FC2ブログ

欧州初の黒人プリンセス アンヘラ妃

ヘンリー王子のお妃となるメ―ガン・マークルが黒人系初のイギリス王室メンバーとなる

と話題になってますね。

(そういえばヘンリー王子と同じく次男坊である秋篠さんちが結婚式に呼ばれてねーな―)
(皇太子ご夫妻はウィリアム王子の結婚式に招待されましたが、東日本大震災が発生した為欠席されました。あと一年結婚式が早ければと思うと残念でならない)

欧州王室初の黒人系プリンセスはメ―ガンではなく、

リヒテンシュタインのアンヘラ妃なのだ。





パナマ出身のアンヘラ・ブラウン(Angela Brown)妃はリヒテンシュタイン公ハンス・アダム2世とマリー妃の第2子であるマクシミリアン公子と2000年に結婚されました。

マクシミリアン公子はハーバードビジネススクールで学んだこともある方でLGTリヒテンシュタイン銀行のCEOを務めていらっしゃいます。

ヘカテーが非常に驚いたのは欧州初の黒人系お妃を迎えたのがリヒテンシュタインということです。

リヒテンシュタインと言えば超保守的な国で女性参政権が認められたのが1984年で、欧州の王室でただ一つだけ残った男系男子継承の国なんですよ!!

11世紀に始まったリヒテンシュタイン家の家系図に載っているプリンスは今では600人でそのうち250人が名前にリヒテンシュタインを付けてます。

だから男系男子継承が出来る。

家系図を見ると前公の又従兄弟とかが次の公になったりしてます。

最後の絶対王政の国と言われ、憲法でも侯の発言は政治的に認められてますし、リヒテンシュタイン家は経済的に自立してるので国民の意見なんて聞く必要はないし、

リヒテンシュタイン侯国の国家財政イコールほぼリヒテンシュタイン家のポケットマネーなので国民は逆らえません。

国連からも「男女差別」と指摘されてますが、

リヒテンシュタイン家の伝統に過ぎないから変える気はないとハンス・アダム2世は答えてます。

そんな超保守的な国が黒人のお妃さまを迎えるということにびっくりです。

まあ跡取りであるアロイス侯世子に3人も男の子がいらっしゃるから認められたのかもしれません。

次のリヒテンシュタイン侯となるアロイス侯世子のお妃ゾフィー侯世子妃はバイエルン公の娘で、最後のバイエルン国王の玄孫です。

このあたりはヘンリー王子と一緒ですね。

お兄様のウィリアム王子に2人もお子様がいてさらに3人目が生まれるのでまずヘンリー王子に王位が回ってきませんから。

日本の皇室を反面教師にした英国はキャサリン妃の出産前に男子優先継承から男女関係ない直系長子継承に変更しています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

びっくりだ!

びっくりです!初耳です!

お家の問題なら仕方ないのでしょう

面白い情報ありがとうございます。
アンヘラ妃はメーガンさんよりアフリカ系の血が強そうですね。
でもお子さんは可愛いお顔してる。
次男なので許された結婚と思いますがその自由さを発揮して人種差別に一石を投じたように思います。
マクシミリアン公子は当主を狙うなんていやらしいことを思う方ではないのでしょう。
日本の皇室の次男も団地住まいの女性を嫁にもらったまではいいと思うのです。
当時へーやるなとも思いました。
ところがそれがまさか皇統簒奪を狙っていた女とは。
自分が皇后になることを企んでいたとは。
しかもそれがズルして汚いやり方も厭わず皇室の行く末を危うくするような女だったとは。
世界で一番小さい国、しかもご自分の資産をお持ちの公家。
国連の指摘にも家の問題と退けている。
厳密に言えば公国の長として各国に認めさせているのだからこの理屈はおかしいと思いますがそういうことなのか。
だけど日本は国民の象徴として天皇の存在を憲法で規定している。
リヒテンシュタインの理屈は当てはまらないわけですよね。
国連にガンガン言ってもらいたいです!

自立した女性

アンヘラ妃はマクシミリアン侯子より年上の自己ブランドを持つデザイナーでした。
ウェディングドレスはご自身でデザインしたと記憶しております。
自立した女性だったのですよね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR