FC2ブログ

三歳の翁、百歳の童子とはまさにこのことだなーと思う

まーた宮内庁経由でミテコさまが週刊誌に文句言ってます。


「サンデー毎日」(平成30年7月1日号)の記事について
平成30年7月18日
サンデー毎日7月1日号の「勁つよき声~美智子さまとその時代」と題する工藤美代子氏の連載(第3回後編)において,東宮妃殿下時代の皇后さまにお仕えした故牧野純子東宮女官長(以下「故女官長」という。)の友人の娘で,97歳になる「香子」という仮名の人物が,自分の母親又は故女官長から直接聞いたという話を基に,皇后さまと故女官長との間の不和を取り上げる記事が掲載されています。

筆者は,「一方的な見解だという批判もあるかもしれない」が,「それは承知の上で,私はオーラルヒストリーとして,純子が香子さんの母親に語った体験談を採集しておきたいと考えた」として,事実の存否やその客観性,正確性の確認なく記述を進めていますが,この談話では,実際になかったことが事実として語られていたり,当時の状況を取り違えて話されているなど,これを放置することは読者に大きな誤解を与えかねず,宮内庁として記事についての事実関係を説明することにします。

まず,ご成婚後の伊勢神宮参拝時の皇后さまのお洋服に関し,「スカートがパーッて広がっていて,針金がぐるぐる入っている・・・宝塚みたいなスカートをお召しになっていらした」とし,故女官長が「こうしたお洋服は伊勢神宮ではお召しにならないから,ちょっと針金を取らせていただくことにした」が,「妃殿下が針金をまた付け直していらしたんですって」との談話が記述されています。

しかし,この時,皇后さまがお召しのご参拝服に針金は入っていません。後年,ご処理の時に「覚え」として職員が残した絵型の付記からも明らかですが,何よりもこのことは,当時,このご参拝服が用意された経緯から言ってもあり得ないことです。

「香子さん」は,「なぜいろいろお洋服のことだって,高松さん(高松宮喜久子妃)とか,あるいは女官長などにお尋ねにならなかったのか。」と語り,当時,皇后さまがお召しものについて誰とも相談なさらなかったと言っています。御婚約内定当時,東宮職には4人の参与がおり,その中の紅一点が,明治,大正と宮中に務め,昭和24年に東宮職参与を拝命した松平信子氏(秩父宮勢津子妃の母上で元外交官夫人)でした。ご婚約中の皇后さまのお支度は,高松宮妃殿下等に一部が委ねられた他は,この東宮職で唯一の女性参与であった松平氏にすべて託され,件くだんのご参拝服も氏の指名したデザイナーが担当しています。なお,故女官長は,ご成婚直前ともいえる4月1日の拝命で,お支度には携わっていません。当時の皇后さまのお洋服は,その絵型がデザイナーから松平氏の手を経て,当時の香淳皇后付きの2人の女性御用掛(高木多都雄氏,河合りょう子氏)に回付され,このお二人は千代田区三番町の宮内庁分室における皇后さまの仮縫いにも立ち会っています。

このように,当時の皇后さまのお洋服の仕立ては,宮中の服装に関し,当時最も権威あるとされた人々の手を経て行われていたのですから,談話の内容は松平,高木,河合の3氏の責任を問うことになり,また,御結婚後10日に満たない妃殿下が,これから初めて神宮の参拝に臨まれようとする差し迫った時間に,針金を抜き取る云々というということがあったとすれば,それは香子さんが擁護しようとした故女官長の人格を却って傷つけかねないことになります。

また,談話の中に,故女官長の推薦で仕えることになった学習院出身の女官について,「ご注意を受けては,毎日帰ってきて泣いているんですって。見かねたお母様が『もう・・・娘は辞めさせていただきたい』っておば様(故女官長)に願い出たの。そうしたらおば様は,・・・『1年だけは我慢しなさい。何があっても我慢すれば,退職金が出るから』とおっしゃったそうよ」との記述があります。

談話に該当する女官は,ご成婚時に採用された3人の女官の1人ですが,この女官はその後26年,これまでの女官全員の中でも2番目に長い期間(他の2名は12年,17年)勤務し,皇后さまは,その間,2度の外国ご訪問,国内の数多くの式典や地方行啓にこの女官をお連れになっています。

また,「学習院出身の女官の方は他にもずいぶんお辞めになりました」との記述もありますが,故女官長の在職中に拝命したり,退職したりした学習院出身の女官は一人もありません。この女官の次に出仕した学習院出身者は,故女官長の後任の松村淑子,井上和子,濱本松子の3人の女官長で,いずれも務めを全うしています。皇后さまは,宮中生活のほとんどをこれらの学習院出身の女官長の支えを得て送られてきました。

さらに,談話として,当時の浩宮さまご誕生後,宮内庁病院をご退院になるときの様子を「おば様は,『絶対にお窓をお開けになってはいけません』って美智子さまに申し上げたの。大勢のカメラマンがいっせいにフラッシュを焚いたら新生児によくないとわかっていたから。でも,美智子さまはお開けになってしまって,ちょこっとこういうふうに赤ちゃんを見せるようになさったの。だから後から,おば様が窓を開けさせなかったって,すごく悪者に書かれました。」との記述があります。

この事件については,後に八木貞二元東宮侍従が,その頃東宮大夫であった鈴木菊男氏から聞き,記録したメモを基に,文藝春秋に次のような文章を寄稿しています。

「ご退院を巡り,当時宮内記者クラブと担当の黒木従達東宮侍従との間で一つの押し問答があった。ご退院の時に取材があることを前日に申し上げた時に,まだお生まれ早々なので,フラッシュだけはたかないでもらえないだろうか,という妃殿下のご要望がおありであったのである。記者クラブはこれを却下した。戸外ならともかく,車中は無理だというのである。当時のカメラの性能は,今とは随分違った。フラッシュも強く,まだボンというマグネシウムもたかれかねない時代である。・・・そうした中で,このフラッシュについてだけは,重ねてお頼みになり,黒木さんは再び交渉した。クラブの人々は,何とかして新宮様をお抱きの妃殿下のよいお写真を頂きたいし,一方妃殿下は,何とかしてこの強い光の衝撃から新宮様をお守りになりたかったのだろう。結果として,記者クラブから代案が出された。もしフラッシュをたかないのであれば,お車の窓を開け,発進をゆっくりとし,時間をかけて撮影させて頂きたい,というものである。妃殿下はこの代案を受け入れ,窓をお開けになった。窓を開くか,フラッシュをたくか,二つに一つを選ぶ中での選択であった。」

事実が基にあれば,それに対する様々な見方があって構いません。

しかし,今回の記事は,実際にあった事実を基にするのではなく,母親を介し,又は自らが伝聞したという「香子」さんの記憶だけを採録し,それを事実として筆者自身の「見方」を述べたものです。宮内庁としては,ご譲位を来年に控え,ご高齢のお体で最後のお務めを果たされている両陛下について,今更のように第三者の語る当時の噂話が十分な検証や当時の状況説明もなく世間に流布されることは放置すべきでないと考え,宮内庁ホームページで改めて当時の事実関係を説明すると共に,筆者及び出版社にこの内容を通知することにしました。


http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h30-0718.html

下らねー!!

しかしまあ、ミテコ賛美本を書いた工藤美代子にまで噛みつくってもはや「自分だけがいい子ちゃん病」も末期症状だな

(工藤美代子は皇太子妃雅子さまと寛仁親王妃信子さまに対してひどいことを書いたどうしようもない女です)

工藤美代子が宮内庁という国の機関から「嘘つき女」と怒られてるのはいい気味だと心の底から思うが、
m9(^Д^)プギャー

宮内庁の「ミテコの言い訳コーナー」は嘘を垂れ流すことでも定評があるのでちょっと真相はどうだったのか見てみよう
(香淳皇后の外出公務が少なかったって書かれてるけど、本当は多かったもんBY宮内庁 真実:本当に少ない)
(ミテコさまの写真を明仁皇太子は撮ってないBY宮内庁 真実:写真は違うが撮っていた)



参拝服に針金入ってるんじゃないの?

ミテコさまが牧野女官長言う事聞かないで針金を付け直したというのも結構本当のことっぽいぞ。

ミテコさまは「平民の癖に言う事聞かない」と宮中の女官さん達から言われてたしな。

高松宮妃喜久子さまが帽子の角度が曲がってるからと直してあげたら、10分もしないうちに元の角度に戻したという話もある。

工藤美代子のダボハゼは朝日の岩井と高清水並みに大嫌いだけどな!!

というか本当に本当に自分のことしか考えていない。

50年以上前のことまで気に入らなかったら文句を言うのかね(呆)

週刊誌を隅から隅までチェックするの止めなって!!

(一応こんなんでも)皇后陛下という我が国一番高貴な女性として恥ずかしいわ!!

香淳皇后はそんなこと一切されなかったぞ!!

そして週刊誌をチェックするということは皇太子ご一家が15年以上バッシングされていることも知っているということだ。

それなのに一度たりとも庇ったことはない。

これで慈愛の人というのだからチャンチャラおかしい。

週刊誌に皇太子ご一家を叩くようにとオーダー入れてるのが誰か我々は知ってるぜ

ヘーセー早く終わってくれないかなー

こんな情けない皇室見たくないぜ

まだ高校生の敬宮さまがあれほど精神的に成長されているのに、80を超えた婆ちゃんがこんなって本当に

三歳の翁、百歳の童子ということわざ通りだぜ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

正田夫婦が写っている!

1分56秒あたりに正田夫婦が写っている。

ひっそり隠れるようにしていた?
嘘ですね、しっかり出ています、正田夫婦。

そして美智子妃の参拝服。
針金しっかり入っているでしょ。
入っていないならナイロンだから広がっているのかもね。

正田美智子は宮内庁を無視して、
絹ではなくナイロンを使ったルール無視女だから。

No title

本当にくだらないですね。

嘘で塗り固めていくら自分をよく見せようとしても、とっくにばれているのに何時まで言い訳を続けるつもりでしょうか。
ですが他にこれからどんな言い訳で嗤わせてくれるのか、楽しみではあります。

週刊誌を全部チェックするなんて、余程の暇人ですね。他にすることがないのでしょうか。
新聞でもなく週刊誌ですよ。(新聞は週刊誌の広告を見るのみ?)
税金で週刊誌を買う。本当に嫌ですね〜。
品格零。まあチェックするのは勝手ですけどね。

良子皇后陛下はもっと余暇を優雅に過ごしていらっしゃいました。比較するのはあまりにも酷ですが。

ところで、この言い訳の発表の日付ですけど、7月18日です。
敬宮さまのサマースクール出発の日が7月22日で、その前日には宮中三殿への参拝、御所にご両親とともにご挨拶と続き、東宮家に注目が集まるのはわかっていたので、それを妬んでの、【わたしをミテコ病】の一種なのではないかと思いました。

今度はさすがに、北海道贅沢避暑観光が控えているので、頻繁に仮病を使う訳にもいかず、苦肉の策を弄した発表だったのかもしれません。
いくら東宮家と張り合おうとしても無駄なことです。

美智子は底意地が悪い

「昭和24年に東宮職参与を拝命した松平信子氏(秩父宮勢津子妃の母上で元外交官夫人)」
「ご婚約中の皇后さまのお支度は,高松宮妃殿下等に一部が委ねられた他は,この東宮職で唯一の女性参与であった松平氏にすべて託され,件くだんのご参拝服も氏の指名したデザイナーが担当しています」
「当時の皇后さまのお洋服は,その絵型がデザイナーから松平氏の手を経て,当時の香淳皇后付きの2人の女性御用掛(高木多都雄氏,河合りょう子氏)に回付され」
工藤の書いたことが事実なら、責任はこの人達にあることになるよーという底意地の悪さが一番怖かったです。

「事実が基にあれば,それに対する様々な見方があって構いません。」

この言い回しとか、完全に自愛のおばーちゃんそのもの。
誰が書かせたか丸わかり。

あと、例の浩宮さまの退院の時の話。
「戸外ならともかく,車中は無理だというのである」
抱いて出てきたところを撮らせればよかっただけじゃないんですかねえ。
都合のいいときだけ「慣例で抱かない」とか言い出しそうですが。
さんざん破っておいて、ないわあ。

ちっせー!

両陛下のスケールです。小さ過ぎです。

ずーっとこんなです

美智子様はずーっとこんなです。
マリーアントワネットのような生活を夢見ていらっしゃるのでしょう。
風と共に去りぬかなんかをご覧になり、
クリノリン入りのドレスを着たかった。
豪華なドレス、宝石、夜毎のさんざめくパーティー 、
勿論主役はアタクシ
皇室は神道の祭祀王の家、そんな堅苦しく
地味な事が嫌なんでしょう。

奥浜名湖の件ですが、
皇太子殿下(今上陛下)や浩宮さまを
優しく美しく見守る所を美智子様が各テレビ局に撮らせたいのだと、当時は噂され、笑われていました。
静岡県には、須崎と沼津に御用邸があります。
敬宮殿下が女子なのに、須崎で泳ぎを上達させたと知り、やっぱりあの頃の噂は本当だったのかと思い出しました。
奥浜名湖にお金を使うなら沼津を整備すれば良いのにと批判もありました。
皇太子殿下が最近、奥浜名湖で泳いだ夏は楽しかったとおっしゃったようで、
それなら あれはあれで良かったのだろうと思いました。

ヘカテー様があげて下さった映像に
正田御夫妻が映っていらっしゃる。
いつからあの岸壁の母みたいなくっさい芝居を始めたのかが分からない。
なかなか親にも会えないというあれです。
正田英三郎氏が、なかなかお会い出来ないようですがというTVのインタビューに答えて、
えっ、しょっちゅう会ってますよ、直通電話もそのままなのでこちらからも電話しますしあちらからも来ますよ、と答えていらっしゃる映像をテレビ局は保管しているはずです。
直通電話とは、東宮御所と正田家を繋ぐ電話で、大変有名な話です。
正田御夫妻がお元気な頃は、TV新聞雑誌等でよく 拝見しました。
ちっともお会い出来ないのは、
雅子皇太子妃殿下と小和田家の皆様です。

美智子様はずーっとこんなで、痛い女性なんですよ。
勘違い人生で、莫大な税金を使い、歩いた後は荒れ果てる、そんな方です。

見ました

>正田英三郎氏が、なかなかお会い出来ないようですがというTVのインタビューに答えて、えっ、しょっちゅう会ってますよ、直通電話もそのままなのでこちらからも電話しますしあちらからも来ますよ、と答えていらっしゃる映像をテレビ局は保管しているはず

私が見た映像は、「けっこう会えるんですよ。軽井沢でも」と話す英三郎氏の尊大な姿。
一応、この頃には富美さんは表面上は控えめな態度に切り替わっていたので、父親の方は態度デカイんだなと感じた記憶。
ミテコさん流産後、葉山にミテコと籠ったのがこの人で、普通は母親の役目だと思うのに、ちよっと珍しい家だな、と。
名目は「ミテコが好きな油絵を一緒に描く」事で静養するだったらしいけど、ミテコさんの絵画なんて後にも先にも見たことないですね。

美智子さまのお帽子…。

美智子さま、昔帽子の位置を直して貰った事があったのー?!

てか、ごめんなさい、今、斜めにして
帽子?っていうのかな、あれは…。
変じゃないかしら?
いつからあの変なお帽子をかぶっているかのか、知りたい…
海外で、日本があの帽子かぶってると思われたらやーだーな!
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR