FC2ブログ

やっぱり仮病だったんだなーと



えー、実はですな

7月5日にヘカテーの元に静岡県民の読者さまからタレコミ情報が来ていたのです。

キンジョー夫妻、9日に静岡西部に
一泊二日の私的旅行するようで。
幹線道路にお巡りさん達が、
カッパを着て立ってました。
もしかして、体調回復か?と、思って
ネットで調べたら 案の定、ご回復。
各地で自然災害が起きてる今、
自粛されるとは思いませんねぇ。
目的は何でしょ?
クラウンメロンかな?鰻かな?
最近、鱧も捕れると言ってたし、、、
税金でお遊びも程々にして頂きたいですね。


もう中止になったのでご紹介しちゃいます。

つまり公務には出られないけど旅行には行ける

さ、ネット右翼及び下郎下女どもよ

高貴高齢者を叩く準備は出来てるかい?

散々雅子さまを叩いてきたんだからよ!!

ちなみに絢子さまの慶事をバックレた親父の代わりはしっかりと徳仁皇太子殿下が務められています。

ライブ中に自分が出だしをミスったのに拗ねて歌わない某眉毛か!
(それだと皇太子殿下はノエルになるけどいいのか?と言われるかもしれませんが)

ただ読者さまからは

「キンジョー本当にで体悪いかもしれませんよ。だって最近顔がヤバいもん。出たがりの婆さんに連れ回されて疲れたんじゃないですか」

という声もあり。

確かにあるかもなー。

だって、鑑賞公務やヘーセーに入ってから馬鹿みたいに増えたお茶会やら食事会やらが本当に多い。

「満身創痍」と強調してる割にはスーパー元気な婆さんに老人特有の症状が如実に出て来てる爺さん

えー、ちなみに複数の方のタレコミ情報に寄りますと

キンジョー足腰もかなり弱ってます。

にも関わらず車いすどころか杖も使わせない。

オウム真理教のメンバーが7名も一度に処刑されたのも安倍政権側も

「ヘーカマジでヤバいな。こりゃいつヘーセーが終わるか分からん。ヘーセーを象徴するオウム事件は今のうちにさっさとピリオドを打って新時代を迎えよう」

と考えたんじゃないのかと疑ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

摂政を立てるべき

小室君の留学のニュース、それに伴うフォーダム大の対応をみるにつけ、彼が「皇族の夫」になるべく邁進していることがよくわかりますし、眞子さんも、そしてその両親もそれを後押ししているのは間違いないでしょう。
そうでないと、こんな超特別待遇の留学なんてできませんよ、学費全て免除なんて。今上夫妻も強くバックアップしたと私は思ってます。

今上は、絢子様の結婚が面白くないのと同時に、初孫の連れてきた男に振り回されての体調不良もあったかもしれません。

さて、今上夫妻と秋篠宮一家が何を目論んでいるかがはっきりした今、もはや生前退位などやってはいけませんよ、絶対に。
代替わりが1年2年遅くなってもいいから、とにかく、今年の秋あたりにでも摂政を置くべきです。(私はずっと、本当に生前退位なんてデタラメなことをやるのか?と思っているのですが・・・)

実際、今上はかなりおぼつかなくなってきてます。
皇太子夫妻へのあてつけにやたらと無駄に夫婦で出歩いていたことのツケが、ここにきて今上に顕著に現れてきたようです。

このまま生前退位してしまうと、上皇、上皇后、そして皇嗣という立場が現実に発生し、そこに影響力や既得権ができていきます。
一旦生じたものを無にすることは非常に困難です。

重大事項の変更というのは、何の問題もない平常時に行わなければならない、というのは鉄則です。
波風が立たず落ち着いた状況で行わねばならないのです。
こんな大事なことを、バタバタとなし崩し的にやってしまってはいけない。どれほどの禍根が残ることか。

生前退位の有識者メンバーというのも、かなり「お手盛り」感のある人選でした。
朝日の記者や、長らく皇室関係の周辺にいる「都合の良い書き手」、国民を騙すための典型的御用学者、そして首相と近い日本会議系に加えて、公平さを演出するための何も知らない馬鹿な学者を少し混じえて「会議」を装ったわけです。

皇室というのは、皇族本人の人物像を示す正確なデータが非常に少なく(特に生まれながらの皇族)、週刊誌に書かれているデタラメや噂に左右されかねない恐ろしい所です。(せめて客観的データとして、ある程度の成績の公表は義務付けるべきです。)国民は、あっさり騙されてしまいました。

眞子さんと小室君が5年も付き合っていたことは今上夫妻は知っていたわけです。
ならば生前退位は、眞子さんの配偶者に彼を据えることまで考えての事だったのでしょうか?ずっと前から今上夫妻は「内親王限定の女性宮家」を政府に要求しています。
誤魔化し続けている悠仁君のことを考えると、小室君を将来の眞子女帝の配偶者と考えていたってことですか?
これはもう、恐ろしいことですよ。

今回の小室君の特別待遇での留学は、生前退位が天皇による「謀反」だったことの何よりの証明です。

とにかく、もう老いの兆候が色濃く表れているのですから、摂政を置いて、生前退位とそれに伴う決め事は、全部反故にすべきです。





徘徊やめて

今回の豪雨の被害を配慮して、高貴高齢者夫婦は静岡観光を取りやめました。

しかしその代わりに被災地へ見舞いに行くと言い出しています。

いつも通りの流れに呆れるとともに、「いい加減にせーよ!爺さん婆さん!」と怒りがこみ上げます。

高貴高齢者夫婦の被災地押しかけはそもそも即位後すぐに起きた雲仙普賢岳噴火の時からでした。当時の島原市長は「今はそんな状況ではない」と一旦は拒否したものの、夫婦がわがままを言って実行されました。まだまだ道路や家も復旧されておらず、被災者の方達も恐怖と隣り合わせの状態でとても人を出迎える立場にありませんでした。

この夫婦って本当に被災者の方達のこと考えているのでしょうか、昭和天皇や皇太子ご夫妻なら絶対こんなことしません。なぜなら被災された方がいまどのような心情か、何を優先すべきか、ちゃんと心得ているからです。

各自治体の市長さんたちも高貴高齢者のオファーがきたら突っぱねて欲しいです。

徘徊に付き合っているより、一日も早く前の生活ができるように復旧活動に専念してほしいです。

倒れる前日のヘーカ

現代ビジネスの記事に、こんなのありました。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56408
以下抜粋です。
『7月1日、日曜日。東京都心で最高気温が32度に達したこの日、天皇の姿は母校・学習院初等科(新宿区若葉)にあった。14時から開催される同窓会に出席するためである。格式あるその同窓会は「初等科桜友会」という。
(中略)
天皇の学友としても知られる明石元紹氏が、当日の天皇の様子をこう語る。
「みなさんノータイ姿の中、陛下は背広に革靴で来られまして、大変に暑い日でしたから、大丈夫かなと少し心配でした。私は陛下と同学年ですが、この歳になりますと、やはり暑さを感じにくくなりますしね。ただ、今年は天皇陛下として最後の桜友会ということもありましたから、正装されたのかもしれません」
(中略)
宮内記者が言う。
「このところの急な猛暑続きで、ご体調が万全でなかったようです。加えて、来年に迫った退位、年々減っていく旧友…そうしたことを陛下がお考えだったどうかはわかりませんが、この日はややお酒のピッチが早く、いつもより酒量も多いご様子だった」』

そりゃ倒れるわけだわ。仮病ではないようですが、もっとタチが悪いのでは?
この記事では、倒れた夜のミテコさん劇場も描かれています。
消される前に興味のある方は読んでみてください。
キンジョー、ガチでヤバいですね。
(現代ビジネスがソースなのでビミョーですが。)

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR