お辞儀をしないと叩かれた大正生まれのプリンセス

7歳で照宮さまがご両親から離れて呉竹寮で生活をされるようになりました。

呉竹寮の由来は明治天皇の御製からです。

呉竹の なほき心を ためずして 節ある人に おほしてたてなむ

教育の最高責任者には広島高等師範学校教授であった藤井種太郎氏が選ばれました。

御所の旧弊を知らない人の方が立派な教育ができるという考えから推薦されました。

藤井内親王御養育掛長はこのように言っています
「まず劈頭に感じたことは、君側にお育ちになった姫君としては、大臣初めすべての人間は首を下げるものだ、自分は尊いものだ、という観念をほとんど生得的に持っておいでになるということである。これをまず打破せねば一人間として、特に一女性として将来御降嫁ならせられるに定まっている内親王としてご謙徳を欠かせられることになる」

しかしながらこのような証言があるのだ。
「宮様御うつりの頃、宮城から呉竹寮にお供された方のお話によりますと、御山里のお小さいおり、御座所つづきに両陛下がおこしになられ、お帰りになられます時、まわりの方の気がつかぬ先に、ヨチヨチお歩きになる、襖をおあけになられ、頭をふかくたれてお送りなさいましたとか、下々の言葉で申しますと、心にくいまでのかしこさに一同ぼう然といたしましたそうでございます」(元女官加藤君子氏)

藤井先生としては皇女とは言え女だから大臣や教師である自分に対して頭を下げるべきという考えがあったんですね。

敬宮さまも週刊誌に「お辞儀をしない」と叩かれたことがあった。

本当はされているのにマスコミがわざと写真や映像を撮影しなかったのだ。

これだけで終わってしまうと藤井先生はミソジニーの嫌なおっさんになってしまうが、藤井御養育掛長は照宮さまの学業についてこのように言っている
「宮様は怜悧なご性質で、ご学業は何の課目にも優秀であらせられたのであるが、この難題もついにはよく会得あそばされたことは、次々にお預り申し上げた御妹宮達が、御姉宮様の御心事にならって、この難題を自然にご会得遊ばされたことをもって証せられる。いわば、照宮様は呉竹寮における御妹宮様方のお躾の先導者であられた。単にこの問題においてだけではなく、他の点においても、呉竹寮が内親王様方のご養育に寸功ありしとせば、それは照宮様のご先導の賜物である。この点において、私は今もなお照宮様に深き感謝を覚ゆるのである」

藤井養育掛長はただのミソジニーの嫌なおっさんではなく一応教育者としてちゃんと見てたんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

汚い挨拶

小さな眞子がペコペコ頭を下げている映像を持ち出して、
愛子ちゃんが叩かれた。



でも私に言わせれば、

なんて心の無い、
なんて汚い挨拶だろう!

でしたよ、小さな眞子の挨拶は。

平民でもあんか汚い挨拶しませんよ。


小さいのに頭を下げて立派な眞子ちゃんと言うけれど、
眞子は頭を下げて当然の立場ではありますよね。

眞子はただの宮家の女性ですからね。

上を整えれば自ずから下が整うというのは、良子さまもそうでしたね。
昭和天皇は四人兄弟の一番上、公家のお姫様の良子さまが皇太子妃になり、
秩父宮さまへは、松平節子さま。
高松宮さまへは、徳川喜久子さま。
三笠宮さまへは、高木百合子さま。
それぞれに素晴らしい、違った育ちの方々がお妃になって、上手くいったのは良子さまがしっかりした優しい方だったのだろうと思います。貞明皇后の手腕も凄まじいですが。。

それにしても、好きな人について書かれた本を見つけて、首尾よく手に入れられるなんて羨ましいです。ヘカテーさま、絶好調ですね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR