偉大なる昭和天皇とその息子

梅花藻さまコメント特集ラスト!

タイトル:国民の幸福、国家の繁栄、世界の平和
天皇が年頭所感を文書で発表しているなんて知りませんでした。宮内庁HPを見たら、確かにあった、けど。。。

平成28年1月1日:
昨年は戦後70年という年に当たり,多くの人々が先の戦争に思いを致した1年でした。新年を迎え,改めて国と人々の平安を祈念します。
東日本大震災から間もなく5年を迎えようとしています。未だそれまで住んでいた地域に戻れずにいる人々や,仮設住宅で苦労の多い生活を送っている人々があることが案じられ,こうした人々が寒さの厳しい冬を健康に十分気を付けて過ごされるよう,そして,被災地域の復興が少しでもはかどるよう,願っています。私どもの住む日本は誠に美しい自然に恵まれる一方,自然災害を受けやすい環境にあり,今年も日本人一人ひとりが防災の心を培うとともに,お互いが気を付け合って,身を守る努力を続けられることを心より希望しています。本年が日本と世界の人々にとって幸せな年になることを祈ります。

うぅ、無駄に長ったらしく目がすべって文章が頭に入って来ない。それはアサヒ新聞の記者も同じであるらしく、全文紹介せずに苦心して抜粋している模様。

朝日新聞(平成28年1月1日):
天皇陛下は年頭にあたり、宮内庁を通じて文書で感想を発表した。戦後70年の2015年を「多くの人々が先の戦争に思いを致した一年でした」と振り返り、新年を迎えて「改めて国と人々の平安を祈念します」とつづった。
また、今年は東日本大震災から5年を迎えるとして「未(いま)だそれまで住んでいた地域に戻れずにいる人々や、仮設住宅で苦労の多い生活を送っている人々がある」ことを案じ、「被災地域の復興が少しでもはかどるよう、願っています」と述べた。

毎年、こんな感じです。では、先帝陛下はどうだったか。

昭和63年:
陛下は年頭にあたり「昨年は秋口から体調を崩し、みなにもいろいろ心配をかけたが、この間、東宮が公務を代わってくれたので、ゆっくり静養することができ、ここまで元気になった。ことしも健康に留意しながら、世界の平和、国家の繁栄、国民の幸福を願って努力していきたいと思います」と、侍従を通じて抱負を述べられた。

昭和62年:
「昨年は在位六十年をみんなが祝ってくれてうれしかった。水害や大島の噴火など不幸な出来事もあったが、今年は静穏で国民が幸せであるような年であってほしい。また、国際間に横たわる様々な問題が良い方向に向かって行き、世界に真の平和が訪れることを願っている」と侍従を通じて述べられた。

昭和61年:
今年は在位60年の節目の年だが、「いつの間にかそうなったというのが偽らぬ気持ちです。これからも、健康にますます留意して国民と苦楽をともにしていきたい」と侍従を通じて感想を述べられた。

昭和60年:
節目の昭和六十年について陛下は侍従を通じ「いつの間かそうなっただけで、これまでと変わらず国民の幸福と国家の繁栄、世界の平和を願いながら日々の仕事に取り組んでいきたい」と感想を述べられた。

昭和59年:
天皇陛下は、ご結婚六十周年について「もう六十年もたったか、という感じ。そろって元気でいられることを幸せに思う。」と感想を述べられた。

いいね、いいね。変な気負いがないし、すっと頭に入ってくる。

今年は熊本で大地震があったのに、案じています、ぐらいの作文もできないの?と言えばそうですが、全文紹介されることもない年頭所感の文書なんてもともと必要がない、と言えばそう。自分で勝手に増やした公務ですよね。外国訪問は這ってでも行くけど、こういうのは最後まで全うできないなんて、みっともないと思うわあ




短い言葉でいいからちゃんと考えてほしいです。

こんなことさえ考えられないほど認知症が進んでるのだろうか?

梅花藻さま大変大変貴重な情報を教えていただいてありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

皆様、梅花藻さまに拍手を!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

梅花藻さまに拍手!

新年早々、梅花藻さまからの貴重な情報提供に拍手です!

皇太子さまの浩宮時代からの欧州王室との交流、昭和天皇の年頭ご感想が特に印象に残っています。

昭和天皇といい、皇太子ご一家といい、秩父宮妃勢津子さまといい、高円宮ご夫妻といい、皇室の皆様は多くの海外の王室との交流をお持ちであることを改めて感じさせてくれるエピソードでした。

高円宮さまもエレナ王女来日以来、スペイン国王からのご厚意で、スペインをご訪問になられたり、「一番遠い国から来たお客様です」と結婚式にて参列した海外の王族らに紹介されたりしたというエピソードが残されていることは、既にこちらで紹介した通りです。

秋篠宮家にはそんなエピソードはありませんがね。眞子さんの留学の時もイギリス王室の○○殿下と交流されたなんて話も具体的に出てきませんでしたからね。

昭和天皇の年頭ご感想もこちらで知ることができて嬉しいです。結構、簡潔ですが、陛下の思いがよく伝わってきました。昭和天皇は最後まで年頭ご感想をおやりになられたのに、今の陛下の年頭ご感想は「負担になるから」と取り止めになった理由が更に分からなくなってきましたね。これで負担軽減になる訳じゃないし…。

改めて梅花藻さまに拍手を送ります!
ありがとうございました!!

ヘイカって小さいんだよねぇ

>東宮が公務を代わってくれたので、ゆっくり静養することができ

こうしたフレーズが、現ヘイカから発信された事があったでしょうか。
いたわりはおろか、感謝の言葉すら聞かれませんよね。
極め付けが、さんざん皇太子殿下に仕事を替わってもらっているくせに、「摂政はヤダ」です。

パチパチパチ!

梅花藻さま、そしてヘカテーさま、
色々なエピソードのご紹介ありがとうございました。

新年の感想や抱負って、そんな長々と書く必要はないのだから
何も取りやめなくてもと私も思います。
この感想を述べることや歌を数たくさん読むのはご負担で
海外行きはご負担ではないのが理解不能です。
「体を使うことはご負担ではないが、頭を使うことはご負担」と
いうことなのでしょうか。

先帝陛下のご感想はいいですね、わかりやすくて。
短い言葉の中に温かみを感じます。

No title

「回りくどくて要領を得ていない文章」といえば
川島キーコさんの結婚直前の文章もそうでした。
(もしかしたらキーコさんの父が考えたのかも?)
本当に頭の良い方は日ごろから本を読んで様々な文章に接しているからか、要点をまとめた簡潔な文章を書く方が多いと思います。

昭和天皇のお言葉

「昭和天皇100の言葉」(宝島社)の中に、「自分は戦争を阻止できなかったから、自分の跡継ぎを育てる資格がないとおもう。」というのがありました。
これは、ヴァイニング夫人が「一家が離れて住むのは良くない」と申し上げたことに対するお言葉です。

昭和天皇に戦争責任があったのかどうかは,評価の分かれるところだし、そのために後継者の教育を人任せになさったとは思えないけれど、今の皇室のグダグダぶりを見ると、「跡継ぎを育てる資格がない」などとおっしゃらずに、もっと厳しく跡継ぎを育てて頂きたかったと僭越ながら思います。

「予算は通過せりとはいえども皆国民の負担なり。針一本といえども無駄にすべからず。」
これも無駄に贅沢ばかりしている4人組に聞かせてやりたいものです。

平成は30年で終わりですからっ(キリッ)

4日、通勤の電車の中で、人の見ている新聞の一面左上に、ミチコさまの写真が掲載されていました。タイトルはオレンジ色で「平成30年史」と読めました。

http://www.sankei.com/life/news/161231/lif1612310029-n1.html

はあ、平成はミチコ女帝の時代だというのか、と思っていたところ、
次の日もまた、「陛下以外の言葉では・・」なんたらという文字が目に入ってきました。通勤途中、いつも人の広げている新聞を覗き込んでいるわけではありません、念のため。たまたま目に飛び込んできてしまった、というだけです。産経新聞の連載です。

【平成30年史 第1部皇室】

(1)高御座の中、陛下は無言で立ち上がられた 新時代の幕開け「10年かかった」抵抗の払拭

(2)「私の中国訪問は良かったのか」 国際親善に触れ合いと葛藤

(3)悲しみ誰にでも…物語に思い重ねられ 批判報道、倒れられた皇后さま

(4)悲痛な訴えに絶句…辛苦をともにされる被災地訪問 「陛下以外の言葉では心動かなかった」

(5)悩み深く、お休みになれぬ夜も…皇位の安定的継承 譲位の問いは重く

いずれまとめて本になるのでしょう。内容は読まない。平成30年史、という見出しだけが頭に残りました。だからといって、30年で終わらせるために、皇太子待遇とか上皇とか、妥協するのは絶対にイヤですからね。

親が偉大過ぎると…

昭和天皇御夫妻は、おられるだけでオーラがありました。それほど出歩かれる訳ではありませんでしたが、本当に国民を思っておられるのが伝わりました。
どうしても比較してしまいます。
いつから空飛ぶ皇室になったのでしょう?
被災地に行くな!とは、言いませんが、落ち着かない所に来られても、受け入れる側は大変ですよね。だったら、御自分逹が行かれる予算として組まれたものを一言添えて、御見舞いなさった方がどれ程良いか?と思いますが…
本題と反れてしまい、すみませんm(__)m

本日、初場所

相変わらず、外出公務はお好きな二人
身を乗り出して拍手していることでしょう
早く皇太子さまにお譲りになれば
愛子さまも観戦なさる姿を拝見できるのに

No title

(3つ上の)梅花藻さまのコメントを拝読してふと思いました。

「平成天皇実録」、自身で検閲するために、生きているうちに譲位…


 いえ、単なる妄想です。

このロクでもない騒ぎ

職場にて。

「平成は30年で終わるんだってね。」と私が言いましたら、「ねえ、びっくりしました。でも、こんなに大騒ぎするようなことですかね。どうでもいいんですけど。」という反応。

仕事に育児に介護に。みんな忙しく日々の生活に追われているのに、時事問題でもっと大事なことがいっぱいあるのに、いったいこの騒ぎは何なのでしょう。うんざりしている人も多いのでは?

そういうわけで、皇室については多少の危機感を持っている私ですが、この問題に関しては話相手がいません。同じように感じている方々の記事やコメントを拝見させていただくのを楽しみにしています。

拍手をいただきありがとうございました。ご自分の言葉で意見を述べておられる方々に比べたら、私のはただのコピペですが、4人組以外の方々の素晴らしさと、4人組のひどさを少しでもご紹介できれば。

No title

裸の王様状態なのかなあ?旧態依然のマスコミ関係者の持ち上げかたに違和感を感じず、ずーと称賛されている。と思っている。今の若者の置かれている立場を考えたらやはりもう少し自重された方が皇室のためではと考えてしまう。この様に考えるのは不遜だとは思いますがね。皇族特権での偏差値の高い大学入学。学歴社会においては庶民レベルでも詳しく知っているのにどっちらけ。それを称賛。若者そりゃ怒りますよ。有難く感じているのは高齢者の方々。次世代になったらどうなりますか。行く末を案じてしまいます。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR