『相撲 2006年10月号』の記事と読者の声



2006年9月の敬宮さまの初の相撲観戦

今月に入ってふと思った。

「相撲専門誌を読めばその時の記事があるんじゃない?」

というわけでアマゾンとヤフオクで検索したらヤフオクにあったので落札した。

書いてありましたよ!

『相撲 2006年10月号』
相撲10月号

カラー1ページ使って

著作権の問題で文章と相撲の取り組みの写真は白く塗りました。

稀勢の里が期待のニューホープだったんだーとめくっていくと

「読者のさじき」というお便りコーナーがありました。

ここにも敬宮さまの初台覧相撲について書いた人がいました。

83歳の熊本県民渡邉正剛さんのお便り

題「愛子さまのご観戦を喜ぶ」
秋場所初日、皇太子さまご一家がご来館、2階の貴賓席におつきになると、満員御礼の垂れ幕の下がった館内からは盛んな拍手がわき起こった。今年の4月から学習院大学附属の幼稚園にお通いになる愛子内親王さまの笑顔は館内にいきわたった。
これまで天皇陛下以外の皇室の方々のご観戦(「台覧相撲」という)は何回かみられたが、お子さまをお連れなされてのご観戦は今回が初めてで、大相撲史上画期的なことであった。
愛子さまは、力士の四股名、出身地などを覚えておられるほか、テレビ中継で見られた決まり手をご夫妻に再現されるなど、大相撲へのご関心は高いとのこと。
ご観戦は午後5時過ぎからで、幕内の後半戦10番。ご夫妻と笑顔で言葉を交わしながら、勝負がつくごとに結果を星取表に書き込まれたそうだ。
後半戦の3番目の琴光喜対出島戦では、満面の笑顔をお見せになる場面もあったそうだ。対戦した関脇琴光喜は愛子さまがファンだと聞かされて、「本当ですか」とうれしかったそうです。
横綱朝青龍は、愛子さまが観戦されたことに「相撲が大好きだと聞いていますし、横綱としていい相撲をお見せしたかった。できれば毎日でも着ていただきたい」と語っていた。
北の湖理事長は、「愛子さまは一番一番じっと見ていました。相撲がお好きと聞いていたので、協会としても名誉なことです」と語っていた。
すこやかにご成長なさると同時に、大相撲へのご関心とご理解を深められることは、大相撲の興隆と発展に寄与すると確信している。


83歳のおじいちゃんが敬宮さまに萌えまくりでございます。

10年前83歳となるともう亡くなってるのかな。

えー、文中では

「お子さまをお連れなされてのご観戦は今回が初めてで、大相撲史上画期的なことであった」

と書かれてますが、1972年9月24日に昭和の皇太子一家が観戦してますね。

(よみうり報知写真館に写真がありますので「相撲 皇室」で検索してみてね)

2007年を最後に敬宮さまは国技館へお見えになっていらっしゃいませんが、

また大相撲をご観戦される日をヘカテーも楽しみに待っております。

(ちなみに下郎下女は「デブを見て喜んでる子供なんて気持ち悪い」とほざいた)
(相撲を愛した昭和天皇から罰が下ればいいのに)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

行儀の悪いガキがいたからね

>1972年9月24日に昭和の皇太子一家が観戦してますね

確かこの時だかこの前だかに、アーヤがお行儀よくできくなくて、「今日は礼宮さまはお留守番だそうです」と、アーヤは来ていない事をアナウンサーが言っている映像を見たことがあるので、子連れで最低2回は来てるんじゃないかな。

サイテーですね

>(ちなみに下郎下女は「デブを見て喜んでる子供なんて気持ち悪い」とほざいた)
(相撲を愛した昭和天皇から罰が下ればいいのに)


愛子さまだけではなく、力士の皆さんを傷付ける言葉ですね。
人じゃない、サイコーだな。

当時愛子さまが観戦されたのは多くの方々にとって喜ばれることだったんですね。
力士の方々も、好角家も、天国の昭和天皇も。

愛子さまは本当に、素晴らしいなと思いますよ。
人々を喜ばせているのだから!

相撲は神事。

力士の四股名もすっかり当世風に変わりましたが、そもそも相撲は農業絡みの神事ですぞ。
横綱土俵入りの際、四股を踏むのは悪霊を踏み潰すため。
柏手を打つのは悪霊を払うため。
故郷の山や川の名前を背負い、正々堂々と勝負し、悪いものを祓い故郷の豊作を祈るものです。
ハワイ巡業にて、日本人墓地での横綱土俵入りが証左です。
だいたい記紀での神々の力比べが相撲の起こりだし。
私は敬宮さんが相撲好きと聞いて「おお皇族らしい」と嬉しかったです。
「琴光喜の出身地は愛知県。愛知県の愛は愛子の愛」
昔から賢かった敬宮さんでした。
あの台覧相撲の時、2ちゃんねるの相撲実況板は書き込みラッシュで板が落ちたと聞きましたよ。

…背中丸めて相撲をご覧になり、勝負がつくと星取表をつけるご様子が昭和天皇そっくりで、私は泣けて泣けて。

下郎下女って

下郎下女ってネトウヨが多い割に、国技の相撲に関しては「デブを見て喜ぶ」「気持ち悪い」って言うのね。
それこそ相撲は平安時代の宮中行事「相撲の節」から、皇室とは縁の深い競技なんですけど。
わたしはネトウヨが好きそうな「世界に称賛されてる日本!」「日本スゴイ!」系のテレビ番組がすごく嫌いなのですが、ああいうのに出てくる「日本文化」って近代以降、下手すりゃ戦後根付いた日本文化だったりするので笑っちゃうことも多いです。
柔道とか演歌とか、果てはラーメンやアニメにいたるまで日本の伝統呼ばわりですよ。
何か薄っぺらいやつらが増えてきたなって思います。
平成皇室は、薄っぺらい日本の象徴かもしれませんね。

ご無沙汰しております

ご無沙汰しております。
ヘカテー様のブログは相変わらず充実してますね。
いつも楽しく拝見しております。

何かしてもしなくても、どこかおでましになってもならなくても、
下郎下女が噛みついてくるなら、あんな不敬な輩放っておいて、
楽しくお過ごしになって欲しいですよね。
神宮にまたおいでになられるのを、全ヤクルトファンが
首を長くして待っておりますw

覚えていますとも‼

残念ながらリアルタイムでは拝見しておりませんが、YouTubeで今でも繰り返し観たりします。敬宮さまの夢みるような可愛らしい表情や場内が本当に割れんばかりの拍手で会場の観客に大歓迎されたお姿に、いずれはこの方が皇太子になられるのだと胸が弾む思いになったものです。昭和天皇とのコラも堪りませんでしたね。

ところが現在どうでしょう?我儘ジジババや無能ヒットー宮家の小賢しいこと。上皇と呼べとか皇太子待遇にしろなんて、もううんざり。有識者会議の胡散臭いことこの上ない。本気で考えてるの?と問い詰めたいほどイライラしています。国民の気持ちは無視するんですか!?

このところの報道に我慢ならず、北原初めて総理官邸にメールしましたよ。田舎のおばちゃんの意見が反映されるとは思っていないけれど、言わずにいられなかったのです。日本人ならこの大局を静観していてはいけないと思います。じゃないとキコさんの堕胎・恫喝婚の轍を踏むことになりかねません。

でも、皇太子さまってホントに凄いな。色々思うことがおありだろうに、お気持ちを軽々しく口になさらない。こんな皇太子さまのお血筋だからこそ敬宮さまを皇太子さま、いずれは天皇にと望むのは自然なことではないでしょうか。

勿論敬宮さまに過剰な期待をしては申し訳ないとは考えますが、100年後、いや10年後の皇室があるべき姿で存在することを祈らずにはいられません。

月次祭

本日4月1日には、石上神宮の月次祭に参拝するこ機会をえて
生まれて初めて玉串拝礼をいたしました。
自身の病気平癒だけでなく、皇太子ご一家の幸せと繁栄と世界の平和を祈ってきました。
「月次祭では皇室・国家の弥栄、安泰と氏子・崇敬者をはじめ国民の安全といよいよの隆昌、平和な世の中になることを祈念します。」とあるのでそれほどはずれてはいないかと...。
1日と15日は神様が神社に神様がいらっしゃる日だといわれているそうです。
特に月初めの1日はとても重要な日で、
宮中の賢所でも1のつく日に月3回旬祭が行われ特に1日には天皇陛下のご拝礼があります。
伊勢神宮では、6月の月次祭、10 月の神嘗祭、12月の月次祭は「三節祭」とよばれています。
ここまで書いたらお分かりになったと思いますが、敬宮愛子内親王殿下は、
神様として12月1日のお日様が出ている間にお生まれになったのではないかということです。(正確な時間がわからないので知っている人教えて下さい)
神様がいらっしゃるのは日の出から日の入りまでと言われていますので。
さらにこの日は満月でした。
敬宮様が神様そのものだとすれば、彼女を虐めるのはなんて罰当たりなことか...。
これからますますオーラが輝いて、皇室の危機それにつながる日本の危機を救っていただけるのではないかと密かに期待しています。
外国人の占いで、日本の皇室の危機を救うのは天皇陛下の娘であるという
リーディングをした人がいます。
その天皇陛下とはまさに後の天皇陛下の徳仁様であり、娘とは愛子内親王殿下のこと以外に考えられませんね。

マーリン様

マーリン様、初めまして。シャマダンと申します。敬宮様の出生時間ですが、動画を検索した所、お誕生当時のニュース報道を発見。視聴したら、「皇太子妃雅子様が、午後2時43分頃、女のお子様を出産されました。」とあります。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR