FC2ブログ

ギックリ腰を嗤う者はギックリ腰になればいい

ド腐れ週刊誌がまーた雅子さまを叩いてるが、気になることが書いてあった。

週刊ポスト2018年7月13日号です。
雅子妃「ぎっくり腰」で茶会欠席が当日まで決まらなかった事情

>皇居宮殿の晩餐会場「連翠(れんすい)」で、受賞者を招き、天皇・皇后主催の茶会が開催されたのだが、皇太子の隣は空席のままだった。

え?皇太子殿下の隣をわざわざ空席にしてたの?

普通に椅子片づけろよ。
厭味ったらしい。

>「1週間ほど前に患ったぎっくり腰が理由ですが、宮内庁の記者クラブに欠席が伝えられたのは、当日の昼すぎでした。その直前までご出席が検討されていたようです」(同前)

つまり雅子さまはギリギリまで出席しようとされていた。

でも出席できない位腰が痛かった。

下郎下女どもの中には「車いすに乗ってでも出席しろ」と言う奴もいる。

雅子さまをバッシングする週刊誌記者どもと下郎下女どもよ

お前らもギックリ腰になって見ればいい!!

ヘカテーは幸いにもまだギックリ腰になったことはないが、

同僚でなった人を見るとマジでヤバい。

本当に出社できないから!!

えー、ギックリ腰は西洋では「魔女の一撃」と言います。

ちなみに財団法人日本整形外科学会のHPによるとさ、
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/acute_low_back.html

「ぎっくり腰」
いわゆる「ぎっくり腰」は急に起こった強い腰の痛み(腰痛)を指す一般的に用いられている名称(通称)で、病名や診断名ではありません。何か物を持ち上げようとしたとき、腰をねじるなどの動作をしたときなどに起こることが多いですが、朝起きた直後や何もしないで起こることもあります。痛みの原因はさまざまで、腰の中の動く部分(関節)や軟骨(椎間板)に許容以上の力がかかってけがしたような状態(捻挫、椎間板損傷)、腰を支える筋肉やすじ(腱、靱帯)などの柔らかい組織(軟部組織)の損傷などが多いと考えられます。しかし、下肢に痛みやしびれがあったり、力が入らないなどの症状があったりするときには椎間板ヘルニアや中年以上では腰部脊柱管狭窄症などの病気(疾患)の可能性もあります。さらに、がんが転移して弱くなった背骨の骨折(病的骨折)や、ばい菌による背骨や軟骨(椎間板)の化膿など重大な原因が潜んでいることも時にあります。通常ではない強い腰痛のときは整形外科を受診して正しい診断を受け、万が一にも重大な原因に対して手遅れにならないように注意する必要があります。


ちなみに調べてみたらさ、

テレビのリモコンを取ろうとしたらなったとか、
くしゃみをしたらなったとか、
長時間同じ姿勢を取った後に椅子から立ち上がろうとしたらギックリ腰になったという人もいるんだよ。
ちなみに若くて運動をしてる人でもなる人はいるってさ

恐ろしい!!

ぎっくり腰じゃないが、仕事中重い物を支えて腰を痛めた経験はアラサーのヘカテーでもあります。

うん、職場からタクシーで家に帰ったから。

幸いアラサーということもあり湿布貼ってすぐに寝たら翌日には治ったからいいが、

雅子さまは若く見えるとはいえ50代ですからかなり辛いと思います。

しかも来年には即位の大礼があります。

無理しちゃあかん。

雅子さまくれぐれもご自愛ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

雅子様、お大事に…。

雅子様、忙しい日々が続いてお疲れだったのでしょう。痛みは治まって来ましたか?まだ痛みますか?何れにせよ、無理せず安静になさって下さい。お大事に…。

回る回るよロイヤルが回る

各テーブルに、ロイヤル用の椅子は2脚必要。
なぜならば、平成になって始めたとっても恥ずかしい茶会の方式が「天皇、皇后と各皇族は各テーブルを移動する」だから。
椅子取りゲームか、婚活パーティーのごとく、出席したロイヤルは席を移動します。
(だからぎっくり腰の雅子さまには負担が大きすぎ)
茶会って、お茶とケーキでおしゃべりするわけじゃないんですよ。
フランス料理が出るんです。
なので、おそらくは、次のお料理が来る前に移動。
お行儀悪くて恥ずかしすぎる。
これも次代になったらもとに戻してほしいと思うことの一つです。

キッチンのせいでは?

雅子さまがぎっくり腰になったのは、低いキッチンを使うために、中途半端に腰をかがめたせいでしょう。誰かさんが、キッチンのリフォームをするのを許さないから、痛めてしまったのでは?愛子さまのお弁当を真面目に作っていたら、どうしても、毎日一時間は、不自然な姿勢になってしまう。ああ、お弁当を一からつくったら、冷ますのに一時間半はかかることを知らないから、リフォームするな、なんて言えるのね。本当に、お大事にしてください。

腰はやばい

腰の痛みはなめちゃいかんです。

体の要と書くくらいですから。

会社の人は、夜勤明けにあついシャワーを浴びてぎっくり腰になったくらいです。
それくらい腰はいつやるか分からないです。

雅子さまも、ゆっくり…とはいかないかもしれませんがお休みになってください。

辛いなんてもんじゃないです

四年前にわたしもぎっくり腰になりましたが、あんな激烈な痛みは後にも先にも経験したことありません。
寝返りすらうてないし、寝ていても「ギャッ!!」という衝撃が腰にはしるのです。
正直お手洗いに行くのも家族の手を借りなければ難しい程でした。
しばらくコルセットなしには仕事も出来ない程でした。
わたしの場合鍼灸やカイロなどでだいぶ改善されましたけど、雅子さまがそういう治療を受けることが可能なのか‥‥お立場的に難しいでしょうね。
何にせよ、あの苦しみをわからない人に、雅子さまを批判する権利はないですよ。

アンチにだって腰痛持ちおるだら~?無理ゆ~なや…

これはとっても痛い話…
本当に痛い話…

あ~~~ホントに痛いわ。
伝説の龍〇温泉の電気風呂に毎日つかりたいぐらい痛いわ (T∇T; )ハッハッハ


雅子さま、ぎっくり腰=腰痛は腰を休めないと癖に成り易いので休んで正解。

ヘカテーちゃん、皆さんも
お気を付けください。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR