迪宮、淳宮、光宮の皇孫殿下のかわいい話

『思い出の昭和天皇』という本があります。

これは昭和天皇の身近にいた人たちにインタビューをしたものです。

第一章 東久邇信彦氏・壬生基博氏
(昭和天皇の外孫で東久邇成子さんのご子息)
第二章 池田厚子さん
(昭和天皇の第四子で岡山の池田家に嫁がれた)
第三章 秩父宮妃勢津子さま・高松宮妃喜久子さま
(昭和天皇の弟宮のお妃)
第四章 寛仁親王
(三笠宮さまの第一子で皇族辞めたいと言って昭和天皇にものすごく怒られた方)

第三章の勢津子さまと喜久子さまのお二人のインタビューした章でめっちゃかわいい話を見つけましたのでご紹介します。

以下太字の大きな文章は上記本からの引用です。

秩父宮妃
お三方さまに、三田市する方々や地方からなど、おもちゃとか、スポーツ用具とかお人形や、土地の名産など「皇孫さまに」といって献上があったようです。お人形のときのことが書いてありましたけれど、お三方まで、三つの人形をそれぞれお選びになるわけね。陛下はやっぱりそのころから兄上さまだからいつも弟さまたちに「お先に」とおっしゃるんです。

高松宮妃
なかなかできないことですわね

秩父宮妃
そういうようにお躾けられになったんですね。お子さまだし自分の欲しいものは欲しい。まず高松宮さまが真っ先に「ありがとう」とおっしゃってお取りになる。今度は、秩父宮さまがほんとうにめずらしく「お兄さまがお先に」とおっしゃるんですね。
そしたら陛下がびっくりあそばしたと同時にやっぱりお欲しいものをすぐにお取りになった。秩父宮さまは結局、欲しいものがなく、残ったものをやむを得ずお取りになった。涙を流さんばかりで。

高松宮妃
おかわいいわねえ。

秩父宮妃
ほんとうにおわかいいの。お側の拝見した人が書いているのだから、ではない。



いやー、かわいいですね。

昭和天皇の御称号が迪宮
秩父宮さまの御称号が淳宮
高松宮さまの御称号が光宮

昭和天皇と秩父宮さまって1歳差だからどっちがお兄ちゃんかおちびちゃんの頃は分かりにくいです。
(ほとんど身長が一緒)
800px-Crown_Prince_Yoshihito_and_sons_1904.jpg
(ウィキペディアの大正天皇の記事より)

2016102817384171ds_20170310152051360.png
(貞明皇后が撮影した四人の親王さまの写真)

さらにこんなエピソードもあります。

秩父宮妃
お三方がご一緒に、当時の青山の皇子御殿でお育ちになって、そしてその後皇太子さまだけが、高輪の御所、つまり東宮御所にお移りになって、特別なご教育をお受けになることになったわけ。

高松宮妃
つまり東宮御学問所ね。

秩父宮妃
そう御学問所。それでお三人さまはお別れするときがきて・・・・・・。お別れのお悲しみはたいへんでした。秩父宮さまと高松宮さまが、そのとき冬だったもので、「明日は、雪になれ雪になれ、大雪になれ、大雨になれ」って祈ってらしたんですって。そしたら、ほんとに大雪で東宮さまが高輪へお移りするのがご延期になり、バンザイ、バンザイでみなさんお喜びだったと、それも書いてありますよ。ところがそう長くは降ってないでしょうから、その翌日は晴れて、いよいよお別れで、あとのお二方さまも別々のところの御用邸にいらっしゃることになりました。陛下は沼津、高松宮さまは小田原、うちの宮さまは葉山と、別々に違うところへおいでになったとあります。ほんとうにお気の毒でしたのね。


スッゲーかわいいんですけど!

ご兄弟は大きくなるとその立ち位置から戦争に関する考えは一致しない時もありました。

それでも仲はよかったのです。

兄宮は弟と思い、弟宮は兄宮の役に立とうとした。

昭和天皇は体の弱い弟を一方的に虐める兄ではなかったし

弟宮さまたちもたとえ兄弟であっても身分が違うということをわかっていた。

三笠宮さまは二人の兄上に「兄貴よりもうちのほうが偉い。なぜなら男の子がいるから。そっちの予算をこっちに回せ。金寄越せー!」なんて仰らなかった。

昭和天皇の息子が大正天皇みたいに子煩悩で気取ったところがない優しい人だったらこんなヘーセーにならなかったでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どこぞの筆頭宮家にも聞かせてやりたい

って言っても無駄でしょうけど…。

昭和天皇、秩父宮さま、高松宮さまのご兄弟に纏わるお話には、本当に温かみのあるお話が多いですね。

秩父宮さまは後に皇道派に次の天皇として担がれそうになったり(あくまで噂ですが) 、昭和天皇と意見が合わなかったりと色々と苦労もありました。高松宮さまも昭和天皇と意見が合わなかったりとあったようですが、それでもご兄弟の絆は一層深まるばかりで、このご兄弟の絆があったからこそ、日本が大変な時期に皇室が一つに纏まったんだと思います。今の皇室には無理な話です。

こうしたお話を聞く度にいつも高円宮さまが居てくださったらと本当に思います。もし、今も殿下がお元気でいらしたら、秩父宮さま、高松宮さまのように次の天皇陛下になられる皇太子さまをもっとお支えすることになったと思います。天皇は確かに孤独な立場ではありますが、だからこそ三殿下のような皇族の存在が必要だと思います。

秋篠宮さん?あの残念な弟宮に期待することなんて一つもありません。また兄宮に迷惑かけるだけですから。本当に皇太子さまがお気の毒です。

No title

迪宮さまと浩宮さまが重なります。
大正天皇が即位されてからお生まれになった澄宮さまを「こちらは生まれながらの皇子だから」みたいにお兄さま方が冗談めかしておっしゃるエピソードも好きです。

大正天皇の愛情。

巷で、大正天皇がなにかの障害あるいは精神病の人物のように思い込んでいる方をよく見ます。
私の考えでは、大正天皇は身体的に非常に虚弱で、むしろ芸術系のご気性の持ち主、そしていわゆるマイホームパパ。
明治生まれの男性で、幼い我が子の手をひいて散歩するなんていませんよ。
大正天皇は週に2度、家族5人(三笠宮さまはまだお生まれになってません)での夕食、そのあと妻である節子妃の弾くピアノで子供たちと歌を歌われることを非常な楽しみとされていたのです。お好きな歌は「世界漫遊の歌」。
こんな愛情あふれた環境で廸宮・淳宮・純宮は成長しました。

…つまり大正天皇は、軍国主義下の現人神には最も不向きな人物だったのです。
当時の軍部は、大正天皇の虚弱さが渡りに船だったでしょう。
第一皇子の廸宮の二十歳を待って摂政宮とし、数年後、大正天皇崩御。
戦争がなければ、昭和天皇と香淳皇后もお子さま方をせめて同じ敷地内で見守られ、週末には家族団欒。
昭和天皇の第一皇子もあんな人にならなかったと思います。長男は2才で軍部に取り上げられてしまいましたからね。

印象操作された天皇

 大正天皇のエピソードには現在の天皇家を彷彿とさせるものがいくつかあります。皇太子時代から国内巡幸で国民に親しくその存在を知らしめようとされたこと、兄とも慕う有栖川宮威仁親王が若くして亡くなられたこと、ご病状が報道され、その為に帝に相応しくないような印象を与えられたこと、英明な方であったのはその御製からも窺えるのに、遠眼鏡事件のような噂が(恐らく意図的に)流布されたこと、摂政を置くのに積極的ではなかったらしいこと、など。
 千代田城の奥では歴史に倣い、手法を真似たのではないかと思われる史実です。なるほど、摂政を置くと、大正天皇のように、皇位を全うできない状態だと思われるのでしょうね。大正期の印象操作の手法が平成でも通用しているかどうかは、このようなサイトで意見を述べる方の数、その内容で自ずと知れますよね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR