FC2ブログ

小和田恒さん お疲れさまでした!!

雅子さまの父・小和田 恒氏、国際司法裁判所判事を退任へ
2/5(月) 15:56配信 FNN
皇太子妃・雅子さまの父・小和田 恒さんが近く、オランダにある国際司法裁判所の判事を退任し、帰国する方向であることがわかった。
小和田氏は、外務省の事務次官などを歴任し、2003年から、オランダのハーグにある国際司法裁判所の判事を務めている。
任期は2021年までだが、2019年の天皇陛下の退位と皇太子さまの即位にともない、雅子さまが皇后になられるのを控え、日本政府としても、小和田氏が退任するのが適当だと判断したものとみられる。
国際選挙で選ばれる後任の判事には、日本として、アジア開発銀行行政裁判所の裁判官などを歴任した、岩沢雄司東大教授を推すことが有力となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180205-00000037-fnn-pol

お疲れ様でした





小和田恒さんは長女の雅子さまが皇太子妃になられたことで外交官の中で最も名誉ある駐米大使になれなかった。

外務次官をされた方はほぼ全員在米日本大使をされます。

外務省のトップである事務次官の最終的なゴールが在米日本大使です。

しかしクラウンプリンセスの父親が大使だと日米関係で何かあった時に色々と面倒なことになります。

だからなれなかった。

代わりに用意されたのはそれよりもワンランク下の国連大使だった。

1994年にアメリカ訪問をした高貴高齢者コンビをアテントされる小和田国連大使

正田家や川島家が娘が皇太子妃や宮妃になっておいしい思いをしたのとはまったく逆です。

雅子さまの妹さんの結婚相手もお医者さんと国際弁護士さんです。

自分の腕一本で食べていく職業です。

小和田さん、本当にお疲れ様でした。

雅子さまのお母上の優美子さんと少しはゆっくりとした時間を過ごされることを祈るばかりです。

(と言っても帰国されても忙しいだろうなー)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小和田恒さんの外務省時代

小和田恒さん、長きに渡るお務め、大変お疲れ様でした。

皇太子妃の実父として多くの苦悩があったと存じます。更には言われもない中傷も受けられたりして大変だったと思います。

私も小和田さんと言うと、やはり外務事務次官を務められ、雅子さまのお父様。そして、日本人として国際司法裁判所判事を務められたということだけしか知らないのですが、丁度、1993年1月7日付けの読売新聞を読み、小和田さんのことについての記事がありました。

その記事は皇太子妃内定の翌日で、「小和田家の人々 世界舞台に活躍」などの見出しもありました。雅子さまのご家系の系図が掲載され、その中には山屋他人海軍大将や江頭安太郎海軍中将の名前もありました。

記事には「小和田家はもともと新潟県村上市の出身だ。江戸時代まで村上藩内藤家の武家だったが、明治維新で村上藩は官軍と戦い゛朝敵゛とされた。県の官吏となった雅子さんの大祖父は、そうしたこともあり、子弟の教育にはことのほか熱心だったという。」(ここまで引用)と書かれていて、小和田家の人々のご活躍が紹介されていました。思えば、雅子さまの親族の中には教育に携わっている方が多くいらっしゃいます。雅子さまご自身も皇族としてのお務めに次世代の育成、教育分野を重視していらっしゃるのも納得できます。

そして、小和田さんの外務省時代について、読売新聞は外務事務次官以外のことにも触れられていて、福田赳夫外相の秘書官を務め、1971年(昭和46年)の昭和天皇訪欧の際には昭和天皇の随員も務めた程。厳密な論理構成と国際的に認められた交渉力で省内きっての論客で、「プロフェッサー」と呼ばれていたそうですよ。勿論、当時は将来の駐米大使としての声もありました。

小和田さんが福田赳夫外相の秘書官を務めていた関係で、昭和天皇訪欧の際の随員も務められ、その経験を買われたのか、後の福田赳夫内閣では事務方の首相秘書官も務めていたことを当時の読売新聞の記事で初めて知りました。

小和田さんは日本と世界のために尽力された方の一人。退任された後も引き続きご活躍されることを願いたいですが、もう年齢のこともありますし、何よりも雅子さまが皇后陛下となられるため、それも難しいのかなとも思います。

これからが正念場

雅子さまのお父上、退官なさいまたしね。後れ馳せながらお疲れ様です。

しかしこれからが正念場です。更なる修羅が待ち受けます。歴史と血筋に裏打ちされた外戚として立ち向かう覚悟はお持ちでしょう。

http://www.news-postseven.com/archives/20180108_642476.html

心より見守ります。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR