反吐が出るような人間ってどこの国にもいるのね

ウィリアム王子とキャサリン妃とヘンリー王子が“Heads Together”というメンタルヘルス啓蒙活動をされてます。


両王子が母であるダイアナ妃の死後長い間苦しんでいたという経験から生まれたものです。





ダイアナ妃のお葬式の映像を見るとヘカテーは大人になった今でも涙が出ます。

(数年後に自分も母親を亡くすことになるなんてその時は思ってもみなかった)

ヘカテーは両王子の活動と悲しみを乗り越えた姿に感動しました。

PTGってこのことを言うのじゃないかしら?と思います。

しかし、このニュースを知って嫌な気分になりました。

ウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子、自らのメンタルヘルス問題を語って炎上!

>しかし一方で、メイルオンラインのコラムニストは、「ロイヤルファミリーたるものが、まるで自分たちを悲劇のヒロインに仕立て上げている。彼らの行為は、エリザベス女王がロイヤルファミリーの権威を守るために65年間にわたって懸命に築き上げてきたストム主義(欲望を厳しく節制して人格の完成と心の平穏を追及した思想)を覆す行為。そんな話をするな」と一蹴りすると、それに賛同する人たちのツイートが殺到。

> 「ロイヤルファミリーは、私たちとは違う特権階級。そんな人間に、メンタルヘルスの話をされたくない」「ウィリアム王子は、もっと自分のやるべき仕事をすれば、そんなことに悩まされる時間もないと思う」「特権階級の人間は、メンタルヘルスの問題より、もっとやるべき重要なことがあるはずだ」「犠牲者面はやめてほしい」といった厳しい声が寄せられている


日本のコーシツジャーナリスト()と下郎下女とまったく同じリアクションだよ。

世界中のどこの国にもこういうどうしようもない人間っているんだなーと分かりました。

メイルオンラインのコラムニストなんてそのまま皇太子ご一家バッシングしてるコーシツジャーナリストと同じですよ。

まったく反吐が出る。

こういう人間が秋篠さんちを崇め奉るのです。

子飼いの江森に

「ダイアナ妃が亡くなった時『死んじゃったんだー。かわいそー』と思っただけで特に何とも思わなかった。だってほとんど知らない人みたいなものだもの」

と言った秋篠さん
(それを『秋篠宮さま』というプロパガンダ本に書いちゃう江森も江森で馬鹿だが)

皇太子殿下の決死の覚悟の人格否定発言から半年後の記者会見で

「兄はリョーヘーカと相談すべきだった」
「どうして病気になったか分からない」
「あたしはリョーヘーカとうまくやってる」
「うちと東宮じゃ規模が違う」


と発言しました。

ダイアナ妃が亡くなった時秋篠さんは子どもがいた。

幼い子どもを残して若くして逝った人がどれだけこの世に未練を残すか分かるはずです。

「自分と関係がない人が死んでも特になんとも思わない」

自分のお兄さんのお嫁さんが辛い思いをしてるのに心配するどころか

「なんで病気になったの?あたしはうまくやってるのに」

と皆の前で馬鹿にする

そんな人間が慰霊に訪れても、慰問に訪れても心を打つことはない。

そんな人間を崇め奉る人間の頭の中はどうなってるのか知りたいね。

あ、ごめん知ってるわ。

馬糞が詰まってるんだったわ。

海外の王室の方がそういう点ではしっかりしてますよね。

ほかの王室でも

デンマークのメアリー王太子妃は「メアリー財団」といういじめ防止活動の団体の代表を務められてます。

スウェーデンの王太子であるヴィクトリア王女は拒食症であることを認め、克服された後は拒食症の予防と対策に関わる活動に熱心に取り組まれました。

オランダのウィレム・アレクサンダー国王のお父上は鬱病を患いました。御夫君の為にベアトリクス女王はできる限りのことをされました。結果クラウス王配殿下はうつ病を克服されました。その時の経験が適応障害で苦しむ雅子さまに手をさしのべたことに繋がりました。

拒食症、自傷行為という苦しい経験を乗り越えたダイアナ妃は国際的慈善活動に積極的に取り組みました。

皇族でメンタルヘルスの問題で苦しまれたのは雅子さまだけではない。

(戦前の旧皇族やそれ以前にもいた。藤原宮子太皇太后、冷泉天皇、欣子内親王、山階宮武彦親王、伏見宮貞愛親王妃利子、伏見宮邦芳王等)



過去の皇族たちと違うのは

雅子さまがこれほどまでにひどいバッシングを受けたこと

そして雅子さまの大切な家族にまでそれは及んだこと

真面目に国民のことを考えて文句も言わず頑張る皇太子殿下に対して「皇太子を辞めろ」と言った奴ら

敬宮さまに刺客を放って学習院から追い出そうとした奴ら

こいつらのことは未来永劫決して許しはしない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FacebookとTwitterで英国王室のその記事を目にしたので「メンタルヘルスで悩んでいる人は日本だけでなく、世界中にいるんだ。ましてや、王室の方々でさえ悩む事があるんだ…!」と希望を持ったのですが私も落ち込みました。ひどい報道ですよね…。

東宮ご一家の事もさすがに報道の仕方が悪すぎると思います。ヘカテーさんのブログにお邪魔してからはその理由がわかったのですが、黒幕の人たちはメンタルヘルスに悩んでいる人や学生の事を馬鹿にしているんじゃないかと腹が立ってきます。

私は血も涙もない人たちなんだろうなと俯瞰で考える事にしました。

自分もメンタルヘルスで悩んでいるいるので、海外の王族の方々が真剣に考えてくださっているのはとても心強いです。


皇族も王族も心の苦しみは同じ

東宮アンチの根っこにも「皇族なんて恵まれてるじゃん、衣食住に困ることもないのに何泣き言言ってるんだよ、それくらい我慢しろよ、甘ったれてるな」という妬み・僻み根性があるのかもしれませんね。英国はただでさえ階級社会と言われていますし、東宮アンチも生活が苦しい人が多いというイメージです。
しかしメンタルの病というものは衣食住に不自由するかしないかということは関係ないのですよね。肉親を失った悲しみ、我が子を身内にないがしろにされる辛さ、理解のない家族、人格否定、メディアを通した無責任な批判···これはいくら衣食住に不自由しなくても耐えられない苦しみです。皇族や王族はそこから逃げ出す自由もないです。
「貧すれば鈍する」という言葉もありますが、東宮アンチや英国のロイヤルアンチ(?)たちも正にそういう感じなのかもしれません。

No title

親を見送ったとき
大人だったけど
号泣した
王子だって
庶民だって
家族をなくすのはかなしい
まして
王子様達は子どもだった
大きくなって、当時は言葉に変換できなかった思いを
やっと話せるようになったんだと思う

当時の体験と王子という立場を融合させた結果、啓蒙活動を始めることにしたんでしょう。すてきな王子様達だよ。
「辛かった!私は傷ついた!」
って、わめき散らすんじゃなくて、辛い体験を国民の為になる活動に昇華できないか、と考えた末のご活動でしょう。叩くようなことか?

No title

>愛子は幼稚園生活を始めたばかりで,風邪を引くことも多く,私どもと会う機会が少ないことです。


幼い孫娘が風邪を引くことが多いけど、全く心配しない祖父。
こういう祖父を世間では くそじじい と言います。




>いじめにあった子供の気持ちを察すると誠に心が痛みます。
>このようなことをできうる限り防ぐために,
>親,子,先生が互いに信頼し合う関係を築いていくことが大切であり,
>子供たちが自分の立場と共に他人の立場にも立って,物事を考える習慣を身につけて育つように,
>親や先生が助けていくことが重要と思います。


愛子ちゃんが(身内に近い人間から)イジメられて、
登校することが不安だったけれど勉強はしたいということで、
雅子さまと一緒に登校した。

それをマスコミは叩きまくった。
叩きまくるマスコミを諫めなかったのは誰だ?
そういえば金澤医務主管(故人)は「雅子妃を悪く書けと雑誌に言った。」と自分で言ったよね。
金澤医務主管は誰の侍医だった?

世間では誰かさんのことを くそじじい と言っている。




>奥尻島の津波災害の状況を更につまびらかに知っていたならば,
>一刻も早く避難することにもっと力を注ぎ,
>より多くの人が助かっていたのではないかと残念に思われてなりません


つなみでんでんこ。
被災者たちは知っていた。
知っていたけれど、大事な人を置いていなかった。迎えに行きたかった。そうして犠牲になった人たちがいた。

世間ではこういうことを言う人間を  鬼畜、外道  と言う。




>多くの日本人が,皆静かに現実を受けとめ,助け合い,譲り合いつつ,事態に対処したと知ったことは,
>私にとり何にも勝る慰めとなり,気持ちの支えとなりました。


さすが、被災地訪問するための服を新調させる人です。
「被災者を抱いた時に私の温もりが伝わるような服を作れ。」とデザイナーに命じたんだよね。

世間ではこの女を   くそばばあ  と言う。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR