海の王子、秋篠宮邸を訪問

小室圭さん秋篠宮邸を訪問、8日に婚約内定発表

TBS系(JNN) 7/2(日) 18:24配信
秋篠宮家の長女・眞子さまのお相手である小室圭さんが、午後2時前、東京・元赤坂の秋篠宮邸を訪れました。

今月8日にお2人の婚約の内定が正式に発表されることになっていて、眞子さまのブータンからの帰国後、小室さんが毎週末に宮邸を訪れるなどして準備が進められています。

2日が発表前の最後の打ち合わせとみられ、今月8日には山本宮内庁長官からの発表の後、お2人そろっての記者会見が行われる見通しです。(02日17:06)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170702-00000063-jnn-soci

いやー、秋篠信者がムンクの叫びのようになってますよ( ´艸`)

下郎下女のブログなんて普段は絶対に見ないけどどうしても様がツィッターで面白いと仰ってたからドキドキしながら身に行きました。

取り乱してますね(笑)

なんか王子がタクシーや自家用車で秋篠宮邸へ行かないことも不満みたいです。

あとSPが5人も付くのが気に食わないとか

そんなこと言ったら母親の和代さんの手袋代2000円まで宮内庁に回してミテコさまもさすがに呆れたという川島家はどうすんねん(笑)

ヘカテー的には今回の婚約は大大大大歓迎ですね。

だってここまで下郎下女どもがムンクの叫びになるなんて今まで無かったもん。

あの秋篠さんち夫婦の結婚記念日ですらテンション低かったもん。

ハガキで「海の王子との結婚辞めろ」と秋篠宮邸に送り付けたり、

官邸や宮内庁にメールを一人で50通も送り付けたり、

旧五摂家や旧皇族の子孫との結婚話が進んでるとか

悪あがぎが実に見ていて愉快です。

眞子丼は幸せそうなんだから祝ってやりなよ。

結婚式のサンバ歌っちゃえYO!

若い奴ならバタフライだな



小室君の血筋がまったくマスコミが話題にしないのは

取り上げる価値があるものがないからだね。

雅子さまのご実家は父方母方とも士族で、

尚且つ小和田優美子さんの血筋は海軍のエリートぞろいで皇室とも縁があった。

みずのみこさまがナイスなご指摘をされていたのでご紹介します。







現在大学院生で週三日のバイトで眞子丼を食べさせていけるのか?と言う人もいますが、

秋篠さんちだって夫婦ともに学生で結婚したじゃん。

それでキーコさまなんて前期課程をずるずる7年も居座って研究論文一本も書いてないじゃん。
(修士論文のみ)

(妊娠子育てがあったから仕方がないという人もいるでしょうが、だったら1,2年なぜ結婚を待てなかったのかしら?)

1億円以上一時金が出るし、就職先は秋篠さんちの友達が何とかしてくれるんじゃないの?

出来ちゃった結婚じゃないだけマシだと思わなきゃ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当に楽しみな8日ですねぇ

私は、楳図かずお氏の描かれるキャラが絶叫している所を思い浮かべました。
(存じ上げなかったらすみませんです)
そうです、あの目と口を最大限に開き、恐怖に満ち満ちたあの顔です。

それにしても、秋篠信者がどれだけ狂い出すか、今からワクワクが止まりません!

いいじゃないの幸せならば

家柄、財産、本人の資質等々皇室の縁組で、こんなのあり?って、当然思うけど、昔の歌にあるように本人たちが幸せなら、それでいいんじゃありませんか。
所詮アーヤとキーコさんの子供なんだし。

なまじ女性宮家をねらってぐずぐずするより、キッパリ民間人になる道を選んだマコドンを見直しました。
えらいぞマコドン、陰ながら応援するから、頑張ってね。

別にどうでもいいかなもう・・・

こんばんは。

秋篠信者の言ってる事が馬鹿らしくて笑えます。
正直、眞子ちゃん、もう、どうでも良くなりました。
所詮、宮家の娘ですし・・・。
さっさと降嫁してくださいって感じです。
持参金はたっぷり持っていくからなんとか生活できるんじゃないかな?

皇太子様のチェロの話題和みました。
皇室はこう言う和む話題を出して欲しいです。

スレチですが、ショウライノテンノー(別名ヒソ君)全然出てきませんね。
息してるのかしら?

ショウライテンノーなら、もう少しマスコミに晒す事も必要なのではないでしょうかね?

士族は特に家柄に拘った人が多かった

明治憲法下の日本では、歴代内閣総理大臣を見ても、平民家系の出身はたったの3人。生まれながら華族身分の出身は西園寺、近衛の2人。そして皇族からは唯一の東久邇宮稔彦王。残りは士族の家系出身。

士族は皇族、華族と異なり、政治的・経済的特権を持たない名ばかりの階級だったため、それ以上に家柄に強い拘りを持ち、戦後直後までこうした風潮はあったと聞きます。だからこそ、士族同士の婚姻も少なからずあったと思います。

名ばかりの階級であった士族ですが、戦前は出世コースの道に進む者が多く、その中には雅子さまのご先祖様もいらっしゃいました。歴代内閣総理大臣の大半が士族家系の出身というのが何よりの証です。

紀子さんは先祖の中に会津藩士に連なる人がいたけど、それで当時の結婚の時に会津では大騒ぎだったという話は聞きません。秩父宮ご夫妻のご成婚の時は「会津藩の名誉回復になった」と地元は祝賀ムードだったけど、紀子さんの場合はそれがない。一方、雅子さまの時は新潟県村上と岩手県では祝賀ムードに沸きました。

他人の家格にケチをつけるつもりはないけど、紀子さんの先祖はアンチ東宮、信者が思う程ではないのでは?そうじゃなかったら、あの当時、マスコミはこぞって「紀子さんのご先祖は凄い」と賛美すると思います。今回、小室くんの先祖の話をあまり聞かないのも紀子さんの時と同じなんでしょう。

さて、いよいよ今週の土曜日、運命のご婚約内定会見日。本当に楽しみでなりません。まあ、私も宮家の、しかも秋篠宮家の内親王の結婚なので、失望もしないし、驚きもしない。両親が似たようなものなので、特段驚くことでもないでしょう。

今週土曜日。アンチ東宮、信者たちがどのように嘆き、秋篠宮家に怒り、悲しみをぶつけるのか。本当に楽しみですね。ただ、間違っても両陛下や皇太子ご一家に八つ当たりしないで欲しいもの。今回のご婚約内定、報道で知る限り、皇太子ご夫妻や他の宮家は関与してなさそうですし…。

親と同じことをする娘

もうすぐ婚約記者会見で、その後、いろいろ結婚に向けた儀式が続く。
今回のこの婚約は、我々秋篠宮夫妻世代にとっては、もう既視感に満ち溢れているとしか言いようがない。

私が紀子さんの婚約でもっとも衝撃だったのは、納采の儀の時に宮内庁の職員が、三方を捧げ持って、紀子さん一家の住むボロアパートの外階段をグルグルとまわりながら登って行った様子がテレビ中継で流れたこと。
職員も、情けなかっただろうと思う。
この時の画像か写真、見つかればぜひぜひ掲載してほしいと思います。
納采の儀の室内も、金屏風で隠した後ろは台所のガスコンロだったそうですしね。

なぜ一時的にでも家を借りなかったかとか、ホテルの一室をかりるべきであったとか、結構批判もありました。
まあ、誰が見ても非常にみっともなかったです。

今回は儀式の場が宮邸なので、そういう滑稽な場面はないでしょうが、彼氏の生活環境が浮き彫りになるのは間違いないでしょう。

あらゆる儀式の費用も皇室もち、宮邸に通うようになると車もいるでしょうから、それも買ってやるのでしょう。
今後の学費はもちろんの事、体面上入学した一橋の大学院もたぶん美智子さんのコネでしょう。
もう、紀子さんと全く同じですね。彼女も嫁入り支度一式、数千円の白手袋まで皇室が払ったんですからね、週刊誌にデカデカと出てました。
更に、若い二人の生活全体の面倒まで見てやるようですから、税金がいくらあっても足りません。

今度の結婚は、ある意味においては、皇太子ご一家に対しての最大の嫌がらせでもあります。皇室から出て行ったにしても、最も近い親戚ですからね。
「次の天皇はK君の義理のおじさん」となり、それだけでも相当ダメージがあります。雅子様も頭が痛いと思います。
雅子様の御実家筋とそのご係累は、官界、学会、法曹会等とにかくものすごいエリートや資産家揃いですからね(特に母方はそうした人材の連なりが明治以来積み重なっておられるようですね、マスコミは絶対書きませんけど)。
愛子様に申し訳ないと思っておられると思います。

海の王子様について、親族の自殺とか家系や戸籍がどうのこうの、取り沙汰されていますが、出生は選べないですし、
過去に精神的につらい経験をなさったと推定しますが、
それを乗り越えて強く生きた青年に、心の傷に塩を塗るような言論ではないでしょうか、
そういうたくましさや、容姿の可愛さが、魅力なのだと思います。

それをまた、結婚反対のメールや手紙、宮内庁への電話など、妨害工作、頭がおかしいとしか、いえません、

眞子さまとの未来に幸せあれ、と願います。

真由子か紀子か

ワイドショーで、豊田真由子代議士のパワハラの原因について、ママさん議員は、政治活動の上に母親として、家事、育児が大変で、充分な睡眠時間が確保出来ない。毎日の睡眠不足がやがて睡眠負債となり、精神に不調を来たし、周りの人々に攻撃的になるケースがある…なんて言わせていました。パワハラが悪いのではなく、ベビーシッター、保育所などが利用出来にくい社会が悪い的な論調。女性の社会進出において、家事、育児の支援が必要と言う一般論と、真由子議員個人のパワハラを、態とごちゃごちゃにして、論点をずらして放送してました。育児と仕事の両立に苦労している女性は山ほどいるし、たまには、周りに八つ当たりする事もあるでしょう。しかし議員を支えるチームメイトである秘書に、パワハラをするのは違うだろうと思いました。議員が上で秘書は下と見下し、無理難題を言って追い詰める真由子議員を、紀子妃に比べたらまだマシだと言う声がネットに溢れているのが気に入らないのでしょう。ショーライノテンノーを育てねばならない紀子妃のプレッシャーは重く、秋篠宮家のパワハラ騒動など問題では無いと、世論を誘導したい魂胆があるように思いました。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR