秋篠さんちが皇太子ご夫妻の分の公務をしたなんてデマ、外廷皇族で一番忙しいのは高円宮家。これが真実です

下郎下女への反論としてパーフェクトなコメントをいただきました。

AB型さまコメント

何を見て秋篠宮さんが実質皇太子としての公務、祭祀を真摯に行っていると思ったのでしょうか?

アンチの人々って、よく公務や役職の多さで、皇太子さまと秋篠宮を比較して、それだけを見て「秋篠宮殿下の方が天皇陛下に次いで公務を多くこなされてる」って言いますよね。

でも、そもそも天皇、皇太子はそのお立場上、役職に原則お就きにはなりません。お就きになるとしても、せいぜい日本赤十字社名誉副総裁、オリンピック・パラリンピック名誉総裁、日本・○○国友好~年記念名誉総裁ぐらいです。内廷の公的行為は、天皇皇后両陛下と皇太子同妃両殿下が分担なさっていらっしゃいますし、役職にも原則お就きにはならないため、宮家と比較して公務が限定的になるのは当然のことです。

彼らはよく「雅子さまが療養に入られたから秋篠宮ご夫妻の負担が増えた」などと言いますが、それも明らかな嘘。雅子さまがご静養に入られた後も皇太子ご一家の公務は殆ど皇太子さまがお一人でこなされていましたし、雅子さまが静養に入られたからと言って、その分が秋篠宮夫妻に移ったこともありません。更に雅子さまは先日、3月9日の「なるほど展」へのお出ましのように公務という形でなくても、私的行為として可能な限りお出ましを続けていらっしゃいます。宮内記者たちがそれに文句を言うのは、私的行為でのお出ましなので、カメラ撮影ありの取材が許されないから。雅子さまのお出まし姿を撮影できないと、部数が伸びないんだもん。それぐらい妃殿下の国民的人気は今でも根強いということなんでしょうね。

秋篠宮夫妻の公務が増えた要因は宮家皇族として受け持つ役職が増えたからでしょ。高松宮妃殿下、三笠宮殿下、寛仁親王殿下、桂宮殿下が薨去され、従来のように役職を引き継ぐ皇族が少なくなっているため、やむを得ず秋篠宮が引き継いでおり、それに伴い公務が増えているに過ぎない。高円宮殿下がお亡くなりになられた時は、同妃久子殿下が殆ど引き継がれたから、秋篠宮が引き継ぐことはなかったが、それ以外の場合はそうもいかなかったから、秋篠宮の公務が増えている。

アンチたちは知らないのか、それとも知りたくないのかは分からないけど、私が調べた限り、2002年の時点で宮家皇族の中で圧倒的にお忙しかったのは高円宮ご夫妻です(今でも久子さまが一番お忙しいのですが)。当時の秋篠宮夫妻なんて公務の数は少なかったし、筆頭宮家の割りには存在感がまるでなかったと言ってもいいぐらいですね。この私でも小学生の頃、皇室で一番印象にあったのは、両陛下以外では皇太子ご夫妻と紀宮さま、高円宮ご夫妻ぐらいだもん。秋篠宮家の存在なんて、あの懐妊騒動の時に初めて知ったわ。もし、高円宮さまがいてくださったら、秋篠宮家なんてもっと存在感なかったんじゃないかと思いますよ。

個人的には公務の数の多さなんてどうでもいいです。問題は公務への姿勢ですね。高円宮さまは皇族というお立場をよく理解され、ご自分を積極的に使うことで日本と皇室のために貢献できればというお考えでした。サッカーの振興だって、単に殿下がお好きだったからというだけではなく、サッカーを通じて国際交流を深めたり、チームで協力し合うことの大切さを学ぶことができればというお考えがあったからです。

一方の秋篠宮の公務への姿勢はどうでしょうね。例えば、生き物学会や動物園とかって、「生き物、動物に直接接する機会を子どもたちに増やして、命の大切さを学ぶきっかけになれば」とかの考えがあるなら、大いに賛同しますが、ほぼ趣味でやっているようにしか見えません。巷では食べて飲んで、お喋りをするとしか聞かないし、秋篠宮妃の手話公務も単に自分の手話を披露するだけで、手話を通じてどのように社会を良くしていこうかという考えが全く伝わってこない。もしかして秋篠宮夫妻の言う「受け身」の公務って、単に与えられたお仕事を全うするだけという意味だったのかしら?それなら皇族の公務へのご姿勢としては最悪ですね。秩父宮妃殿下が尽力された結核予防会も秋篠宮妃に引き継がれてからというものの、随分と印象が悪くなったようにも感じられます。

まあ、皇位継承問題も解決し、愛子さまだけではなく彬子さま、瑶子さま、承子さま、絢子さまのお立場も落ち着けば、秋篠宮家の存在感なんて再びなくなると思いますよ。



皆様、AB型さまに拍手を!

いやー、ここまで理路整然と下郎下女へ反論されると胸がすっとしますね。

本当にさ、秋篠さんちって何もやってないんですよ。

高円宮さまが生前お話されてますが、この日は何も予定が入ってないという日は一年のうちに3日しかない位忙しかったのです。

高円宮さま自身お仕事をされてましたし、公務の依頼を断るということをされなかったのでものすごく忙しかった。

ですが、「めっちゃ忙しい!」とアピールなんてされなかった。

秋篠さんちは公務の数で勝負してますけど、ほとんど趣味を勝手に公務枠にしたものばっかりなんですよね。

こういう事実を国民が知るようになる日はいつになるのだろうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

秋篠宮家の実態を…。

全ての日本国民が「秋篠宮家の実態(本当のこと)」を知る日は、おそらく無いのでは?と思えますが。

新聞と週刊誌しか読まない&テレビだけ が情報源の国民って、まだまだ多いのでは?

実際、私の実家の母も、新聞&テレビの情報が正しいと信じていますね。何を話しても「聞く耳」を持たないというか…。

両陛下世代の人で、アナログ生活を過ごしている方々に、何を言っても「時間の無駄」だと、最近思います。

日本国内には、「皇室」を消滅させたい人が沢山住んでいますし、マスコミもその勢力に乗っ取られていますから。

もう、東宮ご一家支持の国民が「勢を揃えて」抗議行動をするしかないでしょう…。

と思っておりましたら、INDEX様のブログのほうで、動きがありました。
私も賛同したいします。

先日の東日本大震災追悼式でも…

ヘカテー様、私のコメントを取り上げて下さり、ありがとうございました。

そう言って下さり嬉しいです。私個人としては色んな資料やニュースなどを探して調べらことをまとめたまでに過ぎないのですが…。

そういえば、某アンチ東宮ブログでは、先日の秋篠宮の読んだ東日本大震災追悼式でのお言葉が宮内庁のHPに全く掲載されていないことに対して、宮内庁にいちゃもんつけているようです。

どうやら彼らは、東日本大震災という重大な出来事に関する追悼式であったにも関わらず、天皇皇后両陛下の名代として出席した秋篠宮夫妻のお言葉はなぜ掲載しないのか、ということでした。折角ですので、これについても私も厳しく指摘しようと思います。

結論から言って、秋篠宮夫妻は天皇皇后両陛下の名代として追悼式には出席していません。6周年を機会に両陛下が出席を控えるということになり、政府が過去の事例を踏んだ上で、秋篠宮夫妻に出席の要請をしたまでに過ぎません。

そもそも御名代として出席しているなら、天皇陛下のお言葉を代読する形になります。事実、皇太子さまが御名代として出席した際には、天皇陛下のお言葉を代読する形を取っていました。雅子さまも1999年に皇后さまの御名代として出席された際は、皇后さまのお言葉を代読する形を取っています(宮内庁のHPに実際に代読されたお言葉の掲載もある)。が、今回の秋篠宮の場合は代読という形ではなく、自身のお言葉として読み上げました。従って、今回の秋篠宮夫妻の出席は天皇皇后の名代ではないことが明らかに分かります。ちなみに2月に皇太子さまが出席されたアジア冬季競技大会開会式は、「御名代皇太子殿下」としての出席で、開会宣言も天皇陛下に代わってされたものなので、立派な御名代であることが分かります。

それと秋篠宮のお言葉を掲載しないという宮内庁の姿勢は当然のこと。宮内庁のHPはあくまで内廷、天皇ご一家のお言葉を掲載する場所で、たとえ追悼式が重大な出来事に関する行事であっても、宮家に過ぎない秋篠宮のお言葉を掲載しないというのは当然のことです。寧ろ秋篠宮家の場合、一週間の日程や記者会見の内容を載せて貰ってるだけ他の宮家よりも優遇されているんだし、秋篠宮の今回のお言葉とやらも新聞各紙に掲載されていたんだから、それで十分じゃないですか?

アンチたちってなぜ、それでも不満に思うのか分かりません。事実関係を調べもせず、すぐに宮内庁に文句の電話を何度もするような行動は、大好きな秋篠宮家のためにもならないし、単なる業務妨害ですね。恥を晒していますよ(笑)

存在価値なし

その少ない「ごこうむ」とやらを親子で取り合ってる、ように見えます。

うろ覚えですが

確か秋家は新婚当初、あまり仕事もなく宮邸でダラダラ過ごしていたため、高円宮様が苦言を呈されたのではなかったかしら?

久子様は学習院出身ではないものの、女子部の生徒の皆様の前で講演をされたことからも、ご夫婦ともスペックの高さからあちこちからお仕事の依頼があって引っ張りだこなわけで。お子様方も皆様それぞれ皇族としての矜持を持ってご努力されている。

対して秋家。法学部政治学科卒のエセ生物学者様に、10ページほどのアンケート結果をまとめた「論文」でお茶大から博士号を授与されたミヤヒ様・・・もうこれ以上言うのも気の毒になってきます。

久子さまを身近に拝顔した人の話

知り合いのお嬢様ですが数年前までイベントコンパニオンをしていました。
大きいイベントには皇族の方々がいらっしゃいます。
コンパニオンは通り過ぎられるまでずーっと頭を下げてどなたがいらっしゃったのかがわかりません。
ある小さな国際的なイベントの時、久子さまお一人がいらっしゃり、そのお嬢さんの不在中にブースのオーストラリア人のボスの人と質問等の会話をされたそうなのです。
仕事に戻った時、ボスが信じられないと少し興奮して彼女に久子さまの教養の高さと、きれいな英語にびっくりしたと、彼女に話したそうです。お会いしたかったと悔しがっていました。
また、元旦に行われるサッカーの天皇杯にはいつもいらっしゃり、格調高い試合なんだと感じたそうです。
高円宮さまが薨去されたとき秋篠宮との話がありましたが、協会側が久子さまを押し、その後久子さまと教会会長とのスキャンダルがまことしやかに出ました。
デマの発生源は言わずもがな

友人の招待でラテンアメリカ婦人協会のパーティに時々行きました。
名誉総裁は華子さまでいつも島津貴子さまも御出ででした。
もっと前は勢津子さま、喜久子さまなど各宮妃殿下もいらっしゃり和やかな雰囲気が有りました。
最近、南アメリカへよくいかれる秋篠宮一家、しかし紀子サマのご出席は見たことが有りません。
名誉総裁といってもパーティだけのお付き合いでなく、きめ細かくお働きなのが良くわかります。
唄や踊りを披露する少年少女と仲良くお話なのがその証拠です。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR