ご成婚記念日に奉祝サイトにお祝いのコメントを書き込もうぜ!

皇太子さま、雅子さま、ご結婚24周年をお祝い申し上げます!

東宮ご一家奉祝サイトで両殿下のご成婚24周年のお祝いコメントを書き込める記事がUPされました。

皆様ぜひ書き込みください。

恥ずかしながらヘカテーも早速書き込ませていただきました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして♪

大変に素敵なサイトをご紹介くださいまして、まことにありがとうございました♪
さっそく私も奉祝コメントを残して参りました。
東宮家のお幸せを心から願っていらっしゃる皆さまのコメントをひとつひとつ読ませていただいて、嬉しくて嬉しくて、いつもよりご飯が進んで大変なことになってしまいそうです (((笑
これからも、東宮家の素敵なエピソードをたくさんご紹介してくださいませね♪
私、テレビを視ませんので、ヘカテーさまのこのブログを毎日チェックしないと1日が終わらないんですよ。
初めてのコメントですのに、馴れ馴れしくて申し訳ございませんでした。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

特例法制定が結婚記念日になりそう

せっかくの結婚記念日に、国会で生前退位法案が可決される見通しですね。
私は、この生前退位は、東宮家に向けられた新たな困難のような気がしているので、せめて6月9日だけはやめて欲しいと思って、苦情のメールを入れました。

再来年には天皇になるからいいじゃないか、と思う人もいるかもしれませんが、生前退位がなくても再来年までに即位していた可能性もあるわけで、その際には、この特例法によって決められた諸々の余計なものが無い状態で、すっきりと即位できたわけです。
皇后も上皇后になどなりませんし、弟についての条項もなかったわけです。

生前退位のお言葉の後、秋篠宮の待遇向上等、当初は予想しなかった本音が見えるようになり、今後も、どんな驚くべき状況が生じるか分かったものではありません。
昨今、法律の制定や閣議の決定があまりにも軽くなっていますが、今回のような皇室の特例法など、昔の政治家なら決して応じなかったと思います。
国会議員は、今の皇室の事情をどこまでわかっているのでしょうか?

皇太子ご夫妻は、どういう状況下での即位になるのかが不透明になり、非常にストレスだろうと思います。両親が存命のまま、新たな身分になってそこに居続けるなんて考えてもなかっただろうと思います、ましてや弟の皇嗣待遇も。

更には、この法律が通った瞬間から、今上夫妻と弟一家が女性宮家創設をガンガンマスコミ使ってせっついてくるのが目に見えてます。
法案成立したらすぐに、婚約記者会見でしょう。
突っ込みどころ満載の婚約者については、なぜか皆ダンマリです。
加計問題を見てもわかるように、この国のマスコミは、書く内容も事の善悪も、全ては力関係で決まりますからね。


この法案の成立日を6月9日としたのが誰かは知りませんが、凄まじい嫌がらせだろうと思います。故意にとしか考えられません。

このままいくと、この特例法は、おそらく将来の皇室の大きな禍根となり、後世、皇室廃止の最大の要因となったと言われるかもしれません。
それもこれも、週刊誌の悪辣な記事やネットのデマ、秋篠宮家の数々の不正を放置した宮内庁や周囲の皇族、その他の皇室周辺の見て見ぬふりの結果の積み重ねでしょう。
本来、もっと早い段階で、各皇族の学業成績等、客観的にその人を判断できる良質な情報の公開を求めるべきでしたね。
皇室内部において、これほど自浄能力が欠如しているとは思いもしませんでした。今後、こうした情報の公開を拒んだ人には、皇室から出て行ってもらうぐらいのことをしないと、もはや信用の回復は難しいでしょう。

最近、私の周辺では、「もう皇室はなくていいな、お金の無駄」と結構高齢の人がはっきりと言うようになりました。
こんなに世間を騒がせているのに、また、酷いバッシング記事が出ているのに、その同じ新聞や雑誌でどうでもいいようなことを連載していたりする皇族がいることに、かなり疑問を持ってるようでしたね。
「この子、早く結婚して出ていきたいって言ってなかったっけ?男系男子って言ってたけど、何やってんの」、また別の皇族に対しては、「この人、よく本を出版してるね、昔の妃殿下はこういうことは滅多にしなかったけどね」と。

今回のことで、周辺の皇族各人の信用もかなり失われたようです。








プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR