エリザベス女王とフィリップ王配殿下が重い風邪

英女王夫妻が「重い風邪」、詳しい症状は不明

TBS系(JNN) 12/22(木) 11:54配信
 イギリス王室は21日、今年90歳のエリザベス女王と、95歳の夫のフィリップ殿下が共に「重い風邪をひいた」と発表しました。詳しい病状は明らかにされていません。

 エリザベス女王とフィリップ殿下は21日、毎年恒例のクリスマス休暇の旅に出る予定でしたが、バッキンガム宮殿の報道官は、2人が「重い風邪をひいた」ため、しばらくの間、宮殿に留まることを決めたと発表しました。詳しい病状については明らかにされていません。

 前日の20日には、これまで行ってきた公務を縮小・軽減すると発表していたエリザベス女王。この日の昼には主催する昼食会に出席していたため、体調を崩したのはその後のことと見られます。(22日06:02)
.






マジでびっくり!


高貴高齢者コンビの「アッチが痛いこっちが辛いなぜなら東宮が悪いから病」と違うのですから!

95歳の男性と90歳の女性ですからね。

こりゃ本当に心配だわ。

ヘカテーの祖父がフィリップ殿下と同い年の95歳で今年の4月に亡くなったから余計に心配。

エリザベス女王のお母さまであるエリザベス王太后は101歳まで生きましたが、

最後は4か月間風邪で苦しまれました。

エリザベス王太后は貞明皇后のような女傑です。

ダイアナ妃のお葬式に招かれましたがやはり元王族ということでイギリスに行くことはできず、
皇太子殿下がイギリスに行かれた時は敬宮さまがお腹にいらっしゃったので行くことはできず、
ウィリアム王子の結婚式には東日本大震災があったから行けず

雅子さまのご成婚後初のイギリス行きがお葬式というのは本当にやめてー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確か、エジンバラ公には「王配殿下」の称号は与えられてないんじゃありませんでした?(結婚前、殿下の親族の不用意な(オレたちが英国王室を乗っ取る」みたいな)発言でチャーチルが警戒し、内閣が与えない決定を下し、以来そのままだとか)

しかし、我が国では三笠長老が、タイでは前国王が亡くなられ、政治家でもカストロ議長が世を去るなど、2016年は20世紀を長く見てきた人たちが世を去る、凄い年としか、いいようがありませんが、

ここにきてあの英国も、なんてことは・・・まさかと思いたい。
ご快癒をお祈りするのみです。


Re: No title

> 確か、エジンバラ公には「王配殿下」の称号は与えられてないんじゃありませんでした?(結婚前、殿下の親族の不用意な(オレたちが英国王室を乗っ取る」みたいな)発言でチャーチルが警戒し、内閣が与えない決定を下し、以来そのままだとか)


女王の夫という意味なので王配であってます。
Wikipedia先生で王配を検索してみてください。

Prince Consort

ななかまどさまがおっしゃっているのは“Prince Consort”のことですよね。
確かにエジンバラ公にはこの称号はありません。

が、平成10年の英国訪問のときに宮内庁も官房長官談話も「エリザベス英国女王陛下及び王配殿下」と言っているので、ヘカテーさまのおっしゃるとおり「女王の夫という意味」での王配殿下で問題ないと思います。

エリザベス女王とエジンバラ公の1日も早いご快癒をお祈りします。

エディンバラ公のご苦労を偲ばせる称号の問題

エディンバラ公の、実はいろいろ大変だった生い立ちとお立場というのは、日本ではあまり深く考えられていないのかもしれません。

私には、こちらのブログ様が大変勉強になってます。
http://ameblo.jp/audrey-beautytips/entry-12184665866.html

日本語版ウィキではprince consortを共同統治者と紹介していますが、consortとはそもそも配偶者の意味。その称号を与えられていない(結婚後、半世紀以上たつのに未だに!)という事実は案外と重いのではないかと思います。

ただ、それは法とか政治とかが絡んだ話で、日本で翻訳するなら、
His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh
をもって、エディンバラ公フィリップ王配殿下で、いいですよね。
だって間違いなくフィリップ殿下はエリザベス陛下の唯一無二の夫君。

私がこの件で改めて思いを致すのは、殿下の人生もさることながら、女王の結婚相手だからといって簡単には称号を与えない英国王室の政治です。

よくアンチ東宮が「敬宮様が天皇になったとして、その結婚相手に皇室を乗っ取られるぞ!」などといいますが、政治オモテがしっかりしていれば、そんな心配は無用なんだ、と思います。

ところで、ちょっと気になって、スウェーデン皇太子ヴィクトリアさまのご夫君ダニエルさんはどうなってるのかと見たら、日本語版ウィキにも、こちらはバッチリ「皇太子配ならびに王配としての正式な称号は、現段階では未定のままとなっている。」と書いてある。
ダニエルさん、努力の末、ヴィクトリアさまの伴侶として周囲に認められたんだろうと思っていたのに・・・なんだかまだまだご苦労がありそうですね(T T)。

ただ、将来の敬宮様の皇配殿下のこととして大いに参考になる事例ではないでしょうか。もし、どうしても信用ならないというのなら、それこそ政治オモテもオクすらも権限は制限する処置をとればいい。

あのエディンバラ公爵でさえも、いまだ英国の機密書類閲覧権がないのだから!

一般参賀

明仁君の誕生日は、平成で最高の人出だったとか……明仁君の見納め、暇乞いの一般参賀だったのか、次期天皇陛下への期待の一般参賀なのか、どちらでしょうね?

フィリップ殿下ご快復

ヘカテー様、皆様
今年もよろしくお願いいたします。

フィリップ殿下が体調を戻されて、クリスマス・新年休暇中の礼拝に出席された事が報道されていました。エリザベス女王は静養先には行かれているのですが、風邪の症状が重いため外出を控えて室内で過ごしておられます。起き上がって政府文書を読まれたりなどされておられるそうです。
世間が心配したような事態にはならなかったと一安心ですね。お二人ともどうか長生きされますように。


プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR