FC2ブログ

雅子さまのご先祖田村寛一郎について

金本勝三郎氏の記事を拝見していて田村寛一郎氏について紹介したいと思います。

この人も中々の人物です。

田村寛一郎氏は弘化2年(1845年)に新潟県南魚沼郡中村(後の塩沢町)に生まれました。

寛一郎氏の父磐氏は呉服商兼雑貨屋兼質屋を営んでいて相当繁盛していました。

寛一郎氏は父の商いを助けながらも、読書に興味を持ち、まだ高価だった書籍を新刊が出る度に独力で買っていると費用が多額になる為、数名の同志と共に書籍を共同で購入しました。

塩沢町には『北越雪譜』を書いた鈴木牧之が生まれた町ですから勉強熱心な人が多い所でした。

田村寛一郎は書籍を通じて国学や漢学を勉強しました。

明治18年(1885年)2月、新潟県議会補欠選挙に当選し、以来六期という長期間に渡り、県議会議員を務め新潟県の為に奔走しました。

明治の新潟は交通の便が非常に悪く、県議会議員の仕事に支障が出る為新潟市に邸宅を持ちました。

人柄は清廉潔白正々堂々と議論を行い、尊王愛国の精神を貫いた人物で、周りからも人望がある政治家と言われました。

明治39年3月に出生地中村が町村合併を行うことになり、地元に帰り塩沢町長を三期務めました。

政治家を引退した後は国学や漢学の研究、詩歌を楽しむ生活を送り

大正14年(1925年)に81歳で亡くなりました。

(大正時代の81歳ですからかなりの長生きです)

明治政府はドイツの政治体制を見本として大日本帝国憲法を制定するために研究調査を行っていました。

田村寛一郎も憲法に関心を示し、私案を作成しました。

田村寛一郎は出来上がった私案を先学の小柳卯三郎氏に送り見解を求めています。

私案と共に送った手紙にはこのように書いてあります。

「今上陛下は明治二十三年を目ざし帝国憲法を作られるということで、浅学菲才の自分が軽々しく口にすべきではないのであるが、日本の国に生れ天皇陛下の臣民としてその一助にもなり、庶民の福祉を増進するのは私の本分とするものでこの案を作りました」

田村寛一郎の憲法私案はどんなものだったのかというと

≪民権≫
「国案ヲ妨害スルニ非ザレバ、各自ノ信ズルトコロノ信教ヲ認メル(第八十六条)」
と信教の自由を認めています。
戦後の新憲法も第二十条で信教の自由を認めています。

≪出版言論の自由≫
「国ヲ誹謗スルコトナケレバ、演説及ビ出版ノコトヲ認メル(第八十七条)」
新憲法も第二十一条で表現の自由を認めています。

≪集会・請願の権利≫
「武器ヲ持タズ静穏ニ集会シ政府ニ訴エルコトヲ得ル(第八十八条)」
新憲法も第十六条で請願の自由の項目があります。

≪職業選択の自由≫
「国安ヲ妨害シ、風俗ヲ乱サザレバ、何等ノ営業ヲ得ル(第九十条)」
新憲法でも第二十二条で職業選択の自由を認めています。

≪国際結婚OK≫
「日本国民ハ外国人ト結婚スルコトヲ得ル(第九十一条)」
新憲法ですら「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」と書いてあるだけで外国人との結婚については書いてありません。
江戸時代に生まれた新潟の人が国際結婚を日本人がする時代が来ると考えていたんですね。

≪死刑廃絶≫
「日本国民ハ如何ナル罪ヲ犯スモ死刑ニ処セラレル事ハナイ(第百二条)」
彼のヒューマニティーから出た考えですね。
ヘカテーは個人的には死刑はアリと考えてますが

≪財産権≫
「日本国民ハ財産ノ権利ヲ決シテ侵サレル事ハナイ(第九十五条)」
新憲法でも「財産権はこれを侵してはならない」となっています。

≪天皇について≫
「第一条 皇権ハ男統世襲ニシテ分カツベカラズ即チ之ヲ長皇子ニ伝ウ、若シ皇子ナキトキハ皇女ノ子孫ヲ除キ至近皇族ノ男子ニ伝イ日本国ニ君臨スルコト日月ノ如ク天地ト共ニ無窮ノモノトスル。
第四条 天皇ハ神聖ニシテ犯スベカラザルモノトス故ニ責任ナシ、政務ノ責任ハ内閣大臣コレニ当ル。
第七条 天皇ハ法律ヲ布告シ陸海空軍ヲ統率シ外国ニ対シ宣戦講和ヲナシ条約ヲ結ヒ官職ヲ授ケ之ヲ陟シ勲功ヲ賞シ貸幣ヲ鋳造シ上院下院ヲ開閉シ中止シ下院ヲ解散スルノ特権ヲ有ス」

これだけは残念ながら明治憲法とほぼ一緒
雪深い越後にはまだ男女同権の考えはなかった。


寛一郎の子又四郎は旧制新潟中学の先生をしていた。
又四郎の子が静さんで雅子さまの父方の祖母に当たります。
静さんも塩沢町で諸学校の教員をされていました。
同じく教員だった小和田毅夫さんと結婚されました。

雅子さまの勉強熱心さにはご先祖さまから伝わった教育一家の血筋を受け継いだものでもあったのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも、貴重な情報をありがとうございます。
東京在住の新潟県人ですが、雅子様の父方の両方の家系が
由緒正しい立派な方々であることは県民は承知しています。  
高齢の母は地元の新聞に載った小和田家の家系図に驚いていたので、更に驚くことでしょう!

それと、新潟水俣病の加害者が美智子皇后の妹の嫁ぎ先の安西家で、
最近も医師が水俣病と診断したのに裁判で負けた高齢者がいることも。
これが熊本の水俣病被害者なら、マスコミやネトウヨは
雅子様叩きをしたことでしょうにと、腹が立ちました。

5月に帰省した時に村上に行って博物館等を見学しました。
博物館の女性職員の方に「雅子様や東宮ご一家を敬愛する人々が大勢いますよ。マスコミ報道とは逆で、特に若い人がブログで発信して応援してくれています」と伝えると喜んでいました。

私擬憲法案

受験生はもとより、憲法を多少なりとも専門的に勉強した人なら、以下の「私擬憲法」のウィキにもあるように

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E6%93%AC%E6%86%B2%E6%B3%95

田村寛一郎というのは、必ず目にする人物です。
明治憲法の民間からの試案として今も認められているものは、わずかにこれだけと言っていいでしょう。
その一つが、雅子妃のご先祖の書かれたものです。

私の知り合いの息子さんが、「皇后がよく『五日市憲法』のことを言うけど、なんでマスコミは雅子さんのご先祖の憲法試案についてとりあげないの?恰好のネタじゃん」と不思議がっているそうです。
大学では、先生がちゃんと言ったそうです。

そして、皇太子妃の先祖であるにも関わらず、殆ど周知されておらず、ウィキもありません(まあ、デマの書き込みを考えると無い方がよいのでしょうが)。
ご結婚の際にも、殆ど言及はありませんでした。

数年前にも、国立公文書館だったか、国会関係施設だったかで、この憲法試案の原本の展示が行われており、当然のことですが、田村氏のものもパンフに掲載されてました。
雅子様、見に行かれたらいいのに、と思っていました。

それどころか、親族紹介の系図には、名前だけ書いて「新潟県議」の肩書さえ書いていないものもあります。
何も知らない人は、単なる田舎のおじいちゃんとしか思いません。

結婚当初から大変な悪意と忖度があったということでしょう。他にもいろいろあります。
(尚、これは主にお妃になった根拠である母方の紹介でも同様)

当時から、美智子さんを中心とした報道の利権がガッチリ出来上がっていたのでしょうが、それって、既に皇室が破たんしていたことを意味します。
マスコミの下にある皇室ということになりますからね。すでに公的機関ではなかったということです。

婚約当時、マスコミ報道を見ておかしいな、と思ったら、すぐに断ればよかったのに、と今でもつくづく思います。デタラメな組織での時間の無駄です。

雅子妃の系譜をより低めて世間に周知させ、デマを流す素地を作って、最初から次男の方に継がせるつもりだったのかな、とさえ思います。

なお田村氏はその後、名誉職として終身で塩沢町長(今の市長)を務め生涯を終えています。

皇位継承の部分ついては私も読みましたが、あぁ、余計なことを書いたらいけなかったな、とつくづく思いました。
子孫が皇室に嫁ぐとは考えてもいなかったのでしょうが。











プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR