FC2ブログ

物議を呼んだ良子皇太后陛下93歳の写真公開

2000年という20世紀最後の年に97歳で崩御された良子さま

実は96年5月9日に宮内庁が突如93歳の良子さまの写真を公表するということが起きました。

公表された写真は吹上大宮御所で車いすに座られている良子さまの写真7枚

同時にテレビ局には8分間の映像も提供されました。

カメラマンによる良子さまの写真が公表されるのは昭和62年が最後で、あまりにも突然のことでした。

また最後に記者会見されたのは昭和51年の昭和天皇在位50周年の時。
昭和62年を最後に天皇ご一家の正月写真にも入られてません。
なので晩年の昭和天皇はお一人で公務にお見えになられてました。

どう見ても“老人特有の症状”がありありと分かる良子さまの写真と映像に国民は衝撃を受けました。

63年間も皇后陛下だった良子さまが!と驚かれたのです。

週刊文春95年5月30日号の記事を入手しましたところ次のように理由が書かれています。

5月2日、井関英男皇太后宮大夫が記者クラブで突然記者会見を開いた
これまで良子さまのご近影は年に一、二度の葉山御用邸にご静養でお出かけになられる際に乾門でバスのカーテンを開けて窓越しに一瞬撮影させる時だけでした。
これを中止したいと申し入れたのです。
宮内庁内部からも以前から「バスの窓越しの撮影なんて被疑者のようだ」という声がありました。
皇族や女官さんたちからも「もう一切写真は出さないで」と強く反対する声もあったこともあり、井関大夫は代替措置としてご近影を公表することになりました。

井関大夫は「良子さまの許可はちゃんと取りました」と言ってるのですが、かなり怪しい。

というのも週刊文春の取材を受けた宮内庁職員という人間はこのように言ってる。

「普段はごくたまに、ご機嫌のよろしい時に女官に何かおっしゃる程度で、お側にお仕えしていてもここ十年近くお言葉をいただいていない側近もいます。しかし、昭和天皇のお話をすると、耳を傾けられるようですね」

で、しかも撮影をした時間がいつも昼寝をされる時間の午後だったから当然良子さまは眠い。

普段以上に老人特有の症状が如実に出てしまった。

この写真動画公表は波紋を呼びました。

反対派の声
「国民が果たしてこういう写真を見たいと思うかどうか。むしろそっと差し上げたいと思うのではないでしょうか。自分のこととして置き換えてみれば分かることでしょう。九十三歳の自分の母親の姿をいったい誰が公にしたいと思いますか。天皇陛下もこの写真が公表されたことにショックを受けておられると聞きました」(皇室に近しいある男性)
「あのような写真を公表するのは、皇太后陛下ご自身に対して失礼ともお気の毒とも思います。なぜ老衰したお姿を国民の前でさらしものにする必要があるのか」(明星大学小堀桂一郎教授)
「一般に写真を公開する場合にはご本人の許諾を得るのが原則です。皇太后さまの今の健康状態ではご本人の許諾があり得たのかどうか・・・・・・」(関西大学谷沢永一名誉教授)


賛成派の声
「僕はあの写真はたいへん良かったと思っています。先の大戦をめぐって険しい空気もあったなか、微笑みを絶やさない皇后陛下は現地の新聞に「スマイリング・グランド・マザー(微笑むお祖母さん)』と歓迎されたものです。当時とくらべれば、かけ離れた印象は受けますが、老いとうものは誰もが通る道です。僕らだってみな老いて病んで死んでいく。昭和の歴史とともに生きてこられた皇太后陛下の最近の表情がわかってよかった」(元朝日新聞編集委員岸田英夫)
「よくぞ公開した、宮内庁も頭が柔軟になったなと思いました。日本は高齢化社会に突入しましたが、現実としてどうやって老いていくかというのは大問題です。その意味で、この写真は『幸せな老い』のモデルとして問題提起を果たしている。写真を見ても実に介護が行き届いている感じじゃありませんか」(美智子教原理主義者の渡辺帽子)



賛成だけど疑問を持ってる派
「私はお写真を出したことは良いことだと思います。『皇太后さまはお元気だろうか』と心配する国民もありますから。ただ、あのようにお一人のお写真では孤独を感じさせる。天皇ご一家は日本の家庭の象徴でもあるのだから、両陛下やお孫さんたちが花束を手に皇太后さまを囲んでいる写真などが望ましかったのではないでしょうか。写真は出さずに、温かい家庭的なエピソードを紹介しても国民の共感は得られたと思います」(元中日新聞宮内庁記者平野素邦氏)

ヘカテー的は「これは良子さまに対する高貴高齢者コンビの嫌がらせだな」と思っています。

写真を公開する意味が分からない。

エピソードだけでいい。
もし写真や映像を公開するなら家族に囲まれている姿を撮った方がいい。

崩御されてからも「嫁を苛めた姑」と謗られる良子さま

ヘーセー最後の香淳皇后例祭の日に鹿児島県桜島は爆発的噴火し火砕流まで流れた。
鹿児島県と言えば良子さまの母君俔子妃のご実家島津家

あれだけ優しくしてあげたのに懇意のマスコミ使って自分や義妹たちを悪く書かせ、
かわいい孫の徳仁皇太子殿下ご夫妻とその愛娘を苛めるバカ息子と底意地の悪い嫁に対する怒りに見えるぜ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

腹が立ったこと

これまで、香淳皇后の例祭なんて取り上げてこなかったくせに、今回はマスゴミが取り上げた。
英国留学していたことになっていた次男ちの下の娘が帰ってきて出席したから。
正直腹が立ちました。
香淳さまを偲ぶ日にアヒル口の出来の悪い曾孫なんか見せられたくない。

それにしても、あれが「幸せな老いのモデル」に見える帽子婆は、相当頭がイカレてますね。
幸せな老いのモデルのために、今上の現状も公表すればいいのに。

さみしい写真

私もその写真を拝見したことがあります。一人窓の外を眺めている良子様はとても寂しそうでした。
 ご年配の方は急に人恋しくなって、人が集まる場所に積極的に参加します。そこで人に話を聞いてもらったり、逆に聞くのがとても楽しいそうです。私の祖母がそうです。
 背の君である昭和帝には先に旅立たれ、侍女はいるけれど気安く話をできる間柄ではない、残っている長男夫婦はやりたい放題なうえに嘘をでっち上げて吹聴する。想像するだけでも辛いです。これでは“高齢者特有の症状”もすぐ進行してしまいますよね。

 元中日新聞平野記者の言うとおり写真を撮るならせめて子供たちやその孫たちとの集合写真にしてほしかったです。三笠宮家は実際そうしていたではありませんか。ただでさえ寂しいのに、こんな写真撮ったら余計それが浮き彫りになってしまうではないですか。

 今のリョーヘーカと宮内庁がいかに非情で無能かがよくわかります。

私はその頃皇室に全く興味がなくなり
良子皇太后陛下の写真拝見していないのですが、わかります。意地悪で見せたんだろうな、、、と
美智子さんの劣化老化は凄まじいですね!
貶める為?!あの頃の美智子さんは劣化老化で顔醜かった!超焦ってストレス溜まり
してはいけない事沢山してしまった。

今は両陛下共に痴呆ってように見えるんです。
あの痴呆ってる顔晒して毎日毎日外出して
恥じも外聞もなくなって、、、
少しでも意識があれば公務はもうしないだろうなって思っています。
あんな感じってボケているんではないんでしょうか?!
公務はただの習慣で言う事は決まっているので別に差し障りがないし、、、
だって顔おかしいし毎日外出もただの徘徊にしか見えない!
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR