皇太子殿下茅ケ崎の町工場をご視察&茅ケ崎の企業ご視察された時の話





皇太子さま、金属加工技術をご視察

産経新聞 3/9(木) 7:55配信
皇太子さまは8日、経済産業省の推薦による企業視察の一環で、小型人工衛星の部品製造などを行う「由紀精密」(神奈川県茅ケ崎市)を訪問された。同社はねじ製造中心の町工場だったが、ITバブルの崩壊後に金属加工技術を生かし、航空宇宙産業、医療機器分野に進出して実績を上げている。皇太子さまは、ロケットエンジンの部品を自動制御で削り出す工程を見学し、「すごい技術ですね」と感心されていた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000092-san-soci

残念ながらヘカテーお休みじゃなかったので歓迎に行けず

下郎下女どもは皇太子殿下がこのようにご視察されてるのに

難癖つけて叩いてます。

夫婦一緒じゃなきゃ一人前の仕事ができない奴らと一緒にするな!

(まあ二人合わせても皇太子殿下お一人の力もないけどな!)

さて、「由紀精密ってどこにあるんだろう?」とグーグル先生で調べてみたらさ

東邦チタニウムと近いんですね。

「あ、東邦チタニウムって皇太子殿下が何年か前に視察にお見えになった会社だ」

と思って東邦チタニウムのHPをチェックしました。

そしたら、ありましたよ!

CSR情報のライブラリーに残ってました。

じゃじゃじゃーん!

http://www.toho-titanium.co.jp/csr/library.html

http://www.toho-titanium.co.jp/csr/pdf/csr_2012.pdf
" height="335" />

2012年6月6日に東邦チタニウム茅ヶ崎工場をご視察された皇太子殿下

なぜこの会社が選ばれたとかと申しますと↓

今回のご視察は、東邦チタニウムの半世紀にわたって培われた金属チタンの製造技術を経済産業省から宮内庁にご推薦いただき、素材産業として初めて実現したものです(CSR情報より引用)

で、皇太子殿下を実際にご案内したお二人のお話

久留嶋社長(当時)
皇太子さまのご視察は、経済産業省が初めて素材産業を推薦されたこととあわせ、当社にとって非常に名誉なことであり、社員にとっても大きな喜びとなりました。チタンの仕事を長い間真面目にやってきたことが報われたと思っています。皇太子さまは、チタン製品や製造工程について非常に関心が高く、熱心に説明に耳を傾けられ、いろいろとご質問されていました。特に、航空機の素材がアルミ系から炭素繊維とチタンに変わりつつあることに、大きなご興味を持たれたようでありました。現場では若い社員にもお声をかけてくださいました。彼らにとっても大変得難い経験になったのではないかと思います。このたびのご視察を通じて、チタンのついてのご理解をさらに深めていただいたことを今後の大きな励みとして、チタン産業のさらなる発展に向け、努力を重ねてまいる所存です。

小瀬村常務(チタン事業本部長)
皇太子さまの先導役という大役を仰せつかり、ご到着されてからお帰りになるまで、行動をともにさせていただきました。このようなことは今後二度とないでしょうし、大変名誉な体験をさせていただいたと感謝しています。
現場のご視察時における説明に際しては、専門的なことをどのようにお伝えすればよいか悩みましたが、まったくの杞憂でした。皇太子さまにはいろいろなご質問をいただきましたので会話も弾み、この大役を果たすことができました。チタン製のカップをご覧になられ、「これ、いいですね」と三度も仰せられたことが印象に残っています。
今般のご視察では、現場の方にもいろいろと協力をいただきました。関係の皆様には、あらためて感謝を申し上げたいと思います

お、ちょっといい話じゃないっすか~

えー、皇太子ご夫妻は非常な勉強家でして、

殿下ご自身も独身時代から公務に関する資料を事前に読んで予習されてました。

殿下のご性格を考えたらそれでも十分読まれてたんですよ。

それが雅子さまとご結婚されて

外務省のエリートだった雅子さまがものすごくよく予習されるのを見て

「私も頑張らなければとさらに頑張るようになられました」

うーん、「水は器に従いて」ですね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今上も企業視察は殆ど単独です

今上も、年に一回か2回、企業視察を行ってますが、これは基本的に、今上一人で行ってます。
以前、今上夫妻の公務状況を調べたときに、「美智子さん、町工場には関心ないんだな」と思いましたから。

企業視察と魚類関係は、今上が一人です。
同日、美智子さんは別の「ご覧・ご鑑賞」に行ってます。
つまり、別々に単独で行ってるってことです。
自分たちは、好きなようにやっているくせに、なんで長男夫婦ばかりデタラメなバッシングをさせるのか。

今の天皇と皇后のやり方は、もう相当に特異なものですから、踏襲などする必要ありませんよ。
美術展、コンサート、観劇を年に50回以上なんて、まともな人間のやることではありません。

説明役の方を驚かせてしまうのが両殿下

こうした企業へのご視察って、確か皇太子殿下が単独でなさっているものですよね。雅子さまが長期療養に入られる以前の2002年の時は、世界ガス会議か何かご進講の一環で殿下お一人で視察されたこともあります。

天皇陛下だって毎年、中小企業を視察されますが、その時は流石に皇后さまは同伴されないでしょ?今回もそれと同じですよ。

アンチはまだまだお勉強不足ですね。何でも夫婦同伴の公務こそご立派なんて思っているところは相変わらずだなって思います。

皇太子さまも雅子さまも公務の前に予め資料などでお調べになっていると思うので、分かりやすいように説明しないといけないというプレッシャーをどうしても抱えてしまう説明役の方を驚かせ、次第に話が弾んでしまうんですよね。そういうお話よく耳にします。

皇太子さまのそういうお姿は、やはり亡くなられた高円宮さまとそっくりだなって思います。殿下も知らないうちにスペイン語を勉強され、スピーチなどで披露され、妃殿下始め周囲を驚かせてしまうという素敵なエピソードをお持ちでしたからね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR