敬宮さまの中等科卒業文集がすごい!

世界の平和を願って

敬宮 愛子

卒業をひかえた冬の朝、急ぎ足で学校の門をくぐり、ふと空を見上げた。雲一つない澄み渡った空がそこにあった。家族に見守られ、毎日学校で学べること、友達が待っていてくれること…なんて幸せなのだろう。なんて平和なのだろう。青い空を見て、そんなことを心の中でつぶやいた。このように私の意識が大きく変わったのは、中三の五月に修学旅行で広島を訪れてからである。

原爆ドームを目の前にした私は、突然足が動かなくなった。まるで、七十一年前の八月六日、その日その場に自分がいるように思えた。ドーム型の鉄骨と外壁の一部だけが今も残っている原爆ドーム。写真で見たことはあったが、ここまで悲惨な状態であることに衝撃を受けた。平和記念資料館には、焼け焦げた姿で亡くなっている子供が抱えていたお弁当箱、熱線や放射能による人体への被害、後遺症など様々な展示があった。これが実際に起きたことなのか、と私は目を疑った。平常心で見ることはできなかった。そして、何よりも、原爆が何十万人という人の命を奪ったことに、怒りと悲しみを覚えた。命が助かっても、家族を失い、支えてくれる人も失い、生きていく希望も失い、人々はどのような気持ちで毎日を過ごしていたのだろうか。私には想像もつかなかった。

最初に七十一年前の八月六日に自分がいるように思えたのは、被害にあった人々の苦しみ、無念さが伝わってきたからに違いない。これは、本当に原爆が落ちた場所を実際に見なければ感じることのできない貴重な体験であった。

その二週間後、アメリカのオバマ大統領も広島を訪問され、「共に、平和を広め、核兵器のない世界を追求する勇気を持とう」と説いた。オバマ大統領は、自らの手で折った二羽の折り鶴に、その思いを込めて、平和記念資料館にそっと置いていかれたそうだ。私たちも皆で折ってつなげた千羽鶴を手向けた。私たちの千羽鶴の他、この地を訪れた多くの人々が捧げた千羽鶴、世界中から届けられた千羽鶴、沢山の折り鶴を見たときに、皆の思いは一つであることに改めて気づかされた。

平和記念公園の中で、ずっと燃え続けている「平和の灯」。これには、核兵器が地球上から姿を消す日まで燃やし続けようという願いが込められている。この灯は、平和のシンボルとして様々な行事で採火されている。原爆死没者慰霊碑の前に立ったとき、平和の灯の向こうに原爆ドームが見えた。間近で見た悲惨な原爆ドームとは違って、皆の深い願いや思いがアーチの中に包まれ、原爆ドームが守られているように思われた。「平和とは何か」ということを考える原点がここにあった。

平和を願わない人はいない。だから、私たちは度々「平和」「平和」と口に出して言う。しかし、世界の平和の実現は容易ではない。今でも世界の各地で紛争に苦しむ人々が大勢いる。では、どうやって平和を実現したらよいのだろうか。

何気なく見た青い空。しかし、空が青いのは当たり前ではない。毎日不自由なく生活ができること、争いごとなく安心して暮らせることも、当たり前だと思ってはいけない。なぜなら、戦時中の人々は、それが当たり前にできなかったのだから。日常の世界の一つひとつ、他の人からの親切一つひとつに感謝し、他の人を思いやるところから「平和」は始まるのではないだろうか。

そして、唯一の被爆国に生まれた私たち日本人は、自分の目で見て、感じたことを世界に広く発信していく必要があると思う。「平和」は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから。

「平和」についてさらに考えを深めたいときには、また広島を訪れたい。きっと答えの手がかりが何か見つかるだろう。そして、いつか、そう遠くない将来に、核兵器のない世の中が実現し、広島の「平和の灯」の灯が消されることを心から願っている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000069-mai-soci

これだけの文章を書ける中学生って今の時代にどれだけいるのだろうか?

敬宮さまの場合は曾祖父が昭和天皇であることが普通の中学生とは異なります。

(戦争の当事者だからね)

広島にただ行ったのではなく、

ちゃんと平和とは何かを真摯に考え成長された。

これだけでも素晴らしいがヘカテーが驚いたのは

「家族に見守られ、毎日学校で学べること、友達が待っていてくれること…なんて幸せなのだろう。なんて平和なのだろう。」

と書いていらっしゃることです。

ストーカーのようにマスコミに追い回され、ご自分とご両親殿下を毎週毎週悪し様に書かれ、ネットでは下郎下女どもに叩かれ、

その黒幕が自分の父方の祖父母と叔父叔母ということ

そんな環境でも幸せと思われることがすごいと思う。

まあ今の安倍政権にとっては恐るべき脅威だろうね。

日本会議の狙いは

「天皇をトップにしてまた戦争ができる国にすること」

ですもの。

敬宮さまのように平和を心から願う天皇よりも

何にも考えずに「あ、ここに署名すればいいのね。簡単簡単」という人間が天皇の方が楽だもの。

この作文を武蔵野に眠るお二方も読んでたら喜ばれただろうな
p-wonderjapan-25-05.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛子さま、ご卒業おめでとうございます

これは……中学生が書いたものとは思えない文章力ですね(汗)
と言ってしまうと「愛子さまを疑っているのか」と叱られてしまいますね(((^_^;)

これだけ素晴らしいお考えを持っておられるなんて……
将来女帝になられるのに申し分ないのに……今だ国会がグズグズしているのが何とも歯痒い。

比べるまでもありませんが、秋篠宮の姉妹は中等科をご卒業される頃、果たしてこのような文章を書けただろうか?
そして悠仁親王は今の愛子さまの年齢になったとき、このような意思を持てるようになれるだろうか?
まぁ、言わずもがなでしょうけど(笑)

昭和天皇と良子様は天国でさぞやお喜びでしょうね。愛子さまの作文は成子さまの作文を彷彿させるものがありますね。娘様のことを思い出しているでしょうね。

国語や道徳の教科書に!

良い文章というのは、書かれている内容や意味がスッと入ってきます。
変に小難しい単語や言い回しを使わず、平易な言葉で短く書かれているものです。

今日の昼休みが終わる頃、ネットニュースで敬宮様の卒業文集が掲載されているのに気付き、短い時間に慌ただしく拝読しましたが、一読しただけで敬宮様の体験されたことや思いが伝わってきました。

誰もが簡単に読める文章(しかも長文)を書くことは想像以上に難しいです。人より素晴らしい文章に見せようと、冗長な説明が入ったり回りくどい表現を使ったりすると、そうすると書き手の無駄なテクニックばかりが鼻についてしまいます。また、回りくどい文章ほど、中身が薄っぺらいものです。その最たるものが一本眉の高貴な方と未来のテンノー母。実際なーんも考えてないから、文章があっちゃ行ってこっちゃ行ってとりあえずなんとなーくそれっぽい感じにしてるだけっしょ…(しまった!自分の文章も崩れちまった!)

今回の敬宮様の文章は、国語や道徳の教科書に採用されてもおかしくないくらい、内容も文章としても素晴らしいものです。

尊敬

愛子様、ご卒業おめでとうございます。
と、お祝い気分でいたところ、この作文に感銘を受け心が揺さぶられ涙が溢れそうになりました。
まだ中学生のお方が平和についてこれほど思慮されておられることに、自分が恥ずかしくなりました。
そのように考えてみても文章に表すことは難しいです。
なんだか愛子様についていきたくなってしまう、導いてくださるものを感じます。
お言葉を拝聴することはできないでしょうから時々このような作文を発表していただきたいものです。
そしてとっても可愛いご卒業のお姿に嬉しくてたまりません。

嬉し涙から悔し涙へ

敬宮様の作文の素晴らしさにただただ涙です。「文才がある」の一言では片付けられない、本当に国民の心を揺さぶる文章だとつくづく感じました。「教科書に載せてもいいくらい」と誰か(ミヤネ?)が言っていたようですが、心から賛同いたします。
敬宮様が少しずつ元通りの体型を戻されていることや、ご一家の明るい笑顔に安堵し喜んでいたのもつかの間…有識者会議でもいきなり「秋篠宮の呼称をどうするか」という議題を持ちこんできたようです。一気に暗い気持ちになりました。そして再び涙が出てきました。
今日の敬宮様を見てもなお、あの50超えたメッシュオヤジが次の継承者に決まったかのような話をする有識者や議員ら。彼らは私の目からはエイリアンにしか見えません。同じ日本人に思えず、どこか別の星から来た連中がこの国の事情をわかろうとせず意味不明なことを一方的にベラベラしゃべっている感じ。もはや彼らとの意思疎通は無理なんだろうか。私は一体どこの国に住んでいるのだろう。と思うと悔しくてたまりません。

毎日スクランブル

平和、平和のお題目を唱えてピン差し旅行をしている明仁&美智子コンビ。その劣化版が秋篠一家ですね。戦争は始めるより、終わらせるのが大変。昭和帝がどのように終戦に辿り着いたのか、そういう事を愛子様は勉強しておいででしょう。一番いいのは戦争をしない事だけど、相手のある事だから、平和、平和と唱えているだけでは、国益は守れない。相手に手強いと思わせるだけの軍事力が必要と言う事も解っておいででしょう。現実に前線に立つ制服組は、緊張関係のある国の制服組と暗黙の了解があって、毎日微妙な押し引きをして、決定的な事態を避けている。戦争にならないように、常に戦争の準備をするのは、矛盾しているようでも、それが現実。理想に走って現実を見失ってはいけないし、現実に流されて理想を捨ててもいけない。平和って辛抱ですね。

秋篠宮にはないもの

愛子さまのご卒業と卒業文集。あの悪名高いで定評のあるヤフコメでもお祝いと絶賛の嵐で、とてもアンチどもが占拠できる状況ではありませんでしたね。

先日の東日本大震災追悼式での秋篠宮夫妻の振る舞いと秋篠宮のお言葉を読むところを見たけど、あまりにも酷かった。みっともない振る舞いだったし、秋篠宮のお言葉も全然心が込もっていなかった。7年前の阪神淡路大震災15周年追悼式典にご臨席された皇太子ご夫妻の時とは明らかに違っていた。

こんな虚栄心に満ちた弟宮夫妻を男系男子だからという理由で、皇太弟、皇太弟妃、更には将来の天皇皇后として迎えることなんてとてもできないし、不安を抱く。

それに比べ、今日の皇太子ご一家、特に愛子さまの笑顔はどこか安心感を与えてくれるものでした。愛子さまの卒業文集からでも同様でした。

私は小さい頃から、皇室と言えば、自然と皇太子ご一家や高円宮ご一家という印象が強いということもあるのでしょうけど、そうでなくても、皇太子ご一家や高円宮ご一家には秋篠宮家には絶対にないものがあると感じるんです。

ミヤネ屋では、この卒業文集は教科書に載せてもいい物だと言うてました。
橋本五郎さんが。また、安倍さんにも参考にして教えてもらいなさいともね。
私もそうだ❗️って思いました。
ご両親が素晴らしく頭が良く、真っ直ぐな方なので自然とお子様もそうなる。
いわゆる我々で言う家庭環境ってやつね。
アホな両親を持つと、出来損ないの娘ふたりと息子はやっぱりアホ。
出来損ないの娘ふたりが中学生の時にこれだけの文章書けましたか?ってね。
それは、両親をお手本にしているから無理でした。
この両親は、またアホの年寄り父ちゃんと日本のイメルダ母ちゃんをお手本にしている。悪循環だよ。
そして、なにやらアホ両親の父ちゃんが皇太子やら皇太弟にしましょうと議論されているとやら…
秋篠宮のままにしといてくれ❗️
敬宮愛子さまというご立派な方がおられるんだからいらんことしないで。
皇太子は敬宮愛子内親王殿下しか考えられないだから。

涙が出ました

さすが、昭和天皇のお血筋です。
中学生でこの文章。
影子やら、ゴーストやら言ってる人達恥ずかしくないんですか。
愛子様が痩せられたら雅子妃殿下のせい。皇太子御一家と何の関係もない精神科医の医師とやらが、わけ知り顔で週刊誌に登場する。
あまりに酷過ぎて涙が出ます。
けれど、皇太子様、雅子妃殿下、敬宮様、国民はわかっています。

この作文を…。

「教科書に乗せたらいい」と、ミヤネ屋で、橋本五郎氏が言われていました。

大きく頷きました。

ミヤネ屋、たまにはマトモな放送しますね。

すばらしい文章

臨場感ある、真摯な思いのこもったすばらしい文章ですね。
優しさと知性を感じます。
おバカなマスコミや、下郎下女のみなさんの文章とは、大違いです。

あの感動が再び…

記事のupありがとうございます。
昨日は、ただ、ただ感動でした。
また今日、改めて拝見して、本当に素晴らしいと感動を新たにしています。
心が洗われるように思います。
連れ合いも感動で「すごいよな!」を連発してました。
今まで、皇室に関心がなかったのに…です。
きっと同じように感じた方もたくさんいらっしゃると思います。

是非、先帝陛下に…

この度の敬宮さまの作文をご覧頂きたいと思いました。
文章力も素晴らしいですが、書かれている内容が
まさに「国民の象徴」となられる方に相応しいと思えたからです。

先帝陛下が生きていらしたら、きっと敬宮さまをとても
可愛がって下さったと思うと、涙が出そうになります。
今の父方の祖父母はあの通りですから。

このように聡明で、本物の「慈愛」(誰かさんのようなニセモノの
ジアイではなく)に満ちた方に、是非「国民の象徴」になって
頂きたいと願っています。

異次元プリンセス

ヘカテー様、何時も更新を楽しく拝見させて頂いております。
敬宮様ご卒業の際の、ご家族とのお出ましは、大変素晴らしいものでございましたね。
敬宮様はお元気になられたようで、雅子妃も体調が宜しいようで、一民草として、誠に安心致しました。
敬宮様が、胃腸炎から始まって体調を崩されておられる間、マスコミからの激しいバッシングに遭われて、どれだけお心お寂しく悲しまれて居られるかと思って心配しておりましたが、卒業文集には、平和をお考えになられていたと…。
俗人とかけ離れた感性をお持ちの、真の女一ノ宮。
誠に平伏す思いになりました。
高等学校の入学式のお出ましも、とても楽しみですね。

中学生がこんな卒業文集、書く訳ねぇだろ、バカ❗

お邪魔いたします。
いくら子供とはいえ皇族がこのような題材で作文を書くというのは間違っているのではないでしょうか。
そして親は厳にそれをたしなめるべきでしょう。
逆にどうだ!と言わんばかりのどや顔でいる親たちに、自分の立場を理解しているのか聞いてみたくなりました。
理解しているのならあれこれ選り好みせずお勤めに励まれることと思いますが…
皇族としての自覚がない親ではこれから先も心配になりました。
 

私の祖父は広島で被爆しました。旧制中学校1年生(12歳)でした。
自分も心身に傷を負いながら、まわりの人に水をあげたり怪我人を介抱したと聞いています。

愛子様の文章を拝読して涙がでました。
この方は、他人の心を真に思いやる優しさと、真実を恐れずに真っすぐに伝える勇気をお持ちです。文章力の素晴らしさは云うに及びません。

心の高貴さとは何か、教えて頂いた気がします。
この方を女帝にと心から願います。
ご両親殿下も、ご成長をどれほど嬉しくお思いでしょう。

ご卒業心よりお祝い申し上げます。

ははは〜

いい大人が「悠仁は海の子体操がしたくなりました」だものね
中学生がこれだけ書くなんて信じられないよね
私も語彙的にはこのくらいの作文を書いてたな
本を読みあさってたから
性格が良くないから、こんなに感動的じゃないけど

愛子様は小学生 から同じ個性で、少しずつ上達している
ゴーストライター頼んでるの、お宅の旦那の方じゃないの?

No title

徳田新之助 「中学生がこんな卒業文集、書く訳ねぇだろ、バカ❗」
読書嫌い丸出し文章お疲れ。
自分が作文下手糞だったからと、他人様も己と同じだと思うんでねえでげすわよ。
文豪と言われる御方々の、ガキの頃の作文を読んで見なさい。
図書館行けば閲覧できるから。
そしたらアンタ様、己が恥ずかしい人間だと解るから。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR