皇太子ご夫妻と秋篠さんち夫婦のご弔問への考え方

高円宮さま薨去の折の皇太子ご夫妻

2002年11月21日

高円宮さまが薨去されました

spains-crown-prince-felipe-c-chats-with-japanese-crown-prince-naruhito-GTAF60.jpg


高円宮さまといえば皇太子殿下と雅子さまのキューピットの役目もされた程のお方です。

敬宮さまご誕生の際にも大変心待ちにされて

ご誕生のニュースが流れるとすぐにお見舞いを希望されましたが、

お母上の百合子さまが

「まずは妃殿下だけで行きましょう」

と仰ると非常に悔しいお顔をされたほどでした。

敬宮さまに初めて会われたのは皇太子殿下のお誕生日のお祝いの席でした。

顔をくしゃくしゃにして喜ばれたと久子さまは仰ってます。

(「女の子ならうちにもいるし~」と言ったアホな叔父とは偉い違いだぜ!)

201505111423222cb_20170204192025dd7.png

皇太子ご夫妻にとって大きな大きな存在だった高円宮さま

非常に親しい関係ではありますが、

皇太子ご夫妻はご弔問にもご葬儀にも敬宮さまをお連れになりませんでした。

敬宮さまが高円宮邸をご訪問されたのは皇太子ご夫妻が海外ご訪問を終えられてすぐでした。

(12月11日から12月29日までニュージーランドとオーストラリアをご訪問
「子供が生まれたんだからご褒美に行かせたるわ」という高貴高齢者コンビの心の中が実によく見えますね)

過去に高円宮さまはこのように仰ってます。

本来、未成年の皇族と成年皇族とでは相当厳格に区別されるんです。それまでは100のうちの5でいいところが、20歳になると突然資格ができて、一人前に振る舞わなきゃいけない。ですからもちろん宮中行事にも地方の公式行事にも子供は出られません
(『「食」の自叙伝』)

皇族の葬儀って皇室の儀式だから本来未成年が出ちゃダメでしょ。

例え非常に親しい間柄でも、落ち着いてから高円宮邸へ敬宮さまと一緒にご訪問された皇太子ご夫妻の方がヘカテーは正しいと思います。



秋篠さんち

香淳皇后崩御の折
20141102153335c0d.jpg

(ネーチャンズも出席。両親は香淳皇后の背の君昭和天皇の喪中に婚約しましたね)

桂宮さま薨去
20141211191908dcc.jpg

「ほかの宮家と交流はありません」と記者会見で言った秋篠さん。桂宮さまはご体調がずっと悪かったから余計に交流なんてあるわけがない。ご両親である三笠宮ご夫妻がご弔問にいらした後にすぐ弔問に行った挙句(普通は血縁が深い人が先じゃないの?三笠宮家や高円宮家の方々ね。おまけに着ている服が灰色と黒とバラバラ)、坊やは学校の制服ではなくスーツを着ていた。

もう、皇室内の慣習とか葬儀の常識とかどーでもいいのよ。

「先に行ったほうが勝ち!手下どもに絶賛させれば一般国民は『秋篠宮家はえらい。それに比べて東宮は』って思うわ!」
と常に計算してるんだわさ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おかしなことをやる筆頭宮家

皇太子ご夫妻と高円宮ご夫妻が外国のお客さまをおもてなしされてるお写真があったとは驚きです。今まで高円宮さまのお誘いで四殿下が式典やご鑑賞に揃ってお出ましになられる写真をよく見ていたので…。ヘカテー様、ありがとうございます。

まあ、皇太子ご夫妻は勿論、お子さまのいらっしゃる他の宮家でも当然のことをなさっているに過ぎないことです。

まず、彬子さまと瑶子さま、承子さまが昭和天皇の大葬の儀当日に、香淳皇后の時の秋篠宮家の小娘たちのようにお出ましになったなんて話は聞いたことありません。続いて、その香淳皇后が崩御された時も、当時の寛仁親王家と高円宮家からお子さま方がお出ましになられたというのもありません。もし、それが皇室の慣例であるなら、眞子さん、佳子さんがいたあの場に他のお子さま方がいてもおかしくはありません。

アンチたちは、天皇皇后と秋篠宮家こそが皇室の伝統を守っている(最近では両陛下までも赤い皇室とか言って敵に回しているが)、一方の皇太子ご夫妻と高円宮ご夫妻は皇室の伝統を壊そうとしている云々と、変なものを確立させていましたが、実際に皇室の慣習やらを遵守していたのは皇太子ご夫妻と高円宮ご夫妻だったのですね。

高円宮さまはプライベートとしてお子さま方を同行されたり、田植えの体験行事とかに絢子さまをお連れになることは多かったですけど、宮中行事や公的性格のある地方の式典とかには決してお子さまをお連れにはなっていませんでした。寛仁親王家も同様でした。皇太子ご夫妻も外国訪問から帰国された直後に敬宮さまを高円宮邸にお連れになっていることから、ちゃんと公と私を分けて考えていらした訳ですね。

結論を申せば、一番おかしいことをやっているのは秋篠宮家ということですね。でも、まさか桂宮殿下が薨去された時に悠仁さまも連れて一家総出で弔問に押し寄せるとは思わなかったです。秋篠宮家が桂宮家と親交あるなんて話もなかった訳ですし、そうであっても一家総出で弔問なんかしませんよ。

歪んだ親の姿

秋篠宮・紀子妃の子供連れ弔問…。
皇室の常識を外れても、むしろ優等生気取りで、厚顔な振る舞いをしている(そんなんだから、華子妃にシッシされちゃうんですね)。
自分の子供を、己が成り上がる踏み台としか認識していない証拠ですね。
五体が正常に生まれたお子さんでも、心が曲がらない筈がない。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR