ロイヤルマジックは1993年の伊勢神宮ご参拝でもあった

1993年11月に発売された『みえ・あいちの皇太子ご夫妻―全国育樹祭・ご参拝記念グラフ』(中日新聞本社刊)

という本を購入しました。

この本の最後の方のページに皇太子ご夫妻をお出迎えした市町村や県知事の文章が載ってるのですが、ちょっと興味深いことを証言してる人がいたので紹介します。

伊勢神宮大宮司久邇邦昭さんの声
本年六月九日、そぼ降る雨の中、皇太子殿下ご結婚当日祭が行われ、内宮、外宮をはじめ別宮、摂社、末社に御盛儀を奉告申し上げました。ご結婚の儀ののち、六月二十六日には両殿下お揃いで神宮にご参拝あそばされました。この時の大祭となりますのは、殿下御一代に一度限りの重治であるからに他なりません。
その日は、昨夜来の雨が降りしきり、御参進の時刻が近づきましても止みそうにありませんでしたが、いざご参拝の儀が始まりますときれいに晴れ上がりました。
この外宮の儀ののち、再び雨は沛然と降り出しましたが、内宮ご参拝に移られますと、又々雨は上がってしまいました。期せずして「ロイヤル・マジック」との声が上がったそうです。
両殿下の一層のご健勝と弥栄をお祈り申し上げるとともに、ロイヤル・マジックがいつまでも健在でありますよう、心より期待申し上げます。




えー、久邇という苗字でお分かりでしょうが

久邇大宮司は久邇宮家当主です。

良子さまの甥に当たります。

久邇宮司の娘さんが久邇晃子さんで皇太子殿下のお妃候補として報じられました。

皇太子ご夫妻って本当に天候に恵まれてるなー

皇太子ご一家と天気
(ヘカテーが知ってるだけを挙げると)

①ご成婚当日
朝から雨が降っていたのにパレードの時には上がり、なんとお日様まで顔を出した

②皇太子殿下のドイツ訪問時
東ベルリンの融水苑という日本庭園を訪れた際は、朝から雨が降っていたのに殿下が融水苑に着いたら止み、殿下が融水苑から車で移動されると、また雨が降り始めました。

③敬宮さま伊勢神宮初ご参拝
それまでは汗だくの日が続いていたのに、ご参拝当日だけ涼しい日になった

④2016年のみどりの愛護のつどい
天気予報では雨だったのに、当日は雨が降らなかった

⑤2016年の岩手ご訪問
朝は 雨だったが、お二人が着く前には太陽も出てきた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おお、正に天から選ばれた人

此れだけ“不思議な”出来事が起こるという事は、“天から選ばれた御方という何よりの証拠”ですね。

皇祖神に愛される皇太子ご夫妻

>この時の大祭となりますのは、

>殿下御一代に一度限りの重治であるからに他なりません。


>その日は、昨夜来の雨が降りしきり、

>御参進の時刻が近づきましても止みそうにありませんでしたが、

>いざご参拝の儀が始まりますときれいに晴れ上がりました。


>この外宮の儀ののち、

>再び雨は沛然と降り出しましたが、

>内宮ご参拝に移られますと、

>又々雨は上がってしまいました。





雨 天 だ っ た の に、

神 社 に 参 拝 す る と 晴 れ た と い う 現 象 は

そ の 神 様 に 大 歓 迎 さ れ て い る ん だ よ。


徳 仁 天 皇 は 良 い 天 皇 だ と 思 う よ。




今 の 天 皇 は ア カ ン。

い く ら な ん で も 災 害 が 多 す ぎ !

女 房 が

「 皇 室 は 祈 り で あ り た い 。」

っ て 言 っ て る ん だ か ら、

被 災 地 見 学 す る よ り 宮 中 三 殿 で 祭 祀 し て ろ!


初めまして

最近こちらのブログを知り、読ませていただいています。私は特別皇室が好きなわけではない、ごく一般的な人間です。それでも何年も続く雅子様、愛子様へのバッシング、秋篠宮家の異常な高評価に気持ちの悪さを感じていました。でもこちらを読むようになり、確信が持てました!皇太子殿下、雅子様は『本物』だと。あのどれだけ控えめに振舞っても溢れ出てしまうオーラ。知性。品格。思いやりの深さ。愛子様も同じです。皆様本当に綺麗な目をしていらっしゃいます。次の天皇陛下は皇太子殿下が。そしてその後を継がれるのは愛子様でなければ、国民は納得しないのでは?と感じています。
長文失礼しました。

園芸日誌の気温チェックより。

敬宮さま伊勢神宮参拝は、2016年7月29日。

近畿東海中部地方の夏の高温多湿は有名です。
浪速っ子作家・田辺聖子は、大阪の夏の夕方の無風の暑さを「浪速の夕凪」と表現してます。
同じく35度越えアタリマエの三重県の真夏、この2016年7月29日だけは、最高気温31度だったんです。天気は晴れ時々曇り。
伊勢神宮では深い緑が日差しをさえぎりますから、31度なら真夏だし仕方ない暑さ。
そして、東宮ご一家のお泊りになる京都市内。京都の夏もキツイ。
当日の最高気温28度。天気は曇り。
湿度は高くても、まあ耐えられる天候。
(愛子が来たよ嬉しいな)
皇祖神が喜ばれているのだ、としか思えません。

昭和天皇も

以前何かで読んだ記憶があるのですが、昭和天皇が伊勢神宮にご参拝された時も雨が降っていても止んだんだそうです。
それを“天皇晴れ”と言うんだそうです。
皇太子さま、雅子さま、敬宮さまのこういったエピソードを聞くと、ついそのことを思い出してしまいます。
やはり皇太子さまご一家には、強い神秘的な力で守られているんじゃないかと、ワクワクしてしまいます。
(電波系じゃないですよ。笑)
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR