聡明さ、器の大きさ、愛情深さ、スター性です。

祝賀ムード一色でした

敬宮様がお生まれになった日のことはよく覚えています

当時勤務していた会社は12月は繁忙期なので
12月1日は土曜日ですが出勤日で、私は上司に頼まれて
得意先への手土産を梅田に買いに行き、JRの大阪駅で「内親王様ご誕生」の号外をもらいました
会社に戻り、女子社員数名に号外を見せました
途中から人も増え、姫宮さまの誕生を心から喜びました
誰も「男の子だったらよかったのに」「次は男の子」なんて言いませんでした
みんな「皇太子さま、雅子様おめでとう!」「姫さまおめでとう」
「雅子様よかった~」でした。幸せな気持ちになった日でした

No title

敬宮さまのご誕生の時は在外公館に勤務しておりましたので、
「皇孫殿下御誕生」記帳所準備(白布や記帳簿、筆ペン、生花等)を
担当いたしました。
在外公館での記帳には、現地の日本人会、商工会議所はもちろん、
他の国の領事館の方もおみえになります。

眞子ちゃん佳子ちゃんもお孫さんだけど、東宮家の内親王は扱いが
違うんだな~と思った記憶があります。

悠仁親王が生まれたときは、「へー。」「やっぱり男の子だったね。」
「そうだよね。」でおしまい。記帳の準備なんて誰も考えませんでした。
だって。親王と言ったって分家のお子さんでしょ?
眞子ちゃん佳子ちゃんの弟さんですもの(笑)。

ああ、この方が女帝になられるんだなと

今頃になって週刊誌が「お生まれになったときから降嫁されるものとして育てられてきた」などと書いたりしていますが、大嘘ですからね。
日本中が「ああ、この方が女帝になられるんだな」と思っていましたよ。
時の総理大臣ですら。
実際に、赤ちゃんの時からそう思わせる雰囲気をお持ちでした。

私はとにかく「11月30日はやめて~」と思っていましたね(笑)
12月1日は映画を見終わって(1日は1000円)出てきたら「内親王さまご誕生おめでとうございます」の垂れ幕が出ていましたね。
ああ、ご無事に誕生されてよかった、と思いましたよ。
数ヶ月後の雅子さまの「生まれてくれてありがとう」の言葉に感動した人も多かったと思います。

敬宮さま、あなたは日本中の多くの人たちに祝福されてお生まれになりました。
それは間違いありません。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR