「女帝でも構いませんし、皇室典範変えてもOK」 BY寛仁親王

鎌倉市の図書館を経由して横浜市図書館から1996年5月30日号の『週刊文春』を借りました。

鎌倉市だと3年くらいしか週刊文春のバックナンバーを保存してくれないんだよね。

まったく別のことを調べてて取り寄せたら、

目次にこんなことが書いてあった。

「阿川佐和子のこの人に会いたい 寛仁親王(皇族)」

ちょっと読んでおこうと軽い気持ちで読んでみるとこんなことが書いてあった。

(阿川)話は少し変わりますが、もし男のお世継ぎができなければ、女帝が復活してもいいんじゃないかという議論が今、出てきていますね。殿下はこの件に関して、どのようにお考えですか。

(殿下)それは、これからの問題ですけれど、女帝でも構わないのは当然でしょう。今までも、百二十五代の中で八人の女帝で十代お務めになっているわけですから。戦後に制定された皇室典範にはそういう条文がないから、どこかで変えなければなりませんがね。


はーい、男系男子派の後ろ盾のお髭の殿下も女帝OK派でしたよ~

嘘だと思うなら『週刊文春平成8年5月20日号』の54ページを読んでみようねー。

女帝でも構わないのは当然で、皇室典範も変えてもOKと仰ってますよー

えー、ちなみにこんな風に考えてたトモさんが考えを変えたのは

竹田某から

「男系男子じゃないとダメなんですよ。神武天皇のY遺伝子を継げるのは男系男子じゃないとダメなんです。この危機を救えるのは寛仁さましかいないんです。皇室の救世主になってください。ねっ、ねっ!トモさんしかできないんですよ」

とヨイショされたからです。

おだてられて考え変えるってところが男のダメさを表してるわ。

まあトモさんも才色兼備でスポーツ万能で聡明なお姉さま(近衛甯子さん)と比べられたというキンジョーヘーカと同じ人ですからね。

ちなみに阿川佐和子さんのお父上は以前に列外派で紹介した通り女帝OK派です。

過去記事を読んでみてね。

Y遺伝子と言い出したのは八木だが、正確にはY染色体だ。

これに対して物理学者として怒ってたのが大阪大学の菊池誠教授です。

ブログにこう書いていらっしゃる。

2005年6月9日 
タイトル 天皇制と科学
天皇制の是非はここには書かないけど(書くなら、大学のサーバーではないところに)、今日の新聞記事で気になったこと。
争点は男系堅持か女性天皇も認めるか。これについても個人的に意見はあるけど、ここには書かない。

気になったのは、男系堅持を主張する高崎経済大学助教授・八木秀次氏がその理由のひとつとして、男系でなければ神武天皇のY染色体が維持できないという問題を挙げたこと。

要するに天皇家の「Y染色体アダム」問題がとりあげられたわけだが、ここで科学を持ち出すのはルール違反。

天皇制支持者も反対者も「天皇は万世一系」という言葉が「物語」にすぎないことくらい、暗黙のうちに了解しているはずだ。天皇制そのものが物語の上に成立しているわけで、その共通了解の上で、国の象徴としてその物語を維持するかどうかが支持と反対を分けるのではないか。

ところが、Y染色体説を持ち出されてしまうと、物語の土俵から科学の土俵に問題が移されたことになる。科学の土俵に来てしまえば、「科学的事実」を議論しなくてはならない。「科学的事実」は、現代の天皇家は神武天皇のY染色体を受け継いでいるとは言えない、だろう。そもそも神武天皇自体が物語上の人物であるし、途中に女性天皇がいたことは歴史的事実なので、そこでY染色体は途絶えている。あるいは、100歩譲って神武天皇が実在したとすると、今度はそのY染色体を受け継ぐ人間は膨大にいるはずなので、男なら誰でもいいという言い方も可能かもしれない。もっとも、この最後の話は付けたし。

この話は「創造論対進化論」と似ている。

大学の助教授ともあろうものが、そのようにして物語を科学扱いしてはならないと思う。いずれにしても、Y染色体を持ち出すなら、問題は科学の議論になるので、万世一系・男系堅持の論理は即座に破綻する。科学の濫用例として、取り上げてみた。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/200506.html#1118274305

そりゃそうだろう。

神話という物語にY染色体という科学を持ち出したのだから。

男系男子派の胸糞悪いところは

男女関係ない直系長子継承支持派を

「物を知らんからそんなこと言えるんだ」

と無知扱いしてくるところです。

あんたらよりもはるかに天皇関係の書物読んどるわ!!!

本棚一つ全部皇室関係の本で、なおかつそれじゃ足りなくなってるわよ!

一番古い本は大正時代に発売されたものだぞ!

鎌倉市のみならず他の市の図書館の本まで読んでるわよ!!

インターネットの知識だけで自分は物知りと思ってるあんたたちよりも遥かに勉強してるわよ!

男じゃなきゃ意味がないというなら川崎市の金山神社のお祭りみたいに男性器を祀ってれば?

ども様が突っ込んでましたが、

敬宮さまを始めとした女性皇族方の配偶者の家系図を遡って

「〇〇さんは何と神武天皇の子孫の方です。95世孫のお方です!」

と報じればまるーく収まるじゃん。

旧皇族の伏見宮家だって本当に今の天皇と血がつながってるか微妙なところがあるしな。

一度途絶えたと思ったら都合よく鍛冶屋さんが「わて、ご落胤やで」と出てくるなんておかしいわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

残念と云うしか言葉にはない

亡き寛仁親王殿下が女帝容認をなさっていたことがわかります。
あろうことか、伏見宮家、明治天皇の皇女の末裔(旧竹田宮)にそそのかされ豹変された真実を知り心を痛みます。
竹田宮の末裔は悪魔、サタンです。悪魔に取り憑かれ、魅いられた者は悲惨な最後を迎えると友人から聞きました。寛仁親王は典型的な一例です。ご自身の姉王女(近衛やす子さま)に対する劣等感、アルコール中毒に加え年毎に蝕み、父宮に先立ち薨去されたのですね。
「男系男子」「遺伝子」云々と主張し皇室典範改正を阻止した輩は必ず滅ぶと私は信じています。
光を見ず闇を歩む者に未来は無いことを寛仁親王殿下を見てわかります。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR