FC2ブログ

昭和天皇の式部官曰く「うちには金がないという皇族がいると皇室は国民から見捨てられる」

昭和天皇の式部官を務められた武田龍夫氏の本を買いました。

1986年1月に出版された本ですので「陛下」というのは昭和天皇を指します。

まだ全部読んでないのですが、「およ!?」と気になった箇所があったので紹介します。

たとえばの話だが、皇族費が少なくて皇族としての対面が保てないなどと苦情をいう宮様があるとするならば、各方面からヒンシュクを買うことであろう。――それはそうだ。
年間何千万という無税の生活費が支給され、首都の一等地に豪華邸宅を使用人づきで無償で提供されているのである。額に汗して働く一般労働者や、乏しい家計のなかから税金を払い妻子を養い、ローンの支払いに四苦八苦しているサラリーマンや庶民の立場からすれば、怒り心頭に発することだろう。君主制に対する革命の民衆心理は、こんなところから始まるのである。現にそういう投書や記事を、われわれは目にしてきた。
国民生活が困難なときに、白パンが食膳に出ると、「国民はこんなパンではないはずだ」と、どんぐり粉混入の黒パンしか口にされなかった陛下――また質素と節約を生活信条にされて、「まだ着られる」と言われていつも同じ背広を着ておられる陛下――また、わずか三千円の本の新聞広告を指さされて侍従に、「これを買ってよいか」と遠慮深くお聞きになられる陛下のことと思い合わせてみられたい。
今の宮殿建設のときだってそうだ。陛下は国民の復興ができないうちに宮殿構築することをお許しにならず、やっとお許しになられたのちも、「あまり金をかけるな。ぜいたくなものにするな。一坪でも減らすように。人身事故は絶対起さないように!」と言われたお方なのである。
皇族たる者にとって、前述した陛下や皇太子殿下のように、国民に対する広くこまやかなお心づかいと配慮をもたれることが、皇族としての意識と義務感をもつべきである。厳しく言えば、清貧に甘んじてもよいとのこ心構えをもつのが国民の皇族としての条件なのである。もしそうでないとき、皇室は国民から見捨てられるのである。
皇室に対して純粋思想を持つ右翼の人びとは、このことをよく承知している。というのも、彼らは君主制の崩壊は必ず暗愚な君主と、国民に対する王族の無自覚や堕落退廃から起るという歴史をよく知っているからである。
国民に対する思いやりと自己犠牲と自己抑制をもたれた、質素で清潔な生活をなされている皇族――そんな日本国民の道徳的模範が皇族なのであり、それが国民から親愛と尊敬の念を集めうる所以であると、とりわけてモラリストである彼らはそう固く信じているのである。


皇太子殿下というのは明仁皇太子のことです。
「いや、明仁皇太子夫妻は贅沢三昧だったっすよ」と当時の皇室を調査してる私としては言いたいが、
今の皇室ってまさにこの状態ですよね。

武田氏良く言ってくれた!!とヘーセーも30年となった今思うわ。

懇意のマスコミに
「うちには男が二人もいるのに東宮家よりも金がない!!金寄越せー!!」
と書かせている宮家が昭和の次の時代に表れるなんて武田氏は想像もしなかっただろう。


キーコさまに読ませたいわー。

あとこの後にこんな文章も書いてある。

皇族の言動で宮内庁が悩まされた例は少なくない。そんなときの宮内庁トップの苦悩は、察するにあまりある。現にある皇族の言動が社会的問題となって新聞に報道されたとき、心痛のあまり当時われらが敬愛する長官の頭髪がみるみる後退して前半分が禿げあがってしまったものである。そして一年近いすったもんだのあげく、ようやく問題が落ち着いたことで、やっとほっとしたのか、長官の禿げは再び以前の黒髪に戻ったのである。心因性円形脱毛症にかかったのだ!これは本当の話だ。

これ元祖お髭の宮様のトモさんですね。
皇族辞めたいと言い出した時のことです。

またこんなことも書いてある。

皇族方は、戦前と現在の皇室に対する国民感情の大きな落差を軽視してはいけない。
天皇家存続の絶対条件は、皇族宮家の人びとが真に国民から敬愛と尊崇の的として仰がれるような方がたであるか否かにかかっている。
そのことを皇族方は、厳しく認識しておかれる必要がある。


昭和も末期の頃に書かれた本の内容がまさかヘーセー末期の皇室の現状となるとは恐れ入谷の鬼子母神

本当にさ、徳仁天皇陛下はバカな両親と愚弟一家の悪行で思いっきり落ちてしまった皇室の権威を取り戻さなければならないという難題を背負って即位されるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まるで予言

正に予言書ですよ、これ…。武田氏が平成の今を見たら、絶句しますね…。恐らく、激怒するでしょう。

裏口入学も追加で

カネがないと言う上に、勉強するのも努力もいや、でも名門に行かせたい、という見栄っ張りのために、娘たちは裏口入学、息子に至っては学校制度を歪めた上での、強制入学。国民に我慢を強いることも追加で。今年受験の皆様が、気の毒です。もうひとつ、気になったのは、親が所謂大会社勤務で名門大学出身、身元がしっかりしているお嬢さんたちに、やたら塾が中学受験を勧める、ということが子供の塾でありました。歩いて五分のところに公立があり、県内のトップ校、国立、私立の付属高校に合格しているので、よほどじゃないと、みんなそこに行きます。ぼーやの相手を探せ、と塾にまで通達が来ているの?と一時期噂になりました。なぜなら、ぼーやの志望校が変わる度に、おすすめの学校が変わったからです。ただ、漢字が書けないと新聞に載った途端に、その勧誘はなくなったそうです。先生には実態がよくわかったんでしょうね。

昭和天皇のお心を受け継ぐ皇太子ご夫妻

田中氏の立場から言って、明仁皇太子に花を持たせなければならなかったんでしょう。
明仁夫婦が全く真逆の人たちなことは宮中の人はいやというほど知っていたはずですから。
昭和天皇遺愛の自然林をバッサリ切って贅沢な御所を立てたり、今度のお代替わりの時でも、一年ちょっとしか住まない仮御所に8億円以上かけたり、やりたい放題。
次男嫁も尻馬に乗って、カネ金とまあ卑しいこと。

ノブレスオブリージュ?なにそれ、おいしいの?の人たちです。

救いは、次代の両陛下が常にノブレスオブリージュを実践されていることです。
このお二人と敬宮様がいらっしゃる限り、皇室は安泰だと信じています。皇統が秋家に行くなどとは一瞬たりともおもえません。

いずれ秋家が行き止まりであることは誰の目にも明らかになって、おのずから正しい道に進んでいくことでしょう。

No title

浩宮皇太子殿下のなさり様は、まるで昭和天皇のようです。華美と優美の違いを本当の意味で体得なさっているお二人は、本当に生き方が同じです。
昭和天皇の「雑草と言う名の草は無い」のお言葉通り浩宮皇太子殿下も小さき事にも目をとめて下さるお心があります。
浩宮皇太子殿下は車の運転免許をお持ちでないのは、ご自分のお立場をお若い頃から知っていらっしゃったからです。これが帝王です。
ご次男の宮様は、自由にお育ちになってワーゲンのビートルを運転されていましたね。
皇太子殿下が万が一にでも怪我をされたり何かあれば、御側についている者が叱られるのを皇太子殿下は、幼少の頃から知っていたのです。
ご自分でご自分をお諭しになり、身を律する方です。
こういう真の帝王がこの世に何人いらっしゃるでしょうか?国民と共に喜び嘆き何があっても、私たち国民にお心を寄せて下さる方をもうすぐ天皇陛下としてお迎えできるとは、本当に誉です。
殿下が耐えているのに、我ら国民はどうだろうと思わせて下さるなさり様、生き方です。清廉・言葉違わぬ責任感・極限まで耐えていらしても言葉を荒げない態度・人間の本質を決して失わない方・信頼感・・・どれをとっても、これ以上はないお人柄です。
皇太子殿下とともに人知を尽くして努力なさる皇太子妃殿下、このご夫妻から国民の心が離れる事はないと思います。浩宮皇太子殿下が天皇陛下に即位し、雅子妃殿下と敬宮様とともにある限り皇室は大丈夫だと思います。
それくらいの安定感と安心感があります。
雅子妃殿下のお苦しみをともに分かち合える皇太子殿下なら、天皇に即位した後、命ある限り国民の喜び苦しみを共に分かち合えるはずです。
皇太子殿下が贅を尽くしたり、華美にネックレスやリングをしたりするお安い場面は、未だかつて見た事がないです。
皇太子殿下だって、きっと若い頃は自由を羨ましく思い、長男と差別するななどと軽はずみな言動をする弟を可愛く思っていたでしょう。
長じて責任感も国を思う事もないまま大人になった弟と弟嫁をどんなに悲しく思っている事でしょう。
天皇に即位する事は、贅沢に税金を使う事でも人に威張る事でも、人に崇め奉られる事でも無く、一身に国に心を捧げ国を思い日本を体現する事だと思います。
象徴とは何か、それを一生かけ追及する日本にただ一人の存在になられる方が天皇陛下です。
浩宮皇太子殿下以外に、誰がそんな苦しく重く大変な事ができるでしょうか?皇太子殿下以外に出来るわけがないです。
天皇はただ一族の血をつなぐだけでは無く、日本国の象徴なのです。普通の人間では、その重圧に押しつぶされてしまいます。
何の心構えもなくただ順番で象徴になられたら、天皇一族の為に何でせっせっと税金使うの?と思っても不思議はないです。
現代は、第二次世界大戦前とは違い、国民も教育を受け自分で考える力を持っています。
盲目的に天皇を崇め奉る国民は、ごくわずかです。
それに天皇は、どう応えていくのかが、今後の皇室の運命を変えていくと思います。
敬宮様には、威風堂々となさっていながら清廉で、日本国と皇室の行く末を守れる力があると思います。
後付けではない、持って生まれた天皇家の風格と内に秘めた思慮深さが匂い立つようようです。性別だとかそんな事は、問題外の典雅な空気をお持ちになってお生まれになったと思います。
意志薄弱な所が全く無く、この方なら日本をしょって立つだろうと思わせる何かがあります。
支配はしないけれど、国民の心の内にいるのが天皇陛下だと思います。
外国の王室も素敵だけれど、日本の皇室はそれとはちょっと違う心の在り方があって、特別と言うか世界のどんな人と比べても、人間の本質や人格や思考する事が、唯一無二で何ら萎縮する事もなく卑下する事もなく、決して高ぶる事もない存在であって欲しい。
日本の象徴と言う事は、私たち日本人一人一人を現した私たちのあるべき姿だと思います。



言い聞かせてやりたい

まさにヘーセー4人組のことではないですか!

昭和帝はいつも国民のことを考え、ご自身を律していらしたのに、その長男と孫がアレだもんなあ。

奴らには今更無意味だろうけど、武田氏のこの記事を言い聞かせてやりたいです。

No title

そう言えば、佳子ちゃんが12.3歳の頃にフィギアスケート大会に出場してましたね。
紀子さんって何を考えて出場させたのかな?
国民と同じレベルでガチで争わせたかったのかねぇ。
皇族対国民???
佳子ちゃんの我儘を押し通しさせたの?
「ほら、佳子ちゃん、やっぱり平民よりあなたは優れているのよ」って言いたかったの?
??ばかりになってしまうほどに不思議。
この人、本当に皇室と皇族の立場と国民との関係を理解しているのかなぁ。
国民の税金で食べさせてもらってる・・・と国民に気づかせたかったのかな。
大昔の独裁国の国の王様一族みたいな感じで、国民を踏んづけて上で胡坐をかきたいの?
その重さにあえぐ国民に跳ね飛ばされたいの?
そんな皇族は、日本にいらないよね。
紀子さんは、教育に失敗したけれど、もともとは紀子さんのご両親が紀子さんの育て方を間違えてしまったのね。
日本における皇室とは何かを知らないまま、国民の上に君臨する人たちと思ってしまったのね。
天皇家と皇族は、国民を搾取しているわけでも、国民の頂上にふんぞり返っているわけでもなくて、国民の象徴なんだよね。
紀子さんは、象徴って何かをご存知ないのですね。
皇室は、紀子さんの子供たちが外の世界へ出た時の為の花嫁学校でも箔をつけるところでもないのですよ。
紀子さんは、何でも争ったり上下つけたがったり、マウント大好きな薄ぺらな女だと国民に思われてしまうのにね。
いや、皇族がそれをやったら、バカなんだと気づかない平均以下のうわべだけのバカ女じゃないの。
他の皇族をみてごらんよ、久子様や華子様が国民と同じ土俵にたって争うなんて、あり得ない。
ちゃんと皇族としての矜持が有り、国民と一線を画して国とご自分のお立場を斟酌したお振舞をしていらっしゃるのに、紀子さんときたら・・・。国民をガッカリさせないでください。
佳子さんのお顔立ちが可愛いと国民に言われたら、芸能人のように人気取りをさせようとしたりして、子育てに関しては完全に、皇族としては失敗ですね。
一般社会の令嬢子息を育てているおつもりなのですね。
犠牲者は、親のアクセサりーに使われた真子ちゃん佳子ちゃん悠仁くん、それに大切な税金を使われる国民ですね。
容色などは、年齢を重ねたら何の意味もないのですよ。
年齢を重ねたら、その深みと経験と考え方それに知性が容姿にでるのですよ。
表面的な「可愛いだけの皇族」なんて年を重ねたら、国民に飽きられてしまいますよ。
紀子さんが年々、目が吊り上がって、皇族なのに心に余裕のない、懐の狭い顔つきになってきましたね。
いつでも、自分をよく見せる事に手いっぱいの顔つきです。
あぁ、こんな皇族どうしよう。日本国民が甘やかしたから勘違いさせちゃった。
皇太子殿下と皇太子妃殿下に、きつーく教育してもらわないと、秋篠宮家はダメになりますよ。
紀子さんは、雅子様を支えるのではなくて、雅子様に教えを乞えばいいんですよ。
悠仁くんを盾に、国母になるつもりのようだけれど、国母って国の母ですよ。おチビの母親だからって、誰も国母だなんて思いません。
今の紀子さんが、国母になったら間違いなく毒親です。
お金が欲しい。贅沢したい、みんなに認められたい、崇め奉ってほしいという親は、子供より自分が大切です。
何かあったら、自分可愛さに子供つまり国民を犠牲にします。国に対して税金喰い毒親なんて、歴史に残るような性悪しかいません。
国民は御身体をこわすほど忍耐されて、国と皇室を想う雅子様に懸けるしかないですね。雅子様は、もともと外交官ですから、国を想うお気持ちは誰よりも御強いですから、雅子様が本当の国母になるべきお方です。
敬宮様が漂わせる特別な空気感を見ただけで、雅子様のお育て方が、完璧な皇室の長子の育て方だとわかります。
国民の間に入れて争わせる事も国民に勝利したなどと言う愚かな事もさせず、人より優秀に見られたいから良い学歴をつけて国民をひれ伏させたいなどの愚行もせず、ご自分より国民と皇太子殿下を慈しみ過ぎて、心が疲れてしまう雅子様。雅子様こそが国母の姿です。

何なのでしょう、この人たち

秋篠宮家信者や利害関係のある人々やネット書き込みのバイトの人が、秋篠宮家を持ち上げれば持ち上げるほど、国民の目は冷ややかになり、東宮家に寄り添う事になるのを気づかずに、盛りに盛ったきこまこかこゆうじんヨイショを続けていますね。
見ただけで頭の悪くなりそうな無責任な週刊誌やマスコミの異常な持ち上げ方が不自然ですし、売れなくなって廃刊になったらどうするのでしょうね。
もう、私たちの皇太子ご夫妻の悪口は、ウンザリです。
日本国民だから皇室は特別なんですよ。
私たちの象徴となる皇太子殿下と妃殿下なんです。
身内の悪口を聞きたくないのと同じです。
次男家などとは、まるで意識が違うのです。
夫婦セット売りだからなのか、背が高いしか取り立てて書くことがないからなのか、お軽い感じがあまりにも目に余るからなのか、秋篠宮ご本人ヨイショは少ないですね、何故なんでしょうね。
きこまこかこゆうじんが、束になっても敬宮様の圧倒的な正統性と清廉さ優雅さには、かなわないのが余計目立っています。
もうマスコミや著名人に踊らされるのは、無知な人だけです。悪口を書き続けている人は、国民を馬鹿にしているのでしようね。
こうやって書けば嘘も本当と思うだろうとか考えているのでしょうね。
日本は高齢者大国なのですよ、何も知らずにカコちゃん可愛い・秋篠宮ステキなんて本当に思っている人口は少数ですよ。
国民の大多数は、秋篠宮の小さい頃からを知っているし、キコさんと無理やり結婚した成り行きも知っているのです。
何か目的をもった魑魅魍魎と皇室を芸能人や人気者と勘違いした人以外は、秋篠宮家の印象はあまりにも軽いと思っています。

第二次世界大戦後に、皇室を存続させる為に必要があって、神格化された天皇から人間宣言をした天皇となったのです。
昭和天皇が、その為にどんなにお心を砕いたかを知らない日本人が、いるのでしょうね秋篠宮家とかね。
国民に親近感を持たせるために、正田美智子さんを皇太子妃にして皇室は頑張ったのに、何で秋篠宮家はそれをぶち壊すんだろう。
浩宮皇太子殿下は、御側で昭和天皇と香淳皇后を見ながらお育ちになっているから、やはり次男坊とは覚悟が違いますね。
皇太子殿下は昭和天皇が香淳皇后を守ったように、雅子妃殿下を守っています。
雅子妃殿下も皇太子殿下に寄り添い、昭和天皇をお上と呼んでお心に寄り添った香淳皇后のようです。
どこかの宮妃のように、口では殿下と言いながらお尻を叩いて突き上げるお方とは違います。
お子様を見れば、教育の違いも歴然です。
敬宮様は、浩宮皇太子殿下のお小さい頃の佇まいとそっくりです。
気品があり、これぞ皇室という雅な立ち居振る舞い、表情
など何もかも正統的な動かしがたい威厳があります。
ご次男家の自由な雰囲気とはまるで違います。
その自由な雰囲気の家庭から飛び出して、将来の天皇ですよと言われても、全然有り難くない普通の人にしか見えないです。
もう顔つきから違うとしか思えません。東宮家にある落ち着いた安心感も典雅な美しさも秋篠宮家には感じません。秋篠宮家は、ただの上流階級の気取った見栄っ張りな中身の薄い一家みたいです。
皇室は、気取る必要も国民に崇めよと言う必要もない、超越した存在のはずなのに、一宮家のせいで国民と同じ目線になっています。皇太子ご夫妻には、微塵も感じない国民を見下げて「私たちは、平民と違うのよ」と言った勘違いした匂いを秋篠宮家全員から感じます。
東宮家には、全く思わない「それ私たちの税金ですから」と、秋篠宮家には言いたくなるのは何故なんだろう。
紀子さんの似合っていないあの帽子も服も、佳子ちゃんの何度も入りなおす学費も変な服も、真子ちゃんの婚約会見も野暮ったい服も、悠仁くんの裏口入学費も全部、私たちの税金ですから。大昔の人のように税を取り立てられて、文句も言わずに働くのが当たり前な国民とは違うのですよ。
もうね、領民なんて日本国中どこにもいないから。いるのは国民なんですよ。








No title

明仁皇太子夫妻が贅沢三昧だったことは、リアルタイムで知っています。
この二人の呆れた言動は枚挙に暇がないのですが、特に私が腹を立てた言動を夫妻それぞれひとつづつあげておきます。

明仁:東宮御所が狭い
あれだけ広大な敷地に、結婚後大金を投じて新居を建てたにもかかわらず、不満をもらすとは何様のつもりでしょう。一円たりとも稼いだことがないくせに。何を基準に狭いなどとほざいているのでしょう(この下品な表現が一番しっくりくるのでこの言葉を使わせていただきます)。

美智子:長女はいずれ民間に嫁ぐので、思い出作りのために二人で旅行をしている。
旅行をしなくても思い出などいくらでも作れます。全部税金を使ってのことです。旅行をしたいのなら、言い訳をせずに、交通費、宿泊費、警備費等必要な経費全て、そしてそのために新調する衣類の費用も持参金を使ってしてください。

当時耳にした時に思ったことそのままです。今もなおそう思います。
今回の記事を拝読して、自身の記憶が鮮明に蘇ってきました。

昭和の天皇皇后両陛下という立派なお手本がこれほど近くにあったのに、自分たちだけは湯水の如く税金を使い続け、ずっとやりたい放題の毎日の今上夫妻。
その夫婦が育てた秋篠宮。
我々が見捨てるべきは、皇室全てではなく明仁夫妻と秋篠宮家だけでしょう。

昭和の両陛下が大切にしてきた資産も、平成の終わりには2割も残っていないそうです。誰が使ってしまったのかは明白です。
平成の時代は、特定の皇族が浪費ばかりした時代だとも後世に語られることでしょう。
そして、浪費の恩恵を喜んで受けているであろう無能な側近の名前も歴史に遺さなければなりません。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR