高円宮妃久子さまが日本AED財団の名誉総裁に就任!

いやー、今日はぶち切れモードの記事書いてイライラしたのでここで春風のような爽やかなニュースをご紹介します。

ウィルヘルミアさまコメント
急報:久子様、日本AED財団の名誉総裁に4月1日付けで就任されました

一昨日の日本経済新聞、昨日の寝る前に読んで知りました。
久子様が日本AED財団の名誉総裁に就任されましたよ。

急いで、日本AED財団のお知らせを貼って置きますね


http://www.aed-zaidan.jp/files/NewsLetter_extra_17.4.1.pdf

教えてくださってありがとうございます!

日本AED財団HP

久子さまが就任した理由

日本で自動体外式除細動器AEDを一般市民が使用できるようになったのは2004年7月のことですが、それまでは医師や看護師、救急救命士しか使用することができませんでした。ところが2002年11月21日に高円宮憲仁親王がスポーツ中に突然、心停止に陥り、急逝されるというご不幸がありました。そのときに多くの医療関係者が共有した思いは、もしAEDがあって、周囲の人達がそれを使えば一命を取り留めたかもしれない、というものでした。大変悲しい出来事でしたが、これを機に国内でAEDへの理解が急速に広まり、2004年の一般市民への解禁につながりました。
(中略)
この度、AEDの必要性を誰よりも深く感じ理解されておられる高円宮妃殿下を当財団の名誉総裁にお迎えすることとなり、大変光栄に存じております。これからは妃殿下の思いを反映すべく、AEDを利用した救命の必要性と実現性を強く国民全体に訴えていきたいと願っております。

http://www.aed-zaidan.jp/files/NewsLetter_extra_17.4.1.pdfより


そうです。

久子さまの最愛の背の君である高円宮さまの急死がAEDを解禁する大きなきっかけになったのです。

高円宮さまというあまりにも大きな存在を失ったことは皇室において大きな大きな損失でした。

その一方でAEDの普及で助かった命もあるのでしょう。

AEDは今では学校や公共機関に普通においてあります。

もしあの頃の日本にAEDがあったらと思うと残念でなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

国民への最後のプレゼント

AEDの普及で助かった命はどのくらいかな、と調べてみました。
少し古い記事です。
市民が街中でAEDを使用した結果、平成17年~平成25年の9年間に、835人が助けられたそうです。

http://www.sankei.com/west/news/161027/wst1610270020-n1.html

高円宮様から国民へ、最後のプレゼントだと思いました。

高円宮さまらしいですね

高円宮さまがお亡くなりになり、早いもので今年で15年になります。殿下が薨去されてからというものの、今の皇室は問題続出で、15年前までにあった明るい皇室というのはすっかり失われつつあります。高円宮さまという皇室のスポークスマンを失ったことは、皇室にとっても、日本にとっても大きな損失です。

しかし一方で、高円宮さまが薨去されたのをきっかけにAEDが2年後に一般人でも使用可能となり、全国に普及されました。そのお陰で今日までに多くの命が救われています。

社会のために役立つことがあるならば、自分自身を積極的に活用して欲しいという思いで公務に取り組まれた高円宮さまらしいなあと改めて思います。

殿下のご遺志は今では高円宮妃久子さまが受け継いでいらっしゃいます。このご遺志が今後も承子さま、絢子さま、そして将来の皇族方(秋篠宮家を除く)にも受け継がれていくことを祈るばかりです。

ああ、高円宮様が御存命なら!

悔やんでも悔やみきれません。
なぜ天はこの方を召されたのでしょう。代わりに… 後の言葉は飲み込みます。

もし何が何でも男系男子で繋ぐことに拘り、高円家に男児がいて、東宮家から末等宮家に皇統が移るとしても、「あのご両親のお子さまなら大丈夫だろう」と思えます。
学習院でも皇族特権など無しにご優秀な方でした。
頭脳優秀、人格高潔、容姿端麗、皇族らしい皇族でした。
お妃もふさわしい方を選ばれた。

なぜすべてズルですり抜けてきた最低の一家に皇統を移す?
成績最悪、素行最悪。親の代だけでなく子供の代も。
頭の良いことが皇族の条件ではないと言い訳させてますが
さも優秀に見せかけているのが嫌なのです。馬鹿なら馬鹿で居直ればまだ良い。張りぼて一家。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR