えー、なんで自分から辞めた元天皇にそんなに人が必要なの?

http://www.sankei.com/life/topics/life-32371-t1.html

事務組織
高貴高齢者コンビ 侍従職約80人
↓天皇辞める
上皇職 侍従職約80人

皇太子ご一家 侍従職約50人
↓即位
増員

秋篠さんち 約20人

増員


なにこれ・・・。

なんで天皇辞めた二人に80人も必要なの?

20人くらいで十分でしょ?

天皇辞めたいと思いっきり憲法違反の行動を取ったのだから譲位後はひっそりと仙洞御所で暮らしてればいいのよ。

>両陛下は譲位後、関係者と面会するなど、お住まいの外へ出る機会を持つことを希望されているという。「私的ご活動に限れば、現状より増える可能性もある」(同庁関係者)とみられる

外に出るなよ!出るなら目立たないように出ていけよ!

しかも私的な外出や私的な被災地訪問、私的な要人との接見は継続する。

つまり

面倒で地味な国事行為と「あー、かったりなー」と思うような祭祀皇太子殿下にやらせることが狙い。

まあ昭和天皇の大喪の礼ですら、「かったりなー。早く終わんねーのかよ」と思ってたと喋っちゃったしね。

そして東宮応援派の方々がご指摘されてましたが、

今まで「公務ですから!」とドヤ顔してやってきたことは天皇やめた老人が「私的」と形を変えてやれるということがわかりました。

そんなレベルの「ゴコーム(笑)」を雅子さまがされないと散々バッシングしてきたのですよ。

結局

「一生懸命頑張りたいけど、もう天皇をやれるほどの元気がありません。普通の皇族に戻りたい!!」

とキャンディーズみたいなことを言ったけど

「やりたくないことをしたくない。でもやりたいことはガンガン増やしたい」

というおいしいとこ取りを企んでただけだったのです。

国民は同情して損しました。

職員は増える、秋篠さんちは3倍に予算が増えると税金使われまくりですよね。

いいのかそれで?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しい老後

一旦引退した芸能人は よくカムバックします。
あれは 舞台でライトを浴びる快感が忘れられないためだそうですね。

今回はユージン君の実態が分かる前に次男に皇統を移しておきたい、の一心での大芝居でしたね。

本当には引退する気なんかないから、これからも外出は続けるというし、面倒なことは長男に丸投げ。
なんて楽しい老後になったのでしょう。

国民を騙して なにが国の象徴ですか。

ただの次男だから今迄許されてたんだよ

摂政ならこんな無駄金掛けずに済むんですけどね!!
テンノ―が、秋篠宮、バカな子程可愛い!金も地位も与えたい!と言うのなら、美智子さんの胞状奇胎後の妊娠で産まれ、本当は女優に産ませたという噂のある秋篠宮にはDNA検査を受けていただきたいです。
当時、胞状奇胎は抗がん剤治療、もしくは子宮全摘出でしょう。なんで秋篠宮が要観察期間にも満たない時期に産まれたのか本当に不思議です。
秋篠宮は、どうせ俺は正妻の子じゃない~と言ってヘ―カを有る意味脅してるんじゃ?まあ、庶民の妄想ですけどね!

引退後の侍従職増員も有り得ないですよ!バカも休み休み言え!!

ヘカテ―様、いつもお忙しい中ブログを更新して下さり有難うございます。
差し障りありま・・・すよね(^-^;)削除していただいて構いません。あまりに腹が立って我慢出来なかったの!!

原因は

眞子さまの体重にハンドルを取られたのです。
はぁ〜ドスコイ、ドスコイッ

譲位するならば、現在の筆頭宮家かそれ以下の人員配置で良いと思いますね。
そもそも公務をしないという前提での譲位なので、公務に関わる職員は必要なくなりますよね。

現在の皇太子ご一家が天皇家となり、秋篠宮家が実質上の東宮家となるなら、それより多い人員配置はまずおかしいかと思います。
まぁ、一度天皇皇后であった方々なので、末端宮家と同じというわけにはいかないでしょうが、せめて…

皇太子ご一家→現在の両陛下並み
秋篠宮家→現在の皇太子ご一家並み
両陛下→秋篠宮家並み

なら理解できるのですが…。

両陛下付きの職員を減らさず、現在の皇太子ご一家と秋篠宮家の職員を増やすとなると、一体その人員はどこから連れてくるのか?という問題もありますし。

No title

どう見ても、どう考えても、
明仁天皇の言葉で税金投入されるって事だよね。

常識ある老人なら、若いモンに任せるって言ったら全部任せて出しゃばらないよ。

常識ある社長なら、会社の資産運用から手を引くよ。

ところが退位するけど今までと変わらず外出するって何なんだ?

しかも文仁に一気に三倍増額?

バッカじゃないの?

もうさ、今すぐ天皇制やめていいよ。

今の天皇に敬愛の念は消え失せたよ!

そういえば

4月22日の読売新聞にも、

「天皇、皇后両陛下は退位後も、外出して人に会う機会を望まれている。外国旅行も含まれる」ある側近はそう代弁する一方で、「当然、私的にだが、二重性の問題で批判されるかもしれない」と心配する。

という記事が出ていましたよ。

「そもそも税金は足りてなかったんじゃなかったの?」

「それなのに、このうすら馬鹿っぽいおじさんと薄気味悪いおばさん家に三倍の税金渡すの?え?なんで?この人達がおれ達になにしてくれたの?え、男の子いる?おれ達も男の子ですけどwww」
勤め先のバイト君達と休憩室でテレビを見ていたら、このようなことを言っていて頷いてしまいました。
バイト君達にして見れば「皇族っていうのは不自由な生活、不自由な人生の選択のかわりに、税金で生活するんだと思ってるから別になんとも思わない。けど他所にはいなくてウチには男の子がいるっていう日本の大半のお家も該当する理由で税金をさらにもぎ取ろうとするのは税金泥棒だなと思う」んだそうです。
ちょっと独特の解釈だとは思うけど、若者にしたらこの騒動はこの程度なのかも知れませんね。

そういえば、かつて懇意にしてる家の男の子に、敬宮さまに向かって雅子さまは税金泥棒と言わせた人が居ましたね。
ね、キコさん今じゃあなたが税金泥棒って男の子に言われてますよw

退位

退位ってなんなんでしょう。
全てから、身を引く?
位から退くのが退位だと思うのですが。
本当に平成の天皇皇后って、自己中意外の何者でもないとよくわかりました。
こういう国民、大勢いると思いますよ。

皇族は日本国籍を持たないとしても

日本人には恥の文化というものがあるんです。
だから色々な秩序が守られてきていたのですが、最近の世の中はその辺が崩れつつあって情けないことが多いと感じます。
今回の天皇の我儘三昧を見ていると、本当にとても高貴な方とは思えない主張ばかりで、国民として恥ずかしくなっていまいます。
トップがこれだものね…。日本人をやめたくなっちゃいますよ。
安部さんも、そろそろ遠慮なく本音を話して構わないとおもいますよ。
そのほうが支持率が上がるのではないかしらね(笑)

堀遊覧

今上の数少ない取り柄に、和船漕ぎがありましたね。キコ&ヒサヒトばかり乗せないで、東京見物にやって来る観光客を乗せて、皇居の堀でも漕いで見せたらいいのに。美智子さんは、観光客にお茶でも振る舞えばよかろう…当然無料だ…あんたらにいくら税金投入してるか知っているか?知らないだろうなぁー。毎日違う人に会えるぜ。ただし、お土産に今上夫妻DVDは要らない。ただでも要らん。

No title

宮城谷昌光の小説で趙の武霊王について触れた作品があったと思いますが(『楽毅』だったけ?違ったかな?)、その最期が頭に浮かびます。
太子に反するものを庇い、雀を追いて餓死する帝王。
半島かぶれ・大陸かぶれな人だからそういう最期を迎えて欲しいですね。

霧の向こうのプリンス・アキシノ

確か、4月22日頃には、人員については
 新天皇 80人
 上皇職 50人
 皇嗣職 50人
という報道があったような記憶があります。

今の宮内庁の役立たず80人を、上皇職に50人、皇嗣職に30人配分し、自然減を待つ。新天皇の回りは忠臣で固める。しかたがない、奸臣、佞臣の排除のためには。

と当時は分析したのですが、上皇職に80人? ご冗談でしょ。秋篠宮家に行くのは絶対イヤという人ばかりなので上皇職に80人になった、としたらお笑いです。笑っている場合ではありませんが。

「霧の向こうのプリンス・アキシノ」というキリアキさんのブログを見つけました。日本人なら誰もが、おかしい、と思っているはず。「うちは皇位継承「券」第1位と2位の男子がいるのよ、私は皇后になる人です」と週刊誌に書かれてしまうアキシノ家の異常さを。

台湾にも行きたそう…

引退したら私的活動が増える云々、本当に何言ってるんだと呆れ通り越して怒りが沸きます。
まあ、生前退位自体がそうですけどね。

先日の園遊会で卓球の福島愛選手に妙に長々と話しかけていましたね。
あのとき皇后が、
「東日本のときは台湾にお世話になったので関係者の方に会ったらお礼を伝えてね」という内容のことを言っていました。
それが台湾の新聞でも取り上げられ台湾人が感激!という、某偏向してる海外の反応系サイトの記事を見て、
あ、これを計算してたんだなと思ってしまいました。
海外に向けてまで慈愛の皇后アピか、と。やりかねないお方ですから。

退位したら二人で私的旅行で台湾行きたい行きたい言い出しそう。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR