比べてみようそうしよう 敬宮さまと坊やの作品 2017年 

忘年会で体調悪くして一日寝込んだヘカテーです

というわけで更新遅くなったぜ!

毎年師走の楽しみ宮内庁職員文化祭!





敬宮さまの作品超かわいい!!

これガチで欲しいわー。

敬宮さまは小さい頃から大人が手を加えずそのままの作品を出品されてます。

それを見るたびに「ああ、大きくなられたなー」と我々国民は親戚のおっさんおばさんになっちゃうのだ。

一方、

秋篠さんちの坊やは今年は信号機ないんですね。

今年の坊やの誕生日のニュースのヤフコメに「もう信号機作ってるのかな」という物があった。

最初にこの作品を見た時ヘカテーは

「秋篠宮家の職員お疲れ!」

と思ったぜ。

秋篠信者はどう思ってるかと言うと

「秋篠宮家はさすがです。職員とも仲がいいことが分かります」

ってなことを言ってた。

うん、現実を見ようぜ!

ネーチャンズの時はこんなことしてなかったもん。

必死過ぎて引くわ。

なんでここの宮家は「ズルしてでも立派に見せればいい。国民なんてバカだからうちの息子を立派だと信じる」と思い込んでるんだろう。

うん、たまーに出てくる映像がどう考えても「知性というものをまったく感じさせない」というお察し状態。

罰則付きの報道規制という秋篠宮家限定の言論弾圧をしてる影響で、敬宮さまは盗撮されまくりです。

それでも一生懸命頑張ってらっしゃるんだなーと分かる。

学生時代に一生懸命頑張った経験はその後の人生の財産になる。

皇太子殿下と雅子さまを見ればわかる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛子様のハーバリウム、いいですね。
可愛いし上品。流行りの物を取り入れている所もセンスがあると思います。
愛子様の作品は見ているだけでいつも心が温まります。
ずーっと見ていたい何かがある作品です。

…今回秋篠宮家の作品は家族と職員が手伝ったとはっきり言ってますね。
前回の時はどうだったのでしょうか…。

「敬宮さまは学業や習い事がお忙しいのにも関わらず、毎年この時期に向けて丁寧にこつこつ作品を作られていて頑張りやさんだ!」と誰が見ても思いますし、親戚のおばちゃん気分になってテンションが上がります(*ノ▽ノ*)

ひそひそ君も自分で作品を作って出品すれば誰も何も言わないはずです。

なにも自分のお家の職員さんに手伝わせて年齢にそぐわない信号機を作らなくても、ひそひそ君が作りたいと思うものを作ればそれだけでみんな安心すると思います。

国民は皇族の方々に対してせこいアピールなんて求めてないっす…

なぜ「悠仁くんが中心となって作成した」と発表してしまうのか…

ヘカテー様、体調大丈夫でしょうか?あまりご無理をされませんように…

宮内庁美術展の古民家の作品ですが、この美術展はあくまでも宮内庁職員が主役のようなものなので、最初から「秋篠宮家の職員が力を併せて作りました。秋篠宮ご一家もお手伝いしてくださって有難かったです」という方向で紹介すれば、変に勘繰られることもなかったのではないかと思うのです。それを「悠仁くんが中心となって作った!」と紹介してしまうから、国民から突っ込まれることになるんですよね…

作品=その人となり

作品=その人となりを表すものではありますが、ショーライノテンノー様がご家族や宮家の職員と一緒に作ったとされる物は、あまりに粉飾されすぎていて、見るのもアホらしく感じます。本当にブラック宮家の職員さんはこんなことにまで駆り出されるのですね。こんなんじゃ神経が磨耗してキレて退職されるのも、さもありなんです。

愛子様の作品、素敵すぎます!何というか、自分でも磨かれたのでしょうけど、両親のセンスを受け継いでいらっしゃるのだなーと思いました。

あと、茶さんの書・・・下手くそだなー、と。帝王学を学んだ人なのかしらんと思うくらい、努力されていないように思います。私も書道を少々かじっていたので思うのですが、書は努力した分、腕前も向上もするし、味も出るはずです。素晴らしい先生にご指導を受けられる立場なのに、地位にあぐらをかいて何もしていないのでは?と思うほどですね。

あー、そうか、ヒットーミヤケの御当主様も有栖川宮流の書の継承者であったと思いますが、あまり上手ではなかったような・・・彼もきっと自分の立場にあぐらをかいて・・・見事にここでは悪しき親の血を受け継いでいらっしゃるのねと思いました。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR