FC2ブログ

信子さまの講演

信子さま「趣味で健康長寿に」 起雲閣で特別講演会―熱海
12/15(金) 10:55配信  伊豆新聞
熱海市のNPO法人あたみオアシス21(中島美江理事長)は14日、三笠宮家の寛仁親王妃信子さまを起雲閣に迎えて特別講演会を開いた。市民ら約140人が集まり、「耳を傾けて」と題した信子さまのお話に聴き入った。
.信子さまは更年期障害などに苦しんだ自身の体験を交え、女性の健康の問題や子どもたちを取り巻く食の問題に言及された。熊本地震などの被災地支援や電話相談といった社会貢献活動にも触れ、思いや言葉を“キャッチボール”して伝え合うことの大切さを語り「健康、長寿であることが望ましい。皆さんも新しい趣味や楽しみ方を見つけてほしい」と思いを伝えられた。
同施設で演奏会を重ねる歌手の大庭照子さん(NPO日本国際童謡館館長)が、かつて故寛仁さまと同じ青年国際交流事業に参加した縁で、信子さまとも親交があり、起雲閣での講演会を希望し実現したという。講演後には、大庭さんの音頭で来場者とともに「ふるさと」を歌われた。
信子さまは昭和30年代に起雲閣が旅館だったころ、宿泊されたことがあるという。同施設の館長も務める中島理事長は「起雲閣にお見えいただいたことは管理している者としてとてもうれしい」と感謝を述べた。
参加者から寄せられた支援金は信子さまが関わる奉仕団体に寄付される。
【写説】ボランティア活動への思いなどを語られる信子さま=熱海市起雲閣

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000005-izu-l22

お元気になられてなによりです。

信子さまがお元気になられてうれしい反面、

三笠宮さま薨去後の儀式に一切信子さまがお見えにならないことがちょっと気になります。

昭和の皇室ならトップである昭和天皇が家族間の争いもまとまるようにして下さっただろう。

トモさんが「皇族辞めたい」と言った時には思いっきり叱って考えを改めさせたが、その後皇族の集まりにトモさんが行きにくくなってると知ったら「トモも呼んでやれ」と仰った昭和天皇だもん。

ヘーセーのトップのキンジョーヘーカは「しめしめ。もっともっと喧嘩しろ!そうすれば国民は『あんな宮家いらない』と言い出すぞ。聡明で人望があるから大嫌いな三笠宮家と高円宮家を追い出して、生前退位を恒久法にして聡明で人望がある徳仁天皇を無理矢理退位させれば僕朕の大好きな坊やが天皇になれる」と悪だくみをしてる。

本当に残って欲しい宮家は残らず、「皇族と言うか人間としてどうなの?」と思う人間がそのまま残るなんて嫌だ!

あと質問が来たからお答えします。

ヘカテーがブログをやってる理由をもう一度ご説明します。

「皇太子ご夫妻やその周りの方々は高貴高齢者コンビやマスコミの仕打ちを黙って耐えてらっしゃるのだから私たちも黙って耐えよう」

と黙っていたさ。

しかーーーーーし!

それ以降もマスコミはうそを垂れ流し続け、下郎下女は金をチラつかされてデマをネットにばらまき続け、高貴高齢者コンビと秋篠さんちはやりたい放題し続けた。

10年経ったがまーーーったく収まらない。

それどころかエスカレートしてる。

立憲民主党じゃないが、

「黙っていたら舐められる」

と思って立ち上がったのだ。

何の権力とも繋がりのない、休みの前の日は仕事終わりにブックオフに行ってストレス発散し、毎週火曜日に「月曜から夜ふかし」の録画を夕食食べながら見て、12月に入ると箱根駅伝が始まるとワクワクする超普通の国民が

「納得がいかねえ!」

とブチ切れたのだ。

皇太子ご一家だけじゃない。

意地悪姑扱いされてる良子さま、意地悪小姑扱いされてる秩父宮妃勢津子さま高松宮妃喜久子さま、人望がある上に皇太子ご一家と親しくしてるが故にデマをまかれてる高円宮家の本当の姿を知って欲しい。

多くの国民が忘れてしまってるもしくは知らない昭和の皇室のことを知って欲しい。

昭和天皇の娘である内親王さま方や息子である常陸宮さまのことを知って欲しい。

今の皇室をこんな無様にした人間が誰なのかを知って欲しい。

そんな思いでやってるのだ。

生半可な思いでやってるなら丸々本棚一つ使う位に皇室関係の本を集めたりしないわよ!

本棚一つじゃ足りなくて既に新しい本棚にも皇室関係の本が入ってるわよ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヘカテー様、ありがとうございます。

ヘカテー様。

私は昭和生まれ昭和育ちの❝昭和大好き婆さん❞です。
ヘカテー様のこのBlogに偶然辿り着いた日からずっと、愛読しています。
皇室の方々のことは「皆さま素晴らしい」と信じて生きてきたのですが、ちょっと気になることがあって以来、ネット徘徊を続けたところ、こちらのBlogが目に留まりました。
何とも思っていなかかった「秋篠宮一家」の嘘や捏造に驚き、素敵だなぁくらいにしか思っていなかった皇太子妃雅子殿下のご不幸に驚き、目玉が飛び出そうな思いがしました。
たかだか数年前のことですが、以来、雅子妃殿下を応援し続けようと決意しました。
このような思いを持たせてくださり、心より感謝いたします。
ありがとう。ヘカテー様。こてからもヨロシク♫

信子妃の慰問。

昨年のクリスマス。
信子妃は、福島県産の桃でジャムを作り、
(もちろん、おひとりでではありません。大勢の人が協力しました)
福島県の仮設住宅におられる被災者の方々のプレゼントになさいました。
皇族らしい慰問だな~と思いました。

亡き高松宮喜久子妃は、阪神淡路大震災の一報を受け、
「私の知り合いの医師とナースを被災地に向けるわ。
私が行っても役に立たないから」
皇族らしい慰問だな~と思いました。

香淳皇后は終戦直後、満洲引揚げ者が冬に備えての衣服に困ってるとラジオでお聞きになり、家中の、
いや吹上御所中の毛糸と布と皇女と女官を総動員して、
セーターやおでんち(袖なしの綿入れ羽織)を作り、
匿名で引揚げ家族にお送りになりました。
皇后陛下らしい慰問だな~と思いました。

困っている被災地に早々に何度も何度も駆けつけて、
「私は、誰よりも・いっぱい・早く・慰問したわ」
卑しいですこと。

信子妃の桃ジャム、私も食べてみたいです。

No title

ヘカテー様、はじめまして。いつも欠かさずブログを拝見しています。


信子様、本当にお元気になられてよかった。
いろいろあるのでしょうが、お子様である二人の女王様となんとか和解できないものかしら、と思ってしまいます。
私は昭和の皇室を知っている世代で、トモさんと信子様のお若いころの記憶もあるのでよけいに……。

ほんとにこんなぐだぐだで無惨な皇室になるとは考えもしませんでした。国民をバカにしているとしか思えない秋篠宮の立皇嗣の礼とか我儘退位のための予算35億とか、もう無茶苦茶。皇太子ご夫妻がお気の毒でなりません。次代の両陛下を大事にしないでどうするのでしょうか。

当たり前ですが一般庶民とやはり違うのが皇室というもの。ヘカテー様のブログで知ったこともたくさんあります。
皇室関係の本を集めるのも大変でしょうが、これからも健筆期待しております。ただお身体だけは気を付けて下さいませ。

ヘカテーさま、よいお年を

今、やっと彬子女王の『赤と青のガウン』を読んでいます。
彬子さまの性格も、どんな経験を積まれたのかも良く分かる、気取らない面白い本でした。もっと早く読んでいたら良かったです。

典子さまが出雲大社に嫁いで行かれたのも、彬子さまがイギリスで日本美術を研究して國學院大学の教員になったことも、みんな意味があって、代替わり後の皇太子さまやこれから成年を迎える愛子さまを支える地盤固めになっているんじゃないかと考えたりします。

もし、お薦めの皇室関連の本がありましたら、いつか紹介して下さい。

私がこのブログにたどり着いて、皇太子さまや雅子さまを応援しようと決めたのは、やっぱりご本人がチャーミングだったからです。
退位や後継ぎ問題にも思うことや言いたいことが沢山あるのですが、「皇族の人ってやっぱり素敵よね」と憧れていたいのです。

今年一年、大変お世話になりました。よいお年を。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR